さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 居庸関

2012年02月06日 | 海外旅行
居庸関は、北京から八達嶺に行く途中にある万里の長城上に設けられた関所跡です。「天下第一雄関」とも呼ばれ、難攻不落の九塞に数えられました。着工は秦代にまでさかのぼることができ、残されている雲台と呼ばれる門は、元の順帝によって1345年に建てられたラマ式の仏塔の台座で、建造物は明代のものです。

以前は、道路脇にこの雲台だけがぽつんと残されているだけでしたが、現在では、観光地化されて周囲に要塞風の建物が建て増されています。



門の上にはガルーダが描かれています。



また門の内部には四天王像も描かれています。



四天王像の他に、6種類の文字(漢字、サンスクリット門司、ウィグル文字、チベット文字、西夏文字)で書かれた経文が彫られています。この経文から西夏文字の手掛かりが得られ、日本の学者によって解読が成功されたことからも知られています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 デリー その2 | トップ | さすらいの風景 八達嶺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む