五反田発リスボン行き急行列車

五反田駅からリスボン行き急行列車に乗ることを夢想する前期高齢者の徒然

2017・9・30

2017-09-30 23:06:56 | 日記
夜中の3時過ぎに気持ち悪くなって起きてしまう。胃から喉にかけて食べ物が詰まっている感じ。寝る前にそんなに食べたか?とぼんやりとした頭で思い巡らせてみるが、5時半に老老ディナー(うどんとトンカツ)の後は何も食べてない。だったら飲みすぎた?いやいやJダニエルを飲んだことは飲んだけど、目分量では100CC程度(Wで二杯)だし、二日酔いになる程ではない。トイレで吐いてみる。胃液しかでない。諦めて再び寝る。6時45分、いつも起きる6時をかなり過ぎて起きる。気持ち悪さは依然と続いているけど、老老ブレックファーストの用意をしない訳にはいかない。自分の食欲を中心にすると何も食べたくないけど、スープを飲みたくなって、市販のオニオンスープを用意。必然的にパン食。今日はチーズサンドイッチを作ってみる。他にスクランブルエッグとアボカドのワンプレートを用意したが、全く受け付けない。スープも一口飲んだだけ。サンドイッチも食パン一枚分。ワンプレートは全く食べられない。そんな最悪の体調の中で「ひよっこ」の最終回を見る。この一週間、ドドッとハッピーエンドが都合よく続いたけど、それは視聴者側が求めていること。でも、父親(沢村一樹)の記憶喪失は解決しなくていいのかもしれないと思っていたら、みんなが集まった鈴ふり亭で父親が重箱を預けたことを思い出すシーンがあって、途端私の涙腺が制御不能になる。もうすぐ70になる私をこんな涙ジジイにしてしまった脚本家の岡田恵和さんを恨みつつ、体調の悪さもあって、番組が終わると同時に五階へ。そのまま二時間程眠り込んでしまう。11時過ぎ一度起きる。でも、まだダメ。再び眠る。1時すぎ起きる。不思議だ。気持ち悪さが消えている。疲れていたのか?よく分からない。食欲が回復していたので、老老ディナーは昨日買っておいたサンマ。大根おろしを一杯すって,豚汁も作る。サンマは直火で焼かなくてはと、本当は禁止されているけどベランダにカセットフーを出して網で焼く。そのサンマに先日いらした女性脚本家のHさんからいただいたカボスを添える。美味!ほんとに美味い!。こんな時は日本酒だ。今朝の気持ち悪さが嘘だったように日本酒を飲む。すると母が珍しく私も飲みたいという。サンマを焼いて、常温の日本酒を酌み交わす94歳と69歳の母と息子の秋。★御礼。「四階で火事が三階で洪水が」の公演には8公演で300人以上の方々がご来場くださいました。本当に有り難うございます。皆さんの声援を背にして次回「壁」(1/12~14)の公演に向かって行きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017・9・29

2017-09-30 14:01:13 | 日記
老老ブレックファースト(ソーセージとゆで卵にアボカドのワンプレートに母はオニオンスープとチーズトースト、私はご飯に漬け物とかぶの味噌汁)の後、恵比寿のS内科クリニックへ毎月の定期検診に出向く。結果は何の異常もないとのことだったが、クリニックへ来るまでの坂の昇り降りに疲れたことを告げると、完全な運動不足だと言われる。そういえば歩いてない。歩く意欲もないし、歩こうとしても途中で頓挫する。つい一年前まで広尾から五反田まで約50分かけて歩いてい、肉屋でぶたのスライス、トンカツなど買って帰る。老老ディナーは買ったトンカツときのこうどん。母はうどんよりトンカツを残さず食べる。頼もしい94歳だ。食後、9時40分に開演する「ナミヤ雑貨店の奇跡」を見に行こうと仮眠していたら、Tちゃんから「黒沢清×前田敦子の映画を見ましたか」とのメール。「ウラジオストックで全編ロケした映画だね」と返信。「前田敦子は苦役列車もよかった」「モラトリアムたま子もよかった」「深夜ドラマの毒島はみましたか」「見たよ。裸になっていたよね?それなのにさよなら歌舞伎町は何故脱がなかったのか?H監督は何を考えているんだ?」などと前田敦子をめぐるメールのやりとりが煩雑になる内に、こっちも我慢ならなくなったけどTちゃんもそうだったみたいで電話がかかってきて、今度は電話で何十分も黒沢清論。WOWOWの「贖罪」について、そこから湊かなえ論、「告白」のひどさ、同じ年に封切られた「悪人」論と話題は続いて、気づいた時にはもう「ナミヤ雑貨店…」は間に合わない。諦める。映画は明日もやっているけど、Tちゃんとの映画トークは今日だけのもの。本当は一緒に飲みたかったけど、人妻とこんな時間から飲む訳にはいかず仕方ないので一人飲み。Jダニエルをそのまま飲んだこともあるけど、1時間程で完全泥酔。疲れているのか?「下北沢ダイハード」の最終回が途中までしか見ることが出来なかったのは、作品の所為ではなくJダニエルの所為。★御礼。「四階で火事が三階で洪水が」の公演には8公演で300人以上の方々がご来場くださいました。本当に有り難うございます。皆さんの声援を背にして次回「壁」(1/12~14)の公演に向かって行きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。?、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017・9・28

2017-09-29 10:00:47 | 日記
次回作の一月公演「壁」のことを一日中考えている。単純な話だ。十数年前に入居し、数年前に夫と離婚した主人公が部屋を引越しすることになって、その当日それまで挨拶程度しかしなかった隣の部屋に挨拶に行き、ふとしたことで一時間ばかりお茶をご馳走になりながらお喋りすることになるのだけど、全く造りが同じの壁一枚を隔てた隣の部屋には想像もつかない生活があり、荷物を運び出した後のそれまで自分の部屋だった空間を壁一枚向こうに想像することて主人公のこの十数年が炙り出されるといった設定で、事件らしい事件は何も起こらない、ただただ淡々とした会話が続く、とんでもなく退屈な芝居なのだけど、気づいてみたら何だかゾッとするという感想が出てくるといいと思って、ベッドに寝っころがったり、パソコンに向かったり、散歩したりする間に色々と考えている。因みにチラシのメインコピーは「壁の穴から隣の部屋を見てみたら/そこにいたのは昨日のあなた/壁一枚で昨日と今日とが分かれている」…うーん、どうなんだ?今一つか?夕方、老老ディナー(長崎皿うどんとキムチスープ)を食べ終わった頃に、法律事務所勤務のNさんが顔を出す。今日もまた彼とは床屋談義ならぬ酒場談義。今夜あたりも新橋のガード下辺りじゃ同じようなお喋りをしているサラリーマンが多いだろうねと言いながら「希望の党」と小池百合子の「策謀」についてお喋りを続ける。Nさんが帰った8時過ぎ、「壁」の人物表を作ろうとパソコンを抱えて五階に上がった時に何気なく「検索」をクリックしたら何の違和感もなく画面が現れる。あれ?ここにはWIFIが入っていない筈だけどと思いながら昨日と同じ様にHuluも検索してみると、ちゃんと映る。ええっ、どうしたの?どうして五階でWIFIが?と戸惑いながら松田優作の「探偵物語」(脚本・丸山昇一)を見てしまう。面白かったけど、それよりどうしてなの?★御礼。「四階で火事が三階で洪水が」の公演には8公演で300人以上の方々がご来場くださいました。本当に有り難うございます。皆さんの声援を背にして次回「壁」(1/12~14)の公演に向かって行きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。?、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017・9・27

2017-09-28 09:10:08 | 日記
こうして日記を書く時に、前日のことがぼんやりとしか思い出さないことがある。どこにも出かけなかった。誰とも会わなかった。特別美味しいものも食べなかった。特別面白いドラマも見なかった。後になって振り返ると空白の一日に見えるに違いない。その原因は多分、小池百合子か?朝一番の結党大会から始まって、テレビで評論家諸氏が喧々諤々彼女の行動について喋るのを聞いていると、彼女の行動力とか策士ぶりに「大の男」たちが翻弄されているのがよく分かる。きっと彼女に痛快さを覚える人も多いだろうし、テレビドラマや小説が嘘っぽくつまらなく思えてきてしまうのだ。でも、そんな空白の一日にしてはなるものかと「悪霊」の続きを読み、久しぶりにHuluで今まで見ていなかった「GO」(脚本・宮藤官九郎、監督・行定勲)を観る。「悪霊」は現実の「悪霊」に負けてしまう。「GO」は辛うじて現実を乗り越えるテーマを描く。深夜の小学校の門を軽々と飛び越える「在日」の主人公が魅力的だだ…というようなことで9月27日は本当に何もなかった日なんだけど、老老ブレックファーストはコンビーフとレタスとゆで卵のワンプレートに、母はチーズトーストと市販のパンプキンスープ、私はご飯に茗荷とねぎの味噌汁+もずく+かぶの漬け物、老老ディナーは昨日作ったきのこカレーに市販のピクルスだったことを一応記しておく。★御礼。「四階で火事が三階で洪水が」の公演には8公演で300人以上の方々がご来場くださいました。本当に有り難うございます。皆さんの声援を背にして次回「壁」(1/12~14)の公演に向かって行きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。?、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017・9・26

2017-09-27 09:55:56 | 日記
老老ブレックファーストは鰈の煮つけ、納豆、和風サラダ、きゅうりの漬け物、かぶの味噌汁、ということで今日は有無を言わせず母もご飯で和食。午前中に銀行で数件の振込をした後、広尾の百円ショップで整理ケースやブックエンドを買う。それらを使ってテーブルの上に散乱していた書類や文房具を片づける。この数日来の宿題をやり終えたような気がしてホッとする。午後、映画を見に行きたかったが、一番見たい映画は「散歩する侵略者」(監督・黒沢清)なのだけど、品川ではもう19時でしか上映してない。ということは17時半には部屋を出なくてはならず、母との老老ディナーの時間を考えると、ちょっと難しい。この映画との相性は本当に悪い。どうやら観ることがないまま終わってしまうのか?と思いながら老老ディナーの為にカレーを作り、母に5時半に食べましょうと電話すると、今日は一番下の弟がお弁当を持ってきていてさっき食べたばかりなのよと仰る。つまり食べないということ?少しだけなら食べられるなどというもんだから、だったらもう今日は老老ディナーは中止しよう(そういう時は作る前に教えてよ、との裏声あり)と電話を切るや否や、頭の中を「散歩する侵略者」に切り換えて、パソコンで予約し、余り食べると眠くなるだろうと思ってカレーをルーだけ胃袋に流し込んで、品川のJシネマへ。長いことかかったけど、漸く観ることが出来るんだと興奮を抑えて座席に坐る。何が悪かったのか分からない。映画に罪はない。恐らく悪いのは私。期待過剰だったのだろう。人間の「概念」を奪い取る侵略者、というコンセプト。あまりに演劇的(若しくは文学的?)で、日常生活の中で展開される映画には不向きな感が拭えず、最後まで消化不良のまま見てしまっていた。何か機会があったらもう一度見直してみよう。9時半過ぎ帰宅。疲れていたので5階で休んでいたら、五反田のマンションの管理組合の理事長であるKさんが顔を出してくれる。普段から私に対して好意的な意見ばかり言ってくれているKさんだけど、今回は今まで以上に「四階で火事が三階で洪水が」を誉めてくれるのでびっくりする。12時過ぎまでシモネタも含めて男同士(と言ってもKさんは私の息子と同い年)のお喋りが続いて。★御礼。「四階で火事が三階で洪水が」の公演には8公演で300人以上の方々がご来場くださいました。本当に有り難うございます。皆さんの声援を背にして次回「壁」(1/12~14)の公演に向かって行きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。?、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017・9・25

2017-09-26 11:02:18 | 日記
老老ブレックファースト(ベーコンエッグWITHグリーンサラダ、さつま揚げのバターソティ、かぶの漬け物で母はトーストとトマトジュース、私はご飯に若布の味噌汁)の時、母に今日も映画行く?と聞いたら、最近の映画はよく分からないからねぇと気乗り薄。どうやら一昨日見た「幼な子われらに生まれ」のことを言っているみたいだったので、あの映画の何処が分からなかった?と聞くと、三人の子供たちが誰と誰の子供なんだか分からなかったという。ステップファミリーの話だ。夫婦それぞれに別のパートナーとの間に子供がいて、妻のお腹の中には新しい生命が宿っている。別に難しくはないだろ?と反論しかかり、毎日「ひよっこ」(脚本・岡田恵和)を楽しみに見ていても、準レギュラーで登場する人物に「あの人誰だっけ?」と聞いてくることを思い出す。そうか?年を取ると、こうして記憶力がなくなると同時に理解力もなくなっていくのか?と少し気持ちが暗くなる。買い物に出かけた後、テレビ。小池新党の立ち上げ会見に釘付けになる。前にも書いたけど、小池百合子という人物、危険だと思いつつ世の中の常識を覆していく姿に痛快感を覚えてしまう。だからって投票はしない。3時に美人照明技師のYさんが私の好物の六花亭のバターケーキを土産に機材の引き取りにくる。続いて4時にビルの管理会社のAさんがエアコン修理のことで打ち合わせに。そして6時に女性脚本家のOさんとHさんが私を入れた三人ですき焼きパーティをする為に来店。去年の三田文学の新人奨励賞を受賞したOさんをお祝いする集いだったが、ついでに私の芝居が無事終わったお疲れ会もやっていただいた。それにしても76歳から純文学に挑戦したOさんの小説は、受賞作「受胎」も受賞第一作の「紙ヒコーキ」も描写力が凄いし、テーマも過激だ。一見するといい処の奥様にしか見えないOさんの何処にそんな力が隠れていたのだろうかとHさんと話す。8時に乃木坂の店で何年か続けて最多来店数を誇ったS新聞のUさんと、脚本家志望のOLで、最近結婚して女の子を出産したKさんが来店。勿論OさんとHさんも乃木坂の店には出入りしていたし、ちょっとした前の店の同窓会。閉店した今、こうしてみんなが集まってくれる処を見ると、自分では分からなかったけど、いい店だったのかもしれない。でも、あの店はもうない。時間と時間の間に咲いた徒花だったのか?因みにUさんは来月から前橋支局に転勤になるそうだ。Kさんも母親になったし、段々と当時のメンバーにも会えなくなる★御礼。「四階で火事が三階で洪水が」の公演には8公演で300人以上の方々がご来場くださいました。本当に有り難うございます。皆さんの声援を背にして次回「壁」(1/12~14)の公演に向かって行きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。?、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017・9・24

2017-09-25 09:09:34 | 日記
今日のメインテーマ?は夕方4時開演の「時分自問旅行」(作演出・西条みつとし)を赤坂レッドシアターへ見に行くことだ。何がメインテーマ?かと言うと、誘ってくれたのがTテレビの女性プロデューサーで、乃木坂の店を立ち上げる時にも尽力してくれ、「四階で火事が三階が洪水が」にも見に来てくれたRさんだからだ。いやいや、それより問題なのが今日の芝居で唯一大人の俳優で出演しているYさんがRさんのご亭主だと言うこと。気軽に行くと言ってしまったけど、もしもつまらなくて寝てしまったら、そしてそれを目撃されたら彼女の気分はよくない訳で、なんとしても眠ることなく休憩なし二時間の芝居を「完投」しなくてはならないのだ。でも、チラシを見た限りでは、若手の俳優が20数人出演するという私が絶対見たくない芝居の典型で、いくち眠らないと決意を新たにしても99%はつまらなくて眠ってしまう可能性が大だった。だから老老ブレックファースト(さつま揚げ、ちりめん入り玉子焼き、納豆、きゅうりとかぶの漬け物、じゃがいもと茗荷の味噌汁)の後、当然の如く仮眠して寝不足を補おうとしたのだけど、こういう時に限って眠くならない。やばい。何とか眠らなくてはと思い続けた2時間余り。仕方なくお昼過ぎにはベッドから出て電卓を叩いて経理事務を試みるが、ダメ。結局、二時前には店を出て六本木へ。本屋に立ち寄った後、時間があるので六本木からレッドシアターのある赤坂まで歩こうと思い立ち、途中乃木坂の以前の店の一階に出来たカフェドコアで休んだものの、約一時間かけて歩き通す。歩くのは本当に気持ちいい。それにミッドタウンから乃木坂、そして赤坂へと歩く道は十年間に渡って私が毎日通っていた道だから懐かしさが込み上げてくるのを禁じ得ない。でも、疲れた。こんなことをしたら眠気を加速するだけじゃないか?でも、それはそれで仕方ないか?とすっかりお眠りムードで劇場についたら、な、なんと誘ってくれたRさんのと、となりの席!や、やばい!眠ってしまったらどうなるんだ?いやいやそんなことはいくらなんでも?と思いつつも、以前初号試写に招待してくれた気難しいので有名な脚本家Aの隣で居眠りをして顰蹙を買った過去もあり、もう神に祈るしか助かる道は残ってなかったが、芝居が始まると神が訪れたのだ。若手二十数人が次々と登場して、場面が目まぐるしく転換する舞台に、やれやれ予想通りの芝居だと思い掛けたのは開演後20分を経っていた頃だったろうか?それまで一度も暗転がないことに気づいたのだ。舞台におかれたベンチが喫茶店の椅子にもなるし、公演のベンチにもなる。それまで東日本大震災で津波にさらわれた母と娘の生前の姿があったかと思うと、いつの間にか舞台は現在の東京になっていたり、空間と時間が混雑している舞台なのだ。この時点で暗転が煩雑にある芝居は、ストーリーだけを語るだけで、演劇的興奮は皆無と断言してもいい。恐らく殆どの人が一度見ただけではストーリーなんか分からない。でも、私は眠気なんか忘れて二時間の演劇的空間と時間を堪能していた。こんな日は誰かと飲みたい。ダメモトとは思いつつも乃木坂に住む教育評論家兼映画監督のHさんに電話してみると、以前の店の近くにある魚料理の店Uで会うことを快諾してくれた。ハイボールを四杯ずつ飲みながら語り合う63歳と69歳。自分らはまだ青春気分?で、話すことも青春がテーマだったりしているのに、ふと周囲からみるとどんな姿に映っているのだろうかと思ったりする。9時過ぎHさんと分かれて六本木経由広尾へ。珍しくまだ飲み足りなくて近所のバーへ一杯だけ飲ませてくれと入る。お客は妙齢の女性一人。カウンターの中には寡黙なマスター一人。ラフロイグ一杯を飲みきるのに20分か?その間一言も喋らず時が過ぎていく。ザ・バーだ。★御礼。「四階で火事が三階で洪水が」の公演には8公演で300人以上の方々がご来場くださいました。本当に有り難うございます。皆さんの声援を背にして次回「壁」(1/12~14)の公演に向かって行きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。?、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017・9・23

2017-09-24 09:13:12 | 日記
別に朝から決意することではないんだけど、昨日失敗したこともあって今日は何が何でも「散歩する侵略者」(監督・黒沢清)を観るぞと食後予約しようとしたら、朝八時と夜七時?うーん、この映画と私は縁がないのか?などと落ち込んでいる処へ、元スタッフで映画好きのTちゃんから「幼な子われらに生まれ」の感想を送ってくる。浅野忠信がいいと言う点で私と意見の一致。ついでに「ナミヤ雑貨店の奇跡」(監督・廣木隆一)を見たら感想聞かせて下さいとのメール。了解、と返信してから予約しようとしたら、午後のちょうど行きたい時間が舞台挨拶もあって満員状態。うーん、今日も見たい映画に見放されている。次善の選択として「三度目の殺人」(脚本監督・是枝裕信)を予約する。何故次善かと言うと、福山主演の映画は「スクープ」を除いて全く生理的に受け付けないのだ。テレビも「ガリレオ」を除いてダメ。その心理を分析してみると、「スクープ」も「ガリレオ」も表面的には厭味の男をいい男の福山がやっているからいいのに、他の作品は表面的にもいい男を演じているから受け付けないのだ。今度の作品はどうなんだ?期待しないでみる。うん?出だしは「嫌な男」だ。このままいけばいけるかも?と思っていたら、うん?「いい奴」になるのが早すぎる?挙げ句の果ては犯罪を繙く脚本がただただ説明説明。最後に流れるクレジットを見てみたら「フジテレビ」が制作著作。フーン、そういうことですか?と納得。夕方までには帰って母と老老ディナー(豚肉のしゃぶしゃぶ)食後は7月以降の日計表の整理。とにかく9月18日までやりおえたけど、眠い、眠い。もう一度やり直さないとやばいか?★御礼。「四階で火事が三階で洪水が」の公演には8公演で300人以上の方々がご来場くださいました。本当に有り難うございます。皆さんの声援を背にして次回「壁」(1/12~14)の公演に向かって行きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。?、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017・9・22

2017-09-23 09:15:37 | 日記
シジミの味噌汁を出すと、いつもは小さな貝殻の身をほじくって一粒残さず食べる母が殆ど味噌汁を残している。どうしたの?と聞くと他の食べ物と合わないからと言う。他の食べ物は何かというと、さつま揚げの大根おろし和え、豚肉とカリフラワーのマヨネーズ和え、きゅうりの漬け物、そして母はチーズトーストで私はご飯(+納豆)。ご飯なら何の問題もないのに、合わないと思ったのはチーズトーストだったからか?だったら明日からやっぱり母もご飯にしてしまおう。それともなかったら味噌汁の代わりにトマトジュースをつけるか?食後、9時半に茅場町のTデンタルクリニックへ定期検診に出かける。今月もよく磨けているとのお褒めの言葉。小学校で「よくできました」と言う桜の判子を貰った気分になる。2時に元女優で絵本作家のNさんに来て貰って1月公演「壁」のチラシについて打ち合わせ。これまでテアトロジャージャンのチラシはSさんにお願いしてきたけど、11作目を機会に趣をかえてみようと思ったのだ。お互いにとっていい仕事になってくれることを願う。老老ディナーには豚の冷しゃぶを用意して、母に電話すると、すぐ下の弟が食事を貰持ってくるから食事はいらないとの返事。だったらすぐ言ってよと文句を言いたくなる。一人で食べる訳にもいかず、このまま今日も映画を見に行こうとプログラムを探していたら、母から電話があって弟は食事を置いてすぐ帰ってしまったから一緒に食べようとのお誘い。うーん、一人前の食事を持ってこられても困る。慌てて鮭缶の残りなどで自分の分のおかずを作って並べる。食後、一番見たい「散歩する侵略者」に間に合うには部屋を6時には出ないといけないのに母はなかなか帰らない。6時半ぎりぎりに母が帰るや否や、部屋を飛び出す。でも、間一髪品川行きのバスは出たばかり。後10分以上待たないとバスはこない。だったら「散歩する侵略者」は諦めざるえない。仕方なく今度は恵比寿ガーデンシネマで上映中の「アンダーグラウンド」に方向を変えて雨の中テクテク歩く。雨がひどくなってくる中、全身びしょ濡れになってガーデンシネマ到着。やれやれ、温かい珈琲でも飲んで体を温めようとタイムテーブルを見た途端、がっかりする。「アンダーグラウンド」は前編後編に分かれていて、これからは7時過ぎに始まる後編しか観ることが出来ないのだ。再び方針転換。「散歩する侵略者」はダメでも「三度目の殺人」は大丈夫だろうと携帯の「ぴあ映画生活」を見てみると、これからもあることはあるけど、次の上映は9時半。びしょ濡れになったまま2時間待つのは無理…と言うことで、今日の映画観賞は諦めて再び雨の中帰宅。代わりにNHKでドラマ「君の声が聞きたい?」(脚本・大森美香)を見る。一回目は馬鹿にしてみていたが、どうやらテーマを「声」に絞っているらしく、今日の二回目はぐいぐい引きつけられる。途中「悪霊」を挟んで「下北沢ダイハード」、番組が始まった時は意欲的だと思ったけど、回を追うごとにつまらなくなっていく。だからといってウタタネしていいって理屈にはならないけど…。★御礼。「四階で火事が三階で洪水が」の公演には8公演で300人以上の方々がご来場くださいました。本当に有り難うございます。皆さんの声援を背にして次回「壁」(1/12~14)の公演に向かって行きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。?、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017・9・21

2017-09-22 12:21:50 | 日記
バーのある四階にあったテーブルその他を芝居公演中は五階に運び込んでおいたので、本当なら元に戻さなくてはならないのだけど、来年は4階を使ってやるイベントを自分の芝居以外にも計画しているので、その度に一々移動するのは面倒だし、工夫すれは五階の狭いスペースにも荷物を置いておけるんではないかと一人で改装?計画を始めようと思ったまではよかったけど、ダブルベッドを移動して出来た空間にテーブルと椅子をおくという作業をするだけで、背中と腰と足を痛めてしまって、しばらくは動くことが出来ない。老人よ、体をきたえておけ。老老ブレックファーストは今日もまた、すき焼きの肉を除いた材料を使っての五目?味噌汁に豆腐のステーキ、納豆、きゅうりの漬け物と残り物整理っぽい。食後、仮眠してからリハが始まってからため込んでしまった領収書の整理。約一カ月分となるとカウンターの上に日付ごとに並べるとゾッとする。これをまた日計表に起こして、お金の帳尻がちゃんと合うかどうかチェックしていかなくてはならない、と思っただけでカウンターから体が離れてしまう。3時半にプロデューサーのChさんがくる。企画の立ち上げの間違いから台本、演出、演技、各パーツの問題を検証する。母に焼きうどんを届けた後、5時に場所を近所の店に移して二人だけの打ち上げ。彼女には本当によくやって貰ったと思っているので心から労う。ついでに1月公演についてスタッフ編成その他諸々のことを話しながらグラスを重ねる。7時に彼女と別れた直後、法律事務所勤務のNさんから電話があったので、店に大急ぎで戻る。いつもなら芝居について色々感想を言ってくるのに、全く触れようとしない。と言うことは、かなり評価が低いと言うことか?正直に感想を言うと私が怒りだすと思っているのか?うん、怒る。自分でもたっぷりと反省しているけど、他人に言われると不愉快。だから言わないで正解。かわりに政局の話で盛り上がる。小池百合子は何を考えているか分からなくて怖いけど、彼女が一年足らずで都知事をやめて衆議院選挙に出馬して総理大臣を目指したりしたら、政界は目茶苦茶になって、それはそれで面白くなる、などと床屋談義ならぬ酒場談義を二時間程。酔っていたので、彼が帰った直後、10時には就寝。★御礼。「四階で火事が三階で洪水が」の公演には8公演で300人以上の方々がご来場くださいました。本当に有り難うございます。皆さんの声援を背にして次回「壁」(1/12~14)の公演に向かって行きたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。?、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加