さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 プリトヴィッツェ その3

2014年08月13日 | 海外旅行
プリトヴィッツェ湖群国立公園での午後は、上湖群の見学を行いました。昼食をとったホテルから公園内に入場し、再び坂を下ってP1の船着き場にやってきました。一般の人には辛い上り下りになったでしょうね。



湖面は木々の緑に染まっていました。



水の中をのぞくと、魚が沢山泳いでいました。釣りは禁止されているようです。



船に乗って、P1から対岸のブルゲティにあるP2の船着き場に移動しました。



上湖群でも増水のために通行止めの区間があったようでしたが、なんとか見所を周回することができました。



上湖群では、遊歩道脇に小さな滝が連続していました。日本では見られない風景です。



カルスト地帯にあるため、湖に沈んだ倒木には、石灰華が沈着していました。



ひと登りするとグラディンスコ湖に出ました。





青空も広がって、湖見物のためには良い天気に恵まれました。



大雨の後のため、小さな滝も迫力のある眺めを見せていました。





小さな湖と滝が次々に現れてきました。





少し大きな滝が現れました。





このレリーフは、プリトヴィッツェ湖群の研究者で、1920年代に既にその自然保護の重要性を説いていたイヴォ・ぺヴァレク博士の功績を称えたものです。



ガロヴァチュキ・ブク。大きな滝が次々に現れてきました。





看板によれば、マリ・プルスタバク。







ヴェリキ・プルシュタヴツィ。水煙が襲ってきて、視界が霞んでいます。



滝の脇の登りになりました。





ガロヴァツ湖が現れました。



ここで戻ることになって、船着き場への道に進みました。上流には、さらに湖沼地帯が広がっているのですが、時間の制約があります。



行きに歩いた道に戻ってきました。



船に乗って、P1の船着き場へ。最後に坂道の登りにもうひと汗かくことになりました。

なお、プリトヴィッツェ湖群国立公園内では多くの花を見ることができましたが、これは別項目にて。

これでクロアチアの観光は終わりとなりました。この後は、翌日日本への飛行機に乗るため、オーストリアのグラーツへ移動することになりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 プリトヴィ... | トップ | さすらいの風景 グラーツ ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしいです (KIKUHIRO)
2014-08-17 17:24:38
 はじめまして

 クロアチアはプリトビッチェ湖群国立公園に代表されるようにきれいなところが多いですよね。

 内戦時に破壊される危機に瀕した際に地元の人々が身を挺して守ったとか。

 私も2010年に行きましたが、また行きたいところの一つです。
景勝地 (さすらい人)
2014-08-18 17:27:31
はじめまして。コメントありがとうございます。

今回の旅では、プリトヴィッツェ湖群国立公園やアドリア海の風景を楽しむことができました。

バルカン半島のまだ行っていない国に行ってみたいと思っていますが、クロアチア再訪のチャンスはなかなか巡ってこないかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む