さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 プラハ その4

2011年11月08日 | 海外旅行
聖ヴィート大聖堂の東に、聖イジー教会があります。920年に完成したプラハ城で最も古い教会です。

ロマネスク様式の二本の塔を持っています。



振り返ると、聖ヴィート大聖堂がそそり立っています。



聖イジー教会の正面には、聖イジー(聖ゲオルギウス)の竜退治が浮彫で描かれています。



中のホールはこじんまりしています。音響も良いので、コンサートも行われるようです。



奥は、地下室と上段の二段構造になっています。



天井にはフレスコ画が描かれていますが、正面のものは痛みが進んでいます。



右脇には、聖リュドミラ礼拝堂があり、聖リュドミラの生涯を描いたフレスコ画が見事です。

聖リュドミラは、10世紀のボヘミアの王でチェコの守護聖人である聖ヴァーツラフの祖母です。



地下の礼拝堂



入り口脇に小さな礼拝堂がありました。



祭壇画の下に骨が飾られていました。最初は絵かと思いましたが、本物の人骨でした。



次の見学地の黄金小路に向かい、振り返ると、聖イジー教会を背後から眺めることができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 プラハ その3 | トップ | さすらいの風景 プラハ その5 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
記憶に無い・・・ (ミンティ)
2011-11-10 22:02:44
有難うございます!!
地下にこんなのあったんですね。
写真を撮らなかったので、すっかり忘れてしまったようです。
写真 (さすらい人)
2011-11-11 12:58:45
ここは、写真の撮影料が必要でしたので、撮影していた人は少なかったですね。ガイドは、たいして撮影するものはないといっていましたが、その価値があるかないかは人によるでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む