五反田発リスボン行き急行列車

五反田駅からリスボン行き急行列車に乗ることを夢想する前期高齢者の徒然

2017・4・17

2017-04-18 09:13:55 | 日記
auなのかSOFTBANKなのか分からないけど、テニスのコスチュームを着た三人が画面に登場した後で、同じくテニスのコスチューム姿のはるか愛に向かって「愛も持っている」?というナレーションが流れ、最後に「愛も見せたら?」と言われてはるか愛が「それは無理」というCMがよく分からない。画面に流れるたびに「何が無理なの?」と聞いてしまっている。このCMに限らず最近意味不明のCMが多い。ゲームソフトの宣伝だと商品自体や会社の名前も知らないのだからCMが分からなくても仕方ないし、女性の生理用品のCMも男性の私には寧ろ分からない方がいいともいえる。でも、この携帯会社やカード会社のCMで意味不明のCMにぶつかる度に、こいつら(クライアント若しくはクリエーター)が私程度の年齢や学歴や年収や教養の人間を相手にしてないのだと思い知らされることになる。世の中はどんどん進化し、私みたいな人間はその場に沈下、若しくは退化しているのか?録画してあったNHKの「ピカソと北野武」を見る。ピカソの「青の時代」と北野監督の「キタノブルー」に共通点を見つけて作家論を展開しようという企画だったみたいだけど、画家も映画監督も同じ場所にいないで作品が別人の様になっていくという北野武の話でチョン。敢えて制作者側の狙いを外し、わがままに番組を終えてしまう北野武ならぬビートたけしに芸人魂を見る。老老ブレックファーストはサバの塩焼き、もずくとかい割れ大根と茗荷のサラダ、納豆、きゅうりの漬け物、きゃべつの味噌汁。老老ディナーはソースや生そばにワンタンスープにキムチ。遅い時間に五反田のマンションの管理組合の理事長Kさんが近所にいるからと来店。彼はラム、私はワインで一時間ほどお喋り。11時半過ぎ10代の頃読んだ「憂鬱なる党派」(高橋和己)を再読しつつ眠る★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017・4・16 | トップ | 2017・4・18 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。