ワカメと銭婆との喜怒哀楽

年式'00のビーグル犬ワカメと'51の妖怪!銭婆が俺を困らせ悩ませる 痛快娯楽な毎日

マッハⅢでツーリング その2

2018-10-03 04:42:30 | バイク

 

 

前回の続きとなります^^

 

師匠宅を出発して角田からシーサイドラインに入りますが 車の数が半端無い!

この日は9月23日の三連休の唯一の晴れた一日でしたから ドライブに来た人が大勢いたのでしょう

 

しかーし!

二台のバイクは 古い古ーいバイク、ゆっくり走るとプラグがカブって 気が気でなくて大変です!

そんなの関係ない車達、30~40キロ程度のスピードでノロノロ・・・

オイラはたまにカブリを取るために クラッチ切って空ぶかしします 暴走族みたいになってますが こうしてないと不安なんだもん(+o+)

 

これは師匠も同じだったようで 角田を過ぎてすぐに次のパーキングに入りました。

ひゃー! 面白いけど  昔の2サイクルエンジンにはゆっくり走行は気が気じゃない感じ!

これが自分のバイクで ひと通りこのバイクの癖や乗り方が解ればそんな事は無いのでしょうが

そんな事 全然知らないので積もる不安^^;

駐車場で 10分くらいバイク談議をかました後、

さぁ、また出発しましょうか^^

 

それではバイクを交換して乗る事にします^^

マッハってオイラ、今まで乗った事がありません、KHとかは何度も乗った事あるのですけどね^^;

キックしようとしましたがクランクケースが広すぎてキックペダル位置が外に付いてるのでキックしにくい!

力が加わらなくて、オマケにここ何年も大きなバイクでキックしたことないので腰が引けてエンジンがかからない、

「 何してん! まったく初心者みたいになってー!」と、師匠が代わってキックします。

マシンガンキックで何とかかかりました。 いやこれはやはりプラグがカブってたからだ!

と言おうとしましたがその前に 「 そんなヘナチョコキックでかかる訳ないじゃん!」と笑われてしまいました。

 

500ss エンジン掛け マッハ保存協会 

この人の気持がよく解ります(/_;)

 

 

渋滞は益々増してきて、寺泊のあたりに来ると ゴー、ストップの繰り返し!

マッハは低速の直進安定性は抜群なんですが クラッチが死ぬほど重くて オマケにアクセルも超絶に重い(+o+)

渋滞中は握力計のようなクラッチレバーを握るのが苦痛になってきました。

力自慢のオイラがそう思うのですから 力の無い人は渋滞時のマッハは走行不可能かもしれません!

 

しかも足を地に着けると、キックペダルの先端が腿の裏側に刺さるように当たって それがグイグイと押して来る

地に足をつけたまま数センチでもバイクを進めるとキックペダルがグイグイグイって腿の裏を押して

しまいには キックペダルが外を向きます。足でキックペダルを戻しても渋滞のノロノロ運転で足を着くと この繰り返しとなります。

 

オマケにバイクが止まってる間は どうやってもギヤチェンジが出来ません、

これは師匠が最初に教えてくれた注意事項でしたが これは今のバイクには味わえない欠点です(+o+)

握力計クラッチが握力を奪っていくのに 停止前に間違えてニュートラルでなかった場合、

嫌でもクラッチレバーを握り続けなければならないので ちょいと発進しながら必死にニュートラルを探します^^;

何とかニュートラルに入れるとすぐに 前の車が進んでまたクラッチレバーを握ってローに入れます

 

しかもしかも、ギヤ方式がボトムニュートラルで 今の一般的のギヤポジションではないので

癖でローに入れられなかったりして(^_^;)

 

師匠に言うと

「 旧車は不都合がいっぱい❤ 」と笑って答えました^^;

うん、確かにそうだ!

これを踏まえて旧車を楽しまなきゃね~(^◇^)

と、気持を入れ替えて頑張ってみます♪

しかし、昔の人はこんなの乗ってたんだ! って感心しましたよ、

 

今は旧車ブームで  本の特集とか見ると 良い事ばかり書かれていて 今のバイクの感覚で簡単に乗れるように錯覚してしまいがちですが

昔のバイクはあくまで昔のバイクです。知った上で購入するのならいいのですが

そうでなくて 流行に乗って 200万とか300万とか払って買って乗りづらい!って言っても後の祭りですからね^^;

 

マッハも今ではこんなに高価\(◎o◎)/!


ちょっとやりすぎじゃないの?  って感じですが

詳細を見ると師匠のマッハの方が程度がいいし 国内向けだから師匠マッハの勝ち!

 

しかし、知った上で乗ってみると 逆にこの操作が楽しい気分になれるんですよ、

マッハは 乗った瞬間、これでパワーかけたらウイリーするのは当たり前だと思いました。

当時は パワーかけると3速までウイリーした!ってのもフロントフォークが寝ていてしかもかなり後ろ荷重なポジションだから、

当時時速200㌔の最高速度が自慢の最速バイク! そのくせブレーキが利かないって、

それすらキャッチコピーにしてたって、凄い時代です^^;

止まらない 曲がらない 真っ直ぐ走らない! って、言われてもそれでもマッハが好き!

って、マニアが沢山いましたからね(*^_^*)

まさに、あばたもエクボ ですな ♪

 

寺泊の大渋滞を命からがら抜ける事が出来て 何とか握力計のクラッチ地獄から解放されました^^;

すぐに左に曲がり小さなワインディング(峠道)に入りますが 立ち癖が強くてバイクが寝にくいですぅ(+o+)

まぁ、オイラがモンキーばかり乗ってたから特にそう思ったのかもですが、

 

旧車となっては無理することも無いのでゆっくり走りますが

この道に入った瞬間、初めて車の居ない道路となり 楽しさがマックスに^^

500㏄の2サイクル3気筒のマッハは エンジン自体は凄くスムーズです(^-^)❤

渋滞のない道では 楽しい以外の言葉は見つかりません^ ^

 

寺泊の外れにある『ときみ~て』ここで師匠にトキを見て貰って♪

 

 

 

 

満喫してまたバイクに戻りました。

そしたらまたエンジンがかけられずにいたオイラ(T_T)

もう、情けないったらありゃしない(/_;)

「 何やってんだよ~、」と、師匠にエンジンかけてもらって 発進しました。

ふん! ここのところモンキーしかキックしてないから仕方ないじゃん!

 

 

トキの場所から4キロ程走ると 道の駅 良寛の里があって

ここで名物の蕎麦を食べたかったのですが

あいにく客が大勢いてあえなく退散しました。

「 もう面倒だから帰って肉でも食べようよ」となり帰る事にします。

 

道の駅をから116号線へ出る時に 車の合間の見て発進してそのままスタートして行った師匠と一緒に発進したつもりだったのに

ローだと思ってたギヤがニュートラルでエンジンだけ唸って発進せず!

加速に備えて前かがみの体制でいたのに前に進まなかったので人間だけ前のめりになってビックリしました(+o+)

 

もう! 一番下がニュートラルだなんて嫌だよー(>_<)

その後、師匠に追いつくべく 加速して行きましたがふとバックミラーを見ると煙が凄くて後ろが見えませんでした^^;

信号待ちしていた師匠に追いつくと

「 スッゲー煙幕撒き散らして他の車もビックリしてたんじゃないのー?」と笑われてしましました(+o+)

 

でもこれ、師匠のバイクですから^^;

 

国道はゆったりツーリング気分 ♪  古き良き時代にタイムスリップ^^

 

無事に師匠宅に到着!

良かったね~(^-^) 何よりノントラブルで行って来れたのが最高の喜びです。

新しい乗り物でしたら トラブル無しで行って来れるって、当たり前の事ですが

こういった古いバイクになりますと 行って帰って来れるだけでも満足度が倍増しますよ、

 

師匠宅に戻ってから スーパーまで自分のモンキーで買い物に行きましたが

何もかも乗りやすい(^◇^) チョイ乗りではミニバイクが楽ちんです♪

 

そして、肉食ってビール飲んで 話も盛り上がって お腹いっぱいになった頃

外でスーパーカブの音がしました。 おっ! 師匠の同級生がやって来ました。

 

「 おう、外にド偉く古いバイクがあるじゃねぇか 」

 

この人、昔から乗り物はアクセル全開にしなきゃ気が済まない人で乗ってたバイクを何台もお釈迦にしました。

車でも昔、スカイラインGTRの新車を買って(33GTR)ほんの数カ月で スピンして立木に車をぶつけて『くの字』にしてしまいました。

 

ほんの15キロの通勤距離でも 「 500のバイクじゃ遅刻するから750じゃなければ駄目!」とか言うほどの猛者です。

昔はモトクロスをやっていてかなり速かったらしい、

しかし今はもう ただのオッサン^^;

 

 

「 RXかぁ、昔乗ったなぁ、」

と言うなり、エンジンかけて空ぶかしを始めると

ヘルメット被ってやる気満々になってます^^;

「 どれどれ、俺が乗ってきてやろう 」と言って

 

 

異変に気付いた師匠が外に出ると 「 ちょっと乗って来るから!」と言って

初っ端からアクセル開け開けで発進!

 

 

 

あっと言う間にいなくなってしまいました。

行ったっきり なかなか戻って来なかったのでかなり心配しましたが

何とか無事に戻ってきました。

「 思ったよりトルクがあっていいじゃねぇか、でもクラッチが滑ってそれだけが残念 」 

と言ってましたが、さすがにマッハには乗りませんでしたが

 

師匠がトイレに入った瞬間、マッハのエンジンをかけて

( おお、さすがに昔の人だ、一発でエンジンかけたよ^^; ) 

 

思い切り空ぶかしを繰り返すイタズラ者!

空吹かしだと あまり煙が出ないんだなと思いましたが それよかスッゲーうるさい(+o+)

イタズラ者がエンジンを切ってオイラを見て ニヤニヤしながら言いました。

 

 

「 見てなよ、すぐに あいつが怒って出てくるからな ♪ 」

 

 

 

 

言われた通り 師匠が家から飛び出してきて!

 

「 コラー! 子供みたいな事やってんじゃないっ! 近所迷惑だろうがーっ

と、怒ってました^^;

そりゃ当然ですね(^_^;)

 

怒られるのが楽しくて 笑いを押し殺す 62歳

 

 

 

 

そのまま笑いながら 退散するお友達でありました^^; 

 

 

 

 

それからすぐに銭婆さんが向かえに来たのでオイラもお帰りです^^

 

楽しく一日が過ぎ 笑いながら帰って来ました(^-^)

今日もめでたい一日でありました ♪

 

お し ま い 

  

 

 KAWASAKI 500SS MACHⅢ 『カワサキ500SSマッハⅢ』

 

コメント (10)

マッハⅢでツーリング その1

2018-09-29 14:18:30 | バイク

 

師匠が長くレストア(再生)を頑張っていた マッハⅢ、

ついに8月末、登録車検に行ってナンバーを取って来ました。

このバイクは以前から師匠の小屋の隅にあったバイクで 

「 早く再生しなきゃ ただの鉄くずになってしまう 」と言ってましたが

再生するに当たって、かなりお金もかかった様です。1971年式ですので47年前のバイクです。

当然、部品なども無く 探しまわってやっと見付けてもちょっとした部品でも目の玉が出る程の高値だったりして

 

それでも頑張って 念願のレストア終了です^^

 

 

陸運局に持ってきたマッハⅢ、ここで検査を受けて

ナンバーと車検を取ります。

ネットでユーザー車検の体験記とか見るとけっこう落ちて何度も再検査するのを見ますが

さすが師匠です。元バイク屋さんだけあって 一発合格です^^

費用っていくらかかるんだろうって、訊いてみたら

「 2万ちょいだったから俺も安くてビックリした!」と言ってました。

えー! 全部で2万? ちょっとしたバイク屋さんなんて 登録代とか言ってべらぼうに何倍も諸経費取ったりしてるんだね

まぁこれは商売ですから 仕方ないですけど

 

業界タブー話(かな?)バイクに必要な本当の諸経費は?相手(登録地)でそんなに変わるの?

 

近所の大きな自動車中古屋さんなんて 諸経費40万とか平気で出してきますからね

そんな諸経費の内容とかマジマジ見ると矛盾している箇所とかいくつも出てきます。

それって諸経費詐欺なんじゃね? って思います。

 

そう云えば師匠が昔、大手のバイクショップに行って チラシに大幅値引きとか出してた新車のバイクを買いに行って

「 レース用にするから登録も整備も何もいらない 」と言ったら、

「 それは困ります。せめて納車整備等はしなければ出せません 」と言われたそうで

「 何言ってんの? 家に帰ったら全部バラバラにしてレース用に改造するんだから関係ないでしょ?」

と言っても 「 それだと利益が出ないから売れません 」と言いだしてかなり揉めたそうです。

 

諸経費を吊りあげて売る販売方法ってのはやはり良くないですよね

国で 「 込み込みの値段で展示するように!」って、法律作ればいいのに!

と、思った次第です。

 

という事で本台に入ります^^

師匠の家でビール飲むのでモンキーで行って、帰りは銭婆さんに向かえにきて貰ういつもの作戦です^^

それにしても、最近はモンキーにも乗らなくなったなぁ、

今はチャリばかりになりましたからねぇ^^;

 

 

 

しかし、モンキーも たまに乗ると実に楽しいね(*^_^*)

 

たまに乗ると実にパワフル ♪

タイヤ減って片手運転も大変ですが 以前は毎年タイヤ交換してたのに一昨年から替えてないのは

やはり乗らなくなったから 減っても気にならなくなったせいかも(+o+)

 

 

師匠んちに行くと 旧車が2台、展示車の様に並べてあります^^;

手前のマッハⅢと奥にあるのがヤマハRX 

RXは1972年式で こちらもマッハと同様の古いバイク

RXは師匠が乗った最初のバイクらしく 何年か前にネットで買って、

これも長い間レストアしてました。

 

師匠はレストアした2台のバイクで 引っ替え取っ替えで乗りまくるのが楽しみだった様です。

 

最初は師匠がマッハ、オイラはRXに乗りました。

 

オイラが免許を取って初めての中型バイクがRD400でして

その元祖となるRXは やはり興味あります^^

1977年、高校2年の愛機RD400 アルバム引っ張り出してきました。

 

 

で、今回の師匠のRX、エンジンの形が一緒でしょ(*^_^*)

 

 

 

 

ついでに1978年、長崎のユースホステルにて

RDからRGに変わってます。

この時、親を脅してバイクを乗り替えました^^;

当時は親不幸まっただ中のオイラでした

 

話がズレましたので戻します^^; 

 

二台でエンジンかけると 煙が凄くて まるで街の消毒の煙の様です^^;

さすが2サイクルエンジン、やっぱこれだよな~

走ると 音やらエンジン特性やら 高校の時に乗ってたRDとよく似てます

楽しいなぁ、懐かしいなぁ(^◇^)

しかし、トルクをかけるとクラッチが滑ります。無理しないで労わりながら走ることにします。

ってか、バイクも人間も古くなってるのでお互いに労わりながら走るツーリング^^;

何だか楽しくて飛ばす気すら起きません^^;

  

マッハの後ろ姿を見て 忘れてた昔の小さな事をどんどん思い出します^^

そう云えばこの頃のカワサキのバイクって皆、ウインカーが割と下に付いていてどんなに遠くから見てもカワサキのバイクだ!

って判ったよな~ ♪  ってか、ブレーキランプが上に付いてるからウインカーが下に見えたんだ、

って、当時考えもしなかった理由なども考えたりして(^_^)

 

長くなりましたので2回に分けることにします^^;

って訳で続きは次回(^◇^)

 

「 旧車 最高だね~ ♪ 」

 

 

コメント (16)

川西モトクロス場 関東選手権ちょっとだけお邪魔

2018-05-27 06:58:59 | バイク

 

 

前回の続きとなります。

飯山の人形館を出て 下道の117号線を走り 十日町の川西モトクロス場に向かいました。

もう最後に来たのは何年前だ?

 

しかし、相変わらずモトクロス場の道があまりにも細くて 

しかも駐車場が狭くて 関東選手権位になると あふれた車が・・・

モトクロス場に向かう道はこの通り!路上駐車するしかありません

路上駐車されると車の交差など出来なくなります!

 

40年以上このままですのでもっと駐車場を広くしてもらいたい所ですね

駐車場まで上がりましたが 停め場がなくて結局 銭婆さんを会場に降ろして

先ほどの路上駐車の一番下まで行ってオイラもその一台の仲間入りに(^_^;)

 

写真では解りませんが・・・

前日までの雨で道はグチャグチャドロドロ!

普通の靴履いて行ったので 滑るはドロドロになるはで大変ですが

それでも午前中に比べたら天国のようだと言われました

 

会場に行くと 元チームメイトのT2君達を見つけました。

午前中のヒート1では思い通りとは行かなかった様で午後のヒート2に向けて作戦を練ってました。

 

すぐに50歳になるのに まだ公式戦で頑張っている姿は新潟のレジェンドと言っても過言ではない!

 

 

 

 

T2君のマシンは2月に来たばかりの新車!

「 朝イチまでピカピカだったのに~ 」とか言ってましたが仕方ないですね(^_^;)

今のモトクロッサーはセルで始動なんですね、キックは付いてないの?

4サイクルはレース中 エンジンが止まるとエンジンかけるだけで全体力を消耗してしまいますので

セルモーターは正解かもです(^。^)

 

昔からの顔なじみの古株は皆さんエンジョイモトクロスでレースを楽しんでます。

他の知り合いはスタッフで頑張っていて 、モトクロスが好きなんだなと実感しました。

オイラは12時半頃に到着したのですが 予定が遅れていてまだ午前の部を行っていました。

時間が押したりすると 主催者も大変そうです。

「 そこで仮説のラーメン屋やってるから食べてくれば? けっこう美味いよ 」

と言われたので 銭婆さんと行ってみました。

 

待ち客は3人ほど 意外に少なくて助かりました。

 

が、10分後には凄い列になってました(+o+)

タイミング良くて助かりました。

見ると 『 生ビール 500円 』の貼り紙があったので 「 生ビールまであるんだねぇ」

と言った途端に 銭婆さんから「 ビールは駄目だからね!」との御指摘 

何言ってんだよ、飲む訳無いのに・・・。

銭婆さんは先に席に付いて貰いオイラが注文、ノンアルビールがあったので それを買いました

ノンアルビールを持って銭婆さんのトコに行くと 銭婆さんはビールだと勘違いして怒る怒る(^_^;)

程なくラーメンも出来て食べましたが 確かに美味しいラーメンでした(^^)/

 

まぁ、この瓶見るとビールに見えても仕方ないですけどね^^;

 

ラーメン食べて会場に戻って、レースが始まるのを待ちますが

放送で 「 予定が遅れてますが 午後からのレース予定は2時からとします 」 

と言われ 少しガッカリ

しかも、子供のレースから始まり 観るべきレースはかなりあと、

それまで 何もしないで待ってるのも大変だなぁと・・・ 銭婆さんが思ってるに違いない、

  

昼休憩の時間中 ずっと奥のコース整備をしているブルが一台 

数日前にもちゃんと慣らしてくれてたのに 午前の泥んこレースでコースがまた荒れ放題になってるのでしょうね

そうこうしてるうちにやっと時間となり スターティングマシンの前に子供達が並び始めます。 

 

ギリギリまでコース整備してくれたIさん、ご苦労様でした

Iさんに挨拶しようと思ってましたが コース整備とされてたり 何処にいるのかわからなかったりで

お話する事は出来ませんでしたが 次回またお会いできたら伺いたいとい思ってますので^^;

 

5/20 川西関東選手権ジュニア65 ヒート2

 

女の子も沢山走ってるんだなぁ、

多分、自分の子供が女の子だったと言う理由でしかないのでしょうけど

この頃の子供は女の子の方が身体能力が高かったりもしたりしますので 男の子より同等以上の力を発揮してます(^^) 

午後イチの子供のレース見てましたが レース自体は知り合いもいないので途中で 銭婆さんのいる所に戻ることに

 

銭婆さん、超つまらさそう^^; 

足が良くないので 歩き回ることも出来ず 知り合いから折りたたみの椅子を借りて座って待ってました。

しかし、テントの中の日陰に座ってらばいいのに 何故外で座って居るのだろう 

 

他のレース中、T2君はマシン整備に余念がありません(^^)

 

これで 思い切りレースに没頭して下さいね(^^)/

 

 

あとは頑張るのみ!

彼は高校一年からモトクロス一筋で頑張ってますが まだ現役で頑張って凄いと思います。

T2君のレースはまだまだ先、

そろそろ銭婆さんの顔色が変わってき始め出してますので レースを待たずに帰る事にします。

『 俺の応援にきてくれたんじゃなかったの!? 』 ってな顔されましたが仕方ありません(^_^;)

 

名残惜しいですが 「スタッフで頑張ってる仲間にもよろしく言っておいて」

と言って T2君とお別れしました。

 

車の停め場所までクタクタになって歩いてくる銭婆さん^^;

会場には長い時間いた訳では無かったのですが道につけてた車もかなり減ってました。

午前中のレースを見たあと帰った人が大勢いたのですね

 

車に乗ると あとは家に帰るのみ

助手席に乗った銭婆さんは一気に元気になって まるでオイラの母ちゃんのように喋くり出しました^^;

 

銭婆さんの話の中で・・・ 

※ 銭婆さんがストック持ってレース会場を 歩いていたら スタッフ本部席の方から女の人が来て

 「 よろしかったら 手をお貸しましょうか?」と言ってくれたそうで

  そこまで足は悪くはないので 「 大丈夫です^^ わざわざありがとうございます。」と言って断ったそうですが

  見ず知らずの銭婆さんにそこまで温かい言葉をいただいて 本当に感謝します。

これは 隣国とは違い日本人で良かったなと思う瞬間ですよ^^

  

 

翌日、T2君にラインしてみると・・・。

ギザギザの鉄の棒みたいなのが おケツに刺さったの?

 

それは痛いどころじゃなかったでしょう(@_@;) 

お大事に ( ^^) _U~~ 

 

 

コメント (20)

4Lモンキーで師匠んちに

2017-10-14 10:43:59 | バイク

 

ネタ切れにつき 一週間前のひとコマを(^^)

久しぶりにタダでもらったスクーターでも乗ってみようかなと思い

車庫でエンジンを掛けようとと思いましたが 全然かかる気配無し、

しまいにはバッテリー切れになってしまい、キックペダルも付いてないので面倒になってスクーターは諦めました。

 

まぁいいか、

それでは、っと、乗りやすいパワーモンキーよか 50ccの 4リッターモンキーを出しました。

パワーモンキーは乗りやすくていいのですが、この日は日頃乗って無いバイクを乗らなきゃと思いましてね(^^)

 

ギックリ腰になってからは バイクすら乗らなくなってしまってましたからね^^;

スクーターと4Lモンキーを入れ替えて たら 銭婆さんが見にきた。

「 何やってんの?」と言われても見ての通り モンキー出してるんだよ と、言うしかありません

 

「 そんじゃ行ってくるからね~ ♪ 」

と言って、キックすると、まるで反応なし・・・。

何度かキックしましたが さっぱりエンジンが掛かりません(=_=)

ふと、気付いてキーを見たら キーがオンになってませんでした

 

「 ヘヘッ! キー回すの忘れてたよ(*^_^*) 」と言って苦笑い、

「 シッカリしなさいよー! 」と言われて 「 今度は掛かるよ~、」と返すオイラ

 

今度は一発で掛けまするー!

って、キックしましたが まるで掛からない、 しばらく キーOFF状態でキックしまくったからプラグがかぶったのかも(=_=)

しかし、プラグ交換するのも面倒なので そのままキックを続けます。

諦めて 押し掛けするか・・・ それでもダメなら 5Lのパワーモンキーに入れ替えだな…

って、思ったら エンジンが掛かった!

 

「 おお! やった ♪ 」

しかし、なかなか調子良くないようで 回転がなかなか上がりません、

まぁ、かぶっているのだから最初は仕方ないか、

「 何だか チキチキバンバンみたいねぇ、大丈夫なん? 」と言われながらもアイドリングはするようになりました

 

 Chitty Chitty bang bang チキチキバンバン英語歌詞

 

 

「 今度こそ行ってくるからね~ ♪ 」

 

と言って、ギヤをローに入れ、発進しますが

 

 

 

本当に調子悪いっぽいよー、

 

家を出て少しすると 橋を渡るのですが その橋に渡る為には 土手に上がるための

かなり緩やかな坂があって、このモンキーは その坂を登るパワーがない(+_+)

セカンドでやっと登ります、時速20キロいかない位か?

 

すぐに 何処かの婆さんが運転する軽自動車が イライラしながらオイラのすぐ後ろに張り付いてます(+_+)

さっさと越せばいいのに、それすら出来なくてイライラが伝わってきます!

土手を左に曲がって 橋を渡りますが この橋はちょいとアーチ状になっていて

橋の真ん中まで緩やかな登り坂が続きます。その間、婆さんの軽自動車はオイラの脇に張り付いてました。

ちゃんと左に寄っているのに追い越しすら出来ない 婆さんにイジメられました。

 

そして、橋の頂点からは緩やかな下り坂になりますが、やっとそこからは一気に加速出来ました(*^_^*)

さすが下り坂です! 一気にメーターを振り切りました(55キロまでしかありませんが^^;)

婆さんの軽は加速して付いてくる事もないようです。

橋を下り終えると T字路の信号になっていて ギリギリ信号に間に合う感じ、

ここを右に曲がるのですが 頑張って下って信号には間に合いましたが 右折する時に気付いた!

 

後ろタイヤ、空気が抜けてて この速度じゃマトモに曲がれないやーん

 

いやー! 

ビックリしましたー(=_=)

一瞬、駄目かと思いましたよ~、

 

何とか曲がり切る事ができて ドキドキしながらも平静を装って4Lモンキーを走らせます。

 

しかし、平地でも最高速は45キロしか出ません^^;

 

空気圧が少ないのでタイヤ抵抗が大きいのもあると思いますが

ここまできたら もうどうでもいいって思います^^;

 

それにしてもお日様の光が暖かくて 45キロでも 快適な気持にさせます^^

 

弥彦山もハッキリ見えます。

普通に走って追い越す車の速度が やけに早く感じますが

たまには こうやってゆっくり走るのも いいなと思いますねぇ、

5Lモンキーで走ってたら 前の車はすべて 車は遅いって感じますから

同じ人間が 違うバイクに乗るだけでも その人間の性格も変わってしまうってのも面白いです^^

 

前方の景色がなかなか近づきませんが それでもイライラする事もなく

 

誰も居ないので大きな声で歌でも歌いながら走りますが 

歌詞などあまりよく憶えてないので そこは鼻歌になります^^;

 

 

天気が良いので佐渡の山々がハッキリと見えます^^

 

 

 

 

 

それにしても こういう日は気分良く走れます^^

 

 

 

 

師匠の家に到着、ネバール君がカブで先に待ってました。

 

「 このカブ、キャリヤが無いけど、どうしたん? 」と訊くと

「 レーシングカブにしたから キャリヤがあるとカッコ悪いだろ 」とか言ってますが

マフラーをウルサイのに替えてリヤサスを どっかのヤツを拾って付けてる程度だし

何よりも 爺さん専用のでっかい風防が新しく付けてあるしぃ、

 

まぁ、ネバール君のセンスはオイラには理解出来ませんが、そっと見守る事にしましょ・・・

 

そんな事言ってたら、今度はオイラの4Lモンキーのアラ探しを始めます。

 

しかし、このモンキーは師匠が部品を集めて作ったモンキーなので

ネバール君がツッコミを入れても 師匠とオイラで事ごとく激破してさしあげました^^

 

で、なんやかんやしてるうちにお昼に近くなり 

恒例の焼肉でもしようかという事になり オイラとネバール君でスーパーに行きました。

カブとモンキーを取り換えて乗って行きましたが、

ネバール君は 非力のモンキーさんを乗りこなす事が出来ずに 先に着いたオイラが待ってても なかなか来ませんでした

 

 

そしてやっと到着したネバール君、

 

この時、買い物を終えて出て来た若い夫婦? が、ネバール君の運転するモンキーを見て

「 うわ! いいないいな、俺もあんなの欲しいよ 」と言ってたのを聴き逃しませんでした。

羨ましいだろー ♪

と、思いながらニヤニヤするオイラでした(*^_^*) 

 

「 乗り難くくてたまらん!」

と言って、オイラのヘルメットをモンキーに掛けるネバール君、

ここからは自分のバイクに乗る! と、いう強い意思が伺われます^^;

 

師匠の小屋で焼肉食べて満足、

帰りは銭婆さんに向かえに来てもらい この日も楽しい一日が暮れました(*^_^*)

 

 

「 パパは いつも平和そうでいいね 」

 

 

コメント (16)

昭和の乗り物大集合in阿賀野2017

2017-10-01 05:25:13 | バイク

 

24日(日)

新潟県阿賀野市で行なわれた 昭和の乗り物大集合in阿賀野2017

に行って来ました。

9時に始まるとの事で、混むといけないので早目に行ってこようと

8時20分に師匠が向かえに来ました。

 

9時少し前に会場に到着、すでに臨時駐車場は埋まりつつあり、すぐにここも満車になってしまう勢いです。

オイラはまだ腰の調子がイマイチなので 今回もトレッキングポールを杖代わりに使います。

それにしてもまだ9時前なのに 人、大杉!

 

駐車場から少し歩くと先に二輪コーナーが見えました。

 

 

 

 

 

しかし、昔のバイクをピカピカにしてますね、

 

 

 

 

メグロって、方向指示器がアポロになってる!

アポロって知ってる?

これって、純正で付いていたのでしょうか?

この時代は方向指示器など無くても良かった時代なのかもしれません

ですからアポロはオプションであったのでしょうか?

 

アポロって? ←以前、アポロの記事を作った事がありますのでよろしければどうぞ(*^_^*)

 

  

オマケに消化器まで付いてるしぃ(^_^;)

これも純正品なん?

それとも、当時の流行りだったのでしょうか? 

 

  

って事で、二輪もすぐに飽きて 四輪コーナーに行きます。

 

 

 

 

 

トヨタ2000GT 初めて近くで見たよー!

昔って2000ccって、かなりの大排気量に感じてましたが

今は大した事が無い排気量ですよね、オイラのステップワゴンも2000ですが

この頃、たったの2000ccなのにどうしてこんなに鼻が長いの\(◎o◎)/?

でも、子供の頃から憧れてたせいか、今見てもカッコイイです。

 

 

このパトカーって、昭和なん?

って、これってクマモンが乗ってる車と同じやん!

 

 

 

 

白バイの前タイヤって、回転方向が逆じゃね?

と、師匠に言ったら、タイヤの進行方向を確認し、

「 これで合ってるよ、雨の日の水はけとか大丈夫なんだろうかねぇ 」

でもいいなぁ、CB1300SF、欲しいけどオイラの事だから乗ってもすぐに飽きるだろうな (^_^;)

 

 

交通安全の反射板、くれるというので子供と一緒に取りあい(^_^;)

 

 

 

 

 

おお、かなりレトロな車ですが

もし銭婆さんが見たら 「ポンコツ車があったよ!」などというに違いありません

興味の無い人から見れば こんな見方されちゃうんですよね(^_^;)

 

 

 

これは懐かしい! マツダ キャロル

軽規格の360ccながら、水冷 4ストローク 直列4気筒 OHVアルミシリンダーエンジンを奢る異例ぶり

 

オイラの思い出は幼稚園か小学校の1年生くらいの時

近所にこの車があって、子供ながらに 「 凄く可愛い車!」って憶えてます(^_^)

走ると 『 テケテケテケ 』って音がして、勝手にテケテケ自動車って名前をつけてました^ ^

 

 

それにしても凄い人の数です。時間と共に人がどんどん増えてきます

 

9時半過ぎまでいましたが ひと通り見たので帰る事にしました。

帰りは遠回りして月岡温泉に行って、ひとっ風呂浴びて帰る事に(*^_^*)

今回のイベントのおかげで展示している車よりも珍しい車やバイクが続々と道を走ってきてまして

対向車を見ながら いちいち 「 スゲー! スッゲー^^ 」って、歓喜しながらみてました。

 

そして感激しながら月岡に到着しました

やっぱ、月岡温泉のエメラルドグリーンの温泉は最高です♪

 

月岡温泉 美人の泉  

 

温泉を出たら、すぐ近くに わくわくファームという場所があって

そこに行って、銭婆さん大好物のトマト大福を買って帰りました

 

何せこれを買って帰ると銭婆さんご機嫌なんですよ(^v^)

 

ビックリするくらい甘くて美味しいです。

 

 

 

今回はイチジク大福も買って来ましたが

やっぱ、 トマト大福にはかなわないそうです(^_^;)

 

 

「 だからさぁ、少しでいいからお供えでも買って来てよ~ 」

 

また忘れてたよー、

すまん!

 

 

 

コメント (19)