Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

侯爵夫人 ポンパドゥール

2014-12-30 18:31:36 | 
ルイ十五世の愛人ポンパドゥール夫人について。

二年位前に読んだときは途中で挫折してしまったのだが、ちょっと前に
佐藤賢一さんのかの名はポンパドールを読んで予備知識を得たので再トライ。

ルイ十五世の愛人といえばマリー・アントワネットに無視されたデュ・バリー夫人
思い浮かんで、どっちが愛人?と思ったが両方愛人。うらやましいな。

マリー・アントワネットと位置的にかぶるところがあるが、アントワネットは正妻と
いうところが違うか。

佐藤賢一さんの本とどちらか読むとしたら、佐藤さんの方かな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スペイン 十八世紀への招待  宮廷画物語

2014-12-28 17:45:09 | 
スペイン宮廷画物語-王女マルガリータ絵の旅の続編ともいえる
 スペイン 十八世紀への招待



前作はラス・メニーナスというかフェリペ四世の娘のマルガリータに焦点を当てて
ハプスブルク家がスペインを統治してからそのマルガリータに至るまでの歴代の王の
移り変わりを肖像画を交えて書かれていた。

今回はハプスブルク家がカルロス二世で途絶えてしまい、その後ブルボン家がスペインを
支配するようになってからゴヤ「裸のマハ」「着衣のマハ」まで。これまで18世紀以降の
スペインにはハプスブルク家時代ほど興味がなかったが、王様の順番くらいはわかるように
なった。

家計図がいろいろ重なっているのはハプスブルク家時代と同様。特に女性の名前は同じような
ものばかりで把握するのが難しい。

とはいっても前作同様、ドラマのナレーションのような文章で読みやすく肖像画もあるので
読みやすい。肖像画はプラド美術館のものが多く、見ているはずなのだが記憶が薄いというか
ないものが半分以上。来年三度目のマドリードを予定しているので、今度はお金を払って
朝から見に行きたいものだ。

著者はスペイン史研究を趣味としている方。前作はベラスケス、今回(といっても2000年発行)は
ゴヤ、となれば時代をさかのぼってエル・グレコの絵にスポットライトを当てて何か書いて
いただけないものか。



明日(12/29)お昼12:00からBS朝日では「世界の名画」ラス・メニーナスが放送されるようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千畝

2014-12-26 18:39:05 | 
来春、リトアニアを含めたバルト三国に行く予定なのでその準備として。

図書館に杉原千畝関連の本は数冊あったが、まずは一番スタンダードそうなものを。

著者はアメリカ人、海外でも相当杉原の名前は通っているのかな。案の定というべきか、
ユダヤ系のようだ。

訳の方も杉原研究家のようで直訳的なところは目立たず読みやすい。

前半は杉原の生い立ちからリトアニアに赴任するまで、後半がリトアニア領事館での
活動が書かれている。

かなり多くの関係者に話を聞いている。杉原の最初の妻(ロシア人)には
亡くなる直前に会っていて、彼にヴィザを書いてもらった何人もの話も紹介
されている。

第二次大戦が始まってからのドイツ・ポーランド・ソ連・アメリカ・日本・
リトアニアとユダヤ人の関係の複雑さが一回読んだだけでは理解が困難なのは
本が悪いわけではないだろう。未知数がいくつもある方程式を解くのは難しい。

杉原は外務省がユダヤ人にビザを出すなというお達しを無視して出していて
戦後外務省を追われたものかと思っていたのだが、必ずしもそう単純な図式
でもない見方もあるようだ。

他の関連本も読んでか、もう少し理解を深めてからカウナスに行ってみたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スペインフェスタ と、その後

2014-12-23 17:52:43 | 旅行雑記
超インドア派ではあるが先月のある日曜日、スペインフェスタに行ってきた。

代々木駅で降りて明治神宮を抜けていったのだが、外国の観光客が多いこと。


原宿駅近くの代々木体育館(?)ではなにやら別のフェスティバルが。


ここから徒歩5分、会場の代々木公園に到着。


一つの目玉は巨大パエリア
いっぺんにこんなに作ることは普段ないだろうし、鍋はこのあとどうなるのだろう?
来年のスペインフェスタまで待機か?


代々木公園といえばこの夏話題になりました


具が入りました。


同時上映でベジフードフェスタ。いろんな健康食品が紹介されていた。
スペインフェスタはほとんどが飲食店だし、趣旨がちょっとかぶってる感じ。


巨大パエリアはさらにカラフルになった。


1100円でパエリア3店を食べ比べられるチケットがあったが、長い時間
いるつもりはないのでそんなに食べられない。一つのお店でサングリアが
11時まで無料というのに惹かれてそのお店のパエリアを食した。イカ墨は
初挑戦。やっぱりパエリアは鉄鍋の上で表面が硬くなってるのをはふはふ
しながら食べるのがいいな。


巨大パエリアもそろそろ完成。このまま食べたらおいしそうだが、当然ながら
一人づつ屋台の焼きそばのようにパックに分けられていた。


試飲させてもらったから言うわけではないがおいしかった。


このフェスタでセルバンテス文化センターの図書室1年利用券というのが
当たった。このフェスタに出展するくらいだし名前の通りスペイン関係の
施設なのだが、会社の近く。日本語の本もあるというので先日行ってみた。

そしてまず借りてきたのがこれら。

市の図書館にはない本もいっぱいあったし、来年の夏はスペイン(三度目)にも
行く予定だしまずはこれらをお正月の課題図書とし、今後も通うことにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七日目(7)【シェナ】(夕食~深夜まで大騒ぎ)

2014-12-22 19:44:37 | '14 イタリア等旅行
カンポ広場で夕食。カンポ広場を野球場に喩えると、マンジャの塔やプッブリコ宮が
バックネット、レフトからライトまでの外野フェンスにレストランという感じ。
その外野をレフトからライトまで回って偵察して、結局最初に見たレフトポール際の
レストランへ。カンポ広場を周りの通路に面した席でいわば外野の最前席。

肌寒いのでまずはコーヒー


そしてピザ。今旅行では初ピザだ。


でかい。かみ続けること30分近く。徐々に気温がが下がる。ピザは
冷たくなる。


食べ終わる頃にはキャンドルが用意されていた。暖をとろう。


コーヒーも最後にはアイスコーヒーになっていたのでもう一杯。


コーヒーも飲み終わる頃には暗くなっていた。何人の通行人に見られながら
食べたピザだったか。


ごちそうさまでした。


あとは旧市街をふらふらと。。。


気温17度。9月半ばとしては東京ではなかなかない涼しさ


泊まっているホテルの前を通るとなにやらパーティのよう。子供たちもいて
町内会のパーティーという雰囲気だが。


また別のところではバーベキューとか


金曜日ということもあるせいか、あちこちでにぎやかな催しが行われている。


一方、カンポ広場のレストランでは閉店に向かっている。


プッブリコ宮のライトアップをみて


ホテルへ、11時くらいだったがまだまだ町内会のパーティは続いている。道の両サイドに
テーブルが並んでいて、テーブルの合間からどうにか玄関に入ることができた。


部屋に戻ってシャワーを浴びて眠くなってさぁ寝るか・・・といくところだったが
がやがやしていたパーティが騒ぎが大きくなって、楽器も加わった。そのうち終わるだろう
と思っていたが12時1時・・・まだ続く。なんなんだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加