Blog About Nothing

小心者の旅行遍歴

四日目(2)【ロンダ-マラガ】

2013-10-31 20:33:35 | '13 スペイン旅行
バスターミナルはまだ開かないが、バスの前には人が集まっている。
マラガ行きに並んでいる人に聞いてみると、チケットはドライバーから
直接買うらしい。

しばらく待って乗車が始まった。荷物は自分でバスの脇の荷物入れへ。


バスは定刻より2分ほど早く出発。

8時でもまだ薄暗いというのは感じがつかめない。

走っているうちに陽も出てきた。






こんなところ走りました。


途中2~3箇所停車して


だんだん市街っぽくなってきて、9:40頃マラガ到着。


コインロッカーはアルヘシラスのバスターミナルと同じようにトークンを
買うシステム。
トークンを買うところで怪しげなオヤジが話しかけてきた。駅などではよく
見る輩だ。もう一ヶ所ロッカーがあったので、念のためそちらを利用。


13:00か14:00のバスでグラナダに行く予定。それまでマラガ観光だ。

<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

四日目(1)【ロンダ】(朝食)

2013-10-30 20:19:31 | '13 スペイン旅行
起床。今日はまず8:00のバスでマラガに行く予定。マラガ観光後
グラナダだ。

昨日のフロントのお姉さんは朝食はいつでもということだったので、
6:30に降りてみると真っ暗。爺さんが寝ていて、「朝食は?」
と聞くと指で「8」。8時からですかい。英語分からないみたいだし
爺さんでは埒があかなさそうなので、ここでの朝食はあきらめた
二日連続で朝食込みのホテルの朝食権を捨てることになった。
 HOTEL ARUNDAⅡ

まだ真っ暗な中でチェックアウト。ホテル代は、25ユーロにも満たないし、
爺さんのクレジットカードの操作もちょっと心配なので、キャッシュで
支払い。

ホテルはバスターミナルまで数十メートルなので行くのは問題なし。
しかし、ターミナルが閉まっているよ。8時の前に7時のマラガ行きの
バスがあるんで開いてるはずなんだが・・・


ホテルがダメならバスターミナルで朝食と思って来たんだが、それもダメか・・・
と思ったら、道路を挟んで駅よりのカフェのシャッターが開いた。


おばさんに入っていいかと聞くとOK。トーストとコーヒーを
注文。これで2ユーロはいいね




出発まで少し時間があるのとコーヒーがおいしかったのでコーヒーもう
一杯(1ユーロ)。

店にあった看板↓。

街中にもこの看板があって、Nueboが目立つ。
ロンダといえばヌエボ橋、街をあげてヌエボ橋を宣伝しているのか。
ヌエボアイスとかいうのかな・・・とずっと思っていたが、Nuebo
「新しい」の意味、単に新発売ということか・・・とロンダを発つ
直前に気づいた(遅すぎ)。

<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続・来春の予定

2013-10-29 20:44:22 | 旅行雑記
来春の旅行先を迷っていたのはおよそ一ヶ月前。現在も迷い中。

前回はバルト三国がとりあえずの本線だけど飛行機がなぁ・・・という
ところだった。その後・・・

バルト三国だけだと余りそうだ。ワルシャワ行ってみるか
  ↓(移動手段を調べて)
いや、ワルシャワは結構時間かかるぞ
  ↓(地図を見て)
サンクトペテルブルクがタリンから近いじゃん
  ↓
でもロシアはビザが必要だぞ
  ↓
うーん、飛行機も取りにくい
  ↓(カレンダーを見て)
5月の第一週も三日休めば一週間休めるじゃん
こっちのスケジュールで飛行機探そう
  ↓
お、トルコ航空が安い
トルコ行けるぞ。+バルト三国は?
  ↓
リガしか便がないよ。じゃぁサンクトペテルブルクも会わせてダメか?
  ↓
サンクトペテルブルクはトルコ航空で行ける
モスクワにも便がある
いつかロシアのビザとるんだったら今回とって両方行ってくるか
  ↓
トルコからだとルーニアブルガリアも行けるな
どっちにしよう?
  ↓(今、この辺)

まだ持ち時間は二ヶ月ほどある




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三日目(9)【ロンダ】(暗くなってきた)

2013-10-28 20:20:01 | '13 スペイン旅行
今度は橋の反対側を降りてみた。パラドールの対角線にあるところから。


橋の向こう側にパラドール






戻ってパラドールの周辺をうろうろ。日没近し。

沈む夕陽・・・が見えない






暗くなるまではヌエボ橋周辺をあっちへいったりこっちへいったり








暗くなってきた。


お腹もすいてきた。ヌエボ橋近辺にレストランは何軒もあるが、この辺で
食べてると帰るころはどうなってるのか?最近は道に迷いがちだし、人が
歩いているうちにホテルに戻ろう。ホテル近くのレストランがあったし。

何とかメインストリートを見つけるとあとは安心。ホテル近くの見覚えある
ところまで来てさらに安心・・・しかし、レストランがないじゃん。バルが少し
開いているだけ。アバウトに覚えるとこういうことになる。

近くを歩いたらチャイニーズがあった。ここにしよう。

立派な店構えだが安い。昨年のランスの大聖堂前のチャイニーズ
思い出した。


注文はシーフードフライドライスとチキンとクラブのスープ。フライドライスの
味は普通だがスープは具がたくさんでおいしかった。ドリンクつけても7ユーロとは。

ごちそうさま。

水が欲しいのだが店がない。バスターミナルの自販機でと思ったが、
この日の便は終わったのか真っ暗。一つ部屋が開いていておばちゃん
二人が話している。売店かな。英語があまり通じずジェスチャーで。

ボトルを持って飲むポーズをしながらwaterいうと冷蔵庫から
水を取り出してくれた。1ユーロ。おばちゃん、ありがとう。


<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三日目(8)【ロンダ】(ヌエボ橋)

2013-10-27 19:26:24 | '13 スペイン旅行
ヌエボ橋へ。
下怖いよ

すごいな。橋のない時代はこの渓谷のおかげで敵の侵入を防いだという。
コンピュータのない時代、どのように計算されてこのような橋ができたのだろう。


橋を渡って右折。しばらく行くと公園があり、そこから降りてみた。


左に見えるのがパラドール。行った事がある方は、これで位置が分かるでしょう。
鐘楼などはまず上るのだが、ここはまず下る。ちょっと変な感じだ。


この谷はどこまで行けるんだろうか?

適当なところで引き返した。降り口のところの公園では、ギター弾きのおじさん
がいた。「アルハンブラの想い出」弾いてくれたらチップはずんだんだけどな。


階段ではなくしかも足元の不安定なところを上り下りしたので疲れた。ちょっと
椅子に座って休憩。その間ずっと向かいにいたのはお話中の仲良しのお姉ちゃんと
弟くんという感じの二人。近所の子供たちかな。


闘牛場に戻ってみたら


ちょっと覗かせてくれてた。しかし観客席しか見えず。


この日は日曜でフェスティバルのような感じの商店街。


ジェラート。おいしかった。


「柳井」とかじゃないよね。




<< >>

日程を見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加