さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ケンブリッジ その1

2012年06月04日 | 海外旅行
ケンブリッジは、ロンドンの北、約90kmの位置にある大学都市です。

ケンブリッジ大学は、中世に創設され、オックスフォード大学に次ぐ古い歴史を持っています。




ケンブリッジには、ケム川が流れ、美しい河畔の眺めを見ることができます。

ケム川の畔の街ということで、ケンブリッジの名前が生まれました。

これは、「数学の橋」といい、ニュートンがデザインしたものといいます。ボルトもねネジも使わずに、木と木を組み合わせて橋を支えています。



ケンブリッジ大学は、31のカレッジから構成されており、これはクィーンズ・カレッジです。

クィーンズ・カレッジは、1448年にヘンリー6世の妃・マーガレットによって創設されました。



クイーンズカレッジ構内の中庭です。



沢山の煙突が面白い外観を作り上げています。



続いてキングス・カレッジ。美しい芝生が広がっています。



ゴシック様式の建物は、キングス礼拝所で、ヘンリー6世の命によって、1446~1515年にかけて建造されました。



礼拝堂は、「ヨーロッパで最も美しいゴシックの花」と称えられもします。





内部は、荘厳な雰囲気です。





ステンドグラスを通した光が、壁に模様を描いていました。



キングスカレッジの正面入り口。



キングス・カレッジ。



建物を見る限り、日本の大学との差を思い知らされます。



キングス・カレッジの脇のケム川には、キングス橋がかかっています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 張家界と鳳... | トップ | さすらいの風景 ケンブリッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む