Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

二日目(7)【インスブルック】(カードを使って)

2017-05-31 20:21:52 | '17墺旅行(少し独)
それではインスブルック観光開始。

それではホテルのエントランスを出たところのマリア・テレジア
通りを北へ。駅からも分かりやすいし、旧市街へも行きやすいし
ベストポジションだ。

インスブルック定番の撮影スポット

いい感じに雪が残っている

この通りの突き当たりの黄金の小屋根へ。階段を上がったところに
受付がある。ここでインスブルックカード初使用。ピッ!


中は写真禁止だったけど、外を撮る分にはいいかな。

すぐ近くの市の塔。次に行ってみよ。



市の塔。ここもインスブルックカードで。ピッ!
この旅行の初階段かな。


さっきの黄金の小屋根を見下ろす。


遠くを見ると、インスブルックが山に囲まれているのが
よくわかる。夏は暑いのかな?この日は寒かったけど。


もう少し上があるのかと思って一度塔の中に戻ると、上に行く階段がない。
止まっていると、近くの人が下へ行く階段を指している。ここが一番上か・・・
と思って降りるも、まだ上があると思っただけにもうちょっと見たい。

しかし、この階段は下り用・・・

ってことで、一番下に行ってから再度階段を。まだまだ元気だな。


心置きなく見た。降りよう。




王宮の敷地内にはカフェ・ザッハー。


そして王宮へ。ピッ!

ここは17:00に閉館。残り40分くらいだったので受付でそれを確認された。
ガイドブックのオススメ度は★★☆だったので、30分もあればいいかと
思って入ったら・・・

マリアテレジアやその子供たちの絵画などみどころいっぱい。

時間を気にしながらになってしまったのはちょいと残念。
(写真も禁止)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日目(6)【フュッセン~インスブルック】(FlixBusで移動)

2017-05-29 20:14:30 | '17墺旅行(少し独)
このFlixBus、乗車率は30%というところか。

昨日の雪がここでもいい仕事をしている。バスはwifiも使えるが
タブレットなんて見てたらもったいない景色の連続じゃないか。




前半は上りが多く、後半は主に下り。山を越えたのかな。

オーストリアに入ってから(どこで入ったのか分からないけど)雪が
少なくなってきたようだ。




それでも遠くの山は雪。ハイジが降りてきそうだ。


あと30分くらいのところから高速道路へ。

フュッセン~インスブルックが乗車2時間で7ユーロ。安すぎで
却って心配もしたが、快適快適!

市街に入ったと思ったら早くも乗降所。降りたのは自分以外に
いたかどうか。みなさんヴェネツィアまで行くのかな。

ここも駅前じゃない。それで価格を抑えているのかな。


それでもフュッセンよりは駅が近い。線路沿いで駅が見えるもの。


見えているので方向を間違えることもなく駅へ。ホテルに行かずに
駅に行ったのはインスブルックカードを買うため。観光地にありがちな
カードを持っていればあちこちの観光施設に入れるってやつ。

観光案内所に売っているという情報があった気がしたので
行ってみたらそこにはなく、隣の売店で売ってました。
24時間で39ユーロ。年々値上がりしているようだ。

使うのはnowlaterかと聞かれ、今日から使うんだから
now答えたら日付と時刻を書かれてしまった。

laterの方がよかったな。機械で読み取るから
実際の使用開始時間は記録されてそこから24時間使えるんだとは思うが。





ホテルは凱旋門の前。その凱旋門も駅前通りにあるので、
分かりやすい。なんなく発見。


部屋から凱旋門もなんとか見える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニ日目(5)【フュッセン】(バス乗り場へ)

2017-05-28 20:56:57 | '17墺旅行(少し独)
コロコロさせながらFlixBus乗り場へ。

この旅行、一番情報が乏しかったのがこのフュッセンインスブルック
移動方法。オーストリアのロイテというところまでバスで行って、そこから
電車(途中乗り換え有)という方が多かったが時間がかかる。

このFlixBus、安いのはいいんだが乗り場が少し離れている。
目分量では駅からだと1km以上ある。

しかし場所は分かりやすい。


ホテル前のOtto通りからKenptener通りへ。それをまっすぐ。
単なるスペースに止まっているんだとしたら、バスが来る前に
そこに着いたら気づかずに通り過ぎてしまう可能性があるな・・・

などと危惧しながら歩いていると、遠く前方にサイトで見た
黄緑のバスらしき物体が見えてきた。あれか?

写真では見えないが肉眼なら見えた

そうだ。


Venezia行きになっている。これがインスブルックを通るのかな。

乗り口のところでタバコすっている人に
 これ、インスブルック行くバスですか?
と聞くと、
 運転手はマックに行ってるよ

あんた、運転手じゃなかったのか。

運転手はバスと同じ色のジャケット着てた。

予約したときの案内には出発の15分前に来るようにという
注意があった。少しくらい遅れても大丈夫だとは思ったが
ほぼ15分前に到着。それでも多分自分が最後の乗客。皆さん
時間しっかり守るんだな。

もしかしたら、ここが出発ではなくミュンヘンとかから
来たバスで、単に休憩していただけか。

乗車の手続きは、予約の確認メールに添付されていた
PDFファイルをタブレットで開いて、QRコードをピッと
やってもらって完了。

印刷もしておいたのだが、数日後にもう一度予約して
乗るつもりで、そのときは印刷できないので紙なしでも
乗れるかどうか確認したかったのだな。

バス乗り場はKemptener通りのマック前

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日目(4)【フュッセン】(教会とかお昼とか)

2017-05-27 18:18:56 | '17墺旅行(少し独)
帰りもバスで


駅に着いて売店で切手があるか聞いてみたら
「向かいの郵便局で」

その郵便局、窓口に列ができている・・・ということで
絵葉書が手元にある

ホテルへ戻ってチェックアウト

バスの時間が13時過ぎなので、それまでは街歩きだ。

荷物を預かってもらおうとしたら、
「その辺置いとけばいいから」
大丈夫かな。

一ヶ月も経っていないのに、それぞれどの教会
だったか区別がつかないのが残念だが、撮ってきた写真。












さて、昼飯。迷うことなく昨日目を付けておいたWOK屋さんへ。
この旅行初WOKだ。今回は何回食べるかな?


野菜も入っているし、意外とバランスがとれているのではないかとも思う。


バスの時間まではライヒェン通りとかをふらふらと。


おっさんのくせにこういう街並みが好き。


そろそろ時間だ。

荷物を取りに最後にホテルへ。誰もいない小さなフロントの前に
コロコロが一つ。無用心にも見えるが、そういった心配のない
地域なのかな。

自分の荷物とはいえ黙った持って行ったらおばさんも驚くかと思って、
人の声がする地下の食堂へ。

おばさんいた。さようなら


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日目(3)【ノイシュヴァンシュタイン城】(また落とした)

2017-05-25 21:27:48 | '17墺旅行(少し独)
お城の中は写真禁止らしい。まだ展示物のある部屋までは来ていないし、
外を撮る分にはいいですよね?


この後、音声ガイド(日本語)を借りて、9:10スタートの皆さんと
一緒に部屋を移動することになる。引率の方は何かを説明するわけ
ではなく
 「はい、みなさん次の部屋へ」
という感じ。

3つ目くらいの部屋で、またしてもサングラスがないのに気付いた。
お城に入るまではかけていたし、窓から外を見るときもかけた。

うわっ、この旅行二回目かよ・・・というか今日二回目。ここまで
計算すると一時間に一回落とす計算だ。さらにチケットも落としてる。

お城の中にはあるはずだから、ツアーが終わってから交渉して
もう一度入れてもらって探させてもらうか・・・などと考えて
いるとガイドの説明も半分くらいしか入ってこない・・・

次の部屋に移動後、一人のおじさんが
 これ落とした人いないか?
と言ってみんなに見えるようにあげた手に持っていたのは
サングラス
 はいっ!それ僕の。ありがとう!

ツアーは30分ちょっとだったか・・・ってサングラス落とした
ことしか書いてない。

詳しいことはこちら(wiki)とかこちら(公式サイト)にどうぞ

ツアーの最後は土産物屋というのはセオリー通り。絵葉書一枚しか
買わないってのはあまりいい客ではないな。

ここには切手は売ってなくて、あとで買おうとするも買えず
オーストリアに入ってからこの絵葉書を出すのもためらわれて
手元にある。


その後はバルコニーのようなところに行ってみるとここからの
景色がいい。


ホーエンシュヴァンガウ城も見える。


マリエン橋。人がいる。今日は、お城から橋への道は封鎖されているが
行こうと思えば、ルートはあるんだな。


あそこの行けばこれに雪が付いた景色が見えたんだろう。
よく見ると湖が近すぎないか?

ホテルでもらった絵葉書。



さて、そろそろ降りるか


雪かきしてくれたのか、帰りは歩きやすい。雪があると
下りの方が危ないからありがたいね。


彼らも歩きやすいだろう。


これからチケット買う人、そこそこ並んでますね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加