さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ドゥブロヴニク その4

2014年07月22日 | 海外旅行
ドゥブロヴニクの城壁巡りは見学二日目に予定されていましたが、到着初日に歩いておくことにしました。天候が不順なため、雨の降っていないうちにということです。

レヴリン要塞近くの入り口から入場しました。



城壁の一周は、およそ2kmあり、1時間近くかかります。



レヴリン要塞を間近に見ることができます。レヴリン要塞は、15世紀に完成し、16世紀にさらに強固なものに改築されました。

城塞都市としてのドゥブロヴニクの様子を見るには、市街地観光だけでは不十分で、城壁巡りを行う必要があります。



風景を眺めながら歩いていきます。



沖合に浮かぶロクルム島が見えています。手前は、旧港の入り口をレヴリン要塞と共に守る聖イヴァン要塞。



フランシスコ修道院の鐘楼。



城壁の外側の眺め。



オレンジの屋根の広がりが印象的です。







奥は大聖堂、手前右は聖ヴラホ教会のドーム。



城壁の外の西側に設けられたロヴリイェナツ要塞が見えてきました。



城壁最高点のミンチェ要塞に向かっての上り坂が続きます。



市街地もかなり下に見えるようになってきました。



ミンチェ要塞が近づいて高度が上がると、市街地が箱庭のように見えるようになりました。



時間が気になって早足で歩いていることもあって、汗を流しながらミンチェ要塞に到着。

城壁巡りの途中には、カフェや売店が店開きしていますが、水を持参する必要があります。



ミンチェ要塞の塔の上からのパノラマ。

ミンチェ要塞は、1319年に建造され、15世紀に改築されました。



歩いてきたレヴリン要塞方面の眺め。



市街地左寄りの眺め。



市街地右寄りの眺め。



これから進んでいくピレ門方面の眺め。



ミンチェ要塞からは、急な下りになりました。



ピレ門を入った先にあるフランシスコ会修道院の鐘楼が近づいてきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戻ってきました | トップ | さすらいの風景 ドゥブロヴ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む