ワカメと銭婆との喜怒哀楽

年式'00のビーグル犬ワカメと'51の妖怪!銭婆が俺を困らせ悩ませる 痛快娯楽な毎日

ワカメさんの誕生日

2019-02-27 05:21:40 | ワカメ

 

一週間前になりますが 2月20日はワカメさんの誕生日でした。

2月5日に虹の橋に渡っていきましたのであと 17歳の誕生日まで15日足りなくて

それだけが少し残念でしたが 今考えるとよく頑張ってくれました。 

  

ワカメさんが9歳の時にお腹に腫瘍ができて

その手術が上手く行って長生きしてくれましたが

この時は 「 もしかして近い将来お別れになるのか?」って、想像しただけで涙でしたからね

この時、ワカメさんが手術の傷口を掻いたり口で引っ張ったりしないように

銭婆さんが傷口カバーのエプロンを作ってくれたおかげで 傷口が開くこともなく無事に完治しました^^

 

その時の写真^^

「 これじゃあ、給食のオバサンみたいじゃないのよ! 」

 

ワカメさんとは凄く楽しい毎日を送らせてもらいましたね、

ワカメブログも考える事なく考える事もなく どんどん出来るし 幸せな毎日でした~(*^_^*)

このブログ ワカメさんがいなかったら絶対に作ってなかったし

何より それまでパソコンなんて触った事が無いのに何故かワカメブログを作ろうって思ったのは

今思えば不思議な気持になります。  

 

 

 ワカメのストレス発散方

2009-7-2




昨日の朝の散歩は、ワカメが玄関を出たとたんに 「 絶対に外に出るのはイヤ! 」

って言って、そこから一歩も出ようとしませんでした^^;

外は雨が降っていて、濡れるのが大嫌いなワカメは 四つの足で必死に踏ん張り続けます^^;



仕方ないので、ちょっとリードを緩めると ワカメは即Uターンして玄関の中に入ろうとします。

散歩を中止すると、 ストレスが発散されずにいるので面白くない顔をしてます。



ワカメさんが頭に来ると、 「 てやんでい バーロー ちくしょう! 」って感じで吠えていますが

急に静かになったりする場合があって、 その時はだいたいシッコしてます。

それもワザと シッコシートを外して…



頭に来た時はそうやって、悪さをするくせに そうしますと今度は怒られるのが解っていますので
極端に静かになるんですよね 


オイラが見つけると バナナの箱に入って静かにしていたワカメは悪そうな顔して見てますが

2・3 秒ほど目が合うと、ノソノソと巣から出てきて、オイラに 

「 いや、これは色々と事情がありまして… 」 みたいな感じでオイラの所にきます。


「 コラ! ワカメ! 」と、怒りますと ワカメは悪そうな顔をしてオイラの顔を舐めますが

許してもらえないと分かると、また巣に戻って神妙な顔をして見ています。



外したシッコを掃除すると、またオイラの所に来まして、ネコがスリスリするみたいにして

オイラのトコにきまして、「 ごめんね、許してくれる? 」って言ってるみたいです。


頭にきているオイラが、ゲンコツのマネをすると 目をシュパシュパさせてビクッってしますが

それがゲンコツのマネだと分かると 安心して、掃除しているオイラの横でどこか肌の部分を

舐めてくれます。 こんなことされるとオイラも怒る訳にも行かずに許してしまう訳ですが

こうなりますとワカメの勝ちです。 ワカメは許してもらえたことが解るみたいで、

シッポを振って、オイラがワカメの頭を撫でてくれるのを待っているんです。


親バカな飼い主はその顔に負けて、ガシャガシャと撫で回して許してしまうのです(^^ゞ

ワカメはもう何事もなかったように復活してジャレてくるのでした





「 どうよ、アタイの作戦勝ちよ! クックック! 」





これは ニセモノですので 何もおこりません (●´ω`●)ゞ

コメント (31)

今日はワカメさんの命日

2019-02-05 04:48:14 | ワカメ

 

2月5日は ワカメさんの三回忌です。

もう二年も経つんですね、

最初、メダカを見に入ったペットショップでまさか ワンコを連れて帰るとは誰が思うでしょう^^;

ひと目ぼれ!ってか、もう ドキューーンでしたからね

連れて帰って来た時はまだ生後1ケ月半でまだヨチヨチ歩きで 大丈夫なのか?

なんて思ったものですが 無事に育ってくれて安心しました。

 

スクスクと育ってくれて オイラを癒やしてくれました^^

 

 

 

 

ビーグルって、とにかく元気で ワカメさんも若い時は かなりのものでした^^

 

 

 

 

ワカメさん一匹じゃ寂しいだろうと すぐにアヒルのカツオくんも家族の一員に^^

 

 

 

 

隣の猫のキンタも交えて 三匹でバトルロイヤル^^

 

2000年2月20日が誕生日のワカメさん、2017年2月5日が命日となりますので

17歳手前だったのが少し残念でしたが

今となっては逆に、よくここまで頑張ってくれたと感謝します

そういえばワカメがまだ子犬だった頃 獣医さんに「 このワンコは長生きしません 」と断言されちゃいまして

かなりショックを受けましたが そんな事を言われても長生きしてくれて良かったです。

 

その頃、ある霊能者の人に 「このワンコは位の高いところに居たワンコで

アナタの病気とか吸い取ってくれて、人生を大きく変えるキッカケを作ってくれます。

ですから大切にしてあげて下さいね」と、言われました

今思うとその霊視は本当に当たってたと思います(*^_^*)

 

 

ワカメさんの近所にいた友達ワンコも今は皆 天国に行ってしましました。

 

 

 

 

ワカメさん、今でも感謝してますよ(*^_^*)

 

庭のお墓のプレートは 雪が積もった時に知らずに踏んで割るといけませんので

いまは祭壇に一緒にしております。

 

 

こないだの1月31日、師匠のセル君も 虹の橋を渡ってしましました。

 

セル君もご苦労様でした。

天国でワカメさんと仲良く遊んでるといいな^^

生前は 「 遊ぼうよー ♪ 」って、寄って来るセル君に対し

なかなか近寄れないワカメさんでありました^^;

 

 

「 まったく、世話のやける飼い主だったわよ!」

 

 

コメント (37)

ワカメさん、お墓に移動

2018-05-12 02:52:18 | ワカメ

 

 

昨年の2月にワカメさんが天国に旅立ち

それからは 小さな骨壷は我が家の部屋に置いたままでした。

 

本当は去年、ワカメさんの四十九日あたりに移すはずでしたが

骨になったとはいえ 外に移すのをためらってしまい・・・

 

では5月の連休にお墓に入れましょう!

って、考えてましたが やはりそのまま・・・。

 

それではお盆には 完璧にお墓に入って貰う事にして!

とか考えてたら その数日前に酷いギックリ腰をやってしまい お墓どころじゃ無くなりました。

 

いいかげん、ワカメさんもイライラしてきてるのでは?

とか思うようになったりして(^_^;)

 

もしも、最初から部屋に置いて置くと決めてたら こんな事は思わなかったはずですが

ワカメさんが骨壷に入りってすぐに 庭にお墓まで作ったのに

入れないでそのままにしていたわけですから やはり気になりますよね、

 

とか言いながらも 中々動かない駄目なオイラでした。

子供の頃、クレヨンで『雪山の寒苦鳥(せっせんのかんくちょう)』という紙芝居を作りました。一所懸命作って

皆の前で その紙芝居を読んだら 見てくれた人達に大拍手されて 凄く感激した思い出があります。

とか言ってたら 他の人が ユーチューブでその紙芝居を作ってた人がいましたのでご紹介 (^_^;)

 

 紙芝居を作成「雪山の寒苦鳥」

 

まさにオイラは寒苦鳥!

「 やるやる!」と言いながら 遊び呆けて何もしない悪い子のオイラ(T_T)

寒苦鳥の紙芝居を作ったばかりに それから母ちゃんはオイラが やる事をやらない時

すぐに「 こら!寒苦鳥!」と言うようになりました。

あんな紙芝居など作らなきゃ良かった!と後悔した小学生のオイラでした(+_+)

 

話は戻ります(^_^;) 

お墓自体は一年以上前に作っておりましたが 

 

オイラの寒苦鳥っぷりは歳を取っても まだまだ健在でした 上は一年前の写真です(+_+)

 

ワカメさんが虹の橋を渡ってから一年が経った2月には 

『 五月の連休には必ず お墓に入れるぅ!』と固く決意しましたが

はたして本当に実行出来るのか 自分でも自信無かったりして(^_^;)

 

ところがね、ゴールデンウイークの数日前から連日 ワカメさんの夢を見るようになりまして、

別に何か言ってるとか 訴えてるとかではなく 夢の中では普通のワカメさんですが

寒苦鳥の飼い主にイライラしてるの? なんて思ったりして気になり出しまして

これは 寒苦鳥になってる場合では無いと 頑張る事にしました!

 

時は5月5日、

一年前に埋めた小さな土管みたいなもの(タメマス)

これがワカメさんの骨壷にピッタリサイズでした。(一年前の写真)

 

 

 

 

 

溜めますを 埋めた状態、(これも一年前の写真です)

 

 

で。ここからが今回の写真となります(^_^;)

一年前に埋めた溜め升は 少し深く入れてしまい 土より低かったので

2センチ程 水が溜まってました。

ですので一度掘りだして もう少し高くするよう 底の部分に少し土を入れました

出した溜め升は水道で洗って 乾くのを待ちました。

 

 

翌日、溜め升を入れると大体 思い通りの高さに埋められて満足です(^^)

 

ワカメさんの骨壷を中に入れると 測ったようにピッタリサイズに収納する事が出来ましたよ ♪

 

 

 

コンクリのフタをして その上にビニールを張って雨などの水の浸入を防ぎます

 

 

 

 

出っ張った部分のボロ隠しで 小さな砂利を撒きました

 

 

 

 

その上に墓石代わりに 四角い平石を乗せました。

 

だいたいこれで出来上がりました。

すでにワカメさんの骨壷は入っております。

銭婆さんが 「 この周りは人工芝とか置いて 雑草が生えるのを防ぎたいなぁ 」

と言ってますので この先はまだ発展するかもしれません

 

 

去年作ってもらった銘板がやっと 本来の場所に置かれました。

ワカメさんが大好きだったパンを何よりも先に置いてあげました(^-^)

 

 

 

 

ワカメさん、これでゆっくり出来るね(^-^)

 

 

 

 

前世が修行僧のオイラです 心を込めて経を読みました

 

しかし、一年以上経っても ワカメさんを思う気持は変わりませんねぇ

お経を読みながらも流れる涙、経本が涙で霞みます。

それでも何とか読み終えて 改めてワカメさんの幸せを祈りました

 

部屋にはワカメさんの小さな祭壇を作りました

 

 

 

 

窓を開けると祭壇の後ろにお墓があります ♪

 

これで部屋から手を合わせても お墓も一緒にお参り出来るようになりました(^-^)

 

ワカメさんは満足したのかどうかは分かりませんが 

それから夢には出て来なくなりました。

これで飼い主も安心しました。

 

寒苦鳥のような飼い主で すまなかったね、

これで本当に天国で幸せでいて下さいませね~(^v^)

 

 

「 やっぱこの季節ってのが一番いいよね 」

 

 

 

 

「 このピンクの花が咲いてたらアタイを思いだしてね 」

 

 

 

 

「 アタイ、この花の回りを廻って遊ぶのが好きなんだ ♪ 」

 

 

 

 

そうだね、今年もワカメさんの大好きな花が咲いてるよ(^^)

 

ワカメさん、たくさん幸せをありがとう、

ワカメさんはもっと幸せになって下さいね

 

 

コメント (24)

ワカメさんからの便り

2018-02-03 21:58:10 | ワカメ

 

 

 

昨年の2月5日にワカメさんが虹の橋に旅立ちました。

もうすぐ一年、

何だか何年も経ったような気がします。

gooブログからは一年前の記事が送られてきますが 自分で作った一年前の記事を読みながら

当時ワカメさんのカウントダウンを感じつつも あえて明るくワカメさんと付き合ってたんだなと思いました

 

ワカメさんは虹の橋に旅立ち前にちゃんと挨拶して旅立ってくれました。

あの時、あれが最後の挨拶だと知っていたら一生懸命聴いてあげれたのにと後悔すら感じました

 

ワカメさんが旅立って四十九日が過ぎて これでワカメさんは天国に行けたんだろうなと

勝手に思って観音様にお礼を言いましたが 半年くらい経って お友達にしてもらっているRYUさんに 

『 ワカメはまだパパの傍にいますよ 』と教えてもらいました。

 

もうかなりショックでした。

沢山の徳を貰ったワカメさんですから ちゃんと天国で幸せに暮らしていると勝手に思ってましたからね・・・

 

話を訊くと オイラと銭婆さんの悲しむ気持と

ブログの読者様からの暖かい気持が逆にワカメさんの後ろ髪を引っ張ってる形になり まだ天国には行けてない状態だと言う事で

 

それでも飼い主としては自分の傍に居てくれた方が良いのか それとも天国で幸せに暮らして貰った方がいいのか

どちらが良いのか考えさせられました。

自分が死んだ時は確実にワカメさんとは合う事が出来ると信じてますので

やはり今は天国で待っていて欲しいと思いました。

 

それで ワカメさんを想う時は勤めて明るく そしてブログには出来るだけワカメさんを出す事を控える様に心がけました

しかし、一年近く経っても 思い出すとグッと来ちゃいますね、

ちょいとした事でワカメさんを想うと 涙が枯れる事はありません、

これではいけないと思っていても感情は制御出来ませんからね (;O;)

 

それからは朝夕毎日 観音様にワカメさんが天国に行って幸せに暮らしてるようにお願いしてます

 

そんな毎日が続いた訳ですが、先週の日曜日1月28日の日曜日の事です。

仏壇の掃除して、何とか掃除が終わって ふと見ると 今拭いたはずの場所の真ん中に

ワカメさんの毛が一本、 置いてある様にありました。

 

えっ?

ワカメさんが虹の橋を渡って一年近く経ってるのに、しかもこの部屋にはワカメさんは一度も入った事ないのに

どうして ワカメさんの毛があるの?

 

何か意味があるのかな?

って思い、またRYUさんに尋ねてみましたらなんと・・・!

 

 

「 ワカメさんが それは、上がった! という合図でしょう(^^)/ 

 もう往くべきところに往ったサインです。 安心して待っていますよ!(^^)!

 

え? もしかして天国に行けたって事?

 

その事を知って少し時間が経って、突然涙があふれ出すオイラ

もう果てしなく涙が出ました。

ワンコ一匹の事ではありますが 可愛い娘が無事に 「 パパー! アタイ天国に着いたよ!」

って、伝えてくれてたのです。携帯もスマホも無いし 字も書けないワカメさんですが

ちゃんとオイラに報告してくれたのです。

たった一本の毛ではありますが ワカメさんは頑張ってオイラに伝えてくれました。

 

一年ぶりにワカメさんの温もりを感じました。

ワカメさんを抱っこしてグルグル回っているような気持にさえなりました。

「 ありがとう、ありがとう!」

ただその一言しか思い付きません、

 

オイラがそちらに行ったら いっぱい抱っこして撫でてあげるからいい子にして待ってておくれ!

 

翌日、自分の気持がどういう状態なのかよく解りませんでした。

天国に行けたワカメさんに対し 嬉しいのか寂しいのか

どっちなんだろう、

でも、ワカメさんは行くべき場所に行けたのだから 幸せになって天国からオイラを見ていてくれてるんだよな

 

それから一日二日と経って、オイラの気持は とても幸せな気持になってるんだなと感じられるようになりました。

 

 

そして3日後の31日の水曜日の朝、朝のお経を唱え終えて部屋に戻ると、

銭婆さんが 「 ねぇ、ちりめんの生地にワカメさんの毛が一本あるんだけど・・・ 」と言って

赤いちりめんの生地に乗ったワカメさんの毛をオイラに見せました。

 

ワカメさんって凄いな、オイラばかりでなく銭婆さんにも挨拶の便りを置いて行ったんだ・・・

オイラ達がいつも心配してたから ワカメさんもオイラ達の事を心配してたんだな

って、思いました。

 

子を想う気持、親を想う気持って、多分こんな感じなんだろうな、

 

昨年の2月5日はワカメさんが虹の橋に渡った日です

長い様であっという間に過ぎた一年でしたが

この先は明るく ワカメさんを温かい気持で思い 前向きに生活して行きたいと思います。

 

ワカメさん最後の挨拶

 

 

このあと、ワカメさんはすぐに旅立って行きました。.

 

 

「 って訳でアタシが〆の担当になりましたのでっ!」

 

 

「いのちの理由」

 

 

コメント (30)

八ちゃんと二宮さん

2017-10-22 16:14:57 | ワカメ

 

  

ワカメさんが天国に行って8カ月以上経ちますが

そう云えばワカメさんの散歩とか、一年半くらい行ってなかったよなぁ…

って事で、久しぶりに散歩コースを歩いてみました。

 

散歩コースで一番の気がかりは ブログではいつもワカメさんとお話してくれてた

植木鉢人形の八ちゃんです。

もう、かなり前から置いてある八ちゃんですが、(10年~20年はあるはずです)

この道を通ることもなくなり確認すらしてませんが

はたして八ちゃんはまだ 健在でしょうか、

 

ゆっくり歩いていたオイラも 近くになると足取りも早くなります。 

 

 

あっ! 八ちゃんの足とか見えてきました(*^_^*)

 

すごく安心しました(^^)

かなり古い置物ですので半分諦めかけてたのですが

お店の人がずっと大切にしてくれていて 八ちゃんはいつもの場所に座っていました! 

 

 

 

「 あっ! パパさん久しぶりー、ワカメちゃんは元気? 」

 

「 二月にワカメさんは虹の橋を渡っていったよ 頑張ってくれたんだけどね  報告が遅れてごめんね 」

 

 

 

「 えー、いつも元気であたしを励ましてくれてたのに・・・ 」

 

 

 

 

「 本当はアタシの方が先に虹の橋に行くのかなと思ってたりもしたよ 」

ここのお店の人はとても優しくていい人だね、

これからもずっと ここに居て欲しいな、

 

八ちゃんが居なくなると ワカメさんと共に 凄く悲しくなりますので

お店の人に頑張ってもらって、ずっとずっとこの場所に座っていて欲しいです。

 

ワカメと八ちゃんシリーズです ← よろしければ見て行って下さいまし(^^)

 ↑

最初はこの記事となってますがそれからは過去記事になります(^_^;)

てんこ盛りにありますので~(*^_^*) 

 

そして、

八ちゃんのすぐ近くには 二宮さんが立ってます。

二宮さんは戦前からずっと この場所で子供達を見守ってくれてますが

小学校の校舎を建て替えた時に正門が移動、それでこの場所は裏門となってしまい

そこに立っていた二宮さんは、そのままの場所で移動しなかったために

この裏門にポツンと居た訳でして

ワカメさんのお友達になるには 打ってつけだったと云う訳です。

と云う訳で、二宮さんにも会いに行きました。

 

「 道徳を忘れた経済は、罪悪である。経済を忘れた道徳は、寝言である・・・かぁ、」

 

 

 

 

「 昔は俺もいい事言ってたんだなぁ 」

そうだよねぇ、このブログに出るまでは二宮さんって皆に尊敬されてたのにね

ブログに登場するようになると ワカメさんとのやり取りが漫才風に変わってきて

本物が見たら泣いてたかもしれません^^;

 

  

「 おっ! パパさん久しぶり ♪  今日はワカメさんと一緒じゃないんですね 」

 

二宮さん、ごめんね!

ワカメさんは2月に虹の橋を渡って行って 報告するのが遅くなったね、

二宮さんには大変にお世話になって ワカメさん共々、お礼を言います。

 

 

「 そうか、ワカメさんが・・・。今まで沢山の人や動物達とお別れしてきたけど、」

 

 

 

 

「 やはり別れというのは辛いものですね、こればかりはいくら経験しても慣れはしません(悲) 」

 

二宮さん、これからもずっとここに居て 人々の成長を見守っていてくださいね

 

 

「 昔蒔く、木の実大木(おおき)となりにけり、いま蒔く木の実、後の大木ぞ。」

さすが二宮さんだね、

いつ見ても立派です。

二宮さん!それじゃまたね~~(^^)/

 

 

 

「 あー、シッコ我慢してたのにパパが来て大変だったよ― 」

 

 

 

 

旧国道に出ると相変わらずポプラ並木が繁ってます。

 

 

 

 

ここは何度修繕しても 根っこが盛り上がって 歩くと つまづきます(+o+)

ワカメさんの散歩をしなくなってから久しぶりにこの道を歩いたら

あの頃の思い出が溢れ出てきました。 

寂しいけど、仕方ありませんね

 

ワカメと二宮さんシリーズ  ←お暇な方はこちらもどうぞ

 

 

家に帰るとスズメが待っていたので 庭に餌を撒いてあげました(*^_^*)

 

 

 

 

「 ドリャー! 高速エスパー二宮 ミサイルを阻止してきます!」 

 

 

 

高速エスパー、1967年~ 懐かしいです(*^_^*)

 

 

「 久しぶりのアタイの記事なのに出番が無いじゃん・・・」

 

 

 グリップのAE86とドリフトのAE86はどちらが速いか ps4

 

 

コメント (16)