団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

中標津

2017-07-31 12:25:52 | 

中標津

2017年7月31日(月)

 6月22日からの北海道旅行で、24日、宿泊先の中標津に到着いたしました。

 標津という読み方は知っていましたが、中標津に来たのは初めてです。宿泊先の「開陽イン」が地図に載っています。

 開陽インです。翌日の25日に近郊でイヴェントがあるとかで、宿の予約が取れにくかったのです。ツインorダブルが満室で、シングルを5室取らざるを得ませんでした。(3家族5人)

 宿のスタッフに飲食店情報をもらいました。

 心。シンと読みます。

 17:40頃、誰もいませんでした。

 お通しです。

 

 お刺身の5種1,500円也を注文いたしました。この時点でなにかヤな雰囲気が・・。スタッフが決して悪いという訳ではないと思うのですが。意志が十分伝わらない感じなんです。

 北海道名物かどうか知りませんが、ザンギがあります。鶏のから揚げを少し工夫したようです。

 客が少ないにも関わらず、料理が出るのが遅いため、引き上げることにいたしました。18:15頃でした。

 漆黒を背景に「白木屋」が目に飛び込んできました。全国チェーンですね。

 ここのスタッフとはコミュニケーションが上手くとれましたです。

 このワインですが、キンキンに冷やしています。赤ワインは冷やしちゃいけないですね。といいながらも2本注文してしまいました。実質飲んだのは3人。

 餃子の熱々です。いかにも外パリッとした感じですね。

 私ゃ、ポテトフライが好きなのであります。安いものが好きなのであります。

 翌日25日のホテルのレストラン。

 バイキングでありました。種類は少なかったですが、これで十分であります。今見ても美味しそうですね。これ確か700円でしたが、十分価値があります。

 

 

 

 

コメント

ぐるっとパノラマ見幌峠

2017-07-30 16:01:15 | 

ぐるっとパノラマ見幌峠

2017年7月30日(日)

 6月24日15:18、見幌峠に到着しました。

 レンタカーの日産セレナのメータです。6月23日に旭川で借りて、見幌峠まで472.7㎞走行しています。

 

 屈斜路湖の左側に「ぐるっとパノラマ見幌峠」という道の駅があります。

 峠の頂上で、標高525m。上着を着ていても寒かったです。この建物の奥に展望台があり、屈斜路が見えるのですが、霧が出ていて無理と思い行きませんでした。

 そんな、珍しいものはありません。

 右のつぶスモークは欲しかったのですが、今回はマイカーではなく、荷物をどうしても気にするようになりますので、断念いたしました。

 昆布も広島でもいくらでも買うことができますね。

 蝦夷鹿毛皮17,280円也。高いか安いか俄かには判断できませんが、まぁ、5万円の値札が付いていても不思議な感じはしませんです。

 これ、クッシーです。

 タマネギ3,500円也。大玉です。

 ありましたですよ。サーモン! これ、最終日に釧路の市場で買うことにします。

 この木の標識ですが、まだ道路が十分整備されていなく、峠越えが命がけの時代のものかも知れませんね。

 

コメント

ブラック大賞

2017-07-30 08:17:27 | 社会

ブラック大賞

2017年7月30日(日)

 「一点の曇りもない」の次に、「李下に冠を正さず」と来たー!

 

 今年の流行語大賞は、これまでのところ、「忖度」で間違いないでしょう。」「大賞」!?、えーっと、最近の、安倍晋三総理大臣の立ち居振る舞いを見て、私ゃ、「ブラック大賞」なる賞があれば良いと考えました。ネットを調べると、「ブラック企業大賞」というのはありましたが、「ブラック大賞」というのはありません。ので、私originalということであります。(エヘン!)

 さて、「ブラック」ですが、

①ブラックジョークとかブラックユーモアのブラックですね。

②被疑者の被疑度に関して、限りなく黒に近い灰色という表現をしますが、その黒ですね。

③ダーティという言葉に色を付けるとブラックになるのではないでしょうか。

 

 「一点の曇りもない」

 安倍氏は、加計学園疑惑に関して、「一点の曇りもない」と宣いました。昭恵夫人が加計学園系列の名誉園長になっておられますが、これ一点の曇りもないとは到底言えないでしょう。森友事件の際には、名誉園長をそそくさとお辞めになりましたですね。やましかったからですよ。(加計学園に関して今辞めると益々疑惑が深まるので、竦んでいる状態と思います。)

 「李下に冠を正さず」

 安倍氏は、自身で加計理事長から「驕ってもらったことがある」と宣いました。総理大臣は行政府の長の長として、国の全ての事務事業を所掌している訳ですから、まぁ、言ってみれば国の事業に係わる人は全て利害関係者ということになります。加計氏がその一人であることは明々白々であります。・・な方から驕ってもらった人が「李下に冠を正さず」とは、これ以上のブラックジョークはありますまい。

 

 「黒に近い灰色」

 これを決定付けたのは、「加計学園が獣医学部を造ることを知ったのが1月20日」と「強弁」でしたことでした。・・なことある訳ないでしょ! 国家戦略特区として獣医学部の再申請後、2015年8月から(新聞の動静欄で分かっているだけで)11回も安倍氏は加計氏と会っています。「腹心の友」の関係にある者同士、話が出ない訳ないでしょ!安倍氏自身も加計氏が新学部創設に意欲がある方だと言っています。その中に獣医学部が入ると考えるのが当然です。

 加計疑惑は、これでますます、真っ黒に近い灰色になったのであります。

 

 「ダーティ」

 広辞苑では、「汚れているさま。きたないさま。卑劣なさま。」とあります。

 安倍氏は、国会での委員会で、野党のヤジに対してヤジを批判する言動を繰り返してきました。しかし、自らが野党に対して口汚いヤジを飛ばしたのであります。

 その「ヤジ」とは、思い出すたび腸の煮えくり返る思いがしますが、「くだらない質問をするなよ」と言ったのであります。国会議員は国民の代表でありますので、いわば主権者である国民に対して「くだらない」と見下したのであります。これ以上卑劣に感じることはありません。

 

 これ以外にも、昭恵夫人のお付きの問題とか、数限りなくブラックなことがありますが、書いていくと怒りにより、私自身の健康にあまり良くありませんので、今回はこの程度にしておきましょう。

 

 色としての黒は私は好きですよ。黒髪なんて良いですね。この指で梳いてみたいですー。

 

 安倍内閣打倒!が妥当!

 

 

 

 

 

 

コメント

全日本年金者組合広島県本部第29回定期大会

2017-07-29 08:06:54 | 高齢問題

全日本年金者組合広島県本部第29回定期大会

2017年7月29日(土)

 10日くらい前、知人からTELがありました。「年金者の大会に行けない。(理由は手術のため)代わりに出てもらいたい。」いきなり、何のことか分からなかったのですが、会議の後に古希の祝いの会があるということで、それに惹かれて、OKしてしまったのであります。

・2017年7月25日、広島市東区「ロードビル」

 まず、場所を探すことから。スマホを持っていないので、パソコンで場所を探し、カメラに収めました。広島駅の東にあります。

 

 電車で、広島駅に降り立ったところ、ヤなものを見ましたです。8月1日から160円→180円へアップ。ウゥーン、このデフレ時代に何故?と思いますです。

 駅ビルで昼食を摂ることに。ラーメンだと直ぐ出ると思い、ラーメン店へ入りました。

 尾道ラーメン620円也を注文することに。

 待つこと約15分!ラーメンだと早くでると思っていたのに・・。

 ただ、コク旨という感じで美味しかったです。ただ、ちと味濃いし。

 広島駅に、南北の通路が出来ていました。岡山駅並になりました。

 歩きながらのシャッターを押しましたので、ブレていますね。改札口です。

 駅北から、南方向を撮ったものです。左の高いビルはマンションです。

 

 ラーメンに時間がかかったため、13:30ギリギリに到着。

 約50人の出席でした。元気の良いお方達ばかりでしたね。

 会議は途中休憩をはさんで、17時ころまでありました。熱心に討議が行われましたですよ。

 

 会議終了後、古希の祝いの会が開かれました。私も古希の一員であったため、挨拶をさせられるハメに。

 「今年は酉年です。鶏は何と鳴くかというと、『コケコッコー』と鳴きます。私には、『コキケッコー、コキ、ケッコー』と聞こえるのであります。家族の前で、『コキケッコー、コキケッコー』と鳴くのですが、一向に反応がないのであります。冷たいですねぇ。その『コキケッコー』が年金者組合の方に聞こえたのか、今日は、このような古希の祝いをしていただき、有難うございました。」笑い声が聞こえてきたので、少しは受けたのかと思いました。(^_^;)

 

 

コメント

一線

2017-07-28 18:18:07 | 政治

一線

2017年7月28日(金)

 真正不倫がバレた自民党の今井参議院議員が、記者会見で、「申し訳ありません。」と述べました。何に対して? ①世間を騒がせたことであり、②支援者を裏切ったこと、そういう趣旨でした。不倫相手には妻子があり、最も傷付いた訳でありますので、一番先にその妻子に対して謝罪するのが世間の常識というものです。→驚くべきことに妻子への謝罪はありませんでしたね。

 また、今井氏は自民党に申し訳ないという趣旨のことを述べました。不倫相手の妻子に対しては申し訳ないと思っていないのに、党には申し訳ない、と。これ保身ミエミエであります。→こんなのを卑しいと言うのでしょうね。

 こう見て来ると、今井氏は、自ら行ったことを反省しているとは思えないのであります。

 

 今井氏と不倫相手の神戸市議は口裏を合わせたように、「一線を超えていない。」と宣いました。「一線」って何? ホテルにおいて二人で一夜を過ごすことが、仮に男女の関係がなくても、既に大きく一線を越えていると認識するのが世間の常識というものです。

 ところで、お二人とも自民党員ですが、自民党からの処分はどうやらない様子です。へぇ~と思いますです。これだけ自民党の名誉を傷つける行為を行った二人を処分なしにすんの? 不倫容認政党=自民党→いずれ自滅党であります。

 

 一方、核武装論者の稲田核好子防衛大臣ですが、辞任を表明しました。記者会見で「謝罪」しましたが、何に?

 稲田氏は、世間を騒がせて申し訳ないという趣旨のことを言ったのであります。

 稲田氏が謝罪しなければならないことは、国会で虚偽答弁を行ったことです。百歩譲って報告を受けていないかつ隠蔽を指示していない(つまり虚偽でない)としても、自らが防衛省という組織を統率できず任を果たすことができなかったことを謝罪しなければならないでしょう。この方は弁護士ですので、法律的知識はお持ちかも知れませんが、世間の常識は持ち合わせていないようであります。

 稲田氏の呟き。「これで、怖かった安保委員会に出席しなくてもすむワ。嘘を言い続ければ何とかなることも経験したワ。これからは、ファッションも好きにできるワ。」→これは、私の想像であります。

 

 不倫のお二人と稲田氏を何とか、結ぶ付けようとしたのですが、これは無理でした。 否、お三人共、自滅党員であります。

 

  

コメント

NHK交響楽団 廿日市特別公演

2017-07-27 17:19:44 | 音楽

NHK交響楽団 廿日市特別公演

2017年7月27日(木)

 私がオーケストラに一番求めるもの、パワーを存分に堪能いたしましたです。

 NHK交響楽団廿日市特別公演

(曲目)

・ベートーヴェン 序曲「コリオラン」

・チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調

・ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調

・(アンコール)モーツアルト フィガロの結婚序曲

 

 序曲「コリオラン」の冒頭、弦楽器の厚みに思わずニンマリです。これだけのパワーのオーケストラを聴くのは、思い出してもあまり記憶がありません。遠く、ショルティ:シカゴか、レニングラード・フィルくらいです。もっとも、ホールが中ホール(807席)でそう感じたのかも知れません。

 いえいえ、やっぱ、ホールだけではありませんね。スフォルツァンドが凄いんです。パンッと弾けるような音がします。そうそう、音響も好ましいと思いました。長い方とは思いませんでしたが、リニアに減衰します。

 ホルンの音では新発見がありましたですよ。バリバリというような音を出すんですね。ホルンというと何かのどかな音色のイメージがありますが、(確かにそのような音も出します)刺激的な音で、思わずホルンに引き付けられました。

 演奏についての、眼力(聴力と言うべきか)はありません。ただ、7番の2楽章の出だしは、(スコアの指示は勿論知りませんが)もう少しピアノでテンポも遅くして厳かにして欲しかったですね。終楽章は、何が何やらよく覚えていません。次第に身体がわなわなと震えてきて、空調は完璧な温度であったにも拘わらず目からは大粒の汗がポロポロと流れ落ちました。終わった直後は、放心状態ですワ。このなんとも言えない虚脱感がたまりませんです。しか~し、雰囲気を壊したのは、アンコールですね。フィガロの結婚序曲が演奏されたのですが、ムードぶち壊しでありました。ベートーヴェンの7番の後に何の音楽も要りません。必要なのは、静寂だけです。

 指揮の高関健は、広島交響楽団を指揮した時期がありました。30年くらい前になるでしょうか・・。その時、氏の指揮でベートーヴェンの合唱を歌ったことがあります。

 ヴァイオリンのニキータ・ボリソグレブスキーという人は知りません。技術レヴェルがどうのこうのということも私の聴力では分かりません。ただ、ピアノで弓をゆっくり引くときに音の微妙な揺れを感じました。もっとも、それを完璧に演奏できるヴァイオリニストって、世界に何人いるのかしら?

 チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、ダイナミックで気持ち高揚させる曲ですね。聴衆の興奮も伝わりましたですよ。

 アンコールで何やら難しい曲を演奏しましたが、全く知らない曲でした。ただ、裏声のような音を出していましたので、20世紀に入ってからの音楽と思います。

 本日のオケですが、コントラバスが6本!地方公演を舐めてんの、と思いました。チェロも(多分)6人で主席もいませんでした。ただ、後で考え直して、ホールが小さいので十分と思ったのかも知れません。

 私が座った席からです。A席で8,500也でした。N響のチケットってもっと安かったように思うのですが・・。ただ、これも中ホールで割高になったのかも~。

 CDを売っていましたが、高いの何のって! こりゃ、やっぱ、音源交換が効果がありますワ。

 さくらぴあ大ホールの楽屋裏にトラックが着けていました。楽器を運ぶトラックですね。

 

 図書館とかギャラリーも併設されていて、廿日市における文化の殿堂ですね。結構、活発に事業を行っているようです。

 ホールの2階から撮った写真です。この日は他のイヴェントも行われていて、多くの人でごった返していました。平和だからこそですね。

 

 最後に、NHK交響楽団が世界的にどの程度の位置にあるかは、私には分かりません。ただ、ネーメ・ヤルヴィに師事した方によると、ネーメは「東洋のベルリン・フィル」と言っているということです。なら、8,500円が急に安く思えてきました。(^_^;)

 

 

 

 

 

コメント

野付半島

2017-07-26 15:23:16 | 

野付半島

2017年7月26日(水)

 北海道の野付半島は、不思議な自然です。「自然」。人工的に造ろうとしても、そもそもアイディアが浮かばないのではなかろうかという不思議を感じます。

 2006年に行ったことがあるのですが、冥途の土産にもう一回行ってみたくなり、北海道旅行を計画したのです。6月25日に行ったのですが、雨が降っていて、滞在時間を短くせざるを得なく、冥途への土産にはなりませんでした。もう一度行くしかないのかな・・・(笑い)

 

 半島が円弧状になっています。標高が低く年月により浸食され、この形は短期間に大きく変わるのではなかろうかと思います。

 この日、雨が降っていて、歩きが困難でした。バスというのか乗り合いの車に乗って移動しました。トラクターが牽引していますが、2006年に来た時は馬が引いていたんです。馬が可哀想に感じました。

 歩きの団体もいました。

 トドワラという所まで来ました。

 ここからは歩きしかありませんが、帰りのバスの時刻まで15分しかないと言います。

 

 資料館です。

 キタキツネがいました。近寄ると逃げるのですが、そんなに遠くまで行きません。誰か餌を与えていますね。それにしては毛並みが悪かったです。

 イトウです。巨大ですね。最初に北海道へ行ったとき、どこかの旅館で食した記憶があります。

 豊かな生態系が感じられます。

 

 

コメント

議会制民主主義の死滅

2017-07-26 14:38:22 | 政治

議会制民主主義の死滅

2017年7月26日(水)

 これだけ、国会で虚偽の答弁が横行している現状を見ると、このまま安倍内閣が続くとなると、日本における議会制民主主義が死滅するのではないかと、思いますです。

 それにしても、我が安倍晋三総理大臣の虚偽答弁は凄すぎます。加計学園が獣医学部を造ることを知ったのが1月20日とする強弁を昨日も行いました。これまでの国会での答弁と矛盾する内容です。この違いをいくら言いくるめようとも、虚偽であることは明白です。

 

 私ゃ、一介の一市井の一人間で、情報がある訳ではありませんが、このような人間に対しては、容易に騙すことが出来ると思っている傲慢さを120%感じますです。

 

 ある意味、私が、安倍氏が、「可愛い」と感じることは、総理大臣でありながら、政治的senseが麻痺してしまっちゃて、まともな一市井の人間レヴェルになったのではないかと感じることです。

 

 その目を醒ますのは、世論調査ですね。2日間の委員会審議で、国民の多くは、安倍首相が信頼できない→許せないという怒りに転じていると思います。(楽しみですわ。)

 

 さて、このような現状を受け、政局が急激に動きだす可能性が出てきました。

 

 果たして、自民党内閣に変わる受け皿を誰がどのように造ることができるのか・・。そのことが、今後の政局の焦点になることは間違いありません。

 

 安倍内閣打倒!の旗印を早く見たいですね。誰が最初に言い出すかな?

 

 余談ですが、打倒ではなく「退陣」と言う人がいますが、私ゃ、「退陣」は妥当な言葉ではないと思います。

 

 

 

 

 

コメント

国会を舞台とした茶番

2017-07-25 08:09:28 | 政治

国会を舞台とした茶番

2017年7月25日(火)

 加計疑惑に関する衆議院予算委員会(24日)に関してです。

 我が安倍晋三総理大臣ですが、今回は、随分殊勝な感じに見えました。演出を変えた効果が出たようであります。

 しかし、シナリオライターは書き損じましたですね。「書き損じた」というか見損じがかなり出てきました。

①安倍氏が加計の獣医学部の計画を知ったのは、今年1月20日と書いちゃった、いや言っちゃた! ・・なことある訳ないでしょ。腹心の友加計氏と食事やゴルフを何回も重ねて、獣医学部の話が出ない訳ないでしょ、という疑惑ですね。

 私ゃ、野党議員には是非質問してもらいたいです。メイルや電話をどれだけ頻繁に行う仲か?ということをですね。多分昭恵夫人が嫉妬するくらいメイルしているのじゃなかろうか・・。当然、獣医学部に関する内容もありますですね。多分「単語登録」していますですわ。(笑い)

②和泉首相補佐官ですが、「総理は自分の口では・・」発言に関して、「こんな極端な話をすれば、記憶に残っている。そういった記憶は全く持っていない。したがって言っていない。」「言っていない。」。

 「言っていない。」を色を成して2回繰返しました。強調すれば相手(前川前事務次官)の主張を崩せると思っているのかも知れません。しかし、大事なのは論理ですね。和泉氏は、「こんな極端な話をすれば、記憶に残っている。」とone phrase付けくわえましたが、要するに和泉氏の論理は「記憶に残っていないから言っていない」ということになる訳です。「記憶に残っていない」つまり記憶がないということは、言ったかも知れないというのが普通の論理構成です。

 和泉氏は、その後再び追及されると、「言わなかったと思う」と変わっちゃったんですね。この方の「記憶」が全く信用できないことが分かったのであります。

 

③今治市の課長と課長補佐に官邸で会ったとされる柳瀬前首相秘書官ですが、「お会いした記憶はない」と何回も繰り返しましたが、嘘ミエミエであります。当の今治市には記録が残っているんですから。柳瀬氏が首相の意向を汲んで「真摯に丁寧に」説明するということであれば、今治市に確認するでしょう。なぜ、それをせずに疑惑が深まるような答弁をするのか?この方、ひょっとして、安倍氏を見限った方が今後の自らのためになると考えているのかしら?と思っちゃいます。

 

 それにしても、このシナリオライター、どうしてこうも嘘つきばかりの人物を登場させるのかしら。ことは国会を舞台としている訳で、場末の劇場ではないんですね。(「場末の劇場」とは失礼な言い方をしました。)いい加減に、登場人物を一掃して欲しいもんですわ。→安倍内閣退陣ということです。

 

 それ以外にも、意外ではなく、森友と同じ構図の疑惑も出ましたですよ。建築費が異常に高い!

 

 

コメント

第22回定期総会

2017-07-24 17:07:16 | 仕事

第22回定期総会

2017年7月24日(月)

 かつての職場の団体の定期総会がありました。

・2017年7月15日 広島市中区立町 広島国際ホテル「東風」

 国際ホテルです。

 最上階は、展望レストランになっていて、ぐるぐる回っているんです。3回くらい行ったことがあります。耐震構造の関係で、取り壊しになるんだって。

 

 ちゃんと、決算の発表とか事業報告もするんです。ただ、繰越金が多いんですね。年間の支出が約12万円なのに、繰越金が約52万円!→厚かましく意見を言わせていただきました。

 

 私の目的は、後の懇親会でありました。前菜の写真を撮るのを忘れてしまいました。

 自己負担2,000円でありましたので、飲物代は団体が負担したと思われます。

 料理は、量は適当と思いましたが、質がもう少しと思いました。

 飲物は紹興酒を出してくださいましたが、今まで経験したことのない水っぽさでありました。ただ、贅沢を言える身分ではなくなっており、意見を言うのは差し控えさせていただきました。

 酔っ払って、気分が良くなったのであります。幸せ!幸せ!

 これは、因果関係はありませんが、ビール電車の広告です。広島電鉄はユニークな会社で、様々なアイデア商品を売り出しています。2席セットで10,000円也。飲物飲み放題、弁当付きです。ネットで調べたところ、弁当がcheapでありました。飲物飲み放題だけで、2,000円なら乗ってみたいですね。

 

(追伸)

 前菜の写真も撮っていました。美味でありました。

コメント

丁寧な説明

2017-07-23 11:14:37 | 政治

丁寧な説明

2017年7月23日(日)

 安倍晋三総理大臣は、「指摘があればその都度、真摯に説明責任を果たしていく。一つ一つ丁寧に説明する。」と言っています。

 今や、防衛大臣の資格も資質もないことが明らかになった稲田核好子大臣が、日報を隠蔽したのではないかという疑惑に関して、どのような答弁を行うのか?→そりゃ、「現在、特別防衛監察中でありますので、お答えは差し控えさせていただきたく存じます。」と「丁寧」に同じ答弁を繰り返すということになるのでしょう。→こりゃ、国民の怒りに火を注ぐことになる訳であります。

 

 方や、山本幸三地方創生担当大臣ですが、日本獣医師会の議事録を「相手側(獣医師会)の思い込みだ」と言い放ちました。(獣医師会に対する侮辱ですね。)その根拠として、秘書官のメモを挙げていましたが、その後「廃棄した」と前言を翻しました。こちらの方も誰が嘘をついているのかは明らかです。

 

 「真摯に説明責任を果たしていく」と安倍氏がいくら言おうが、嘘ッパチのことを「真摯に説明」と言ったって、そりゃ嘘の上塗りをするだけになってしまいます。

 

 私は、安倍氏は、結局、国民が納得するだけの「説明責任」を果たすことはできないと思います。真実を言えば説明責任を果たすことになりますが、真実が嘘を言っていたということになると、そりゃ内閣の崩壊になりますので。ということで、疑惑がますます広がり深まるる結果になるのであります。

 

 そしてその因果は、世論調査の内閣支持率は下がり不支持率は上がるということになるでしょう。不支持の理由が、「安倍首相が信用できない」というのが某調査で約50%でした。私は、世論は「信用云々」ではなくて既に「怒り」のレヴェルに達していると思います。調査項目に、「安倍首相に対して怒りを感じているかどうか」というのを付け加えていただきたいものです。

 

 

 

 

コメント

倉本聰ワールド 北の国から

2017-07-22 16:36:53 | 

倉本聰ワールド 北の国から

2017年7月22日(土)

 6月23日、倉本聰の北の国からの舞台を巡りました。今年、北の国から全作品の再放送がありましたです。wifeの指示により、全部録画いたしました。私は、観ていませんが、wifeはどうやら全部観たようであります。多分40時間くらいあるのじゃなかろうか・・。私ゃ、音楽番組も十分観ていませんので、観ることを予期して録画したのでありますが、何時観るかは未定であります。→観る前に死ぬ予感がしております。

 

 この地図の右下辺りに北の国からの関連施設が案内されています。

 布部駅です。廃線になっていますが、駅舎は立派に残っています。観光資源としていますね。

 「北の国 此処に始る」倉本聰 とあります。

 寄せ書きノートがありました。

 純と蛍はもう大分大きくなっています。

 麗郷の森。 「れいごう」と読むと思われますが、辞書にないので造語ですね。意味は分かります。漢字の良いところです。

 彩の大地とあります。

 丸太小屋の敷地内に入るのに500円かかります。外から見えましたので、500円節約いたしました。なにやら、鰻のかば焼きの香りを嗅いだだけのようであります。

 右の道を行くと、「黒板五郎の石の家」ですが、ここも500円必要ということで、パスいたしました。

 入場しないのに、厚かましく、トイレはいただきました。

 北海道はでっかいドウ!

 昔はこんなトラックが多かったですね。今は、鼻先のないキャブタイプです。

 三角窓は便利でしたね。窓ガラスの曇りなんかも風を当てると綺麗に消えましたから。

 

 「北の国から」ですが、wifeによると、男が観るドラマだと言うことです。私ゃ、今さら「男」になってもと思います。

 

 

 

コメント

白金青い池

2017-07-21 07:50:18 | 

白金青い池

2017年7月21日(金)

 6月22日からの北海道旅行で、23日に行った、「白金青い池」がハイライトだったような気がします。

 北海道の知人から、私が北海道へ旅行へ行くとメイルしたら、観光案内ブックが送られてきました。many thanksです。その中でwifeが見つけたのであります。

 ちと、幻想的な風景であります。

 左の標識ですが、「十勝岳火山対策の為の砂防施設です。」とあります。

 「砂防施設」で水を溜めるの?と思いますが、見ずに帰る訳にはいきません。

 

 観光施設として遊歩道が整備されています。美瑛町

 コバルトブルーの水面が見えてきました。

 最初は、チラッと。

 

 この木は、根が水に漬かったために枯れたのでしょうか。根も呼吸をしているのだと思いますです

 

 枯れた木があることが価値になっているような気がします。何故かって? そりゃ樹になるでしょう。

 blue pondとありますが、氷が張っていても青いのかな?見てみたいですね。

 中国人の観光客が多くいらっしゃいましたです。

 一緒に行ったson1stのwifeによると、同じ職場だった方が何年もの間ここへ写真を撮るために来て、カレンダーを作り知人に配りまくったということでした。私も時間があれば、月明かりの写真を撮ってみたいと思った次第です。

 

 

コメント

シャトウ・フラノ

2017-07-20 17:30:42 | 

シャトウ・フラノ

2017年7月20日(木)

 6月23日、シャトウ・フラノへ行きました。ワイン工房でしょうか。外観からはワインを造っているとは思えませんでした。(もっと大きいと思っていましたので。)日本の酒蔵へは度々行きましたが、ワインは数度程度です。最近、日本ワインの評価が高くなっていると言いますが、果たして如何に?

 

 レンガ造りの洒落た建物です。

 

 ワインの出来るまで。赤と白とで行程が違うんですね。赤はまず発酵槽に入れるのに対して、白はまず圧搾機に入れて次に発酵槽に入れます。つまり、赤は皮も発酵させるってことですな。日本酒よか行程が少ないです。

 試飲できましたです。もっとも私ゃ、車でしたので、指をくわえて見ているだけという哀しいことに。

 ぶどう畑の四季です。

 地下にワイン蔵があるということで、行ってみることに。

 

 

 サンプル室とあります。

 

 瓶詰ですが、古いワインがありました。

 写真では分かりませんが、1977年のロゼワインとあります。40年前ですね。

 これ、無造作に入れてありますが、「100年カプセル」とありますので、100年寝かせるということですね。

 

 

 チョコレートの試食がありましたので、一ついただきました。ワインとチョコレートって何らの関係もないと思いますが、車で来てワインを試飲できない人のガス抜きではなかろうかと思いました。チョコット、その意図を書きますと、ワインを試飲した人は飲ませていただいたので、買って帰ろうかということになるのに対して、試飲できなかった人はその買うという気持ちにあまりならないということになりますね。そこで、チョコレートを餌にしてワインを売ろうという魂胆だと考えた訳であります。→試飲できなかく悔し差が滲み出ています。

 

 結局、ワインは買いませんでした。というか、旅の途中で荷物になるので、敬遠したということです。

 

 

コメント

「こんな防衛大臣で良いのか?」→「否だ!」

2017-07-20 07:31:37 | 政治

「こんな防衛大臣で良いの?」→「否だ!」

2017年7月20日(木)

 稲田核好子防衛大臣が、国会で虚偽の答弁を行った疑惑があるということです。

 19日の朝日新聞です。

 稲田氏は、3月の衆議院安全保障委員会で、陸上自衛隊内でデータが見つかったという報告を受けていたかどうかを問われ「報告はなかった」と答弁しています。

 しかし、この記事によると、「陸自内の文書の存在について対応を協議した省内の幹部会議に、稲田防衛大臣が出席していたことが分かった。」ということなんですね。つまり、当然「報告」は受けていた! 当然のことながら、非公表も了承したことになります。

 同記事によると「稲田氏は18日夜、自身が非公表を了承したかどうかにつては、『ご指摘のような事実はない』とコメントした。」とあります。

 しかし、このコメントも嘘ミエミエであります。→これまで、国会で数々の嘘の答弁を行っていますからね。

 今日20日の朝日新聞の続報で、背景が分かってきましたですよ。

①稲田氏や内部部局幹部らへの陸自側の「不信感」を指摘する声は少なくない。

②防衛監察本部により処分案によると、日報問題の責任の8割は陸自の隠蔽体質や文書管理にあったとする内容で、このことに陸自は黙っていない。

③日報の取り扱いや電子データの管理に不手際があったのは事実だが、大臣らに逐一報告して指示を仰いできた。

 つまり、大臣は責任を部下に押し付けて、「私の責任で」特別防衛監察による「真相」解明に努めると良い子ぶりっ子をした訳であります。最大の隠蔽者は自らなのにですよ!!

 これでは、いかに従順な職員でも、黙っている訳にはまいりませんね。稲田氏がどうせ8月の内閣改造で職を離れるということも明らかになって、これまで溜まっていた不満が一機に吹き出てきて、「稲田 否だ!」となったのでしょうね。

 菅官房長官は、19日の記者会見で「稲田氏は隠蔽を了承したとか、非公表を了承した事実は全くない、と報告を受けている」と擁護しています。ゆめゆめ、辞任や罷免などなさらないでくださいね、閉会中審査が終わるまでは。

 閉会中審査で、稲田氏の血の通っていない能面のような面からどのような「珍」弁明が出るか大いに期待しているのであります。

 

 

 

 

 

コメント