『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語』を観た]

2012-10-08 21:47:34 | 物語の感想
☆   ・・・「初体験(あるいは援助交際での)」、
        大人になることへの罪悪感と良心の物語・・・。


   ◇

 この話題作・・・、もう語り尽くされた作品なのだろうが、映画版を期に、やっとこさ観ました^^

 うん、ここ数年では、桁違いに凄い作品ですな。

 ちょっと細かいことを書いて、そして、「この指摘について誰も語っていなかったらしめたもの!」として、ひとつ、書いてみる。

 「魔法少女」物としては、もちろん、「プリキュア」と同列に語ったら、お互いに失礼で、

 「リリカルなのは」で、私が感動した展開「少女受難」「ギミックの描き込み」を数千倍の密度で行なっている。

 各所に、『エヴァ』以降の演出が冴えている。

 魔法少女らが「魔女」と戦う異世界のシュール&アバンギャルドさも、

 作中現実世界の自然とテクノロジー、工場萌えと夕焼け描写も素晴らしい。

 また、ジョージ秋山の『ザ・ムーン』に求めて求められなかったテーマを高めた『ぼくらの(鬼頭莫宏著)』の影響は大きいと見える。

 「ぼくらの」のコエムシと、今作のキュウべぇの、メフィストフェレス的な役割などは、その表情に表わさない、彼にとっての合理的な口調ともども、ほぼ同じだ。

 また、前者のパラレルワールド設定と、後者の、おそらく(前編しか見てないから確証は無い)時間ループの設定も似ている。

 また、テーマとしての、両作品の「行いに対しての、大き過ぎる代償としての命」の問題だ。

 もっとも、死んだら考えることもなくなる。

 だから、「行いに対しての、大き過ぎる代償としての命」を考えた時の、主に良心との兼ね合いの苦悩の問題がある。

 昔から、報われない善行というのは、物語の大きなテーマだ。

 『ワーロック(1959 エドワード・ドミトリク監督)』、『どろろ(手塚治虫)』、『ザンボット3』などの主人公は、町を救うも、石もて追われていたものだ。

 それは、魔法少女たちの敵である「魔女」・・・、魔法少女たちが、その魔女へと変貌してしまう一要因だ。

   ◇

 女の子たちは、それぞれが個性的で、揃いも揃って、みんな可愛い。

 このような作品を見ると、自分の好きなタイプを見つけてしまうものだが、どの子も可愛いので、私、モテモテ気分で困ってしまう。

 先ずは、先輩魔法少女のマミの、他のキャラに比べてのムチムチ具合と、変身の時の足捌き(ステップ)と、変身完了後のバンデージに魅かれた。

 さやかは、私好みの「ときめき短髪元気美少女」で、それが、好意を抱いていた幼馴染の少年との関係や、魔法少女契約…、魔法少女としての無力さ…、報われぬことへの絶望…、などを通して一番 過酷な運命にさらされるのが、うん、良かった!^^(←こ、こいつ・・・)

 まどかは、ひたすらに困り続けるのが、女の子・女の子していて可愛い(昔の彼女と似ている。つ、コチラ)。

 ほむらは、クールビューティーだ。

 仁美は、育ちの良いお嬢様。

 杏子は、その活きの良さがたまらん。

 ・・・で、私が考えるのは、この作品、対象が「プリキュア」視聴者のような子供じゃないんだよね。

 だったら、何のための「可愛い魔法少女」設定なんだろうと考えてしまうのだ。

 なんか、初歩的なことを言ってるようだが、可愛い魔法少女らを、いい大人「だけ」が、アニメで鑑賞するのが、妙におかしく感じてしまうのだ。

 子供が見れない・見ても理解できない「魔法少女物語」を、本来の対象ではない大人だけが楽しむ、てのはなんかおかしい。

 だったら、「プリキュア」を見て、子供とは違う観点だが、楽しむという点においては同じ「大きいお友達」のほうが自然だと思っちゃったりする。

   ◇

 ・・・でも、この作品、性的なものは全く排除されている。

 そこがいいところかな、と、見ていてずーっと思っていたのだが、

 終盤になって、「ああ、これは、物語の全てが性的なものの暗喩だ!」と理解した。

 魔法少女になるということは、初体験を済ますことと同義なんだな。

 そういう目で見ると、彼女らの苦悩の全てが分かる。

 まどかと仁美以外の女の子たちは、済ませた後の苦悩を抱き、

 まどかは、経験をすべきかの苦悩をずーっと持っている。

 まどかのお母さんも、まどかに言っている。

「早く大人になっちまいなよぉ。大人は辛いけど、そのぶん、楽しいぞぉ…^^」

 そして、仁美は、くるべき時が来れば、それは自然に訪れると落ち着いている。

 となると、さやかの魔法少女契約後の苦悩、その解釈が難しいか?

 いや、簡単だ。

 魔法少女契約による経験は、「売春」的な罪悪を伴うのだ。

 だから、魔法少女になった彼女らは、「肉体的」「精神的」の二重の意味で、もう、戻れない・・・。

 マミが天涯孤独の身で、あんなマンションに住んでいられるのも、援助交際を繰り返して、金に困っていないことの暗喩だ。

 ・・・それでも、この作品は面白い!

   ♪そ・れ・で・も、好・き・だ・よ!

                                           (2012/10/08)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『ボーン・レガシー』を観... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 「始まりの物語」 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    佐倉杏子のコスプレをして見に来ていた女性など    女性同士で映画を見に来ていた人が、多かったです。    内容はTV版とちょっと違ったストーリーでしたが    ...
『劇場版 まどか☆マギカ』「前編」レポート (サイネリア~わたしのひとりごと~)
公開初日、梅田ブルク7へ観賞してきました。 前売り券は購入してましたが、当日多くの方が来場するであろうことと、『Magica Quartet特製色紙』のプレゼントが特典とあってはどうしても手に入れておきたいところ。ネット予約で席をとりました。既に予約時点で1&2回目...
劇場版「魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語」 (藍麦のああなんだかなぁ)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ「[前編]始まりの物語」です。 はいはい、初日にい
劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」 (「いい」加減でいこう USO800)
前編「始まりの物語」。本日、朝一で観に行ってきた。ネタバレ注意・・と言っても今回
「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語」 感想 (attendre et espérer)
「その魂を代価にして、君は何を願う?」 いつも通りの遅報ですが、「劇場版まどマギ」観に行ってきました。 初日というのを考慮しても、いつもはわりと空いてる映画館がすっごい混雑してる…こんなの...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語 (映画情報良いとこ撮り!)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語 なんと今度は、まどかの映画化ですか、最近は、派生もあるみたいですが。 では、今回の映画の内容は。 中学2年生の鹿目まどかのクラスに、暁美ほむらが転校して来た。 しかし、彼女をどこかで見たことがある...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語 (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★3.5“魔法少女になることの意味を知った少女は何を想うのか”この映画は前編・後編の二部構成になっています。自分はTV版を一回だけ観たことがあり、前編の方はあるところまでTV版とほぼ同じという感じです。 映画を観た印象では、日常の描写では光と影の表現がと...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語 (真・天文台)
監督:宮本幸裕 脚本:虚淵玄
劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』早速観てきました! (キャラソニ!)
どもども!Z-inです。 劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』【前編】始まりの物語が本日公開されました! あまり初日から観にいくタイプではないのですが3連休ということもあり本日突撃! …だけどこの...
『劇場版魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語』 (こねたみっくす)
総集編なのに、TVシリーズを見ていた時とは全く違う別作品を見ているかのような感動に包まれた130分でした。 第16回アニメーション神戸賞作品賞を始め、各方面から高い評価を受けたT ...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語 (だらだら無気力ブログ!)
総集編として、とてもイイ出来だったと思う。
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編]始まりの物語 監督/宮本幸裕  (西京極 紫の館)
【声の出演】  悠木 碧  (鹿目まどか)  斎藤 千和 (暁美ほむら)  水橋かおり(巴マミ)  喜多村英梨(美樹さやか)  野中 藍  (佐倉杏子) 【ストーリー】 ごく普通の中学2年生として平和な日々を送る鹿目まどかは、ある夜、傷つきながら戦う少女と、不思議...
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』 幸せを感じる秘密 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  正義の味方とその仲間たちは、決して死ぬことはない。その思い込みを裏切って、主要キャラがあっさり命を落としていく。  敵は悪玉、主人公たちは善玉という当たり前の区別さえも、...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語 (銀幕大帝α)
2012年 日本 130分 ファンタジー/ミステリー/アドベンチャー 劇場公開(2012/10/06) 総監督:新房昭之 監督:宮本幸裕 アニメーション制作:シャフト 原作:Magica Quartet 主題歌:ClariS『ルミナス』 声の出演: 悠木碧:鹿目まどか 斎藤千和:暁美ほむら ...