『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ボーン・レガシー』を観た(短信)]

2012-10-08 19:50:57 | 物語の感想

☆実は、この「ボーン」シリーズ、初めての鑑賞であった。

 前三部作からは主役が代わったとのことで、物語も仕切りなおしで、とっつき易いかなと思い、見た。

 最初は、前作との絡みで分かりにくかったが、どうにか理解できていると思う。

 簡単に言うと、CIAと言う組織からの「抜け忍」の物語と思えば合点がいこう。

 作品背景が掴めてきてから、私は、凄まじく面白さを感じた。

 こういった肉体アクションへの回帰の流れは知っていたが、実際に見ると、身体にビシビシくるね!^^

 と同時に、私は、『スリーデイズ』の時も思ったのだが、

 この肉体系アクションを彩るのは、逃走不可の状況からの脱出と言う「密室殺人」的なシチュエーションだと思うのだ。

 舞台は、孤立した雪の山岳地帯(『THE GREY 凍える太陽』よりも面白い^^)、自分(主人公:アーロン)に有益な情報を持つ女科学者の家、マニラの薬品工場、マニラ市街…、と戦いが続くが、いずれも、不可能からの脱出状況である。

 しかも、その肉体酷使が、高度に情報管理化された中での逃走の形で為されるので、その、アナログとデジタルのミスマッチと、それゆえの、人間単体の可能性を示してくれていて気持ちいい^^

 しかし、CIAの「超戦士計画」みたいので育成された戦士は9人だと言うし、なんか「サイボーグ009」みたいだ。

 また、以前にも「009」と似た設定の『アイ・アム・ナンバー4』があったが、

 日本の9人が1人として欠けていないのに対し、「アイ・アム・ナンバー4」も、この「ボーン・レガシー」も数人があっさり消されている・・・。

 途中から、<抜け忍>アーロンに、CIAは別計画の殺人マシーン(アーロン的な超人から人間性を省いた戦士)を<追い忍>として差し向ける。

 ここなんか、009たちに、<ブラック・ゴースト>が差し向けた「0010」「0011」「0012」「0013」のような趣だ^^

 その、<追い忍>が、すぐにクライマックスの場に現われ、<T-1000型>張りに猪突猛進でアーロンを追い詰めていく。

 私としては、一回 間があって第2ラウンドがはじまるのかと思っていたら、そのまま決着を迎えるので、とてもまだるっこしさがなくて良かった。

 まあ、この作品においては、とにかく、追うも逃げるもスピーディーさが要求されるのだな。

 いや、私、とっても楽しみました。

 前三部作もビデオで見てみます。

 アーロン篇も、二作後辺りには、絶対に、前シリーズの主人公 ジェイソン・ボーンと共闘することになりそうだからなぁ^^

 主人公を演じたジェレミー・レナーは、ちょっと野暮ったい容姿がいいね。

 おっと、ヒロインのレイチェル・ワイズも良かったです^^v

 私、震災の前日に、レイチェル主演の『アレキサンドリア』を見たんだけど、今 思うと、あの作品ともども、ちょっと感慨深い。

                                          (2012/10/08)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | [『劇場版 魔法少女まどか☆マギ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボーン (sakurai)
2012-10-09 16:40:06
見てないと、新鮮でしょうね。
あっちがやけにサクサクしてたんで、こっちがまどろっこしく感じられてなりませんでした。
次はぜひサクサク感を出してほしいなあ。
マットは、年齢的にきついんじゃないでしょうかね。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-10-09 22:16:38
私は、sakurai先生がいまいちだった前半は、これまでのシリーズを見てないので、セリフの一つ一つから、シリーズの流れを補完しようと必死で見てましたよ^^

う~ん、この先は道を可能性を二つ残していて、アーロン新三部作か、6作目でのジェイソンとの共闘か、ってとこかと^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ケネス・キットソンに花束を (MESCALINE DRIVE)
「ボーン・レガシー」を観た。 マット・デイモンが主演して世界的大ヒットとなった「ボーン」シリーズ。三部作は見事に完結した。彼らの陰謀うずまく物語は幕を閉じたとばかり思っていたのが、ジェレミー・レナーを主演に据えて新たな伝説を紡ごうとは。 ジェレミー・レ...
劇場鑑賞「ボーン・レガシー」 (日々“是”精進! ver.F)
アウトカム計画と、ラークス計画… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209290001/ Bourne LegacySoundtrack Varese Sarabande 2012-08-07売り上げランキン...
No.325 ボーン・レガシー (気ままな映画生活)
記憶を失ったスパイ、ジェイソン・ボーンの戦いを描いたロバート・ラドラム原作、マッド・デイモン主演の人気スパイアクション3部作(「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・ス ...
ボーン・レガシー (あーうぃ だにぇっと)
ボーン・レガシー@TOHOシネマズ日劇3
映画『ボーン・レガシー』★手に汗握り心臓バクバクで止まりそう(笑) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/157156/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     マット・デイモン主演のジェイソン・ボーンのシリーズは 記憶喪失でわけわからないまま、命...
ボーン・レガシー/ジェレミー・レナー (カノンな日々)
大ヒットしたマット・デイモン主演の『ボーン』シリーズ三部作の脚本家トニー・ギルロイが今度はメガホンをとり同じ世界観、同じ時系列の中で新たな暗殺者アーロン・クロスを主人 ...
『ボーン・レガシー』 (こねたみっくす)
ボーン・シリーズの亜流として期待せずに見れば面白いが、新たなるボーン・シリーズとして少しでも期待して見ると終盤までは結構退屈。 シリーズの正式な続編にして、ジェイソン ...
ボーン・レガシー (だらだら無気力ブログ!)
前半、ちょっと退屈・・・。
ボーン・レガシー (心のままに映画の風景)
ジェイソン・ボーンによってCIAの極秘プログラム“トレッドストーン計画”と“ブラックブライアー計画”が暴かれようとしていた同じ時、更なるプログラム“アウトカム計画”が遂行されていた。 情報漏洩によって...
ボーン・レガシー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) エドワード・ノートンの存在感がひときわ目立った。
ボーン・レガシー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ジェレミー・レナーが主人公になって、今度は遺伝子操作で能力を高められた工作員の物語だ。国家のためという大儀のもとに使い捨てにされる工作員が活躍する。シベリアの極寒の地から狼に追われながらもアメリカまで到達する超人的能力が、科学的に授けられたものという点...
ボーン・レガシー  監督/トニー・ギルロイ  (西京極 紫の館)
【出演】  ジェレミー・レナー  レイチェル・ワイズ  エドワード・ノートン 【ストーリー】 CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、人体改造の「アウトカム計画」により、強靭な肉体を持つアーロ....
ボーン・レガシー (そーれりぽーと)
むさ苦しい顔してるのに何故かハリウッドに好かれてブレイク中のジェレミー・レナーが“ボーン”の新シリーズを継いだ『ボーン・レガシー』を観てきました。 ★★★ さすがに“ボーン”シリーズが面白く変わった2作目『ボーン・スプレマシー』と3作目『ボーン・アルティ...
ボーン・レガシー (こみち)
 JUGEMテーマ:洋画     ◆ボーン シリーズ    無人機をライフルで撃ち落とし、体内のカプセルを    メスで使って取り出すシーンは、秘密工作員のありさまが    うまく描かれてお...
「ボーン・レガシー」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・米=ユニバーサル/配給:東宝東和 原題:The Bourne Legacy 監督:トニー・ギルロイ原作:ロバート・ラドラム原案:トニー・ギルロイ脚本:トニー・ギルロイ、ダン・ギルロイ製作:
ボーン・レガシー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Bourne Legacyクチコミを見る“ボーン”シリーズの世界観を引き継いだ新たなシリーズの幕開け「ボーン・レガシー」。役者はやや地味だが緊迫感は途切れない。記憶を失った凄腕の暗殺者 ...
ボーン・レガシー / The Bourne Legacy (勝手に映画評)
『ボーン・アイデンティティー』『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』に繋がる、CIAの極秘プログラムを描いた映画。本来の原作に、同じ『ボーン・レガシー』と言うタイトルの作品もありますが、この作品はその原作をベースにしておらず、全く別の物語と....
「ボーン・レガシー」みた。 (たいむのひとりごと)
ジェイソン・ボーンのシリーズと世界を同じくして”アルティメイタム”と同時期に起こっていた別の話であり、”ホーク・アイ”が記憶に新しいジェレミー・レナーが主演ということで楽しみにしていた作品。・・だった
『ボーン・レガシー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ボーン・レガシー」 □監督・脚本 トニー・ギルロイ □脚本 ダン・ギルロイ □原案 ロバート・ラドラム □キャスト ジェレミー・レナー、レイチェル・ワイズ、エドワード・ノートン、ジョアン・アレン、       アルバート...
ボーン・レガシー (Akira's VOICE)
CIAは人間兵器を作りすぎ。  
ボーン・レガシー (風に吹かれて)
計画はトレッドストーンだけではなかった俺の名前はNo.5 公式サイト http://bourne-legacy.jp監督・脚本: トニー・ギルロイ  「フィクサー」 CIAの極秘プログラム「トレッドス
ボーン・レガシー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOURNE LEGACY】 2012/09/28公開 アメリカ 135分監督:トニー・ギルロイ出演:ジェレミー・レナー、エドワード・ノートン、レイチェル・ワイズ、ジョーン・アレン、アルバート・フィニー、デヴィッド・ストラザーン、スコット・グレン ジェイソン・ボーンは氷山....
ボーン・レガシー (迷宮映画館)
意外性が薄れた感じがしたかなあ。
映画:ボーン・レガシー The Bourne Legacy 007の強敵が復活(笑)3連作越えのアクションが炸裂しまくり (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ボーンに続き、トレッドストーン作戦から膿みのように誕生した 新キャラクター。 演じるのは、最近超売れっ子の、ジェレミー・レナー(写真 左) 彼は、ここんとこ急激に超売れっ子に。 「28週後...」→「ハート・ロッカー」で正に爆発(笑)、続く「ザ・タウン」でい...
映画「ボーン・レガシー」 (放浪の狼のたわごと)
2012年アメリカで製作された トニー・ギルロイ監督作品。「ボーン」3部作の裏側
ボーン・レガシー (映画と本の『たんぽぽ館』)
決して飽きない加速度的緊張感とアクション                 * * * * * * * * * * 「ジェイソン・ボーンは氷山の一角に過ぎなかった。」 ということで、 ジェイソン・ボーンシリーズと同じ世界観で繰り広げられるもう一つのストー...
No.5 ~『ボーン・レガシー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOURNE LEGACY  ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)の逃亡により、CIAの極秘計画が白日 の下に晒されようとしていた。国家調査研究所のリック・バイヤー(エドワード ・ノート...
ボーン・レガシー (The Bourne Legacy) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・ギルロイ 主演 ジェレミー・レナー 2012年 アメリカ映画 135分 アクション 採点★★ 『ボーン・アルティメイタム』で最高の幕引きを見せた“ジェイソン・ボーン”シリーズ。ただまぁ、スタジオがそう易々とヒットシリーズを手放すわけもなく、第4作...
ボーン・レガシー ぶっ飛びおもろーいっ!さすが! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【=40 -5-】 マット・デイモンの「ジェイソン・ボーン」3部作は観ていない、しかし、ジェレミー・レナーが好きなので観てみるのだ。  CIAの極秘プログラム「トレッドストーン計画」が、ジェイソン・ボーンによって明るみになろうとしているころ、人体改造の「アウトカ...
★ボーン・レガシー(2012)★ (Cinema Collection 2)
THE BOURNE LEGACY ジェイソン・ボーンは 氷山の一角に 過ぎなかった 映時間 135分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2012/09/28 ジャンル アクション/サスペンス 映倫 G 【解説】 世界中で大ヒットした“ボーン”シリーズ3部作の続...
ボーン・レガシー (ダイターンクラッシュ!!)
2012年10月5日(金) 19:45~ TOHOシネマズ日劇3 料金:0円(フリーパスポート) 『ボーン・レガシー』公式サイト フリーパスポート23本目。 当初は、ポール・グリーングラス監督、マット・デイモン主演の企画だったそうだが、グリーングラスが降板したことで、おサ...
■ボーン・レガシー (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第281回「新たに現れたその男は、新たなシリーズと成り得るか?」 マット・デイモン主演で記憶を無くしたCIA工作員の戦いを描いたボーン3部作。テンポの良い展開と良く練りこまれた脚本で大ヒットしました。そんなシリーズのスピンオフ的作品「ボーン・レガシー」...
『ボーン・レガシー』 2012年10月14日 TOHOシネマズ市川 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ボーン・レガシー』 を観賞しました。 今日は、14日なのでTOHOで 【ストーリー】  最強の暗殺者を生み出すCIAの極秘プログラム、トレッドストーン計画とブラックブライアー計画。その最高傑作として生み出されたジェイソン・ボーンが、失った記憶を追い求めながら、...
ボーン・レガシー (ダイターンクラッシュ!!)
2012年10月5日(金) 19:45~ TOHOシネマズ日劇3 料金:0円(フリーパスポート) 『ボーン・レガシー』公式サイト フリーパスポート23本目。 当初は、ポール・グリーングラス監督、マット・デイモン主演の企画だったそうだが、グリーングラスが降板したことで、おサ...
映画『ボーン・レガシー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-80.ボーン・レガシー■原題:The Bourne Legacy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:135分■字幕:戸田奈津子■観賞日:10月7日、新宿バルト9(新宿三丁目)■料金:1,800円 □監督・脚本・原案・編集:ジョン・ギルロイ□脚本:ダン・ギルロ...
ボーン・レガシー (銀幕大帝α)
ジェイソン・ボーンは 氷山の一角に 過ぎなかった。 -感想- え?なにこれ。 すっごく普通なんですけど。 新鮮さも無ければ斬新さも無い。 在り来たりのアクション映画。 面白くない訳ではないけれど、これといった見所が余り無いのは考え物やなぁ。 展開も画で見せ...
ボーン・レガシー (いやいやえん)
ジェレミー・レナーさんを主人公にもってきた、「ボーン」シリーズのスピンオフ的作品。 「トレッドストーン計画」によって生み出された暗殺者ジェイソン・ボーンが、ロンドンで新聞記者サイモン・ロスに接触しようとしていた頃、計画が明るみに出ることを恐れたCIA...
ボーン・レガシー (RISING STEEL)
ボーン・レガシー / THE BOURNE LEGACY 2012年 アメリカ映画  ユニヴァーサル製作 監督:トニー・ギルロイ 製作:フランク・マーシャル  パトリック・クローリー  ジェフリー・M・ワイナー  ベン・スミス 製作総指揮:ヘンリー・モリソン  ジェニ...
【映画】ボーン・レガシー(の記事をやっつけた) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日は成人の日だったのですね。 北九州市の成人式は(多分)昨日でしたし(雨の今日でなくて良かったですね)、昨日は外出しなかったので晴着を見かけることは有りませんでした。 ・・・私が成人式の時は財布を落としたなぁ(※四半世紀以上昔の話) 本日2015年1月12日...