さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 コペンハーゲン20

2008年05月16日 | 海外旅行
ローゼンボーには、ローゼンボー城庭園と呼ばれるクリスチャン4世によって造営されルネサンス様式の庭園が付属しています。



ローゼンボーは、「薔薇の城」という意味になりますが、夏の季節には、薔薇に彩られていました。





クリスチャン8世妃カロリーネ・アマリエの像。



おまけですが、ローゼンボーを夏に訪れた人は、思わぬ光景に驚かされるかもしれません。芝生の上で、大勢の人が日光浴をしています。トップレスの女性も普通に見かけます。日本の感覚とは少し違いますね。

この位置はローゼンボー撮影の定番スポットなので、そこに写り込むのは盗撮にはあたらないと判断しての1枚です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高坪山 (2008.5.6.) | トップ | 高城 ヒメサユリ開花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む