Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

五日目(2)【ブリュッセル】(電車が停まらない駅)

2016-06-29 20:45:20 | '16 ドベネルクス
活動開始。この日のメインはナポレオンが負けたワーテルローに行くことだ。

このワーテルロー、ガイドブックではバスでの行き方が紹介されていたが時間が
かかる。事前調査で電車でも行ける事が分かったので電車で行くことにした。

電車はブリュッセル中央駅・南駅でもいいのだが、ホテルからはChapelle駅と
言うのが一番近いようなので、そこに行ってみると・・・なんか怪しげ


匂いも独特で・・・無人駅???


ホームに誰もいない・・・が、自販機はあったのでチケットを買って待つことにするが・・・


一番のお目当てのライオンの像の丘はWATER LOO駅の次のBRAINE L'ALLEUD
最寄らしい。WATER LOO駅にはウェリントン博物館がある。ウェリントン博物館を
ちょっとだけみてライオンの像の丘に行くつもりだった。ベルギーは途中下車して
いいのかな?切符はBRAINE L'ALLEUDまでのを。

電車は通り過ぎていくだけ、全然停まらない。やっぱり使われてないのだ。
30分に1本の時間に合わせて来たのに・・・

と嘆いても電車は多分停まらないので、中央駅に行くか。

これが無人駅で買った切符。かなり珍しいはずだ。



中央駅に来たはいいが、ホームが多すぎてどの電車に乗ればいいのか
分からない。そもそも行き先は分かってるけど、どこ行きに乗ればいいのか
調べてない・・・これじゃ何も調べてないのと同じだ。


そこら辺の人捕まえて聞いたが、駅がマイナーすぎるのか知らない人ばかり。

あきらめるか、もう一度調べなおすために部屋に戻るかと思ったときに
ボードが目に入り、乗る電車がわかって・・・

ホームもわかって電車を待つ。


この電車は急行だったので、ワーテルローには停まらない。
ウェリントンは見に行かなくてもいいか。

あれがライオンの丘か?


ブリュッセルから20分もかからずにBRAINE L'ALLEUD駅到着。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五日目(1)【ブリュッセル】(朝散歩~朝食)

2016-06-28 21:05:35 | '16 ドベネルクス
ブリュッセルは2回目。でも泊まるのは初めて。従って、誰もいない
グランプラス
は見たことがない。ということで、グランプラスから
徒歩圏内(かつ財布に負担のない)のホテルにしたのだった。

それでは行ってみます。


これが誰もいないグランプラス(時折ここを通っての通勤の人はいたけど)。
少なくとも鳥より人間の方が多い瞬間はなかった




あまりり光っているところがない。これはどこを触れば幸せになれるんだろう?


この階段、一段目に上るにはジャンプ?


ジュリアン君もいつにもまして羞恥心なく放水中。


彼が飛行機に乗るとしたら絶対通路側を取るんだろうな。

仮にこの放水量や飛距離が変更になったらニュースになるんだろうな。
あるいはすでに水不足の年は量が減るとか・・・?

ホテルに戻って朝食。さすがに部屋数多いだけに食堂も広い。どの席に
するか迷ってしまった。


朝食の席は
・食べものが置いてあるところからは近からず遠からず
・あまり人通りの多くないところ(端っこ)
で選んでるかな。


大きいホテルだけどメニューはそれほど特筆するものがない


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四日目(8)【ブリュッセル】(夕飯もWOK)

2016-06-26 18:00:41 | '16 ドベネルクス
このホテル部屋数多すぎ。自分の部屋は一番奥だった。

顔だけ洗って観光へ。明日もあるし今日は軽く歩くだけにしよう。
ブリュッセルは8年前に来ている。グランプラスのあたりへ行けば思い出すだろう。

その途中にいた買い物帰りのおばさん。


グランプラス。やっぱり市庁舎が一番かっこいいかな。


お腹空いてきたかな


この店でいいか


お客も少ないし、ファーストフード店だと思ってすぐ来るのかと思ったが
結構待たされた。2Fにも席があるようだが、それにしても待たされたな(20分くらい)。
WOK

炒飯もWOKに含まれるようだ。

夜のグランプラスを見て




グランプラスから徒歩でホテルへ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四日目(7)【ブリュッセル】(タクシーでホテルに向かうが)

2016-06-25 18:19:08 | '16 ドベネルクス
駅前広場。ロータリーの内側に停まっているのがタクシー。


写真撮った時点では数台停まっていたが、同じように電車を降りて手際よく
タクシー乗り場まで行った人たちに先着されて、このタクシーは行ってしまった。

それでもすぐに次のタクシーが来た。年配の運転手だ。お願いしますよ。

目的地を伝えるのにタブレットからbooking.comのアプリを開いて予約一覧を
探すが、ブリュッセルのホテルが出ない・・・あっ、ブリュッセルは
venereで予約したんだった。おじさん、待たせてゴメンナサイ。

タクシーは途中までスイスイ走ったものの、中心に入ったと思われる辺りから
渋滞に巻き込まれた。待ってるだけでメーターが頻繁に10セントづつ
増えていく。もうすぐだろうという自称・旅慣れ人の直感で、降ろしてもらった。

おじさんも、もうすぐなんだがなぁという表情だったが、降ろしてくれた(12euro)。
「ここをまっすぐ行って左だ」と教えてくれた。

どうも日曜日のせいか、フェスティバル的な催しで車が入れない箇所が
あるようだ。

その車が入れない箇所に入るとき、警官にコロコロの中身を調べられた。
テロがあったし仕方ないか。



ホテルは小便小僧が分かれば分かるところにあるので、google mapの
小便小僧の文字を見せてその辺の人に聞いたんだが、即答できない人が
多いんだな。世界的には有名でもブリュッセル的には有名じゃないかな。

最後は警備中の人(それほど緊張感はなかったので)にも聞いて、どうにか
こうにかホテル到着。タクシー降りないほうがよかったか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四日目(6)【ルクセンブルク~ブリュッセル】(電車遅れた)

2016-06-23 18:39:16 | '16 ドベネルクス
駅に戻りますか。来るときのルドルフ橋ではなく、高架橋を渡って

この橋の下から旧市街を見上げるのもいいらしいが、今日の上り下りの
体力は使い切ってしまった。

「ストラスブール通り」?フランス語表記だ。


駅が見えてきた


ブリュッセル行きの電車、なぜか16:18と思っていて余裕を持って駅まできたが
ボードで確認したら16:11。急がんと。

この窓口で買おうとしたらここは国内線用。別の窓口に行くようにといわれ


こちらの窓口で無事購入(41euro)。間に合いそうだ。




コーヒーか何か飲み物を買いたかったが、売店混んでる。手持ちの
残りの水だけでブリュッセルまで乗り切るか。

乗客は車両にたった二人。ルクセンブルク⇔ブリュッセルと隣国の
首都を結ぶ路線、一時間に一本でもこんなものなのか。日曜日
だから?平日ならビジネスマンで混むんだろうか?

乗って席に着くや否や出発。当然リエージュに戻る方向に走るのかと思い、
前向きの席に座っていたが・・・後向きに走り出した。えっ、こっち?

google mapで見ると、ルクセンブルクでループしているようなのでいいんでしょう。

途中駅。ルクセンブルクでは2人だった乗客も増えて、乗車率は目分量で
30%。


電車は順調にブリュッセルに向い、もうすぐ市内というところで急に
ちんたらしはじめた。何か放送もあるが聞き取れない。

うーん、参ったな

地図を見ると、電車はブリュッセル・ルクセンブルク駅というところで市内中心部に
少し接近し、遠ざかってから中央駅に到着するルートのようだ。このままでは
いつ着くかわからんし、ルクセンブルク駅で降りてタクシー使おう。

途中下車。この時点で19分遅れているようだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加