団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

小池色気子氏 都知事選挙出馬

2016-06-29 17:08:21 | 政治

小池色気子氏 都知事選挙出馬

2016年6月29日(水)

 自民党の小池色気子氏が、都知事選挙に出馬表明しました。かねてより、色気を示していた訳ですが、この出馬には大きな「?」があります。自民党の推薦を受けていないのです。

 自民党は、前総務事務次官に出馬を要請しているそうでありますが、これは、2代続けて自民党推薦の知事が「金」にまつわる疑惑で辞任に追い込まれましたので、政治家を選ぶのは今回は止めようという思惑からと思われます。

 政治家で、政治資金に関して真っ白という方は、まずいないと思います。小池氏も例外ではないでしょう。自民党が小池氏を推薦して、「二度あることは三度ある」てなことになると、舛添氏以上のダメージになると思われます。

 これから、自民党は小池氏を引き摺り下ろす策動を強めると思います。ここらあたりの動きは、当然小池氏も読みに入っているハズと思われるので、大「?」なのであります。

 私のような、下衆の勘ぐりが好きな人間は、小池氏は自民党から有利な条件を引き出したいと考えているのではないかと思う訳であります。小池氏にとって、「有利な条件」とは? 残念ながら、私ごときにそれが分かる訳はありません。これから、水面下で、小池氏と自民党の醜いbattleが始まると思いますが、明日からのワイドショー番組が楽しみであります。政治評論家なる人物が、裏情報を探り、面白可笑しく解説してくれるのであります。

 

 舛添氏のスキャンダル報道が、ピタッと止んでしまって、楽しみが無くなっていたのですが、これからは、小池スキャンダル発生であります。何というか、自民党はスキャンダルの宝庫なのであります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野合or緊急避難

2016-06-28 07:45:01 | 政治

野合or緊急避難

2016年6月28日(火)

 参議院選挙真っただ中です。自民党・公明党は、野党選挙協力を野合と批判しています。

・野合→男女が婚儀を経ずに通じること。密かに結びつくこと。(広辞苑)

 野党の民進、共産、社民&生活は、政策協定を結んで公けにしていますので、「密かに結びつく」という野合ではありません。

 もっとも、自公が言う野合の趣旨は、「政策が違うのに」ということですので、確かに、その点は当たっているかのように見えなくもありません。例えば、民進と共産では、日米安保や消費税の政策で違いがあります。

 

 ただ、野党側は、戦争法の廃止や立憲主義を守るという政治の根幹部分での共闘であり、これ以上の大義はないと主張しています。

 

 私は、これに加えて、緊急避難的な要素もあると思います。

 

・緊急避難→さし迫った危難を避けるためにやむなく他人の法益を害する行為。(以下略)(広辞苑)

 

 自民党は憲法改悪を狙っています。新聞各紙の選挙予想では、改憲勢力が三分の二を確保しそうだとあります。

 改憲を許さないという野党側が、選挙協力をするというのは、当然であります。今回32の選挙区で野党共闘が実現した訳ですが、野党が個々に立候補していたのでは、当選が難しいので、個々の政策の違いを乗り越えて、大義についた訳であります。

 

 本来選挙は、有権者の意志が正確に反映されるものでなくてはいけません。しかし、現行選挙制度では、選挙区は比較多数が議席を獲得してしまいますので、野党が個々に候補者を立てれば、極端な例では3割台の得票率でも当選してしまいます。そういった結果で、選挙後三分の二の議席を得たとして、憲法改悪の発議をされたのではたまったものではありません。現行選挙制度の不備に対する緊急避難として、改憲を許さないという野党の協力は当然であります。

 ・・と、先の広辞苑では、「やむなく他人の法益を害する行為」とあります。今回の選挙協力が他人(この場合は自公となります。)の法益を害するとは思えません。正当防衛とすべきですね。

・正当防衛→急迫不正の侵害に対して、自己または他人の権利を防衛するためにやむを得ずする加

害行為。

 

 改憲を許さないという正統な政党が、正当防衛として、選挙協力をするのは正答です。

 この場合、「加害行為」とは、自公を落とすということです。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

片山善博氏都知事候補?

2016-06-23 12:56:54 | 食べること

片山善博氏都知事候補?

2016年6月23日(木)

 片山善博氏と言うと、民主党政権時代の総務大臣であり、もっと以前は、鳥取県知事でした。鳥取県知事の時代に、大震災に見舞われ、倒壊家屋に対して個別補償をしたことが有名です。ある意味資本主義の本質である自己責任を否定するような方策でしたが、多分、反対した県議会議員はいなかったと思います。その前に、片山氏は国に対して個別補償が法に違反しないかどうか、というより、個別補償ができるように働きかけて、認めさせた訳です。私しゃ、その当時のことを薄らと覚えていますが、凄い人だと思いました。

 そういうこともあって、私しゃ、総理にしたい人物と思っていたのですが・・、都知事選挙に引っ張り出される可能性が報道されました。(22日)

 まぁ、総理大臣の前に当面イイカッ。片山氏が野党+市民連合推薦で出馬すると、当選の可能性大と大予想いたします。

 そして、もっと重要なことは、都政を大改革してくれるものと思います。舛添前都知事の疑惑解明にも一定の行動を起こしてくれるものと思います。

 最近の情報では、百田尚樹氏が立候補を表明したとありました。ヤベー首相はお友達ですので、推薦されたら如何でしょうか・・。そんな、勇気はこの方にはないですね。勝つか負けるか、特か損か、それのみで選挙を考えるお方ですから。百田氏との友情は反故にいたしますです。

 村木厚子氏とかも、出れば有力な候補といえますが、自民党・公明党の推薦で出ると、むしろマイナスイメージになるような気がします。

 

 都知事になると、16万人という職員をいかに使うことができるかが、一方の焦点になります。そのためには、自らが人格者であることが一番と思いますが、やはりテクニックも必要です。以前、片山氏がTVでその一端を話していたことがあります。

・(何か不祥事が発生して、職員からヒアリングする際)正直に話してください。そうすれば厳しく罰しません。ただし、正直でなかったことが後から分かると、厳しく罰することになります。

 この手口を、高額な海外出張費の解明に活かして欲しいですね。私しゃ、「裏金作り」の匂いを感じますです。「裏金作り」とは、レンター代として支出をしていて、その一部を還流させ、他に使うのですね。多分飲み食い費が一番に考えられます。

 

 話が逸れました。片山氏は、舛添前東京都知事の問題で、TVのワイドショーに頻繁に出演していましたが、この数日ぱったり無くなりました。立候補を予感させる出来事ですね。(good)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

河太郎 2016.5.31

2016-06-23 06:16:40 | 食べること

河太郎 2016.5.31

2016年6月12日(日)

 私が一番よく行く店になっています。そして一番よく飲みに行く人と行きました。

・2016年5月31日、広島市中区「河太郎」。

 

 こうして見ると、間口二間もないくらいです。

 

 17時に待ち合わすことにしていたのですが、同伴者は既に来ていました。

 当然、マズイぞえ東京都知事の話になりました。石原珍太郎氏は都庁に週2・3回しか行っていなかったということですが、その前の青虫氏は月に1回程度だったと言っていました。それに比べるとマズイぞえ氏は、真面目にというかマメに都庁へは行っているのですね。wifeが言っていました、マメな人だ、と。

 

 これ、オコゼですね。

 つぶ貝です。英訳を探していて、ビックリしました。カニなんかのことを「shellfish」とあります。カニはfishの仲間という認識なんですね。食べる習慣がないので、名前を付けて区分する必要がないということでしょう。当然、食が豊かとは思えませんですね。

 

 メニュー。以前は毎日書いていたということですが、今回見ると「上書き」をしていました。

 蛍イカを食べたかったのですが、5月途中くらいまでということで、来年までお預けです。サーモンの刺身が脂のノリが良くて絶品でした。

 

 魚の串カツです。刺身にした残りを使っていますので、鮮度よくて、美味です。

 ハマグリです。

 小ぶりなハマグリでした。でも味は濃厚です。

 私しゃ、本当は夏でも湯豆腐が好きなんですが、冷奴にしました。

 女将さんがとてもフレンドリィなんです。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よし家

2016-06-22 13:00:33 | 

よし家

2016年6月22日(水)

 旅の3日目の5月24日、岩船寺から、son2ndの住む大津市へ向かっています。次の続きです。

http://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/336f34c46f5f20be6df6c1dc29b71eb3

 

 昼食場所を探しながら、ドライヴをしていて、手ごろ(駐車場がある)な店がありました。

 

 よし家。

 13:36、到着。

 大衆食堂といった面持ちです。

 ザルそば550円也を注文することに。

 定食メニューが多いです。

 寿司もあります。

 うどん、丼とメニューは豊富です。

 小上がりと、

 カウンターがあります。こんな店が近くにあると良いな。

 手打ちではありませんが、スルッと喉越しは良かったです。

 これ、レンターカーです。カローラハイブリッドで燃費良好です。ただ、電池容量が不足した時等、ストップしていてもエンジンがかかり1500rpm位で回転します。音と振動が煩いです。あまり素性の良いエンジンとは思えません。ボロを隠すために、走行中に充電するシステムにした方が良いと思います。

 14:03、店を出ました。

 家に帰って、場所を確認したのですが、京都府の山城町でした。次は滋賀県です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄の怒り「限界超えた」

2016-06-22 06:35:09 | 政治

沖縄の怒り「限界超えた」

2016年6月22日(水)

 沖縄県うるま市の女性を殺害したなどの疑いで元米海兵隊で軍属の男が逮捕された事件に抗議する県民大会が19日、那覇市の奥武山(おうのやま)陸上競技場で開かれました。

 65,000人集まったと言います。新聞記事は、「限界を超えた」と書いていますが、沖縄の怒りは沸騰しているとも言えます。

 果たして、誰に対する怒りなのでしょうか?

 

 被害女性(20歳)と同年齢(21歳)で同じうるま市に住む玉城愛さんが、発言しました。

 「あなたのことを思い、多くの県民が涙し、怒り、悲しみ、言葉にならない重くのしかかるものを抱いている」。続く、次の言葉に、私は絶句したのであります。

 今回の事件の第2の加害者は、私だと言っているのであります。(◎o◎) 大概のことには、屁理屈をこねてでも反論できる私でありますが、これに対して返す言葉がありません。

 

 私は、日米安保条約反対の立場であり、当然、沖縄の米軍基地は撤去すべしという考えであります。米軍基地に反対する沖縄の人達への連帯の気持ちを持っているとも自負してきました。しかし、玉城さんに対して、そのような私の気持ちを言うことは、実に白々しいと感じさせる程、胸にグサリとくる言葉でありました。「第2の加害者は、(日本本土に住む)あなたたちだ。」

 若干余談になりますが、ヤベー首相と一緒にすることだけはして欲しくありませんでした。

 

 どのように考えるべきなのか? 仮に私が沖縄県民だとすると、玉城さんと同じことを言ったと思います。その私が「本土」に居ると同じことを言えない。人間、生まれる環境を選ぶことはできません。環境により、考え方の違いが出て来るとしたら、その環境を同じにするしかないのか? でもそのようなことは現実的にはできません。堂々巡りの末、私には私の知的限界を超えた問題だと分かったのであります。(^_^;)

 

 私しゃ、当面の策として、米軍は檻(基地内ということです。)の中に閉じ込めておくということを提案します。先日TVが米海兵隊員に対する訓練の様子を放送していました。人間性を否定し、殺人集団にしていくのです。人間の野獣化と言って差し支えありません。

 このような事件が起きるたびに、再発防止策であるとか綱紀粛正だとか言っていますが、野獣化した人間にはそのようなことは通じません。野獣には檻が相応しいのであります。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週刊文春の餌食

2016-06-21 07:54:39 | 政治

週刊文春の餌食

2016年6月21日(火)

 マズイぞえ氏は、週刊文春さまの報道をきっかけに、東京都知事の職を辞職に追い込まれました。因みに、辞職は21日付けということですが、この日の登庁の予定はないということです。つまり退職のセレモニーは行われません。マズイぞえ氏は次になにをしようと考えているのか知りませんが、有終の美(でも有り得ませんが)を演出していた方が良いと思いますが・・。

 

 週刊文春さまの最初の報道は、高額な海外出張費の問題でした。議会もそれを追及した訳ですが、その議会が「?」なんです。これ、次のターゲットとして週刊文春さまの餌食になりますですよ。

 

 都議会議員が、リオのオリ・パラピックに視察に行くのだそうです。当初20人だったものが、何故か27人の予定になり、6200万円の予算が1億円に膨らむ試算となっています。

 会派別内訳です。

 共産党、生活者ネットワーク、かがやけTokyoは、辞退しています。この時期に視察に行くのは、重大な事態になると考えた訳ですね。(機を見るに敏)

 不思議なのは、辞退が6人なのに、その内の5人は他の会派に振り分けています。これ、信じられません。共産党は「派遣団は最小限に」(注「最少」が正しいです。)という趣旨で辞退したのに、他の会派が取っちゃった。(ドロボー)

 余談ですが、これと似たようなことが、政党交付金でもあるんですよ。共産党は政党交付金は憲法に違反するとして受取りを拒否しています。実はその分は他の党がちゃっかり(ではないですね、ドロボーです。)受け取っているのです。

 私しゃ、共産党には形だけ受け取って、慈善団体に寄付するかどうかしてもらいたいと思います。

 ・・で、他の会派の言い分ですが、自民党は「都議会で決めたことなので 議会局に一任」とあります。これ、事実としたら、当事者能力が欠けています。自民党の議員は議員たる資格がありません。「都議会が決めた」って、実質自民党が多数ですので、要は自民党が決めたってことでしょ。

 週刊文春さまの格好の餌食になるのであります。

 

 私しゃ、マズイぞえ氏が、この問題を一政治学者として舌鋒鋭く追及すれば、名誉回復になるのではなかろうかと思います。・・な訳ないか。マズイぞえ氏も自民党も同じ穴の貉であります。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都知事候補

2016-06-20 15:09:35 | 政治

都知事候補

2016年6月20日(月)

 マズイぞえ東京都知事の辞職に伴い、都知事選挙が行われます。私しゃ、何処かで誰かが謀略に動いているのではないかと感じるのであります。

 知名度で選ばれて失敗が続いているので、今度は、実務家が良いとか・・。その後で、桜井俊氏の名前が出るのであります。

 桜井氏は、現時点では、出馬を否定していますが、自民党・公明党の推薦で出馬すれば、対抗馬が誰であれ、当選する可能性は高いと言えます。総務事務次官を経験していますし、私しゃ知りませんでしたが、嵐の桜井君のお父様ということが既に知れ渡っていて、知名度も十分であります。

 

 この写真の中には、小池色気子氏の名前も出ています。小池氏は、インタビューに対して、思わせぶりに「ノーコメント」と(出馬に)色気を示しているのであります。色気で迫ってくる相手には、私しゃ、弱いのであります。(済みません、個人的な話でした。)

 

 本来知事にしろ議員にしろ、選ぶ基準は政策でしょ、と言いたいです。実務家であれば、何でもOKなの?そうじゃないでしょう。

 私しゃ、あくまで、政策で選ぶべきと思うのであります。

 

 とは言うものの、都知事の資質として一番求められるのは、人格と思います。マズイぞえ氏が俗物であったことは明白になりました。知事を辞職すると決めた途端、手のひらを返したような態度であります。人格の欠片も感じません。まだ、前都知事の猪瀬直集(「すぐたかる」と読みます。)氏の方がマシと思います。

 二番目に必要なのは、強靭な精神力であると思います。これは、マズイぞえ氏には、私しゃ、ほとほと関心しました。この人のように強靭な精神力がある人は二人といないでしょう。新知事は、この点はマズイぞえ氏を見習うと良いと思います。

 

 実務を経験していなくても、毎日都政に係わっていれば、頭の良い人なら、3か月程度で要領を得るというか都政を掌握できると思います。ということで、三番目に必要なのは、一定の頭の良さです。記憶力、理解力、論理力、推論力、洞察力(洞察力は頭の良さと直接は関係ないかも知れませんが)等。分からなきゃ、誰かにアドヴァイスを得れば良いでしょ。重要なのは、地方自治法に沿った正しい判断ができるかどうかです。

 

 ここで余談ですが、前出の猪瀬直集氏がTVタックルに出て、吼えていました。氏もファーストクラスに乗っていたのですが、氏が言うのは「それ(コスト)に見合う以上の成果を上げればOK」なのだと言うのです。これ、地方自治法をご存知のない発言です。地方自治法には「最少の経費で最大の効果を挙げる」ということが書かれています。猪瀬氏の言うように、ただ単にコストを上回る成果を挙げれば良いということではありません。かのマズイぞえ氏も同趣旨のことを言っておられましたですね。知事としてはお二人共お粗末極まりありません。

 

https://ja.wikibooks.org/wiki/%E5%9C%B0%E6%96%B9%E8%87%AA%E6%B2%BB%E6%B3%95%E7%AC%AC2%E6%9D%A1

 

 知名度で選ぶ選挙にしてはダメだと誰が言おうと、知名度がなければ当選はできない東京都知事選挙です。なら、これまでそれで失敗した教訓を生かし、自民党・公明党の推薦する候補者を選ばないことと思うのであります。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金剛峯寺・岩船寺

2016-06-20 07:37:32 | 

金剛峯寺・岩船寺

2016年6月20日(月)

 5月24日、旅の三日目、終着点は、son2ndの住む大津市です。

 8:49、高野山、金剛峯寺に着きました。offseasonでしたので、無料駐車場が空いていました。

 高野山で一番大きなお寺でしょうか。

http://www.koyasan.or.jp/kongobuji/

 

 

 大きすぎて、全景がなかなか撮れません。

 檜皮葺というのでしょうか・・。

https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A1%A7%E7%9A%AE%E8%91%BA&biw=1118&bih=570&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&sqi=2&ved=0ahUKEwigx9vQjrXNAhUBkJQKHR6vDxAQsAQIKA

 これ、鐘楼でしょうか。凝った造りで、鐘が見えません。

http://www.koyasan.or.jp/kongobuji/jinai.html

 

 これは、色が変わったものと思いますが、歴史を感じさせます。

 9:04、金剛峯寺を出発しました。今後の行程が無事でありますようお祈りいたしました。金剛峯寺→今後無事。

 10:39、法隆寺到着。

 見学をしようとも考えたのですが、時間的に余裕なく、通り過ぎるだけに。

http://www.horyuji.or.jp/

 藤の木古墳です。

http://www.bell.jp/pancho/travel/taisi-siseki/kofun/fujinoki_kofun.htm

 

 12:38、無事、岩船寺に到着しました。

http://hana25.com/?page_id=229

 私しゃ、何で、こんな所に連れてこられるか、さっぱり、分からないのであります。

 これ、本堂ですが、小さいです。この女性は、寺girlと言ってもよいのでしょうか、住職とこの寺の魅力について熱く語っておられました。

 三重の塔は木立の中にあって、全景を摂るのが難しいです。

 何故か、upする段階で横向きになってしまいました。

 

 13:04、岩船寺を出発しました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勤行

2016-06-19 07:49:27 | 

勤行

2016年6月19日(日)

 旅の三日目5月24日、宿坊「遍照光院」で、朝の勤行に参加しました。

http://en-park.net/words/7758

 

 これは、23日の夕食の後、洗面所で鏡を利用し、ツーショットしたものです。

 布団を敷いてくれてました。旅館と同じです。

 高野山は標高900m近いです。朝、車の屋根に露が降りていました。

 門を道路側ではなく、内側から撮ったものです。朝日がさしてクッキリと鮮やかです。

 世田谷ナンバーのポルシェがありましたです。今お騒がせのマズイぞえ東京都知事の自宅兼事務所も確か世田谷だったはず。高級地なんだ。

 手の込んだ造作ですが、手入れが行き届いてませんね。勿体ないことです。

 

 6:30からの勤行は、厳かに始まりました。20人程度の参加者でしたでしょうか。私は、無味・無宗教なのですが、それでも有り難いという雰囲気になるのが不思議です。(注 「無味・無宗教」とは、意味も分からず無宗教ということです。)

 煌びやかな本堂だったのですが、写真がNGというのが残念でした。約1時間の勤行と説教で、丁度お腹が空くタイミングになりますね。

 朝食会場は、昨夜と同じ場所でした。

 味噌汁の量が普通一般の半分程度です。もの足りなさの演出なの?と思ってしまいます。

 命を無駄にせず、完食しました。南無阿無駄仏。合掌。

 

 8:45、出発しました。

 宿賃ですが、29,980円也でした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公私混同

2016-06-18 13:18:16 | 政治

公私混同

2016年6月18日(土)

 マズイぞえ東京都知事の公私混同は、凄まじいものでした。公用車を別荘地に行くのに使っていたり、N響の第九コンサートへ行くのに使っていたり、東京ドームへも。極め付きは、選挙応援に行くのに使っていました。

 余談ですが、近く参議院選挙が始まりますが、ヤベー首相が公用車で選挙応援に行っていて、選挙期間中にそれがバレたら、その結末が楽しみ~。まぁ、そんなことより、正攻法で攻める必要がありますが・・。

 

 私は、仕事に私の車を使っていました。また、私費で出張をしていました。これも、立派な公私混同であります。ただ、マズイぞえ氏と違うのは、マズイぞえ氏の場合は、公の私物化であるのに対して、私の場合は、私の公化なのであります。つまり、真逆なのです。

 私にも、多少のプライドがありますので、マズイぞえ要一なる俗物と混同してもらっちゃぁ、困るってもんです。マズイぞえ氏の場合は、より本質的には、東京都政の「私物化」なのであります。マスコミはより本質的な表現を使うようにしましょうね。

 

 これ、東京都のルールということですが、本当としたら、とんでもないルールです。これによれば、マズイぞえ氏が私用で別荘へ行くのがOKとなります。もっと分かり易い例を言うと、知事が、「実は、今日、wifeの誕生日でね、銀座のケーキ店でケーキを買いプレゼントしたいんだよ。秘書課長、公用車を出すようにしてください。」と言って、都庁から銀座のケーキ店へ行くのがOKとなります。こんなことは有り得ません。

 マスコミは、都庁が「ルール上問題ない」と表明したら、全く思考停止になってしまっています。常識で考えれば分かるでしょう。マスゴミと言われないように、常識を持ちましょうね。

 

 公用車が使用できるのは、発着先は関係ありません。それそのものが公用用務であるかどうかです。

 

 マズイぞえ氏は、湯河原の別荘へ行くのに、49回中44回世田谷(つまり自宅)を経由していたということです。マズイぞえ氏の弁明は、書類を持って行くのに立ち寄ったということですが、嘘がミエミエです。湯河原へ持って行く私物を取りに行っていただけと推察されます。マズイぞえ氏は論理的ですが、その中に嘘が混じっていては、マズイでしょ。マズイぞえ氏の命名の由来でありました。

 

  

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遍照光院

2016-06-18 07:19:14 | 

遍照光院

2016年6月18日(土)

 5月23日、宿坊の遍照光院に着きました。

 https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g1121341-d1124563-Reviews-Henjokoin-Koya_cho_Ito_gun_Wakayama_Prefecture_Kinki.html

 16:04、到着。二日間の走行距離738.6㎞。二日目だけだと176.4㎞でした。

 

 駐車場は何処かな?と探していたら、この立派な門から入るのです。

 この修業僧はまだ1年も経っていないと言われていました。

 宿坊と言っても、一般の宿と何ら変わる所はありません。勿論、朝の勤行は違いますけど。

 この部屋は八畳ですが、もう一つ四畳の部屋もあります。ただ、風呂はありませんでした。

 院内を散策しました。麒麟でしょうか。

 

 

 18時頃、食事の部屋に案内されました。

 

 精進料理です。

http://www.hashikura.or.jp/syoujinfrm.htm

 

 以前、精進料理を食べた時は、モドキがありましたが、これにはありません。

http://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/8bd3dd20723ea59eaf399c57a7dea07b

 味付けが実に奥ゆかしいです。薄味なんですが、コクがあります。

 

 アルコールが飲めないのではないかと、一縷の不安があったのですが、用意されています。ただ、もう一本という雰囲気ではありません。

 完食しました。精進料理は命を無駄にしないことですね。南無阿無駄仏。合掌。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

授業料

2016-06-17 16:21:18 | 政治

授業料

2016年6月17日(金)

 マズイぞえ東京都知事が辞職に追い込まれたことにより、選挙が行われます。選挙費用は、何と50億円と言われています。都民の中には、この選挙費用が勿体ないので、知事は辞職しなくてもよいという意見があるほどです。この考えは本末転倒ですが、気持ちは分からないではありません。

 50億円を東京都民1351万人で序すと、約370円となります。TVのコメンテータで「授業料」と言った方がいます。一般常識的には、全くその通りだと思いますが、私は敢えて「罰金」だと言いたいです。

 マズイぞえ氏を選んだことが、刑罰に当たることではありませんが、それに近い感覚を持ってもらう必要があると思うからです。

 しかし、「私しゃ、マズイぞえなんかには投票してないよ。」と言う人からは文句が出そうです。しかし、今の民主主義の制度では、仮にマズイぞえ氏に投票していなくても、「連帯責任」を負わされることになるのです。マズイぞえ氏の都政に反対でも、甘受せざるを得ない訳ですからね。まぁ、不条理とも言えます。

 この不条理を克服しようと思えば、自ら良しとする候補者を多数派にする選挙闘争が必要です。でも、「それでも当選しないこともあるじゃん。」という方には、マズイぞえ氏のように、「死んでも死にきれない」という思いで、次の選挙で再び闘争することですね。

 

 記者から、「知事、襟を正してください。」という声が飛びそうです。辞職翌日の登庁のシーンです。

 いろいろと候補者が予想されていますが、自民党・公明党が推薦する候補を知事にすることだけはよそう。

 政党交付金1億3400万円のうち相当の額が、マズイぞえ氏の腹の中に入ったのではないかという、大いなる疑惑があります。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高野山・奥之院

2016-06-17 07:22:34 | 

高野山・奥之院

2016年6月17日(金)

 5月23日、高野山に到着しました。

 15:05、奥之院に到着。標高900m近いため、山道を登って行きました。燃費が29.9㎞/ℓとなっています。約100㎞前は31.1㎞/ℓでした。山道を登った割には、あまり低下していません。

 奥之院入口です。

http://www.geocities.co.jp/kmaz2215/aruku/arukuokunoin.htm

 奥之院と四国お遍路の関係がどのようなものか、知りません。

 観光グループです。案内人が、外国人のマナーについて話しておられました。日本人の皆さんも気を付けてくださいよということでしょうか。

 度胆を抜かれたのがこれです。どう見てもロケットですね。ロケットって、打ち上げられて帰ってくることがないからでしょうか・・。新明和工業株式会社です。

 まぁ、何と言うか、霊園というのでしょうか・・。

 これ、弘法大師、空海の御廟です。これより先は写真撮影禁止とあります。何故でしょう? 空海は今でも修行をしていると言われているので、邪魔をするなということかな・・。 

 凄い人ですね空海は。ウィキペディアを見ましたが、読み切れないほどの情報です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A9%BA%E6%B5%B7

 

 

 見え難いですが、中央の黒い石碑には花菱アチャコとあります。

http://showa-g.org/men/view/249

 wifeがガイドを掴まえて、何やら話をしています。迷惑なことです。一番迷惑なのは、こんな所に連れてこられた私なのであります。

 

 日産自動車の慰霊碑もありました。

 横幅約3㎞ですが、寺ばっかりです。よく経営ができているものと不思議です。奥之院は、右端です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元東京都副知事の青山佾さん

2016-06-16 15:15:44 | 政治

元東京都副知事の青山佾さん

2016年6月16日(木)

 マズイぞえ東京都知事が、やっとと言うべきか、辞職しました。

 これまでの、あの厚かましい粘り腰からしたら、最後はあっけなくという感じの辞職劇でした。マスゴミの報道によると、都議会自民党が不信任案に賛成に回ったことが大きな要因だということですが、これ、真因ではありません。あくまで都民が自民党を含め都議会を動かしたということです。マズイぞえ氏を辞任に追い込んだのは、都民の力なのであります。

 

 元東京都副知事の青山さんという方が信じられないことを言っています。

 6月16日、朝日新聞。

 ちょっと長いですが、引用しますと、

・都職員は競争試験をくぐり抜けて採用された人たちです。知事と議会と職員はそれぞれ独立した存在なのです。舛添さんはそうした都政の仕組みを理解せず、大統領のように何でもできると思っていたのではないでしょうか。

 ここで重要なのは、「知事と議会と職員はそれぞれ独立した存在」と言っておられることです。これ、「存在」を「機関」と言うと明確に間違いですので、「存在」という言い方に置き換えたのが、含蓄のある言い方と思いました。

 東京都の職員は、知事という機関のスタッフとして働いているので、独立して何かを行う権能はありません。副知事までされた方がそのことを知らない訳なく、しかしそれでも敢えて「独立した存在」と言っていることを、私しゃ、ぞんざいに扱う訳にはいかないのであります。

 

 いきなり、話しは飛躍しますが、私は東京都という行政組織を解体する必要があると思っています。この巨大な行政組織を一人の指揮官で「経営」するのは、余りにリスクが大き過ぎます。①今回のマズイぞえ氏の例でも分かるように、とんでもな人物が「指揮官」になると、とんでもないことになります。②まともな人物でも、都政全般を掌握するのは事実上不可能であります。ここで青山さんが言う「職員が独立した存在」という意味が分かるのです。つまり、職員が好き放題をしているということですね。誤解があるといけませんので、「好き放題」と言っても必ずしも悪事をしていると言っている訳ではありません。職員としは、都政上の課題で何かをしようとすると知事の意向を慮って行わなければならないのですが、膨大な事務事業でそれを行うのは、事実上不可能であるということを言っているのです。つまりは、都民の代表者の知事の意向が反映されない行政が行われるということです。

 前出の青山さんの言葉は、知事の意向が分からなくても、「競争試験をくぐり抜けて採用された」優秀な職員がちゃんと仕事をしますよ、と言っているように思えます。おそらく、一職員から副知事職に上り詰めたお方の傲慢なプライドでしょう。しかし、本当に考えなければならないのは、知事の意向を反映できる行政組織にしなければならないということです。そのためには、東京都というのは巨大過ぎますので、解体が必要になるということです。

 余談になりますが、巨大な行政組織を作り、一人の指揮官で運営しようとするのが、大阪都構想の本質です。これができると、東京都のようなことになるリスクが高くなります。

 

 東京都解体の具体的な名案が私にある訳ではありません。ただ、二つ上げるとすると、①都の権限をできるだけ区市町村に移すということです。当然財源、人材も含めてです。②東京都は不交付団体ですが、基準財政収入額が基準財政需要額を超える部分は、他の自治体への交付に回すということです。東京の税収入が多いのは、他の自治体のバックアップがあるからこそです。一つ例を上げると、私しゃビックリしたのですが、東京都の食糧自給率は1%ということです。東京は、自らだけでは、日本に存在できないのです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E6%96%B9%E4%BA%A4%E4%BB%98%E7%A8%8E

 

 財政が厳しい状況になると、知恵を出そうと考えますので、それこそ「競争試験をくぐり抜けて採用された」優秀な職員の腕の見せ所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加