さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 マドリッド その2

2008年07月28日 | 海外旅行
猛暑が続いております。暑い時は、暑い風景をどうぞ。

スペインというと、闘牛が思い浮かんできます。オペラ「カルメン」の舞台として、闘牛は是非とも見たいものでした。

スペインの闘牛は、復活祭から10月中旬までの日曜日に、マドリッドやバルセロナの大都市の闘牛場で行われます。日程を調整して、日曜日にマドリッドに滞在して闘牛を見ました。

マドリッドの闘牛場は、日本の国技館のように、もっとも格式の高い競技場のようです。



闘牛は、日本の大相撲と同じように、伝統にのっとった決まりごとがあります。

入場券の種類ですが、ソル(日なた)、イ・ソンブラ(日向から日陰)、ソンブラ(日陰)に分かれており、日陰が高いことになります。写真撮影に良いのは、ソンブラということになります。

闘牛場に、日向と陰が半半になる時に、競技は始まります。



まずは、先導の二人の騎士が登場。



続いて、三人のマタドールが登場します。左がベテラン(1、4頭目を担当)、中央は新人(3、6頭目を担当)、右は中間(2、5頭目を担当)といった地位関係があります。

後ろに、バンデリリェーロとピカドールが従います。



第一幕

まずは、マタドールが、カポーテ(表がピンク、裏が黄色のケープ)で、牛をあしらい、気性を確かめます。





ピカドールが登場し、槍で牛を突き刺し、出血させて弱らせます。



槍の穂先から5センチ程のところに横棒があって、深くは刺さらないようになっていますが、さしてからひねれば、牛はそれだけ弱ることになります。



第二幕 ファンファーレが鳴ります。

続いて、バンデリリェーロが登場し、両手に持った二本のもりを突き刺します。



三名が登場し、計6本のもりが打たれます。



第三幕 ファンファーレが再び鳴ります。

真打のマタドールが登場。真紅のムレタを扱って、牛に突進させてあしらっていきます。



牛の突進のたびにオーレという声がこだまします。



牛が疲れて、動かなくなる瞬間があります。マタドールは、それまで持っていた飾り剣を真剣にかえます。ムレタに牛の神経を集中させておいて、剣をかまえます。首の後の隆起部を45度の角度で突き刺すと、剣は心臓近くの大動脈を切断して、ドウと牛は倒れます。これは、真実の瞬間と呼ばれます。
ただし、うまく殺せずに何度も剣をさすようになると、ブーイングとなります。



強烈な太陽の日差しのもと、砂の上に赤黒い血が流れます。「血と砂」というバレンチノ主演の映画の題名が心に浮かんできます。



殺された牛は、三頭の馬に引かれて場外にある製肉場に運ばれます。翌日には、闘牛の肉として、肉屋に並びます。



良い闘牛が行われたと主催者が判断した時には、マタドールには、牛の片耳が与えられ、場内一周の行進が行われます。



マタドールは、帽子を脱いで主催者に挨拶。場内は歓声に包まれます。



中には、闘争心の無い牛もいます。この場合には、一群の牝牛が中に入れられて、牝牛と共に退場することになります。もっとも、余生を牧場で牝牛とともに幸せに暮らせるとは思えません。
牛には、戦って死ぬか、戦わずして死ぬかの運命しかないようです。



時には、牛の勝利ということもあります。

ひらりとパセをしたその後。



マタドールは、角に突き上げられて、踏みつけられていました。赤いケープの落ちた場所からは10m程の距離を一気に飛ばされています。助手達が、カバを片手に急いで救援に向かっていきました。

この勝者の牛の運命はどうなったのだろう。

闘牛で、生と死のたわむれを見ることができました。

カルメン第三幕。闘牛場へ入場していく、マタドールらの一群が登場して、群衆は歓声をあげます。興奮のるつぼになった闘牛場の外で、嫉妬で狂乱したドン・ホセは、カルメンに復縁をせまり、プレゼントした指輪を投げ返されて逆上し、刺し殺してしまいます。

闘牛場で見たものは、光と陰。生と死。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 買っちゃった バッハ大全集 | トップ | 天地人 直江兼続の紹介 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
難しいですね (本読みと山歩き)
2008-07-29 04:07:47
今晩は。
これはこれ、すごいですね。
最後に牛を殺してしますとは知りませんでした。
いくら文化とは言え、動物愛護協会からクレームがつきそうですが、きっと長い歴史の中で、育まれたこと文化はそんなもの跳ね返してしまうのですね。
「生と死のたわむれ」私にもそう見えます。
闘牛 (さすらい人)
2008-07-29 17:09:58
今晩は。
闘牛はスペインの国技になっていますが、動物愛護の非難も大きくなっているようですね。
動物愛護の視点については、難しい問題なので、避けさせてもらいます。
ただ、現地で見る闘牛は、カルメンや、闘牛に夢中になったヘミングウェイの作品を理解するのに必要だと思います。
まずは見て、文化の違いに接するのが、旅の目的の一つです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む