Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

八日目(7)【パリ】(凱旋門)

2013-01-30 21:37:41 | '12 欧州旅行(独仏)
凱旋門までは1号線。これが東京で言えば中央線のような感じ。

車内の音楽隊。

旅行客としてはこういった人は楽しいし、上手だったらチップもあげて
写真を撮ったりするが、地元の通勤客たちにとっては迷惑なのかも
しれんなぁ。

凱旋門駅到着。まずは外観。


凱旋門はロータリーの真ん中にある。ロータリーの外側から地下を通って
凱旋門の下へ。


登る人たちの列はできていなかった。
 目が回りそう

凱旋門に登るのは4年ぶりか。夜は初めて。


エッフェル塔方面を見ていると外人さんに時間を聞かれた。9:50と
答えると、あと10分でピカピカ光るようなことだった。そうなんだ。
そういえば前回はクルーズ中に光ったのを見たが、あれもそうだったのか。

じゃぁあと10分待とうと思ったところ、外人さんと自分の間にいた
日本人女性二人が帰ろうとした。思わず「あと10分でピカピカする
らしいですよ」というと、彼女たちも「じゃぁそれを見てから」という
ことになり、しばらくの間話をした。
何でも前日23時くらいに着く便で着たらしい。チャレンジャーだ。
この日は、モネの睡蓮のモデルとなったところに行ってきたんだとか。
朝のエッフェル塔といい、待つ間の話し相手ができて助かった

 モンパルナスタワー

  ピカピカが伝わらない
そんなこんなのうちにピカピカが始まった。前回は青くなったが、
今回は無難な色。歓声を上げていると雨が降ってきた。
だんだん強くなってきたので、一時引き上げた。

しばらく土産物屋などを見てから上に戻ると雨は止んでいたが
ピカピカも終わってしまっていた。残念。


この日はここまで。ルーズベルト駅まで歩いてからホテルへ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八日目(6)【パリ】(ルーブル美術館)

2013-01-27 16:05:24 | '12 欧州旅行(独仏)
夕飯はフードコートにあるようなチャイニーズ系。実際は単独のお店。が
味に期待してはいけない値段で、やはりその通りの味・・・




腹ごしらえした後はルーブル美術館へ。この日は金曜日で22:00まで
開いているのだ。

日本語のパンフレットが切れていた。そのとき英語のでももらっておけば
よかったのだが。

それにしてもここ迷う。

彫刻は今回の旅行では散々見ているので「ミロのヴィーナス」だけ鑑賞。


そして2階の絵画へ。モナリザの案内がある。


すりに気をつけましょう。


毎度のことながら絵を写真に撮るのは粋とも思えずいかがなものかと
思うのだがやってしまう

ナポレオンの戴冠式。旅行前にナポレオンの本を読んでこの絵を知った。
ルーブルは初めてではないので前に見ているはずだが、本の後では
絵を見たときに受ける感覚が違ってくる。


モナリザ。前回は人だかりが五重くらいになっていたが、この日は
それほどでもなく。


フェルメールは1点しかないかと思っていたが、2点あった。
右は初めて見るのかも。
  かなり小さい

 シャルル7世

 ナポリからみたヴェスビオ山かな

 ヴェネチアのリアルト橋

ここは9時過ぎで引き上げて夜の凱旋門を見にいくことにした。
引き上げるにしても出口までなかなかたどり着かない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八日目(5)【パリ】(カルチェ・ラタン)

2013-01-26 13:39:26 | '12 欧州旅行(独仏)
腹ごしらえしてチェックアウトしたホテルへ。聞いてみたが
部屋に忘れ物はないという。どう考えてもここなんだがなぁ

コンディショナーを忘れた上にヘアムースもないとなると
ダメージが倍増だ。救いは旅行後半になっていることくらい。

それではさっきの敗者復活戦で贖罪教会へ。一時、ルイ16世とアントワネットが
葬られたんだとか。






続いては「カルチェ・ラタン」方面に。

途中メトロ構内にあったフルーツ屋さん。


まずはパンテオン。しばらく前、NHKの「世界街かどなんたらかんたら」
でこの地区を取り上げていたのを見た。その通り、パンテオンの前には
学生さんが多かった。時間的にも授業が終わったあとなのだろう。


中の様子。
 フーコー振り子





入口でもらったパンフレットではジャンヌ・ダルクの展示もあるようだったが
そこは期間限定のエキジビジョンになっていた。

近くのソルボンヌ。駐禁の取締り中。




中世博物館へ。これは前回も行った。




ソルボンヌ駅。フォントが独特だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八日目(4)【パリ】(バケットコンクールNo1)

2013-01-23 21:37:08 | '12 欧州旅行(独仏)
次のホテルへ。

途中の乗換駅。「アメリ」で出てきた駅に似ている。


次は東駅前のココ。床がみしみしいってる。★★のホテルだから
我慢するが、大丈夫か?


荷物を整理していると、ヘアムースがないのに気づいた。今朝使ったはず
だからホテルに忘れてきたか。戻って聞いてみることにした。トリートメントが
ない上
に、ムースまでなくしてしまうとなると明日以降髪パサパサだよ

その前にお昼。パリではバケットコンクールというのがあるらしく
昨年優勝した店がモンマルトルにある。「アメリ」で有名な
ABBESSES駅の近くだ。そこへ行った。

#「アメリ」といい、バケットコンクールといい、去年フィレンツェで
#会った女の子から得たパリ情報だ。
 ABBESSES

 階段が長い


お店は駅近くで分かりやすかった。店内に食べるスペースはない。
なのでサンドウィッチとコーヒーを頼んで駅前のベンチでお昼。


 おいしかった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八日目(3)【パリ】(迷い道)

2013-01-21 21:17:43 | '12 欧州旅行(独仏)
ホテルに戻る途中にあるエリゼ宮に行ってみることにした。最寄駅は
マドレーズ。降りた目の前にマドレーヌ教会が。ガイドブック見ると
中に入れるようなので入ってみた。


続いて本題のエリゼ宮。ちょっと宮っていうのとはちょっと違うかな
と思って本で確認するとホントに違っていた。




エリゼ宮はちょっと離れたこっち。


贖罪教会というのも近い。しかし行ってみたらこっちはまだ開場していない。
やれやれ。


ホテルに戻って荷物を受け取った。泊まったホテルはココ。
二日前、ルーアンで泊まったホテルはHotel De Paris、
パリで泊まったホテルもHotel De Paris、ややこしかった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加