Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

四日目(2)【フェラーラ~ボローニャ~リミニ】(荷物をどこに預けるか?)

2014-10-30 19:34:11 | '14 イタリア等旅行
ホテルからはカブール通りを歩いて駅へ。明るいのと復路ということで
来たときより短く感じた。ほら、もう駅が見えてきた。


予定より早い電車でフェラーラを出発。ここからはボローニャで乗り換えて
リミニまで行き、少し観光した後はバスでサンマリノへ行く予定。


鈍行電車のようだった。それでも駅と駅の間は10分近い。

約1時間後にボローニャ着。翌日ボローニャに戻るので、ここの駅に
荷物を預けようと思っていた。荷物預けを見つけて聞いてみると、明日まで
預けると20ユーロ越えだという。事前に見つけたサイトでは10ユーロを
少し越えるくらいだったんだがな。

リミニ観光のためにはどこかで荷物を預けなければ。リミニには
コインロッカーがあるという説ないという説があった。
あるに賭けてこのまま行こう。





線路はタバコの吸殻だらけ。子供の頃は日本もこんな感じだった。


今度は特急。




車両の一番後ろの通路側の席だ。通路の反対側に席はない。リミニまで
ノンストップ。リミニの手前にルビコン川があるということで、リミニ到着
10分くらい前から通路に出て窓の外を見ていたが・・・小川はあったが、
あれがルビコンだったか?


電車もゆっくりになってリミニ着。ルビコン川は通ったはずだが認識できず。残念でした。


果たしてコインロッカーはあるのか?駅構内も外側も見たところそれらしい
ものはない。こりゃ参ったなぁ、コロコロさせながらリミニ観光か・・・と思って
いると駅前に観光案内所らしき建物があった。あそこで聞いてみるか。


「すみません、この辺に荷物を預けるようなところは・・・?」
「ここで預かりますよん!」


うわ、ありがとうございます。しかもたった3ユーロ。
パスポートのコピーをとって事務所の奥の方に荷物を置かせてもらってリミニ観光へ。
地図ももらいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四日目(1)【フェラーラ】

2014-10-28 21:06:05 | '14 イタリア等旅行
この日も朝の散歩は休み。前夜少し歩いてみて、やはりここも疲労対効果が
少ないと見たのだった。ホテルの窓からエステンセ城と池が見えるので、これで
代用としよう。


朝食は7時から。このホテルは軍人さん御用達か?やたらと多いな。




サーヴするお姉さんは働き者。10人以上食事していて、コーヒーはお姉さんが
入れてくれる。

チェックアウト。11時か12時頃の電車でリミニに行く予定。それまでには
一通り回れるでしょう。荷物を預けて出発。

 朝のサヴォさん

カテドラルとか


ロメイの家とか








エステンセ城とか




いろいろ回ってホテルへ。

ホテルの年配のフロントがジェントルマンだったのが印象に残った。

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三日目(6)【ヴェネチア-フェラーラ】

2014-10-26 18:01:09 | '14 イタリア等旅行
ヴェネチアを出たときは乗車率50%というところだったがだんだん増えて
100%近くになった。


行くはずだったパドヴァ。機会があればまた今度。。。


太陽の元気がなくなってきて、月がだんだん分かりやすくなっていった。


定刻どおりにフェラーラ着。




ここからは分かりやすいはず。大通りのカブール通りを歩いていけばいいのだ。
あまりに大通り過ぎるのか、道の名前が出ていない。多分ここで大丈夫だと思うが、
途中のバス停で待っているおばさんにカブール通りか確認。


ようやくホテル発見(Hotel Touring)。

チェックインして夕飯へ。ホテルのフロントによるとホテルの裏手の市庁舎の周りに
お店がいろいろあるということでそちらに。繁華街というほどではないな。

カフェ的な店はいくつかあるがレストランとかトラットリアのような店がない。
マックが見えた。最悪これか・・・と思ったところでようやく見つけたレストラン。
メニューを見るとパスタ的なものがない。看板娘に聞くと、メニューにはないけど
9ユーロでできるよということでここへ。パスタは何種類かあるようで説明
してくれたが、いっぺんには理解できない。バジルという言葉に反応して、それを注文。

まずドリンク。赤いのは頼んでないんだが、サービスか押し売りか?


パスタ来た。


ちょっとお皿が立派過ぎる。


会計を見ると、9+4+1.5で14.5ユーロ。コーラが4ユーロか?

あとはうろうろ。




 指揮者じゃなくてサヴォナローラ

ホテルへ戻って




シャワーに仕切りがないんだね。タオルは先に外に出しておかないと。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三日目(5)【ヴェネチア】(電車の時刻を間違える)

2014-10-24 19:56:52 | '14 イタリア等旅行
あとはサンマルコ広場をうろうろ。ここで初ジェラート(ピスタチオ)!




前回は知らずに見過ごした最古の喫茶店と言われるカフェ・フローリアン。コーヒーが6.5ユーロ。
ちょっと高いな。ブレッド湖のクリームケーキとコーヒーで6ユーロしないし。
ブダペストのジェルボーはケーキとコーヒーで2000円を越えたが、それは
シシィ御用達だったので入ったのだった。しかしここはそれほどの思い入れはないのでパス。


都市警察発見


警察も発見。どっちの方が強いんだ?


ため息の橋。これは前回工事中だった。
右側の牢獄と左側のドゥカーレ宮殿の尋問室を渡るのに、囚人がため息をつくことからこの名が
ついたのだとか。


世界の鍵から。


貴金属店かな。日本のガイドブックでかなり紹介されているようだ。実際、
このときのお客さんも日本人カップルだった。


サンマルコ広場に戻って


#カメラに棒を付けて自撮りしている女性が何人かいた。みんな韓国人ぽい。帰国後にこの棒を
#取り上げた番組も見たが、やはり韓国で人気なんだとか。日本でも流行るのかな。
#にこっと笑って自分を撮るのか・・・いろんな修業が必要だな。精神的な修業か。



さて、駅に戻るか。
電車は18:40台、確か後半だったような気がする。18:30に駅に着けば大丈夫だ。

道中は運河沿いを。




リアルト橋までは順調、


見猿・聞か猿・言わ猿


しかしここからなかなか駅に着かない。ゆっくり歩いていたのがだんだん急ぎ足
なり、ようやく駅前の橋が見えてきた。18:35ころ駅到着。

発車時刻のボードを確認だ。かなり頻繁に電車がある。どれがフェラーラに行くんだ?
40分台の後半は・・・18:49というのがある。これか?
Destinationの駅は見たことがない駅名。通過駅が流れながら表示されている。もっと
早く動かないかなぁ最後まで見たがフェラーラがない。18:42ボローニャ行きになっている。
フェラーラはボローニャの手前。これか・・・流れる停車駅の表示を確認・・・速く速く・・・
やっぱこれだ。やばい、ゆっくりできない・・・と走って荷物預けへ(慌てて写真がない)。

引換証を出さねば・・・確かパスポートに挟んでおいた。あった、しかし出てきたのが
行きの飛行機の半券。落ちついて落ち着いて。ようやく引換証を渡して6ユーロ。

まだまだ急がねば。荷物預けは1番線、ボローニャ行きは反対側の端の14番線だ。
打刻したいが、2つ壊れていて3つめでようやくできた。


なんとか間に合いそうだ。ヴェネチア駅は他の大きい駅と同様に行き止まりの形式に
なっている。出入り口に近いほうから席が埋まっていく。空いてる車両を探して
出入り口からは相当離れたところまで歩いてようやく乗車。席に座るや否や
発車。汗出てきた。ふぅ。

それにしてもどうして40分台後半だと思っていたのだろう?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三日目(4)【ヴェネチア】(予定変更で)

2014-10-22 20:50:27 | '14 イタリア等旅行
一番線に到着。ちょうどここに荷物預け所があった。

駅は3年前よりお店の領域が増えている感じがする。明らかに増えているな。
もうちょっと待合スペースが広かったもの。


フェラーラ行きのチケットを買った。最初の機械では手持ちの10ユーロ札を
受け付けてくれない。これもイタリアか。隣の機械で購入(約8ユーロ)。

ヴァポレットには乗らずにリアルト橋経由でサンマルコ広場まで行ってみよう。


いろんなお店があるね。






 工具屋さん

リアルト橋は定番の写真。




地図は持っていたがそれはほとんど見ず、看板だけ見てでサンマルコ広場到着。
寺院の脇のところに着いた。


やっぱりこっちに来てよかった。気持ちが晴れてきた。

サンマルコ寺院、列は長いが停滞はしていない。並んでみるか。塩野七生さんの「サンマルコ殺人事件」を
読んでいて入らない手はない。


やはりスムーズに列が進んでいざ入ろうとすると係員に「かばんを預けて来い」
と言われてしまった。大きくもないリュックを肩にかけてるだけなんだがな。普通の肩掛け
かばんの人は何も言われないのが不思議なところ。
預ける場所の図が書いてあったので行ってみたがそれらしいところがない。どうしよう?
同じように荷物を預けに来たらしい数人もそのへんをうろちょろしてる。そして列に戻ろうと
したのでついていき、列の隣から入っていったので一緒に入ってしまった。良かったのかな?

天井などはモザイク画かな。これから行くラヴェンナはこういうのがたくさんあるんだろうな。
楽しみだ。


日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加