五反田発リスボン行き急行列車

五反田駅からリスボン行き急行列車に乗ることを夢想する前期高齢者の徒然

2017・4・18

2017-04-19 11:01:26 | 日記
昨日までは覚えていたのだけど、今日は十二年前に亡くなった父の命日(クリスチャンだったから命日とは言わないか)だったのに、すっかりそのことを忘れていて、老老ディナーに冷凍期限の来てしまった牛肉ですき焼きをやろうとして、母に今日は何かのお祝い?と聞かれて、ハッと思い出す。命日をすき焼きで思い出すなんてちょっとしたブラックユーモア。でも、去る者は何とかなのだということで、母とマディラワインで献杯。こんなことを書くと、いかにも親不孝者と思われてしまうけど、たまたま当日に命日を忘れただけで、前日までは覚えていたのだし、いやそれどころか父の存在を亡くなってからも意識しない日はないぐらいに思っている息子はあまりいないのではないかと「自負」している。でも、それは別に父が愛しいからではなく、父の人生をいつかまとめたいと願っている物書き根性がなせる技なので、「自負」できることではない。そんな「息子」である私に未明「息子」から電話がある。先週あたりの日記で、こっちから用事があるので電話をくれと何度ショートメールしても返信がないし、電話をかけると「音信対応はしていない」と返信が戻ってくるものだから何故か「拒否」られているのではないかと疑心暗鬼になっていると書いたのだけど、その日記をみた息子が、俺はメールも見ていないし、電話もかかってきてないと「抗議「してきたのだ。お父さんの携帯が故障していたんじゃないかと言われて、送信履歴を調べてみると、ちゃんと息子あてのショートメールは送られていることになっている。つまり私のメールは宇宙の彼方に消えてしまったというのか?だからメールでのコミュニケーションは信用できないんだと怒りたい所だけど、今度の場合は電話にも問題があったということで、このことで危うく息子との関係を断ち切ることになったかもしれない私は、ごの文明の利器に対して愚痴ることしかできない★テアトロじゃーじゃんのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017・4・17 | トップ | 2017・4・19 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。