☆ Universo & me ☆

猫の事、世の中の事、歌の事、ソプラノ歌手のつれづれ

猫レスキュー

2017-10-10 18:20:30 | ペット

My Cat From Hell 

と言う番組をアニマルプラネットでやっているんだけど、猫行動学専門家の

ジャクソン・ギャラクシーと言うでかい男性が、出演している。

彼は、夜はミュージシャン昼は猫専門家として働いているらしい。

腕には入れ墨だらけで、しかも頭はぴかっていて、デカいし、太いし、こんな男に出会ったら、

間違いなく避けて通るでしょう!私は。

でも、目を見ると、優しい目をしていて、番組を見ていると、非常に情け深い涙もろい人だと分かる。

人は見かけによらない、の典型の様な人だと思う。

そんな彼は、子供の頃から猫を可愛がっていたらしい。アニマルシェルターで働いた経験が有って、

そこで、飼い主に捨てられて、殺処分に成った猫たちをいっぱい見て来たそうで、だから、飼い主が

ジャクソンに問題解決出来なかったら、処分する、などと言われたら、もう必死に成ってしまう。

そして飼い主が、この猫は一生離さない!と言う結論を出すと、涙ぽろぽろ零して喜ぶ。

 

そんな人だから、無知な飼い主に、猫の気持ちが分かる様に、真剣に教えている、と言う事らしい。

 

猫を飼ったはいいけど、猫の気持ちが全然分からなくて、猫との関係がサイアクに成った人達が

SOSを送って来るのを助ける番組なんだけど、色々と参考に成ることがいっぱいなので、観る事にしている。

 

猫の喧嘩の原因が、猫の欲求に飼い主が答えてない事だったり、例えば、遊んであげないから、暇だし

体力も持て余しているので、他の猫をおもちゃにして攻撃してしまうとか。

飼い主を攻撃するとか。

テリトリーの問題で、片方の猫ばかりが縄張りを持ち、もう一方が縄張りが無い事で自信喪失してオドオド

している様子が、格好の餌食に成ってしまって、攻撃を誘発しているとか。

 

テリトリーの問題は深刻で、縄張りを侵されていると思うと、自分の縄張りである事を主張する為に、

あちこちにおしっこして、臭い付けする様に成ってしまう。

どうしてトイレでしないのかが分からないので、飼い主はお手上げに成り、猫を捨てる様な事にまで

発展してしまう。

他の猫の攻撃を受けずに、安心できる「自分の居場所」が無いと、不安になる。

これは、一頭飼いでも同じことで、庭によその猫が侵入して来る事で、縄張り侵害されると、あちこち

でおしっこをしてしまう事に成る。

 

自分が安心して寝る場所が必要なのは、「人」ばかりではないと言う事を飼い主が知らないのが問題の様だ。

 

殆どの問題は、飼い主の無知が原因である、と言っても過言ではない。

 

犬の躾も、飼い主が無知だと、人を襲う犬に成ってしまったり、問題を起こしてしまうので、動物を飼うなら、

先ずはその動物について勉強しなければならない、と、ふか~~く思う。

 

人も動物も、一緒に幸せに成る為に!!

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ オペラへ
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

13歳になった猫達

2015-05-04 21:28:45 | ペット

ウニちゃんもビッキーもベラも、姉妹だから、皆13歳になりました。

写真のビッキーは、12年経って、漸く撫でさせる様になり、

今はこの通りですが、抱っこは出来ません。

でも、私の顔を見て、しつこくニャーニャー鳴いて

『撫でで!撫でで!』と言ってから寄って来ます。

 

ベラに至っては、未だ撫でた事もありません。

ニャーニャー言ってそばに来て、私の人差し指の匂いを嗅いだりはするのですが。。

 

 

野良猫は懐かないと言うけど、ビッキーは懐いたし、

ウニちゃんなどは、初めから懐いていたし、個体差は大きいと思います。

 

うちの猫達は、全員、呼ばれたら、返事をするので、

頭は良いのだろうと思います。

 

猫の躾の番組で、『トイレにしなくて困っている』

と言う人が案外多いですが、そう言う人は、

トイレ掃除をしてなかったり、4匹も居るのに、

トイレが2個しかないとか、飼い主が悪いのが原因の話ばかりで、びっくりしてしまいます。

 

トイレは、頭数たす1個必要と言われています。

うちでも、頭数たす1個で、4個設置しています。

 

それでも、ベラなんかは、お腹が時々緩いと、

トイレの外に粗相するので参りますよ。

緩いと、お尻に砂が付くのが、嫌なんだろうと思うので、

ベラのトイレの前には、ペットシーツを敷いているのだけど、シーツから外すことが多く、困りものです。

 

餌は、鶏のササミの叩きは毎日、時々、カツオの叩き

鮭か紅鮭、魚の缶詰 、たまに鶏のレバーも与えています。

 

鶏のササミの叩きを与える様になってからは、一度も調子が悪くなっていません。

美味しそうに食べているし、満足している様子です。

 

あと数年は生きるだろうか?

暫くは、未だ一緒に居られるでしょう‼️

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

put it down

2015-03-02 22:43:47 | ペット

  犬の躾や猫の躾を教える番組をナショジオでやっていますが、問題犬や猫を飼っている飼い主が、いとも簡単に

" Put it down." 処分する(殺す)と言う台詞を吐くのには驚かされます。

 

「問題行動が治らなかったら、仕方ないから殺す。」

なんて、そう簡単に言えるものなんですか?! 

こう言うのを見ると、白人てのは、薄情な人種なのかな?!

と思ってしまいます。

でも、子供達は、親が「殺す」「捨てる」等と言うと、目に涙をいっぱい溜めて、

「そんなひどい事は人のする事ではない!!」

何て言うのをみると、子供はやっぱり純真なんだ、とちょっと安心します。

 

 犬にせよ猫にせよ、問題行動が有るのは「飼い主が悪い」のだと言う事が、番組を見ていると分かります。

専門家の前に来ると、その「問題行動」がたちまち消えるのだから。

 

 人間がいらいらしていたり、落ち着きの無い人だったりすると、それがそのまま、動物の感情に影響して、悪い行動を起こしてしまうらしいです。

 

まずは正しい知識が必要だから、専門家から勉強するのが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加