Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

五日目 【シカゴ】

2011-03-27 09:08:55 | '00米国旅行
ダラスからシカゴへ。やたらと早い便だったので5時過ぎにチェックアウトして
シャトルバンを待った。空港へ着くとまだ人はまばら。そんな中、ジャパニーズ
ビジネスマンが数人いた。テキサスで見た最初で最後の日本人。

珍しく飛行機の中で寝てシカゴ着。3年前に泊ったトーキョーホテルに
向かった。空港からのメトロに乗りGRAND駅で降りた。前に泊っているので
多少ながら記憶があるはずだが、雰囲気がどうも違う。確か駅からは近かった
はずなのにどうもおかしい。ここで分かった。降りるべき駅は
レッドラインのGRAND駅なのに、空港からのメトロのブルーラインのGRAND駅で降りてしまったのだ。ガイドブックにはブルーと書いてあったのに

まぁいい。とにかくトーキョーホテル着。相変わらずぼろい。エレベータも手動で
前に泊った時の「運転手」のポマードべっとりじいさんに案内されて部屋へ。

# ちょっと前、「世界のぼろいホテルランキング」みたいなのが
# 発表された。トーキョーホテルもランクインしたと思われたがランク外で
# あった。上には上というか下には下があるものだ。

ジョン・ハンコックシカゴ歴史博物館に行ったようだ。

夕方からはリグレーへ。チケットを取った後、周りを散策。この辺はなぜか
日本料理屋が目立った。古本屋があったので覗いてみたところ2冊買った。
1冊はハルバースタムOctober 1964
「さらばヤンキース」として日本語訳されている。もう一冊は
何だったかな?

試合前、リグレー名物(多分)のじいさんたちのバンドが観客を楽しませてくれて
いた。3年前にもこの人たちいた。06年のシカゴ旅行のときにもいたな。



席はこのへん。





イニングの間にはバンドが楽しませてくれる。一試合で一周する感じ。




ハリー・ケリー



試合終了で帰路へ。ホテルはぼろいがメトロで近いので安心。

 -->

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ通常に

2011-03-23 21:00:57 | 旅行雑記
まだ毎日のように地震があるが、次回からまた00年の旅行を
振り返ることにする。

ここのところすっかり忘れていたが、今年の旅行の航空券を
買ったのだった。また7月中旬に、今度はイタリアに行く
ことにした。オーストリア航空を利用。行きはともかく帰りの便が
やたら早い。確か6:30くらいだったか。そうなると4:30には
空港に行かねばならんということ。その代わり、ウィーンでの乗り継ぎに
余裕があり、ザッハトルテを食べることができそうだ。ともかく、そろそろ
本を買って研究をし始めなければいかん。しかし出発が先週末くらいだったら
キャンセルしていたかもしれん。

その前に、パスポートが切れるんだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

徒歩で帰宅

2011-03-11 22:49:45 | 日記
地震怖かった

ちょうど立ってプリンタ出力したものを取りにいくところ。立っていたことも
あり、すぐには気付かず、「地震だ」と言われても「このくらいたまにはあるさ」
と思っていた。すると揺れは強まるばかり。机につかまらなければ立っていられない
ほど。液晶ディスプレイの上の置物は落下し、引き出しが開いたところもあった。

あとはあまり仕事にならず、5:50頃徒歩の帰宅を決意。パソコンを横にして
会社(山手線内ほぼ中央)を出た。4時ころから帰ろうかなと思っていたが、
らしくもなく躊躇してしまった。それでも会社では一番早かったと思う。

さて、家は武蔵野地区。20kmくらいあるはず。不動産屋の住宅情報の徒歩何分
というのは1分80mというのを聞いたことがある。速足なので100m、という
ことは1時間6km。途中疲れることも考慮すると、3~4時間と見積もった。
かばんは会社において、雨が降るとの情報もあったので折りたたみの傘だけもった。

■18:00 退社
まずは靖国通り。思った以上に人が多い。ヘルメットかぶってる人
もいる。
■18:29 コートのボタン外す
体があったまってきた。しかし手は冷たい。コンビニで手袋を買おうとするが
ない。おにぎりやサンドウィッチなどはほぼない。あまりお腹はへっていなかった
のが幸いだ。
■18:31 明治通り
人が多くなった。何しろ新宿が近い。角の靴屋が繁盛していた。
■18:37 甲州街道
新宿駅を越える橋は歩道が狭い。地上の道を駅に向かうべきだった。
■18:43 新宿駅南口
坂を登りきって南口へ。テレビカメラ数台が来ていた。電車待ってる人がいるが
多分徒労に終わるだろう。
■19:03 初台
歩き始めて一時間たって初台。予定通りなのかどうかわからない。
■19:14 幡ヶ谷
■19:21 笹塚
■19:32 環七
ずっと実家に電話をかけていたがつながらず、この辺でようやく母の携帯に
つながった。実は実家に帰る予定だったのだが、当然帰れるわけもない。
家は無事なようだった。
■19:41 井の頭通り
井の頭通りの看板を看板を見て、「井の頭通りか」と独り言。この辺から
独り言を言うようになった。結構これで自分を鼓舞したような気がする。
ここで甲州街道に別れを告げて井の頭通りへ。少し人が減って歩きやすくなった。
■19:45 コンビニ
ミニストップでトイレを借りた。ありがとうございました。助かりました。
■19:57 永福町
この辺のコンビニであったかいコーヒーを買った。これが帰宅途中唯一の飲み物。
■20:27 環八
駅でいえば荻窪。このあと、また歩道が詰まっていたので追い越そうとして
車道に出て少し走った。すると歩くより走る方が足の負担が軽いのに気付いた。
疲れるまで走ることにした。
■20:46 武蔵野市
「武蔵野市」の看板を通り過ぎた。これで安心。このあたりで走るのやめた。
■20:55 吉祥寺
駅前はバス待ちの列で歩きにくい。
■21:20 最寄駅
通っているスポーツクラブの前を通るとビルの点検のために休館。いきつけの
うなぎ屋に行ってみたがもう閉まってた。駅前のとんかつやはこの時間にしては
すいていた。夕食。
駅前はタクシーやバスを待つ人も列を作っていた。電車は当然止まっていた。
「終日禁煙となっております」の駅のアナウンスはなんのため?止められないのか。
■21:40 帰宅
やれやれ。エレベータは止まっていて階段で。オートロックのマンションで
階段からでは通常ドアに鍵がかかっているのだが、大家さんが開けてくれて
いたようだ。両隣の部屋の方も在宅のよう。
液晶テレビと本棚が倒れていた。冷蔵庫の位置もずれていた。ガスが止まって
いるようで風呂入れず。コーヒーも飲めず。テレビの津波の画像を見ると、
このくらいは我慢しようという気になる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四日目(3) 【ダラス】

2011-03-09 20:12:02 | '00米国旅行
試合開始が近づいたので席に行った。もう少し記念館も見ておきたかった。

席はかなりいい席。この日は日曜日。大抵はESPN用の
サンデーナイトのゲーム以外はデーゲームなのに、なぜかこの試合はナイトゲーム。もしデーゲームだったら、ケネディツアーをあきらめな
ければならなかったのでありがたい。

まずは国歌斉唱。



メモによると、テキサスの先発はへリングだったらしい。打者はデルガド。


元オリオールズのパルメイロ。テキサスに出戻ったところ。やっぱり
テキサスにいユニフォームって変な感じがする。



パルメイロが出てきたところで近づいて一枚。直後に球場係員に
席に戻るよう注意された


その打席でホームラン!


試合は終盤。タクシーがつかまらないと大変なので、残念ながら球場を
後にする。


センターの入口にあるライアン先生
おばちゃんがフレームから外れてから撮るんだった


幸いタクシーが数台待っていて、待つことはなかった。行きと同様に
ハイウェイを飛ばしてダラスダウンタウンへ。教科書倉庫前の例の
デルタ地帯に戻った時はホッとした。

翌日は朝早い

 -->

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四日目(2) 【ダラス】

2011-03-06 08:35:08 | '00米国旅行
ダラスからタクシーで「ボールパーク・イン・アーリントン」へ。
電車・バスで行けない球場は辛い。カンザスシティの場合は、送迎
バスがあった。しかしここはそれもない。ハイウェイと飛ばして
数十分。タクシー代は$30くらいだった。帰りも当然タクシーとなるので
降りるときに乗り場を聞いておいた。

球場の周りはがらんとしている。ホリデイインがあった記憶がある。


90年代に始まった「古くて新しい」球場の建設ラッシュの第二弾が
ここだったか。第一弾はボルティモア。


試合開始の2時間前位に到着し、球場をぶらぶらするつもりだったが
記念館があるというので入ってみた。これが素晴らしい。クーパーズタウンの
野球殿堂の一部が来ているような感じ。おかげでぶらぶらすることも
練習も見れなかった。

二グロリーグや


70~80年代のユニフォームも






テキサスのユニフォームの変遷


レンジャースの前身のワシントン・セネタース


初代監督のテッド・ウィリアムスかな?


 -->

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加