さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ミュンヘン その1

2009年03月26日 | 海外旅行
ミュンヘンはドイツ南部のバイエルン州の州都です。ベルリン、ハンブルクに次ぐドイツ第三位の都市で、商工業も盛んですが、ヴィッテルスバッハ家の宮廷都市として栄え、ヨーロッパ文化の中心地の一つになっています。

ミュンヘン中央駅を出てカールス門をくぐると、ミュンヘンの中心部になります。



フラウエン教会の、たまねぎ型の屋根をつけた二つの塔が頭上に覆い被さってきます。



フラウエン教会は、1468年~1488年にかけて作られた後期ゴシック様式で、ミュンヘンのシンボル的存在になっています。



中は、意外にシンプルなつくりになっています。



フラウエン教会と並んでシンブル的存在なのが、新市庁舎



1867年~1909年に建てられたネオゴシック式の建物です。



新市庁舎の建つマリエン広場には、ある時間がくると人が集まってきます。



塔にはからくり時計が設けられて、一日数回10分間に渡って動き出します。



上段は、馬上試合のものです。騎士がぶつかり、一方は落馬。



下段は、ペスト流行からの復興を祝う踊り。高いところにあって大きさが判りにくいですが、実物大あるそうです。



マリエン広場では、マリア様が見守るなか、人々がビール片手にのんびりとすごしています。



17世紀前半の三十年戦争の際に、ミュンヘンはスウェーデン人に占領されますが、解放後にマクシミリアン一世が感謝の印に立てたのが、このマリア像です。バイエルンの守護女神になっています。



旧市庁舎



1470年~80年にかけて建てられました。第二次大戦で破壊されて再建されたため、建物自体は新市庁舎よりも新しくなっています。



これは裁判所。古めかしい建物も沢山あります。



ところで、ミュンヘンの名前の由来ですが、僧院をあらわす「メンヒ」が由来です。市庁舎にあった市章ですが、中央に修道僧が描かれているのもそのためです。

このように書いていて気が付いたのですが、スイス観光でお馴染みのアイガー、ユングフラウともにオーバーラント三山と呼ばれるメンヒも、修道僧に由来しているんですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪割草の咲く山 (2009.3.)22. | トップ | さすらいの風景 ミュンヘン... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2009-03-29 17:29:21
おはようございます。
いつも「地球の歩き方」を横に置きながら拝見していますが、ミュンヘンはアルプスに程近いですね。
こんな大きな町がこんな場所にあるなんて驚きでもあります。
市庁舎といい教会といい相当立派です。
きっと天気が良いとアルプスも見えることでしょう。
バイエルン (さすらい人)
2009-03-30 18:04:03
今晩は。
ミュンヘンは、バイエルン王国の首都で、ウィーン王室とも関係が深いですね。この背後のオーバー・バイエルン地方は、ガルミッシュ=パルテンキルヒェンに代表されるように、ドイツアルプスの中心地になります。バイエルンは、陽気で楽しい町ですね。好きな町です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む