Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

二日目(5)【ポストイナ-リュブリャナ】(昼食とか)

2013-05-31 19:34:05 | '13 クロアチア・スロヴェニア旅行
事前の調査ではリュブリャナ行きのバスは12:05ということだったが、
買ったチケットは12:10になっている。時刻変更でもあったか。

 チケット売り場

それでも12:05頃バスが来て、それに乗ろうとして運転手にチケットを見せると
「これじゃない、次だよ」と言われた。時刻表を見てみると、12:05と
12:10があり、12:10の方が先にリュブリャナに着くようだ。

 これじゃないみたい

それならと待っているが、なかなかバスが来ない。前日のブレッド湖は最終バス
上に待ち人おらずの状態だったので気が気じゃなかったが、今日はまだ明るく仲間もいる。
10分遅れでバス到着。

これはバス乗り場の掲示板に貼ってあったもの。
 カラオケ教室?

走ったらバスは快調。バスの中で早めのお昼寝。飛行機ではなかなか
寝られないのに、バスではよく寝られる。体のメカニズムを解明して
みたい。
ほぼ予定通りの時刻(13時過ぎ)にリュブリャナに到着した。

ザグレブに戻る電車は18:35。約5時間の持ち時間だ。リュブリャナの街は
それほど大きくないので回れるだろう。

ホテルの前を通って三本橋。橋が3つ並んでるから
三本橋というんだが(そのままじゃん)、上からじゃないと3本並んでるのを見るのが難しい。
朝はほとんど人が居なかったが、今度は観光客がいる。


フランス革命広場ってとこに行ってみよう。去年フランス
行ったし。

てくてく・・・

これだけか。


ナポレオンって書いてあるし、多分これだろう。うーむ、ちょっと期待はずれだ。


川沿いにはレストランが並んでいる。どこかで食べよう。
しかし、店先に絵つきのメニューがないと選べないんだよね。


 通りで編み物中

川から一本入った通りのレストランの列の最後に素朴な感じの店を発見。
日替わりメニューが5ユーロと安い。ここにした。




しばらくして料理登場。何か分からずに頼んだが魚だったのか。おいしいぞ。


さらにデザートがつく。こちらは味はうーんかな(お店の人すまんね)。


会計を済ませてトイレを借りた。男女のマークが面白い。
 

<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日目(4)【ポストイナ鍾乳洞】

2013-05-29 20:42:41 | '13 クロアチア・スロヴェニア旅行
鍾乳洞入口に行くとすでに人はかなり並んでいて、入場も始まっている。
スムーズに列は進み入場。聞いていた通りトロッコに乗った。


すでにひとつのトロッコは満席。隣のトコッロに乗った。しばらくしてトロッコ
第一便が出発、


しばらくして我々を乗せた第二便も出発。まだ乗れない人がいたから第三便も
あるのだろう。

経験者のブログ等の報告を見ると、このトロッコが速くてスリルがあるという
ことだったが、それほど速くはなかった。期待値をあげすぎていたかも。でも
写真がぶれるくらいだからな。腕の問題もあるが。しかし、速さが伝わって
いいかもしれん。


一方スリルはホント。岩がかなり低いところまで来ているので、頭をかがめるのも
しばしば。あれでぶつかったりしたら日本なら責任問題になるだろうな。

15分ほど走って「駅」に到着。これは何でぶれてる?


ここで言語別にグループ分けされるようだ。「日本語」がベストだがそれは
ないので「英語」で。見る限り日本人は他にいない。K国やC国の団体客は
いるんだが。たまたま日本の団体客がいないツアーだったのか、それとも
日本ではあまり人気ないのか?

「英語」のほかには4~5種類くらい言語があった。「英語」組だけでも
100人くらいいたんじゃないか。「英語」組が先頭になってスタート。

この後、他の言語チームと重なることはなかった。他のチームは別のところを
回ったか、かなり離れて歩いたのか?英語組でも、最初は固まっていたが
あとはばらばら。ガイドさんの話を聞きたいので、それほど遅れないように
歩いた。

ガイドさんはところどころ止まってマイクを使って説明。

もし前日ブレッド湖にいけなかったらブレッド湖と鍾乳洞の選択で、この日は
ブレッド湖に行って鍾乳洞はあきらめることになっていたのだが、鍾乳洞
見られてよかった。下手な言葉や写真では伝えられんよ。

自然はすごい。しかしここを観光地として整備した人間もなかなか。








さて、このツアーの途中突然電気が消えた。鍾乳洞の中なので真っ暗になる。
なに停電か?どうやって帰るんだ?とあせった。周りのみんなも心配そうな声。
他の客がカメラなどで小さな光を出すとなんとか見える・・・というところで
元に戻った。やれやれ。もしかしたら驚かすための演出か?

ツアーは一時間半。童心に返って楽しんだ。
最後には土産物屋。


ここからまたトロッコで戻った。

外がやたらと明るい。


今回の旅行のために検索して、参考にさせてもらったひとつがコチラのサイト
ここの駐車場でタクシーの運転手に声をかけられ洞窟城のみならず
翌日の旅行の運転も格安で引き受けてもらった方もいるようだ。しかし
この方は麗しき美女、こちらは冴えないおっさんでは
そんなうまい話はあるまい。ということで、おとなしくバスターミナルへ。


<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日目(3)【ポストイナ鍾乳洞】(駅から歩く)

2013-05-28 19:38:23 | '13 クロアチア・スロヴェニア旅行
ポストイナ駅から鍾乳洞までは徒歩20分ほどのはず。ここで降りた
人の中で鍾乳洞に行く人はいなさそうだ。しかし看板が出ているので間違うことはなかろう。






案の定、迷いはしたが間違うことはなく徒歩20分ほどでポストイナ鍾乳洞到着。
ここには人はたくさんいる。やはり車やツアーで来るのが定番なんだろうな。

チケットを購入。いろいろなものとセットになっているチケットもあった。10km離れた
ところにある洞窟城というのも見てみたいが、
こちらは公共の交通機関がない。どうしても行きたければタクシーなのだが、そうまでして
というほどではないので鍾乳洞単独のチケットにした。







<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日目(2)【リュブリャナ】(ポストイナへ)

2013-05-26 20:08:53 | '13 クロアチア・スロヴェニア旅行
泊まったホテル、部屋番号が四桁。泊まった部屋は2階だったが、部屋番号は
206ではなく2060。隣は2050。最後の0は何なんだか。


まずはポイストナでも検索に引っかかるポストイナ鍾乳洞へ。行きは鉄道、
帰りはバスの予定だ。まずは鉄道駅へ。




電車は落書きが多い。


中もかなりぼろぼろかと思いきや、わりと清潔。


定刻どおりに出発。森の中を走るのだが、太陽が右にあったり左にあったり。
そんなに線路は蛇行しているのか?陽に当たりたくないのでそのたびに席を
移動するから大変だった。




車内放送がなく、到着予定時間と駅の看板だけが頼りだ。
幸い、チケットチェックする人が同じ車両にいて「次だよ」教えてくれた。

ポストイナ駅到着。ほとんど何もない駅。スロヴェニアの地名、
「J」が目立つなぁ。


ロッカーはあった。




降りる人も少ない。鍾乳洞行く人は他にいないだろう。行けるかな。

<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日目(1)【リュブリャナ】(朝の散歩)

2013-05-24 20:52:04 | '13 クロアチア・スロヴェニア旅行
初日の夜は時差で寝られないということもなく、6時過ぎに起床。朝食にはまだ
早いので近くを散歩した。今まで一日の初めはまず朝食だったのだが、今回は
散歩が多い。

三本橋までは5分もかからない。その手前のフランシスコ会教会


その前にある詩人フランツェ・プレシェーレンの銅像。
あたかも自分は以前からこの像を見たかったかのような書き方だが、当然
旅行前に覚えた名前。この人の詩がスロヴェニア国歌の歌詞になっているそうだ。


三本橋越しの朝日。もうちょっと工夫して色鮮やかにしておけばよかった。
それにしても思ったよりずいぶん短い橋なんだなぁ。


三本橋越しのフランシスコ会教会。


三本橋の次の橋、肉屋の橋。南京錠はどこにもあるんだな。


訳分からんもんにも南京錠。


靴を干してる?


ホテルに戻って朝食。去年の秋旅行ではパン以外のメニューが少なくここで
文句を言ったが、ここは文句なしの品数。ホテルの朝食はこうあって欲しい。
さすが★★★★ホテルだ。
しかしパンがあまりおいしくなかった。




ホテルに荷物を預けてチェックアウト。

<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加