さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 バゴー その2

2013年02月13日 | 海外旅行
チャカッワイン僧院の後は、シュエモードー・パヤーを訪れました。



シュエモードー・パヤーの歴史は、1200年以上さかのぼるといいます。



仏陀の遺髪二本をおさめるために高さ23mの塔を建てたのが始まりで、その後少しずつ高さを増していったものの地震の被害を受け、特に1931年の地震では塔が崩れる被害を受けました。1954年の再建されて、現在では、ヤンゴンのシュエダゴォン・パヤーを超える114mの高さになっています。



八曜日の祭壇も置かれています。



ミャンマーの寺院では、昼は太陽のひざしによって地面が熱されて素足で歩くのが難しくなりますが、パゴダを取り巻くように白いタイルが敷かれており、この上は冷たいままに保たれていました。



ヤンゴンとは違って、観光客は少なめでした。



強いひざしがさしこんでいました。今回のミャンマー旅行では、運の良いことに晴天が続きました。



地震で崩落した塔の先端も置かれていました。





ほとんど同じ姿の像が三体並んで置かれていました。



ここにもボー・ミン・ガウンの像が置かれていました。人気のある高僧であることは判るのですが、もう少し霊験のありそうな像を造れないのですかね。





大鐘も置かれていました。



この像は、寺院よりは子供向け遊園地に置いた方がよさそうです。



どこかで見たようなと思ったら、鳥獣保護区の看板に描かれている鳥と雰囲気が似ています。



ここの仏像も三体ほぼ同じ姿をしています。




ここには、日本から贈られた鎌倉大仏型の仏像も置かれています。



電飾の光背が取り付けられていました。



スイカ売りの少女。



ここの聖なる鵞鳥ヒンタ(あるいはハムサ)は、二羽が重なっていました。夫婦なのか親子なのかは判りません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 バゴー その1 | トップ | さすらいの風景 バゴー その3 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (*^^*) (ミモザ)
2013-02-14 09:52:25
昨年ころから時々おじゃまして、さすらいさんの旅行記を楽しく拝見していました。西の方が好きなので、最近のミャンマーの記事はスル―しがちだったのですが、今日改めてミャンマー旅行記を読ませていただき、感動してしまいました。
日本人との美意識感覚のギャップを感じながら、楽しく見ていたのですが・・・だんだんと、そこからミャンマー人の素直な心が感じられ、仏像を見ているうちに何だか涙があふれてしまいました。また、とても愛おしく感じられます。
さすらいさん、ありがとうございます。
ミャンマー (さすらい人)
2013-02-14 19:49:33
はじめまして。コメントありがとうございます。
ミャンマーは、日本と同じ仏教国ですが、仏像の姿などはずいぶんと違っています。どこで違ってきたのか興味がわいてきます。
西の方も興味があり、また行きたいと思っているのですが、ここしばらくは東西文化の交流をたどってみたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む