団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

希望「脱しがらみ」強調、生番組首相に迫れたか

2017-09-30 08:53:42 | 政治

希望「脱しがらみ」強調&生番組首相に迫れたか

2017年9月30日(土)

 「希望」という名の、ガラクタ小池私党が、綱領なるものを発表したとサ。

 「寛容な改革保守」?とサ。

 9月28日の朝日新聞。

 

 

・寛容 ①寛大で、よく人をゆるし受け入れること。咎めだてしないこと。②他人の罪過をきびしく責めないというキリスト教の重要な徳目。③異端的な少数意見発表の自由を認め、そうした意見の人を差別待遇しないこと。

・改革 ①改めかえること。改まりかわること。②目的が国家の基礎に動揺を及ぼさず、方法も暴力的でない変革。

・保守 ①たもちまもること。正常な状態などを維持すること。②旧来の風習・伝統を重んじ、それを保存しようとすること。

 

 小池氏のどこが「寛容」かさっぱり分かりません。希望の党に、当選という希望を持って入った政治屋が「寛容」な小池氏にびくびくすることだけは確かと思います。

 さっぱり分からないのが、「改革保守」という言葉です。小池氏流に、「改革」と「保守」をアウフヘーベンすると「改革保守」になるとでも言うのでしょうか・・。嗤っちゃいます。

 

 希望の党の綱領要旨では、抽象的表現の美辞麗句が並んでいます。具体的なことが分からず、これでは政策判断ができません。何より、欠けているという点において問題なのは、9条に関する認識及び日米安保条約に関する姿勢です。この2点が欠けていて、政党の綱領とは・・、綱領というものとしての正統性がないと断ぜざるを得ません。

 

 具体が明らかになるにつれ、ボロがでることは間違いありませんが、この選挙短期決戦ですので、小池流目くらましの術にはまってしまう人がいるだろうことを危惧いたしますです。

 小池氏は、ついこの夏まで自民党員だったんです。その小池氏がつくる私党は、自民党と変わるところがないことだけは確かです。いやー、脱原発を言っているじゃないのと思う人がいるかも知れませんが、これも具体がありません。再稼働に反対しないことだけは、確かでしょう。

 

 もう一つです。我が安倍晋三内閣総理大臣閣下が、解散を表明した25日に、TV局に出演しました。キャスターの突っ込みが弱いと感じたのは、私だけではないでしょう。また、聞かれもしないことを、自分に都合よくペラペラと喋っていました。番組をハイジャックするなよ、と思いましたです。

 

 安倍氏は、森友問題で、昭恵夫人について聞かれて、「昭恵の立場、あるいは関わりがなかったということについては私自身が説明している。」と言いました。これ、近代的な市民感覚を持っている人だったら、絶対に言えない言葉です。中世の奴隷社会で、自分の奴隷に関してなら言えることでしょう。私ゃ、絶句いたしましたです。なぜ、キャスターは突っ込まないの?

 

 あまりに、常識すぎて、ここに書くのも無意味とも思えますが、昭恵氏が森友とどのような関わりがあったかということは、安倍氏は行動を共にしていないのですから、知りようがありません。

 

 このような発言をする安倍氏は、昭恵氏を子ども扱いしている、いやそれ以上に、一個の独立した人間として認めていないということでもあります。

 

 私事で恐縮ですが、私が安倍氏のように私のwifeの代弁をすると、すかさず「余計なことは言うな」と叱責がありますですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

週刊文春さまからお墨付けをいただきました。

2017-09-29 12:04:30 | 政治

週刊文春さまからお墨付きをいただきました。

2017年9月29日(金)

 昨日の朝日新聞に掲載された、週刊文春の広告です。

 その一部を拡大しました。

 小池新党のことを、「がらくた市」と皮肉っています。「掃き溜め」ともあり、私以上にこき下ろしていますね。

 

 私は、ブログで、小池私党のことを、ガラクタと称してきました。週間文春さまにお墨付きをいただいたような気持です。

 民進党が「希望の党」に吸収される形で、ガラクタがどんどん集まっています。いわば、ガラクタが積み上がっている訳でありますが、ガラクタはいずれ瓦解する運命なのであります。

 

 小池氏は、希望の党の公認を与える段階で、「踏み絵」を踏ますと言っています。中には、不本意ながら踏み絵を踏む人もいるでしょう。そりゃ、議員に当選してなんぼのものですから、気持ちとして分からなくありません。こういう人達は、政権についた場合は求心力が働くでしょうが、政権を取ることができなかったら、何やかにや口実を作って離党すると思います。

 

 「希望の党」は、バタバタと筋もへったくれもない(つまり政策理念なんて飛んじゃってます)動き(候補者選び等)を示していますが、いずれ選挙が終わるとそれらの矛盾が一機に噴き出してくると思います。その時が、ガラクタの瓦解の序章となるでしょう。

 

 

 

コメント

民進党分裂

2017-09-28 09:43:10 | 政治

民進党分裂

2017年9月28日(木)

 民進党は、間違いなく分裂いたしますです。前原代表は、希望の党との合流を決めたと言います。当然、それに反発する勢力もある訳で、分裂になるということですね。

 

 これは、27日の朝日新聞ですが、市民連合が「候補者の一本化に向けて各党の明確な意志が確認できた」とありますが、1日経って、これが根底から崩れた訳ですね。

 私には、権力の高笑いが聞こえてきます。権力が一番恐れていたのは、4野党の選挙協力だった訳ですから。

 

 第二自民党の希望に民進党の一部が合流すれば、目先野党ということですが、その本質は自民党と変わるところがありません。

 

 昨日のブログで、小池都知事が衆議院選挙に打ってでる可能性が高いと書きましたが、これで、私は立候補間違いなしという確信になりました。総理の野望を持っている人物がこのチャンスを逃す訳ないでしょ!

 ・・で、都知事を辞める理由ですが、いかようにも説明できますね。「より高い国政の場で、都の問題の解決をすることができる。」この方、口先だけは抜群ですから。

 私は、小池氏は都知事を辞めることで、ホットしている部分があるのではないかと思っています。豊洲問題で行き詰っていますからね。「築地は守る。豊洲は活かす。」と耳障りのよいことを言っていますが、築地をどのようにするか明らかにしていません。また、豊洲の無害化を公約しましたが、この約束は実現できていません。極め付きは、豊洲へ移転を決定した経緯を問われ、「AIが決めた」と人を食った暴言を吐きました。これが、「情報公開が一丁目一番」とは笑止千万であります。

 

 小池氏は、メディアを使って、ブームを創り出す能力はずば抜けていますので、目先有権者を目くらましの術にかけて、新党としては、圧倒的な議席を獲得すると思いますが、直ぐにボロボロになるでしょう。離党者が相次ぐということです。→やがて、分裂・解党です。

 

 安倍暴走内閣の審判を下すのが、最大の争点ですが、それが、ボケますですね。権力の思うつぼであります。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

利尻島から稚内へ 2010.9.28

2017-09-28 06:58:33 | 

利尻島から稚内へ 2010.9.28

2017年9月28日(木)

 2010年9月27日夕刻、利尻島へ渡り、翌28日は、島内を巡る予定でした。ところが、台風が来るとの観測があり、そうなると島に滞在を与儀なくされる可能性があるため、28日朝一番の便で稚内へ渡ることにしました。結果的には、何のために利尻へ行ったの?ということになりますが、自然現象は受け入れざるを得ないのであります。

 

 wifeは朝寝坊ですので、早朝私だけ島を一周することにしました。5:40出発。

 左の白い車は、昨日偶然に同じコースを相前後して走ったのですが、更に偶然ですが、同じホテルに泊まったんですね。

 日本海の荒波であります。

 立木が枯れています。人造湖なのでしょうか・・。

 

 利尻富士は、雲に覆われていました。

 私達が泊まった利尻富士観光ホテルです。

 朝食です。バイキングですね。

 港の近くに変わった形の山があります。

 鴛泊フェリーターミナル。9:00頃出発のフェリーでした。

 雲行きは怪しいです。

 「エサをあげない優しさ」英語訳は、KEEP WILD BIRDS WILD 英語訳は韻を踏んでいてリズミカルですね。

 12:30頃、音威子府まで来ました。寒暖の差が激しく、厳しい気象条件のところです。

 

 

 

 山菜そばを食べました。

 

 

コメント

利尻島 2010.9.27

2017-09-27 16:11:02 | 

利尻島 2010.9.27

2017年9月27日(水)

 7年前の同じ月日、北海道の利尻島へ行きました。

 

 岩内の旅館を、8:02出発いたしました。

 北上する訳ですが、途中まで内陸を走りました。

 

 稚内へ着いたのは、15:30頃でした。雨が降っていたんですよ。

 

 これ、フェリーの中で私の車の前に停まっている車です。ゴルフのコンバーティブルです。なぜ、この写真を撮ったかと言いますと、稚内まで日本海側の道路を北上する訳ですが、100㎞以上前後して走って行ったんです。それで、利尻という行先まで同じかと、偶然と思い写しました。

 日本海側の道路を走りました。

 これは、私のゴルフⅥです。

 

 利尻富士観光ホテル内のレストランです。

 

 ここも次から次と料理が出ましたです。満足でありました。

 

 

 

 

 ウニって、高いですね。2個で4,000円也!

 

 

 

コメント

解散権の肥大化「見通せず」 佐々木毅元東京大学総長

2017-09-27 15:47:50 | 政治

解散権の肥大化「見通せず」 佐々木毅元東京大学総長

2017年9月27日(水)

 26日の朝日新聞に、元東京大学総長の佐々木毅さんが寄稿されています。

 この方、現在の腐敗した政治状況を作りだした、小選挙区制度を導入した、戦犯であります。いや「戦犯」という言い方は相応しくないですね。張本人であります。

 この方、現在の政治状況の何が問題なのか、解散権の肥大化だという認識を示しておられます。

 小選挙区を導入した頃、解散権の肥大化を見通せずとおっしゃっています。肥大化の原因としては、「改革で派閥は存在感を失い、かつては重層的だった自民党内に、トップである首相と個々の議員という両極が残った。首相の解散権は怪物のように肥大化し、議員は言われるがままの存在になった。」。

 

 まず、申し上げたいのは、「政治改革」の目的は、「派閥の問題や政治とカネの問題」を解決するためでした。小選挙区制を導入してそれらの問題が解決したか?両方共Noであります。佐々木氏はこのことにまず向き合い、自らが主導した小選挙区は問題解決に全く役立たなかったという認識及び反省を示す必要があります。

 それを、首相の解散権の肥大を見通せずなんて、空とぼけてはいけません。

 そもそも選挙とは何か?ということですね。佐々木氏は、「2大政党を中心とした、政権交代が可能な政治に変えるため」という主張をしておられましたが、選挙の目的は、政権交代をするためではありません。民意を反映することです。民意とは何か?民主主義社会では少数の意見でも大切にするということです。それが、小選挙区では少数は切り捨てられる訳ですね。このことが、安倍現内閣が憲法違反までする傲慢な政治状況を作り出している根源ですよ。仮に、民意を限りなく反映する比例代表制であれば、自民党は半数の議席に達しません。安倍暴走内閣は存在しないのであります。

 

 東大の総長と言えば、世間的には、偉大な大先生で、私のような者は足元どころか、影にも近づけない存在であります。

 

 私ゃ、世間様に向かっては大きな声で言う勇気は持ち合わせていないのでありますが、この方、俗物であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

続・小池私党

2017-09-26 20:47:02 | 政治

続・小池私党

2017年9月26日(火)

 昨日、小池百合子東京都知事が新党の立ち上げを表明しました。今日のTVのワイドショーでは、安倍解散と並んで小池「新党」一色であります。

 小池新党ならぬ小池私党の内実が垣間見えました。これまで、良くも悪くも一生懸命汗をかいてきて、若狭新党とまで言われていた、その若狭氏が小池氏が新党の記者会見をすることを知ったのは、1時間前だった!とは。いや、若狭氏は携帯が故障していたので、分からなかった等という訳の分からない言い訳をしていましたが、まっ、仮に少々の行き違いがあったとしても、今回の新党の立ち上げの本質は、小池氏の独断専行ということであります。

 

 政党って、そもそも何ですか?ということですね。

・政党=共通の原理・政策の実現のために、政権の獲得あるいはそれへの参与を企図する団体。(広辞苑)

 

 選挙の投票日まで1か月を切るという短期間ですので、小池氏の本質がバレないかも知れませんが、先の広辞苑の定義からすれば、小池氏が立ち上げたとする「希望の党」なる「党」が政党であるかどうか、その正統性は極めて危ういのであります。政党とは団体であって、小池氏の個人的なグループではありませんからね。例えば、代表者を誰にするかということは、団体であれば、選挙により多数を得た人がなります。小池氏がその手続きを踏むとは到底考えられません。

 

 これから、徐々に小池氏の政党運営の本質が見えてくると思いますが終始一貫して独断専行でしょう。この方にはそれしかないのですから。

 そのことは、当然「党員」?の反発を買うことになります。ちょっと、脇にそれますが、私ゃ、若狭氏に同情する立場ではありませんが、この方の立場に立つと、切歯扼腕であります。いずれ、この落とし前は付けてやろうと辞め検は考えていると思います。今日の記者会見の表情でそれが読み取れました。

 

 小池私党は、一時のブームに乗って、大勝利を果たすでしょう。「大勝利」とは50議席以上をいいます。そして、徐々に化けの皮が剥がれてきて、10年後には消滅という運命にあると思います。

 

 その後、権力がどのようなシナリオを考えているか?私ゃ、それを読む力を、小池私党の発生、発展、消滅という弁証法的法則から学ばねばなりますまい。

 

 

 

 

コメント

ジャンボショップ

2017-09-26 12:51:32 | 食べること

ジャンボショップ

2017年9月26日(火)

 肉の安売り店が近くにありました。近くと言っても車で10分程度のところです。

 ジャンボショップ!

 

 ジャンボという割には、店舗は大きくありません。

 惣菜も売っています。

 ジャンボドライサラミ550g1,000円也!

 根拠はありませんが、安いという雰囲気は十分あります。来客の多くがまとめ買いをしています。

 最近TVで見て知りました。ランプステーキ、一度食してみたいです。

 こまかく部位に分けられています。いかに、アメリカが肉牛の食文化が発展しているかということがよく分かります。アメリカに住んでいた姪が言っていましたが、食べる量はハンパじゃないそうです。→資源を大切にしましょうね。

 

 なんら、因果関係なしに、手提げバックが出てきました。

 実は、店に忘れたんです。買物をして荷物が増え、手に持ったもので、手的には忘れ物はないと判断したんですね。・・と、「手」の責任にしています。

 翌日朝一番に℡したら、あったんです! 日本ならではでしょうか・・。韓国のホテルでカメラを置き忘れて、ものの5分も経たないのに無くなっていたことを思い出しました。

 このバックは、義父が使っていたもので、それだけに、無くすと申し訳ないので、あって本当に助かりました。

 

(追伸)

 この店が経営する焼肉店があるんです。肉酒場! 憎いネイミングです。

 

コメント

北海道旅行 岩内 2010.9.26

2017-09-26 12:20:59 | 

北海道旅行 岩内 2010.9.26

2017年9月26日(火)

 ちょうど7年前、北海道の岩内へ行っていました。

 13:34、函館を出発いたしました。

 羊蹄山とか、いろんな観光地がありますね。

 本日の宿泊場所は、高島旅館であります。

 16:54に到着いたしました。広島からの走行距離は、1738.7㎞となりました。

 

 ペンション風であります。

 

 夕食が凄かったです。次から次へと運んで料理が出ましたです。

 カニと貝は鍋です。

 

 エビとホタテとホッキカイの刺身です。

 私ゃ、ナマコが出るとは思いませんでした。瀬戸内海の専売と思っていましたので。

 更に刺身です。ヒラメですね。

 アワビの踊り食いは初めて食しました。

 料理を出すスピードに食べるのが付いていけません。

 

 地ビールです。

 ピンボケですが、何でもこの地方で野生ホップが発見されたんですって。それがきっかけで、日本でのビール製造が始まったとあります。いわばビールの聖地ですね。敬意を表した次第です。

 

 

 温泉でありました。

 翌朝です。景色もよく空気も清々しいですね。

 

 イカソーメンです。

 後から熱々の秋刀魚の塩焼きが出てきました。今は高根の花となっています。居酒屋で注文すると900円程度します。

 

 アワビはチト手が届きません。

 

 満足の宿でありました。

 

 

コメント

小池私党

2017-09-25 16:26:34 | 政治

小池私党

2017年9月25日(月)

 小池百合子東京都知事が、本日15時から記者会見を行い、新党の立ち上げを公表しました。小池新党ならぬ、「小池私党」であります。冒頭、若狭氏や細野氏が行っていた新党立ち上げの動きをリセットすると言いました。こりゃ、全面的に小池氏が前面に出るという意志表示ですな。お二人では、ご自身の野望を実現するためには、弱いと判断した訳であります。「野望」とは、総理になることであります。

 余談ですが、政治評論家の伊藤氏が、小池氏をギャンブラーと言っています。私ゃ、総理になるため、ご自身が出馬するかもと思っていましたので、その私の認識からすると、ギャンブラーとしては弱気ですな。

 

 私ゃ、記憶力がない方で、小池氏が記者会見で発言したことの、逐一を覚えてはいません。ただ、雰囲気的には、小池氏は、極めてhighでありました、ハイ! やる気満々であります。

 自民党と民進党は、心胆を寒からしめられたのではないかと思います。選挙ですから、今後の情勢でいかようにも変化があると思いますが、私ゃ、仮に100人当選しても不思議とは思いませんです。ブームを作る天才だからです。

 

 その小池私党に、ぞくぞくガラクタが集まっています。

 中山恭子氏といえば、ウルトラ右翼です。今日のTVで政治評論家の田崎氏が、中山氏のご主人が現在落選中なので、議員復活を狙っての新党加入と言っていました。他のお方も概ね同じことで、選挙目当て、自分ファーストの寄り集まりということであります。私流に言うと、ガラクタなんですね。

 

 小池氏は、記者会見を東京都の記者会見場で行いました。これ、都政の私物化でしょう。

 一番私が私物化と考えざるを得ないのは、知事と政党の代表を兼務するということです。おそらく、選挙期間中は、選挙にベッタリのスケジュールになると予想されます。一方、都知事としての職務ですが、これ、私のような者でも想像するだけで、気絶するくらい忙しいです。絶対に二足の草鞋を履くことは出来ません。二役するとなると、知事職が疎かになるということであります。私には、知事という職務を私物化しているという風に見えますです。

 

 あっ、小池私党の名前ですが、「希望の党」というそうな。耳障りの良い名称とは思いますが、この党の希望って、一時期ブームを作って何年か後に消滅するってことでしょうか・・。権力がほくそ笑んでいます。

 

 

 

 

 

コメント

疑惑隠しの人事認められぬ データの消去財務省が延期

2017-09-25 07:40:19 | 社会

疑惑隠しの人事認められぬ データの消去財務省が延期

2017年9月25日(月)

 いまや、すっかり、国民の敵となった感のある佐川宣寿国税庁長官であります。言わずと知れた、前財務省理財局長で、国会で虚偽答弁をした方ですね。罷免要求の署名が行われたということですよ。(多分、前代未聞)

 朝日新聞に佐川氏の人事に関して投書がありました。

 1か月程度前の新聞だったと記憶しています。

 「あまりに露骨な疑惑隠しの人事ではないか」と糾弾しているのであります。私も、全く同意見であります。

 

 佐川氏の虚偽を証明する記事が23日の朝日新聞に掲載されました。

 

 佐川氏は、データは消去したと答弁していた訳ですが、電子データを完全に消す作業を止めていた、というのです。つまり、復元の可能性がある訳でそりゃ「消去」とは言わないでしょ!

 こりゃ、佐川氏は、国税庁長官として、職員からも絶大な負信頼を得ることは間違いありますまい。(注 「負信頼」という言葉はないと思います。)国民のみならず、部下職員からもマイナス評価される訳ですたい。

 

 しかし、よくよく考えると、私ゃ、佐川氏に同情するのであります。国会での虚偽答弁は、当然、(誰が言い出したか知りませんが、つまり詠み人知らず)漢字の読めないアッホー財務大臣の指示ですわな。麻生財務大臣が「正直に答弁しなさい」と指示していれば、佐川氏は嘘を言わずに済んだんです。つまりは、佐川氏は被害者で、加害者は麻生氏という訳です。法律的に言えば、主犯は麻生氏で、共犯が佐川氏ということでしょうか。

 

 国会での虚偽答弁の主犯格である麻生氏を当選させるような、阿呆な選挙民にならないよう、私に力があれば、警告したいと思うのであります。力がないので、ごまめの歯ぎしりをしているのであります。

 

 

 

 

コメント

共産、接戦区で一本化意欲 志位氏「踏み込んで具体化」

2017-09-25 07:03:28 | 政治

共産、接戦区で一本化意欲 志位氏「踏み込んで具体化」

2017年9月25日(月)

 昨日24日の朝日新聞の記事です。共産党の志位和夫委員長が「踏み込んだ」発言をしています。「踏み込んだ」とは、これまでの姿勢と違うからです。

 

 「接戦区を中心に、一対一の対決構図となる選挙区を広げていくことが大切だ」

 (接戦区とは)「野党が一本化すれば、(勝敗)がひっくり返る、一本化しないと危ないような選挙区」

 

 これ、ほとんどの選挙区は民進党の候補者が当選の可能性がある区を想定していると思います。これで、前原民進党が乗らなかったら、アホッちゃうか?と思われると思います。言外に共産党は、民進党の候補者を応援しますよ!と言っている訳ですから。

 ただ、共産党が見返りを要求するの当然ですが、その選挙区は、民進党の議員の当選が見込めない選挙区でも、多分OKを出すと思います。

 問題は、「政策・理念」です。共産党が、日米安保条約と自衛隊について、当面安保法制の前でOKという趣旨のこと言えば、この選挙協力は成立するのではないかと予想しています。

 

 昨日のブログで、熊本県での民共共闘について書きました。昨日の朝日新聞で、このことに関して、前原氏が「驚いた」と言っています。

 前原氏が「驚いた」とは、私ゃ、そのことに驚きました。熊本の民進党は、こんな大事なことを中央に相談せずに決定しているの?ということです。いやいや、何とも、政党の体を成していないです。

 一方、共産党の方ですが、良くも悪くも、中央集権的な政党ですので、中央が知らないハズはないと思います。むしろ、熊本を先駆的な位置付けにしているのではないでしょうか。

 

 前原氏がいくら、「理念・政策の一致」といっても、選挙の最大の大義は、「勝つこと」にある訳ですから、少々の「理念・政策の違い」は横に置いておいて、選挙に突入することになると思います。

 

 安倍晋三内閣総理閣下は、選挙に勝つとの情勢判断で、解散をする訳ですが、その情勢分析はあくまで現状の政治勢力の構図を前提にしたものです。この安倍野望を打ち破るためには、現状の政治勢力の構図を変えて戦うしかありますまい。

 

 

 

 

 

コメント

北海道旅行 函館朝市 2017.9.26 

2017-09-24 07:59:36 | 

北海道旅行 函館朝市 2017.9.26 

2017年9月24日(日)

 函館の朝市へ行って参りました。魚介類の好きな私としては、期待大でありました。

 こんな店が軒を連ねています。

 丼が多いです。下左はほっけ定食1,000円也。こんなどでかいほっけ食べ尽くすことできるの?

 目移りいたしましたが、きくよ食堂へ入りました。

 海鮮丼で決まりです。

 

 サインのオンパレードです。誰か読めません。名札を付けて欲しいです~。

 気力は読めますが・・。

 

 サケのことを、アイヌの人々は、神の魚と呼んでいるんですね。

 礼宮さんが来たそうですよ。

 私の好きな、駄洒落ですが、「凍ってるだけにしゃっけぇ(鮭)」「しゃっけぇ」って、ネットで調べると、秋田の方言で、冷たいってことです。

 

 ウニ、カニ、ホタテ、イカの四種丼です。

 道路に立っての立ち食いです。一杯やりながらですね。

 ウニ8個で2,500円也。

 厚岸のカキ3ケで1,000円也! 

 しろ貝って、知りませんでした。

 いかの釣堀がありました。

 

 この高田屋で、何か買って宅急便で送った記憶があります。ただ、何を送ったかは記憶にありません。

 

 函館の朝市に1時間半程度滞在しました。これから、行く所は言わない。(明日分かります。)

コメント

民・共共闘へ 熊本3区 民進擁立取り下げ

2017-09-24 07:12:54 | 政治

民・共共闘へ 熊本3区 民進擁立取り下げ

2017年9月24日(日)

 総選挙が必至の情勢になっています。私のブログも選挙一色!?になります。(笑)

 ・・と、昨日23日の朝日新聞に、「民・共共闘へ」という記事が出ました。

 前原民進党代表は、「理念・政策の一致」というハードルを掲げ共産党との選挙協力に消極的です。一方、共産党側は、政策が一致することは勿論ですが、相互支援を求め一方的に候補者を降ろすことはしないと主張しています。

 ・・で、熊本で、どう折り合いを付けたかということです。詳しいことは分かりませんが、「政策の一致」は、党本部で決めることですので、熊本でそれが実現しているとは考え難いです。こりゃ、見切り発車ということですね。

 私ゃ、この動きが全国的に出てくると、前原代表もその方向で動かざるを得なくなると思います。一方、共産党の方も、「相互支援」について明文の約束がなくても、この熊本のように民進が擁立を取り下げる区があれば、それに対応して他の区の候補者を取り下げるということも大いにあると思います。

 

 この選挙の大義は何か? 安倍晋三内閣総理大臣閣下にある訳はありませんが、野党は、安倍内閣を倒すというのが最大の大義であります。で、その戦術は何か?「小異を残して大同に就く」であります。

 

 熊本の動きは、その端緒になってくると思います。

 

 

 

 

 

 

コメント

北海道旅行 2010

2017-09-23 16:54:08 | 

北海道旅行 2010

2017年9月23日(土)

 2010年9月24日、北海道旅行へ旅立ちました。

 家を17:05に出発したんですよ。半端な時刻とお思いでしょう。それには、理由があったのです。

 茨城の大洗からフェリーで北海道へ渡る予定にしていたのですが、台風の影響で欠航という連絡が2日前くらいに入ったのです。慌てますわね。というのが、北海道での宿泊場所を予約していたので、陸路で間に合うように行く必要があったのです。

 19:52、辰野西SA到着。

 

 23:04、御在所SA到着。

 赤福は買いません。(嫌いです)

 いきなり25日21:08、いわしやという居酒屋の前の写真になります。

 いわしやのご主人と、何故か、シャコの話が出て、ご主人が言うには、両手を広げて30㎝くらいあると言うんですわ。当日は季節的になかったものですから、5千円渡して送ってもらうことにしました。

 ところが、何か月後に手に入らないので、返金しますという℡がありました。多分ですが、大風呂敷を広げたのだと思います。30㎝!シャコなんてないでしょう。

 思い出しました。フジツボを初めて食しました。瀬戸内海のモノに較べると大きく、食べ応えはありました。磯の風味があり、美味でありました。

 

 広島を24日17:05に出発し、25日の夕方青森着ということは、24時間超です。途中2時間程度仮眠いたしましたです。東北道が長~いと感じましたですね。

 

 翌26日、青森港近くの斜張橋です。

 

 青函連絡船。スタイリシュです。

 空いてました。

 空いているというか、ガラガラです。

 記念撮影用です。

 

 12:02、函館のどんぶり横丁市場へ着きました。

 来たい来たいと思っていた函館ですので、期待が高まります。どんな美味しいものがあるかな・・!

 

 

コメント