Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

八日目(2) 【プラハ】(聖ヴィート大聖堂)

2012-07-31 20:32:14 | '12 欧州旅行(蘭・独・捷)
朝食は150%くらい食べてお昼は抜くというのが旅行時の
パターンだったが、消化力が落ちてきたせいかこの旅行では
控えるようになってきた。腹十分で押さえて出発。

この日の最初の目的は聖ヴィート大聖堂。前回のプラハ旅では
プラハ城には行ったものの、聖ヴィート大聖堂は列が長すぎて
あきらめてしまった。チケットはプラハ城とは別だったので
ここだけ入り、後は散策というつもりだった。朝一に行けば
あまり並ばずに入れるだろう

またカレル橋を渡る。

ここからヤン・ネポムツキーが落とされたところか。人が触りまくって
色が変わっているところもあるが、ここも触ると幸せになれるのかな。


と、ここで日本語の本を持っている女性がいて、写真を撮りあって
話しかけてみるとプラハ城内の聖ヴィート大聖堂で友達と待ち合わせ
だとか。それじゃぁとプラハ城まで一緒に行くことにした

なんでもfacebookでたまたまその友達と同じ日にプラハに行くことが
分かり、ならば一緒にということになったらしい。いいね!

この方、旧市庁舎の近くのホテルに泊ったらしく、夜遅くまで
うるさくて寝られなかったんだとか。あまり中心過ぎるのも考え
ものということか。

昨日のプラハ城へ行く坂道は暗くて人が少なくて心細かったが、
この日は天気も良く話しながらなので坂も苦にならなかった。

プラハ城に入って聖ヴィート大聖堂に入ろうかというところで
女性がお友達と無事ご対面。よかったよかった。

さて、こちらは聖ヴィート大聖堂に入ろうとするが、チケットを
買って来なさいと言われた。チケット売り場に戻ってみると
聖ヴィート大聖堂は別料金ではなく、他のところのセットに
なっていた。3年の間にシステムが変わったか。


中はステンドグラスのオンパレード。圧倒された。

ミュシャの作品もあるのだが、どれがミュシャか分からなかった








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八日目(1) 【プラハ】(朝の散歩)

2012-07-29 18:12:08 | '12 欧州旅行(蘭・独・捷)
プラハの朝
泊ったホテルの朝食は8時からとちょっと遅い。散歩に行って
みた。まず徒歩二分のカレル橋へ。観光の中心地に泊るときの
特権だ。




朝のプラハ城もなかなか。


朝陽とカレル橋。まだ人もまばら。


時計台の前で。本格的なカメラを持っている人に撮ってもらった。
やはり構図がよく見えるんだが。


クリスタルショップ。見覚えのある人も多いのでは。


ヴァーツラフ広場。正面は国民博物館。


ほとんど人のいないプラハの路地を歩いてホテルに戻って


8時に朝食。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七日目(3) 【プラハ】(夜景)

2012-07-26 20:10:53 | '12 欧州旅行(蘭・独・捷)
プラハの夜景をいくつか。プラハ城のライトアップがきれいらしいので
それを狙ったのだった。メトロのNarodni trida駅を出たところのトラム
駅。前回のプラハ旅行では、この時間にはトラムに乗ってホテルに
戻らなければならなかった。しかし今回はカレル橋近くのホテルなので
眠くなるまで遊んでいられる


プラハ城の付け根でトラムを降りた。


ここから上がっていけばプラハ城。この時間から坂を上って
プラハ城に行く人はほとんどいない。降りてくる人もほとんど
いない。大丈夫か?

プラハ城前にて。ここにも10人もいなかった。結構独占的に
プラハ城を見ることができた。


市街方面。


ペトシーンタワーと満月


これはカレル橋の脇にある展望台かな。




カレル橋からみたプラハ城。


調子にのってなんでも見てやれとばかり、ホテルを脇にみて
時計台まで行った。


ヤン・フス像。


時計台と満月


今日はこのくらいで勘弁してホテルに戻った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七日目(3) 【プラハ】(スメタナホール)

2012-07-24 20:15:12 | '12 欧州旅行(蘭・独・捷)
プラハのホテルはここ。カレル橋から歩いて2~3分という絶好の位置だ

ヴァーツラフ広場。


ミュシャ美術館。緑の丸天井で会った方はミュシャが好きらしく
勧められたのだが、それほど展示数は多くないらしく中には入らず。
明日、聖ヴィート大聖堂でいくか見るからいいということに


お腹空いた。どこにしようかと思ったところ、前回何度か行った
中華料理屋へ。結構おいしかったし安かったし


しかし、まずかった。味がしない。この日も塩をかけて食べる
ハメになった。3年たつと味も変わるんだな。


市民会館に行ってみると、「今夜」のコンサートはドヴォルザーク。
しかも値段がそれほど高くない


入場。


ちゃんとドレスアップしている人が多い。しかしこっちは一目で
旅行者と分かる格好。ちょっと場違いな感じもしたが。。。


皆さんワインなど飲みながら開始時間まで談笑。


つられてワインを注文。


ワインを飲んでいる最中、チケットがないのに気付いた。ポケットや
かばんの中などひっくり返したがない。ここまで歩いてきたところを
引き返したがない。入口ではチケットを見せたし、少なくともこの
建物の中にはあるはずだが。。。

コンサートホールに入るときチケットを係の人はいたがチェックは
していない。しかしドキドキしながらコンサートホールへ入った。
幸い、自分の席の番号は覚えていて、着席してホッ。席は前から
3列目の一番左。


コンサート開始。「新世界」が中心のコンサート。やはりwalkmanで
聴くのとは違う。


途中休憩が入る。楽譜を撮影。


コンサートは1時間半くらいだったか。十分堪能してみなさん
帰路につく。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七日目(2) 【ドレスデン】(プラハへ)

2012-07-22 16:49:07 | '12 欧州旅行(蘭・独・捷)
ホテルに戻って荷物を受け取った。ここが泊った駅前ホテル。


プラハ行きの列車のホームを確認。ブダペスト行きのようだ。


これに乗る。2等車は6人のコンパートメント。始発でもなさそうだし
完全に空いている部屋はない。どこにしようかと思っていたところ、
日本人女性に話しかけられた。指定席を探しているようだった。1等
じゃないかと聞いたがそうではないようだ。2等にも自由と指定が
あるのかな?


ドレスデンを発車

気がつくと、いつのまにかチェコに入ったようだ。何て読むのか
分からない。


これも読み方が分からない。


ヴルダヴァ。


列車の速度が遅くなってそろそろプラハかと思って降りる準備。
しかし、周りはそれほどあわただしくない。同じ部屋の人も何か
話していて、どうやらそこで降りるわけではないらしい。
駅に到着。ホレショヴィッツ駅だ。前回プラハからベルリンに
行くときはここから乗った。しかし、結構簡単な駅だし、降りる
人もほとんどいない。不安だったがここでは降りないことにした。
すると、数分後大きい駅に止まってここでみんな下車。ここが
プラハ本駅だ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加