『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観た]

2012-02-09 23:58:22 | 物語の感想
☆昨夜観た『永遠の僕たち』に続いて、今宵も傑作を楽しめました。

 試写状が届き、喜び勇んでの公開日前鑑賞です^^

 そして、二日連続の「近親者の悲しい死を、ちょっと変わった生き方の主人公が受け入れ、未来に向かって克服していく物語」だった。

 また、死にゆく者も、主人公ほどではないけれど、それぞれの主人公を真っ向から受けとめる余裕を持った人格の持ち主である点も似ていた。

 ・・・この作品では、ニューヨークに住む主人公・オスカーが、<911テロ>で父親を失い、

 その喪失感から立ち直れない中、父親の遺品の数々の中から、一つの<鍵>を見つけ、

 そこに、死んだ父親から自分へのメッセージの存在を想い、その鍵の嵌まるべき鍵穴を、町中 捜し求めるストーリー。

 先ず、冒頭、主人公の少年(トーマス・ホーン)の、あまりにもの美少年っぷりにノックアウトされつつ、

 こんな美しい子を主役にしたら、それが「諸刃の剣」となり、作品の完成度に傷がついてしまうんじゃないか、と危惧したのだが、

 細かな描写の数々もすこぶる面白く、すぐに展開に没頭させられた。

 「鍵」の入った小封筒には「ブラック」と書かれており、オスカーは、即座にニューヨークに住む全ブラックさんを訪問し始めることを決意する。

 最初に訪れたブラックさんからして、夫との別離の真っ最中で、そのいきなりのドラマチックな場を見せられたことで、私は心を揺り動かされ、「この先、オスカーは何百人のブラックさんを尋ねるのに、その初っ端から、こんなにも盛り上げちゃってイイのかよ」とワクワクさせられつつ、そのワクワク感は必ずしも思っていたものとしては満たされないのだが、それとは異なったポイントで、鑑賞中ずっと、私をワクワクさせるのであった。

 時間前後のモンタージュ作劇も見事で、父親を演じたトム・ハンクスの、アスペルガー症候群的に頭の回転の速い息子への、多くの可能性を見据えた情操教育も垣間見せられる。

 また、<911テロ>時の、父と子の「関係」も、小刻みな演出で、クライマックスに向けて盛り上げる。

 母親役はサンドラ・ブロックで、息子を心配しつつ、自分自身も立ち直れずにいる苦悩を見事に演じていた。

 おばあちゃん役の人もかなり良いのだが、謎の老人役としてマックス・フォン・シドーが、口のきけない筆談老人を演じていて、作品に重みとユーモアを加えてくれていた。

 一つだけネタバレだが、この老人こそが、オスカーの父親の父親で、つまりオスカーの実のおじいちゃんなのだが、父親役のトム・ハンクスと妙に顔が似ていて、作中の血縁のリアルさを感じさせてくれた^^

 さて、予告編でも展開はよめた。

 ちなみに、予告編では<U2>の曲が使われており、私は、それが「左翼マスコミの報道番組」のオープニングに使われていたのを思い出させられ、どうも気に入らなかった^^(ピーター・ウェアー監督の作品でも使われていたなぁ)。

 ・・・プロローグで、父親が息子に謎掛けした「NY市の第六行政区」の存在だが、それは、オスカーの「ブラックさん探訪」を通して、最後に判明する。

 つまり、こういうことだ。

 多くの人を訪ね歩き、知り合い、経験として得た人々との触れ合い・繋がりこそが・・・、

 オスカーの旅路の、広大な街を歩きとおした、信念の通った一本の筋道こそが・・・、

 そう! それこそが、俺たちの捜し求めていた「ひとつなぎの大秘宝・ワンピース」なのだ、と!!!(←話がいつの間にかズレてる^^;)

   PS.昨夜の『永遠の僕たち』鑑賞では彼女がハラハラと泣き、
      今夜の鑑賞では、高ニの姪っ子が、グズグズと鼻を鳴らし、後半の20分くらい泣いていました。

                                                     (2012/02/09)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『永遠の僕たち』を観た(... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
U2 (まっつぁんこ)
2012-02-10 21:03:13
そういえば予告編のU2 Where the streets have no name は映画にはありませんでしたね。
「左翼マスコミの報道番組」は知らないけど、大好きな曲なので残念です。(笑)
まっつぁんこさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-02-11 05:21:20
おっ、ごめんなさい^^
U2自体は大好きで、私、アルバムもかなり持っています。
過去のエントリーでも書きましたが、その評論伝記本も熟読しました。
ただ、あの名作でもある透明感のある曲のイメージを安易に作品にかぶせるのがどうもなぁと^^;
「左翼マスコミの報道番組」とは、「報道ステーション」か「ニュースステーション」です。
どちらか忘れてしまった。
この映画作品自体も名作ですね^^
ボクはオスカーだぜ (q ボクからのてがみ)
2012-02-11 16:54:37
やぁ 蘭ちゃん!
パパがくれたボクの部屋は
アイデンティティで溢れてたでしょ
ボクね「パパの鍵」を探して
沢山の事と出会ったんだ
心の旅。これからのボクを探して来た
ねぇ蘭ちゃん
痛みは愛があるって証拠?
パパの鍵さぁ
ママのハートも開けたでしょ?
えへへ。
ボクのママってすげーだろ!
沢山の「I love you」を
ママにプレゼントして行くよ
愛は優しくて強いのかな?
ふかふかであたたかくて
しあわせって思うよ
.:*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚..:。*゚:.。*゚
具体的な「主題」は
あえてボヤかしておいて
観た人それぞれ。って作品
涙涙
マックス・フォン・シドーが素敵
オスカーqさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-02-12 14:02:46
おお、オスカー君、君の後見人のミド蘭だよ。(「ドラゴンタトゥーの女」を見たので、後見人にこだわる^^;)
君は、瞳が惚れ惚れするほど美しいが、
でもね、その魅力は、今だけのものなんだよ。
子供の頃は、顔の面積に対しての瞳のパーセンテージが高いけど、成長するにしたがって、頭部が大きくなるので、対比して瞳が小さくなって魅力が減じていくんだよ。
じゃあ、ね、お小遣いをやろうかね・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud  (LOVE Cinemas 調布)
ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を2人のオスカー俳優トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの初共演で映画化。更に『愛を読むひと』、『めぐりあう時間たち』のスティーヴン・ダルドリーが監督を、『フォレスト・ガンプ/一期一会』、『ベンジャミン・バ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (あーうぃ だにぇっと)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い@よみうりホール
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 2012年2月2日 ワーナー・ブラザース試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 を試写会で鑑賞です。 私は大好きな映画でした 【ストーリー】  911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入ったオスカー...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <文京シビックホール> 監督:スティーブン・ダルドリー 製作:スコット・ルーディン 製作総指揮:セリア・コスタス、マーク・ロイバル、ノーラ・スキナー 原作:ジョナサン・サフラン・フォア 脚本:エリック・ロス あの日父を失くした少年の、喪....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカ同時多発テロで父親を亡くした少年の希望と再生を描いたジョナサン・サフラン・フォアの 2005年に発表されたベストセラーを、 「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」のスティ....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (ラムの大通り)
(英題:Extremely Loud & Incredibly Close) 「なるほど。 これは評判がいいのもうなずける。 基本となる物語がよく練られているのはもちろんのこと、 演技、撮影、そしてそれらを束ねる演出が申し分ない。 ハリウッド映画って、どうしてこんなに隙がないんだろう...
ものすごくうるさくてありえないほど近い (★tip of the iceberg★)
ユナイテッドシネマ豊橋18にて試写会。 会場は超満席でした。 前から2列目の席で画面もありえないほど近かった。 話の内容は、前半「ハマった」と感じるものの、後半どんどん良くなって行きました。 同じくユナイテッドで試写会に当たった『P.S.アイ・ラブ・ユー』に...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
「9.11文学の金字塔」と言われるベストセラー小説の映画化。これがタイトルなの?とそれだけで気になる感じなのだけど、原題が「Extremely Loud and Incredibly Close」とい
「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」大判タオルハンカチ必須 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
予告編を見て泣き、映画を観てもっと泣き、家に戻って予告編をもう一度見て更にもっともっと泣く。 登場人物全てに感情移入してしまう、人々の心の再生の物語☆
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジョナサン・サフラン・フォアの小説を「愛を読むひと」のスティーブン・ダルドリー監督が映画化。9.11同時多発テロで父を亡くした少年が、父の最後のメッセージを探すためニューヨ ...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 いま日本で観るべき理由 (映画のブログ)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を2012年2月下旬に公開するかどうか、配給会社は悩んだことだろう。まだ公開すべきではないという意見、今だからこそ公開すべきという意見、いずれもあったは...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」@よみうりホール (新・辛口映画館)
 客入りはほぼ満席。    ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]Amazonアソシエイト by
映画 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (ようこそMr.G)
映画 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(試写会) EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE (まてぃの徒然映画+雑記)
9.11の爆破テロ事件で最愛の父を失った息子が、長い旅路を経て立ち直るまでの物語。愛する人の喪失からどう立ち直るか、これは3.11後の日本にも重くのしかかってくる課題です。 オスカー(トーマス・ホーン)は、ちょっと繊細で感じやすい、でもとても聡明な男の子。父....
少年の一歩 (笑う学生の生活)
9日のことですが、映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。 試写会にて見ました。 9.11で父を亡くした少年オスカー 父のクローゼットから見つけた鍵 その鍵穴を見つけるべく冒険にでる 鍵の謎で引っぱりながらも 人間ドラマとして非常に胸...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画の話でコーヒーブレイク)
今週末公開の本作。 久々に試写会に当選し、先週金曜日、有楽町のよみうりホールで見てきました。 18時開場、18時半開演で、18時過ぎに到着した時は7階のホールに上がる階段の 4階から、列ができていました。 会場は満席。 トム・ハンクス、サンドラ・ブロック共...
映画:ものすごくうるさくて、ありえないほど近い Extremely Loud & Incredibly Close  (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
アカデミー賞レースで、賞にからむか?のうちの一本。 エントリーされているのは、作品賞、助演男優賞。 NYの一家族が直面した911。 父を突然失ってしまった少年が、その後遺症から立ち直るまでのプロセスを描く。 偶然見つけた父の残した「謎掛け」を解こうとする....
試写会「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/2/10、よみうりホール。 開場時刻を15分も過ぎたころ到着したら、入場の列はなくなっていて、 1階席はほぼ満員だった。 いつもより開映時刻が早い(18:30)ためか、始まってからも 暫くは席を探してうろうろする人がいた。 ***    トム・ハン...
劇場鑑賞「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (日々“是”精進! ver.A)
大切なものは、何ですか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202180004/ ものすごくうるさくて、ありえないほど近い ジョナサン・サフラン・フォア 近藤 隆文 NHK出版 2011-07-26 売り上げラン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (Akira's VOICE)
ものすごく多くて,ありえないほど優しい。  
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (悠雅的生活)
1本の鍵。永遠の8分間。毎日が奇跡。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い / Extremely Loud & Incredibly Close (勝手に映画評)
9.11により父を失った少年が、父の遺品の謎を追う物語。 物語に9.11が取り入れられていますが、9.11をテーマにした作品ではありません。突然の父の死を、象徴的・衝撃的に描くために9.11が選ばれています。その意味では、交通事故でも、飛行機事故でも良かったのかもしれ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Extremely Loud and Incredibly Close監督:スティーブン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、etc...ものすごく繊細で、ありえないほどの愛情 (が、いっぱい。。。)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (A Day In The Life)
初日にての観賞 解説 大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の 残した鍵の謎を探るべくニューヨーク中を奔走する姿を描く感動ドラマ。 ジョナサン・サフラン・フォアのベストセラー小説を、トム・ハンクス とサンドラ・ブロックとい...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」観に行ってきました。 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件で亡くなった父親が残した鍵の謎を追い、ニューヨーク中を駆け巡る息子オスカーと彼に関わる人々を描いた感動の物語。 原作は、2005年にアメ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (近未来二番館)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い - goo 映画 2月18日、映画館にて鑑賞。 良作の小説を一ページずつめくって読み進めていく様な、そんな作品でした。 9.11で大好きだった父親を失ってし...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (こねたみっくす)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近くにある親の愛。ものすごくうるさいのに、ありえないほど近くに感じる人を愛しむ気持ち。 9.11アメリカ同時多発テロで愛する父親を亡くし ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (新・映画鑑賞★日記・・・)
【EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE】 2012/02/18公開 アメリカ 129分監督:スティーヴン・ダルドリー出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・シドー、ヴァイオラ・デイヴィス、ジョン・グッドマン、ジェフリー・ライト、....
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』・・・ブランコの向こうに (SOARのパストラーレ♪)
賢いがちょっと変わった行動を取ることのある少年オスカー。9.11のテロ事件で大好きだった父を亡くした彼に残る心の傷だ。最愛の父を失った悲しみを乗り越えられないでいた少年はある日、父のクローゼットで封筒に入った鍵を見つける。かつて父と遊んだ調査探検ゲームの思...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (佐藤秀の徒然幻視録)
オスカーを授かったサンドラ・ブロック 公式サイト。原題:Extremely Loud and Incredibly Close。ジョナサン・サフラン・フォア原作、スティーヴン・ダルドリー監督、トム・ハンクス、サンド ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (心のままに映画の風景)
9.11アメリカ同時多発テロで、最愛の父(トム・ハンクス)を失ったオスカー(トーマス・ホーン)は、いまだ悲しみから立ち直れず、母(サンドラ・ブロック)と2人暮らしの日々を送っていた。 ある日、父の...
映画レビュー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆心のロード・ムービー「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」。国家的で特殊なトラウマの克 ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (ダイターンクラッシュ!!)
2012年2月19日(日) 19:00〜 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売りを購入) パンフレット:800円(買っていない) 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』公式サイト 俺の大好きな歌U2の'Where The Streets Have No Name'を前...
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (2011) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 監督: スティーヴン・ダルドリー 出演: トム・ハンクス 、サンドラ・ブロック 、トーマス・ホーン 、マックス・フォン・シドー 、ヴィオラ・デイヴィス 試写会場: よみうりホール [2012年2月18日公開] 公式サイ...
鍵穴を探す旅〜『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (真紅のthinkingdays)
 EXTREMELY LOUD  AND  INCREDIBLY CLOSE  "Are you there?"  2001年、NY。9歳の少年オスカー(トーマス・ホーン)は、最愛の父(トム・ハ ンクス)を9.11テロで亡くす。一年後、オ...
「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」ものすごく哀しくて、ありえないほど前向き…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ものすごくうるさくて、ありえないほど近い] ブログ村キーワード  トム・ハンクス&サンドラ・ブロック “2人のオスカー俳優、初の共演!” 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」(ワーナー・ブラザース)。最初タイトルを聞いた時には『これ、一体何の映画...
スティーブン・ダルドリー監督『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(Extremely Loud  (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。ジョナサン・サフラン・フォアの小説をスティーブン・ダルドリー監督が映画化『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』出演はトーマス・ホーン、トム・ハンクス、サンドラ・ブロ
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (★ Shaberiba )
大好きった人の死を知るその臨場感に震えた・・。オスカー君は素晴らしかったな(涙)。
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (だらだら無気力ブログ!)
タイトルが長すぎるよ!
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 □監督 スティーヴン・ダルドリー □脚本 エリック・ロス □原作 ジョナサン・サフラン・フォア□キャスト トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン、マックス・フォン・...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(13) ピーンと張り詰める重い空気からの解放感が心地よい
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い/Extremely Loud and Incredibly Close (いい加減社長の映画日記)
それにしても、タイトルが長い・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 9.11同時多発テロで最愛の父トーマスを亡くした少年オスカー。 その死に納得できないまま一年が経ったある日、父のクローゼットで見覚えのない一本の鍵を見つけると、その鍵で開けるべき鍵穴...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (to Heart)
あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり 原題 EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE 製作年度 2011年 上映時間 129分 原作 ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(NHK出版刊) 脚本 エリック・ロス 監督 スティーヴン・...
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (FREE TIME)
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」を鑑賞しました。
映画「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (Andre's Review)
extremely loud incredibly close アメリカ 2011 2012年2月公開 劇場鑑賞 書店で原作を見かけたときから気になっていた作品が映画化され、それがスティーヴン・ダルドリー監督とあったら見ないわけにはいきません。 主人公の少年オスカーは、大好きな父(トム・...
ブランコの奇跡。〜「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」〜 (ペパーミントの魔術師)
9.11の当事者にとっては、 こんなもんじゃないのかもしれない。 でも、自分の知り合いが身内がこの事件にかかわっていなくても これは相当痛い映画だった。 感動するというよりは、 少しでも痛みに寄り添うように観客は見るんだろうな。 涙がとまらなかった・・・。...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画的・絵画的・音楽的)
 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編からかなりいい映画ではないかと思ったのですが、実際に見てみてもなかなかの出来栄えの作品だと思いました。  ある意味で、『サラの鍵』同様、「鍵」を巡ってのお話と言えるで....
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★“たくさんの人との出会いを通じて父の死を受け入れる少年と、さりげなく寄り添う母親の愛情に感動です”予告などの告知を見ていないので何の予備知識もなく、タイトルだけで観に行ってしまいました。(映画を観る前は劇場で上映される予告編を見る程度で前もっ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (我が頭に巣くう映画達)
48点 2011年のアメリカ映画で、 監督は「リトル・ダンサー」のスティーブン・ダルドリー、 主演はトーマス・ホーンです。 トーマス・ホーンはこの映画がデビュー作だそうです。 アメリカ同時多発テ...
2月セレクション?「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」 (カサキケイの映画大好き!)
スティーブン・ダルドリー監督 (リトルダンサー、愛を読むひと) 出演 トム・ハンクス サンドラ・ブロック トーマス・ホーン 芸達者な人達が未来永劫に語り継がれだろう911の悲劇から、 素晴らしい自己再生の蕾を開かせてくれた映画です。 オスカーの父...
映画『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-16.ものすごくうるさくて、ありえないほど近い■原題:Extremely Loud And Incredibly Close■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:129分■字幕:今泉恒子■観賞日:2月18日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:スティーヴン・ダルドリー◆トム・ハン...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い '11:米 ◆原題:EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE ◆監督:スティーヴン・ダルドリー「リトル・ダンサー」「愛を読むひと」 ◆出演:トム・ハンクス、サンドラ・ブロック、トーマス・ホーン ◆STORY◆9.11同時多発テロ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (銀幕大帝α)
EXTREMELY LOUD AND INCREDIBLY CLOSE/11年/米/129分/ドラマ/劇場公開(2012/02/18) −監督− スティーヴン・ダルドリー −原作− ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 −出演− *トム・ハンクス…トーマス・シェル ...
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い (いやいやえん)
誰にでも必ず訪れる大切な人の理不尽な死は、受け入れ難いもの。9.11同時多発テロで父を失った神経恐怖症ぎみのオスカーは、謎の鍵が父からのメッセージだと思い込み、その鍵がどこの鍵のものなのか探すというストー
ものすごくうるさくてありえないほど近い (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】 911の同時多発テロで、大切な父(トム・ハンクス)を亡くした 少年オスカー(トーマス・ホーン)。ある日、父の部屋に入った オスカーは、見たことのない1本の鍵を見つける。 その鍵に父からのメッセージが託されているかもしれないと 考えたオスカーは....
【映画】ものすごくうるさくて、ありえないほど近い…タイトルの意味未理解? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
現在、自家用車を修理に出していて、代車ではどこにも行く気がしないピロEKです どうも最近は車の運転と相性が悪く困っています 前回「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」の前に書いてある近況報告で、福岡に行った話の続きを次回に…と書きましたが、そち...