Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

六日目(4)【エル・エスコリアル~マドリード~セゴビア】

2013-11-30 19:49:33 | '13 スペイン旅行
駅に着いたがこの時間帯、電車は一時間に一本。近郊電車というので
もっとあるものだと思っていたが。。。次の電車まで時間があるので構内のカフェで
昼食にした。

駅構内にはもう一軒レストランがあって、値段とお姉さんの魅力
カフェを選択したのだった。ちなみに駅前に食べ物屋は見当たらず。

おいしそうなパンがあったのでそれとコーヒー。パンは上のほうが見えていて1ユーロも
しないので食べごろの大きさかと思ったが・・・デカい。下げ底だったのか。


このケースの中のパンで十分だった


ひたすらかじったが少し残した。口元のだらしなさでは定評のあるヤツがこれを
食べると、アルヘシラスのときと同様、食べた後のテーブルや床の惨劇が・・・。
屋外だったら鳥に囲まれてしまうところ。お掃除の方、すみませんでした

ホームに行くと電車待っていた。時刻表に目をやるとエルエスコリアルから
マドリードに戻らずにセゴビアに行くための電車の情報があった。本数少なすぎ。
これじゃdifficultと言いますよ。


電車で再びマドリードへ。この電車の終点のアランフェスというところもガイドブックに
出ていたが、今回はパス(・・・次回はあるのか?)。




アトーチャ駅に到着。次はセゴビア。セゴビアへの電車はチャマルティンから。
チャマルティンはアトーチャからエルエスコリアルへ向かう途中にある。電車で
セゴビアへ行くつもりなら、チャマルティンで途中下車して荷物を預けるべきだった。
バス泊でボーっとしてたか。

アトーチャ<->チャマルティンを往復するのは悔しいので
バスで行くことにした。バスならセゴビアの市街まで行ってくれるし。

しかしバスもここからメトロに乗らねばならない。そのメトロもアトーチャから
では途中乗り換えてプリンシペ・ピオ駅へ。バス乗り場は地下にあってちょっと
分かりにくい。


グラナダから着いた南ターミナルほどではないが、ここも広い。
セゴビア行き専用のチケット自販機を発見。10分後出発の
便があるようだ。ちょうどよかった。8ユーロくらい。



乗り場案内のボードにセゴビア行きが出てこない。5分前になっても
出ないので、係員に聞いて無事乗車。乗車率8割とみた。

のどかな風景の中を走って、約1時間後にセゴビアへ。

バス停で止まって何人か降りた。ここではないだろう。

しばらくしてターミナルに到着。ここだ。






<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六日目(3)【エル・エスコリアル】(修道院)

2013-11-28 20:23:03 | '13 スペイン旅行
修道院。



網焼き、これですか。
がぽつぽつと降り始めた。


この修道院、1584年に天正少年使節がここにきて滞在したという。そのときは
フェリペ二世にかわいがられたんだとか。1584年といったら関が原の前だ。
その時代にヨーロッパに行くとは、今なら宇宙に行くくらいのことだったろう。

中に入る前にもう少し外観を。







なんてやったら、雨が強くなってきた。降り続けるってことはないだろう。
ここで中へ入ろう・・・としたら、出口だった。入口は角を曲がって。

チケットを買って手荷物検査を受けた後、手荷物はロッカーに。

写真は禁止で残念。

美術館あり
宮殿あり
パンテオンあり
と盛りだくさん。

マドリードで時間を持て余すようだったら、是非こちらへどうぞ。

出ると雨は止んでいた。タイミングよかった。

駅へ戻ろう。ここから駅は徒歩圏内。下っていけばいいのだろう。
並木道を下っていった。途中ゲイジツ的な壁を発見。

写真を撮った瞬間に音がして開いたのでびっくりした。車が出てくるようだ。

車はこんなところ走る。


10分以上歩いて通りに突き当たり右へ。

駅が見えてきた。




タクシーが並んでいる。さっきの運ちゃんもいて、手を上げた
応えてくれた。

<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六日目(2)【エル・エスコリアル】(フェリペ二世の椅子)

2013-11-27 20:25:57 | '13 スペイン旅行
荷物をロッカーに預けて、近郊線でエルエスコリアルへ向かった。


だんだん雲行きが怪しくなってきた。大丈夫か?

一時間ほどでエルエスコリアル到着。


フェリペ二世の椅子を見てから修道院に行きたい。

駅を出るとタクシーが2台止まっている。先頭の運ちゃんと交渉だ。この
運ちゃん、英語は完全にダメのようだ。フェリペ2世の椅子の写真を見せると、
OK,OK。その後、修道院の写真を見せるとOK,OK。ゼスチャーで
順番に行ってくれと示すとOK,OK。だいたい分かってくれたかな。

乗車。

タクシーのメーターは小刻みに5セントづつ増えながら、山道を
登っていった。間違いなく椅子に向かってくれているのだろう。
 前見てくれよ

フェリペ二世の椅子はコチラの案内もあるし。


行き止まりのようなところになって車を止めて、おろしてくれた。
運ちゃんもおりて、あとに着いてくと写真で見た階段があった。


運ちゃんのあとについていく。登っていくと・・・



・・・おーっ、これだ


反対側には修道院。よく見えるけど、それほど大きくは見えない。


フェリペ二世はこの椅子に座って修道院建設の進捗を見たという。
車だからあっというまに着いたけど、フェリペ二世とそのお付の
人たちは山道を大変だったろうね。

写真を数枚とって(もうちょっと撮っておけばよかった)タクシーへ。




修道院へ。


参考までにこのルートのタクシー代は、
 フェリペ二世の椅子まで 約 7ユーロ
 待っている間に     約 9ユーロ
 修道院まで       約18ユーロ
でした。

<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六日目(1)【グラナダ-マドリード】(深夜バス)

2013-11-26 21:10:11 | '13 スペイン旅行
バスターミナルに到着。


夜行バスを待っている人がそれなりにいて、コンセントを借りていろいろ
充電している。それを見てカメラの充電をしようかと思ったが、コンセントが
空いていない。すると一人が「あっちにもあるよ」とばかり指差しで教えてくれた。

軽くお礼のポーズをしてそっちに行ってみると一つ空いていた。そこで
充電してみると・・・どうもサイズが合わずにすかすかで充電できず。
バックアップのバッテリーも明日は途中で切れそうだが、切れたら
予備カメラを使うことにするか。


夜行バスは3年ぶりか。さようならグラナダ、さようならアンダルシア
また来る日まで


乗車率は5割くらいか。となりの席は空いているので、2席を自由に使える。
細切れながらもそれなりに寝られた。

コレはどこかな。途中で撮ったようだが・・・


予定の5:30の少し前に到着。大方降りるが、まだ降りない人もいる。
乗るときに行き先をマドリードと伝えると、バスの左から荷物を入れるようにと
指示された。降りる人は左から荷物を取り出しているので、多分ここが
マドリードだろう。少し遅れて降りた。

他にも5:30到着予定のバスがあるのだろう。人が多い。多分マドリード
でいいのだろう。


待合室へ。椅子には横になる人もいて(係員にたまに来て注意される)
空いている席を探すのも大変なほど人が多い。間違いなくマドリードだ。


この日はエル・エスコリアルに行ってからセゴビアへ向かう予定。
活動するにはまだ早い。グラナダでできなかった充電をしようとするが
ここはコンセントがほとんどない。

6時過ぎまでここにいて、それからメトロでアトーチャへ。


アトーチャ駅で朝食。


エル・エスコリアルからセゴビアへ直接行けるのか事前に調べた。
エル・エスコリアルからマドリード方面に戻る途中の何とかいう駅から
セゴビアへ行く方法があるらしい・・・ということでインフォメーションで
聞いてみると、difficultといわれてしまった。そう言われたら小心者は引き下がる
しかない。エル・エスコリアルへはマドリードからの往復だ。

<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

五日目(10)【グラナダ】(夕飯とか)

2013-11-25 20:55:21 | '13 スペイン旅行
グラナダにいられるのもあと数時間か。食事どうするか・・・と歩いていると、
フラメンコの彼女たちに遭遇。夕食はまだでお目当てのバルがあるということで、
迷惑かと思いながらも同行させていただいてしまった。

しかしお目当てのバルは満員。近くの別のバルへ。


あまりお腹が空いていないということで飲み物と一品だけ頼んだ。

ドリンクは昨日に引き続きサングリア。昨日に続いて三人で乾杯


するとタパスがついてきて、さらにパンが。


注文したのはコレ

もう一品くらい頼むつもりでいたが、パンでお腹がいっぱいになってしまって
ここで打ち止め。

彼女たち、明日は夕方からバルセロナだとか。バルセロナ、
また行きたいなぁ。

バスの時間まで付き合ってもらいたかったが、さすがにそこまで図々しい
ことは言えずにここでお別れ。ありがとうね。残りの旅行も楽しんで

あとは路上コンサートを聴いたり。


歩き回ったり。


それでは市街ともお別れ。路線バスでバスターミナルへ。夜移動するときってのは
昼よりもの悲しい感じがするなぁ

<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加