団塊世代の人生時計

 団塊世代として生きてきた「過去」、「現在」、そして「未来」を、自分自身の人生時計と共に綴り、「自分史」にしてみたい。

吉備SA

2018-08-25 17:58:23 | 

吉備SA

2018年8月25日(土)

 6月15日からの四国旅行で、18日、吉備SAで夕食をすることにいたしました。

 ↓ の続きです。

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/642d4ccd5cf21859d9f65b2e3396a472

 18:25、吉備SAに到着いたしました。

 

 妻が注文した、カットステーキランチ1200円也です。肉を一切れいただきました。美味しかったです。

 私が注文した、ビーフカレー820円也です。wifeの作るカレーの方が旨いのです。というか旨く感じるのです。上手く飼いならされているようであります。 これも決して美味しくなかった訳ではありません。

 SAには、飲食店の数が少ないように思います。小規模な専門店を増やして欲しいですね。

 21:22、我家へ到着しました。全走行距離1292.7㎞で、燃費は17.0と出ました。

 

 実は、この日(18日)、私の楽友が広島に来るので会いたいとのメイルが来たのですが、帰宅が21時頃になるので、お断りしたんです。以前もこの方は、広島に講演で来ることがあり、その時はお会いしました。2015年6月でしたので、もう3年になるんですね。早いものです。

 理系の大学の教授ですので、面白い話を聞くことが出来たと思うと、残念でありました。

 

 この前は、エントロピーの法則について、教えていただきました。 

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/5145276c3594d33e683a1e4c6a5d01e3

 

 今度会う機会があれば、生命についてお伺いしたいですね。

 

 

 

 

コメント

徳島市宿泊 東横イン徳島駅眉山口

2018-08-07 07:01:37 | 

徳島市宿泊 東横イン徳島駅眉山口

2018年8月7日(火)

 6月17日、高知市を出発し、目的地の徳島市へ到着いたしました。

 広島を出発してこれまでの距離、490㎞。燃費は16.9㎞/ℓと出ています。

 

 宿泊先は、東横イン徳島駅眉山口です。この日日曜日で割引があり、ツインでも5616円也!

 ロビーは簡素です。朝はこれが食堂になるんですね。

 特筆すべきは、自販機の安さです。朝日のスーパドライが220円也!

 トライアンフが泊まっていました。昔のトライアンフ独特のフォルムは感じられません。エンジンが垂直でしたね。

 朝食会場です。

 私の取り分です。宿泊費に入っています。味噌汁に麩を多めに入れました。そういえば、どっか旅行した時に、麩だけの料理がありました。亡き先輩が教えてくれましたので、思い出しました。

 6月18日の徳島新聞です。今日行くドイツ館に関連する記事が出ていました。

   ↓

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/e24bdfe5c195639c5ab6bf0272a2b847

 

 

 緊急地震速報! 当然私が泊まっているホテルでも揺れましたです。体感的には震度2程度かと・・。この画面ですが、揺れる前に出ました!ですよ。

 徳島は震度3となっています。

 ビルの建物の中だと安全なのかどうか?少なくとも不安は感じます。

 もう30年位前だったですが、東京の国土地理院かどっかのビルで会議中に地震がありました。震度4程度だったんでしょうか・・。ビルがミシミシと軋み音を出しながら揺れましたので、危険を感じましたですよ。スタッフが、このビルは建設省が建てたものですので大丈夫と言いましたが、・・なことないでしょう。

 

 旅中の地震としては、数年前も経験したことがあります。鳥取地震ですね。

  ↓

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/d/20161118

 

 この時は、琵琶湖辺りを車で走っていましたので、揺れは感じませんでした。

 

 地震列島日本! 私自身の経験からも自信を持って断言できます。原発なんてもってのほかです。

 

 

コメント

鳴門市ドイツ館

2018-08-01 12:46:04 | 

鳴門市ドイツ館

2018年8月1日(水)

 6月18日、四国旅行の目的の一つ「鳴門市ドイツ館」へ行きました。

 ベートーヴェンに心酔している私としては、徳島へ行ったからには、逃せない「聖地」であります。

 6月16日の新聞に、坂東俘虜収容所跡が、史跡に指定されたとあります。坂東俘虜収容所は、ドイツ人捕虜がベートーヴェンの第九をアジアで初演した所なんですね。ドイツ館はその関連施設なのであります。期待が膨らみましたです。

 道の駅まで「第九」であります。

 

 ドイツ館のスタッフに撮ってもらいました。私のカメラでは施設の全景と人物を調和良く撮ることができないのです。

 

 1972年にドイツ館が建設されました。この建物は1993年に建てられた現在のドイツ館です。異国情緒溢れる建物です。

 

 「第九」アジア初演100周年記念で、入館料は何と半額に!二人で400円offとなりました。

 館内展示施設は撮影禁止なんですが、許可を得ればOKだって。後気が付いたんです。

 収容所生活の一部がジオラマで展示されていましたが、何と、ビールを飲んでいるものがありました。

 

 この方は、松江豊嘉収容所長です。この方が立派な方だったんですね。

 まぁ、一言で言えば、捕虜を人間扱いしたということです。

 ベートーヴェンの銅像で指揮をしているところです。

 2004年8月にもこのドイツ館へ行ったことがありますが、その時はこの銅像はありませんでした。

 

 

 実際、どんな指揮をしていたのでしょうか・・。

 

 元ドイツ大統領の言葉です。この日、ホテルの徳島新聞朝刊で読み、感銘を受けました。

「孤立主義がはびこっている。ナショナリズムを求める声が、どんどん強まっている。・・オープンであること、共感すること、そして他人を理解すること。それはとても大事なことだ。民主主義は貴重だが、脆弱なものでもある。私たちはこれを守らなければならない。」

 

 長文ですが、全部引用いたしました。

 

 

 

 

コメント

室戸岬

2018-07-24 16:51:52 | 

室戸岬

2018年7月24日(火)

 6月17日、室戸岬へ到着いたしました。・・と、1999年頃、室戸岬へ行ったことがあることを思い出しました。詳しくは覚えていませんが、オートバイで走ったような気がします。室戸岬で深層水を買ったような気がします。

 

 

 灯台は高い所にありますので、地平から覗くとこんな感じです。

 中岡慎太郎の立派な象がありました。

 海に近づいてみました。灌頂ヶ浜(かんじょうがはま) とあります。

 少し、散策してみました。砕け散る波しぶき! 海の香りを運んでくれます。

 ・・と、何やら人がいます。

 

 天草を採っているということでした。こんな荒波のなかでも生息しているんですね。

 

 天日で乾かして、トコロテンにします。

 何のおまじないか、石を積み上げていました。

 

 海の直ぐ近くなんですが、木の茂みがありました。分け入ってみることに。

 マングローブに似た木ですね。

 辺りは岩場ですが、逞しく生息しているものです。

 見るだけにさせてもらいました。

 本日の目的地徳島まで127㎞とあります。4時間程度です。

 

コメント

野良時計

2018-07-23 07:43:58 | 

野良時計

2018年7月23日(月)

 私の妻は、プチ物知りなんです。私は、そのことに関して敬意を表しているのであります。というか、便利なことがあるんです。6月17日、高知県安芸市を走っていたところ、wifeが見つけました。

 

 一番下に「野良時計」というのがあります。脇道に逸れてそこへ行きたいと言うのであります。「野良時計ってなんだ?」と私ゃ、思いましたです。

 行く道中、何処で仕入れた情報か知りませんが、薀蓄を述べていました。大概の場合聞き流すのですが、どうやら、畑の中に時計があるようです。

 

 畑作業というか、花壇に水を撒いている方がおられました。

 大きな綺麗な時計がありました。

 netで調べてみると、

「家ごとに時計のなかった明治の中頃、土地の旧家で地主であった畠中源馬氏が自分で時計組み立ての技術を身につけ、歯車から分銅まで手づくりで作り上げた時計台。
この時計台の原型は、当時畠中家の台所にかかっていた八角形の米国製の掛時計で、これを何度も分解しては組み立てて時計の構造を学んだといわれています。
古くから周辺で農作業をしていても遠くから時間を知ることができ、「野良時計」として現在も多くの人々に親しまれています。」

 詳しくは

  ↓

http://www.akikanko.or.jp/kanko/noradokei.html

 

 観光スポットになっています。

 写真では分からなのですが、「住所です 内覧ご遠慮ください」とあります。

 

 この時計ですが、止まっているのです。畑作業をしている人に聞いたところ、ネジまきが大変なんだそうです。wifeが、「じゃ電気時計にすればいいのに」、と言います。電気仕掛けの時計なら観光スポットなんかにはなりませんです。というか、この時計を苦労して作った方を侮辱することになります。こういう感性って、人間が完成していないということじゃなかろうか?と心の中で呟きました。

 

 とまれ、wifeのプチ物知りのおかげで、面白いものを見せてもらいました。

 

 

コメント

高知市到着

2018-07-19 11:45:46 | 

高知市到着

2018年7月19日(木)

 6月16日、宿毛市から高知市へ到着いたしました。

 

 ホテルに16:19着。これまでの距離は、659㎞です。

 外観、率直に言って、くたびれているホテルでした。実は、ネットでホテルを探したのですが、土曜日でしたので、なかなか思うような物件が無かったのです。高知市のホテル組合に℡し、教えてもらったホテルです。

 ホテルタウンセンター。セミダブルで6,500円也(駐車料込)。最初は1人分かと思いました。安かったからです。でも、それなりでした。

 エレベータ内です。

 貸し自転車というのがあります。こりゃ良いですね!でも気付いたのは今なんです。知っていれば借りていました。

 

 

 南国高知の川沿いにありました。

 近くには夜店が準備中でした。

 朝方まで営業していました。皆さん、ワイワイ騒いでいました。明日が日曜ということもあったのかもしれません。でも、うるさいほどではありませんでした。

 おっ!縁側のある店がありました。

https://www.homes.co.jp/cont/buy_kodate/buy_kodate_00241/

 

 子どもの頃ですが、私の住んでいた家にも縁側がありました。

 色んな役割があったと思います。建物的には、寒暖調整の緩衝地帯でしょうか。人々との交流の場でもありました。家に上がるまでもなく、見ず知らずの人でも縁側に腰をかけて歓談するという格好の場所でした。

 「縁」という言葉ですが、「ゆかり」という意味もありますが、「ふち」という意味もあります。まず、ふちから縁ができるってことでしょうか・・。

 

 TV画面です。土佐といえば、坂本龍馬ですね。この方は龍馬の兄の子孫でいらっしゃいます。

 イヴェントがあるようでした。

 坂本龍馬の先祖は、滋賀県の近江坂本の出身ということです。実は、父が生前言っていたのは、私の先祖も近江坂本の出身で、明智光秀の残党だったのでは?ということでした。ただ、残念ながら、資料が残っていません。

 

 朝食が無料サービスになっていました。

 

 広島出身のグループと会ったんです。広島と書いたユーニフォームを着ていたので気付きました。「何処の高校から来たの?」って聞いちゃったんです。今の大学生は子ども子どもしています。広大のバスケチームで対抗試合の為に来ているということでした。昨夜広島のバスが走っていましたが、多分、彼女達が乗ってきたのだと、推察しました。「推測」というのは、自分勝手に思うもののようです。

 

 無料ですから、文句は言えませんですよ。有り難く頂戴いたしました。ただ、できればご飯の方が良いです。

 

 

 

 

コメント

須崎市道の駅

2018-07-16 17:19:15 | 

須崎市道の駅

2018年7月16日(月)

 6月16日、宿毛市を出発し、高知市へ向かっています。須崎市まで来ました。

 道の駅で休憩です。

 

 

 

 

 かつおたたきのわら焼を実演していて、このテーブルで食すことができます。

 

  高知へ来たら、かつおのたたきを食すのはmustです。今夜食すことにいたしましょう。

 

  これ、カヤックでしょうか・・。

 

  高知のお酒も今夜飲すことにいたしましょう。

 

 

 

 

 

 

  ハランボと称するとろ焼かつおは、食してみたかったです。

 

 今夜、高知での食事が楽しみであります。

 

 

コメント

足摺岬へ

2018-07-15 07:35:29 | 

足摺岬へ

2018年7月15日(日)

 6月16日、宿毛市から足摺岬へ向けて出発しました。

 右下が足摺岬です。

 

 国道321号線です。海岸沿いを走ります。

 いわば、こんな岩場がずっと続いている道です。

 

 道の駅「めじかの里」です。

 めじかってかつおのことなんですね。

 かますの姿寿司です。

 このサバですが、二尾で230円也!広島だと倍以上します。買って帰る訳にはいかず残念です。

 

 小夏は6~7個入って350円也。

 下はすもも200円也です。日持ちがすると思いgetいたしました。期待未満でした。

 万次郎記念館がありました。

 幕末の日本に世界を伝えた国際人とあります。

 時間の都合で、入ることはできませんでした。

 

 足摺岬に到着しました。

 万次郎の立派な象が太平洋を見渡しています。

 

 心なしか、水平線が狐を描いているように感じます。悠久を感じます。

 観光客が少なかったです。土曜日だったんですけど・・。

 観光案内所のボランティアガイドさんと話をしました。NHKの大河ドラマで万次郎を取り上げてもらうよう署名活動をしているということでした。私は大賛成ですので、署名いたしました。

 バーターという訳ではありませんが、「安倍9条改憲NO!」3000万人署名をお願いしたところ、賛同していただきましたので、署名用紙2枚と返信封筒を渡しました。返送されたのですが、残念なことに10人全員住所の地番が書いてないのです。アチャ!

 

 

コメント

いろりや黒潮本店

2018-07-14 06:56:08 | 

いろりや黒潮本店

2018年7月14日(土)

 6月16日、宿毛市から高知市へ行く途中、昼食をしました。四万十市近くの黒潮町の「いろりや黒潮本店」です。

 風格のある建物です。

 

 年配の、と言っても私より若いですが、スタッフが声をかけてきました。「何処から来ましたか?」です。四国旅行は最後と思い広島から来ました、と答えました。「まぁ、そんなこと言わずに、またいらしてください。」

 話はちと逸れますが、年配のスタッフが居る店って、感じが良いです。

 

 wifeが注文したカレーうどん。

 

 私が注文した、やまかけうどん。山芋は大体の料理に相性が良いです。広島のお好み焼きですが、山芋をる小麦粉に混ぜるとフカフカ感がでてとてもgoodなんです。

 ここのうどんは、本当に美味しかったです。汁まで完食いたしました。

http://www.iroriya.jp/

 wifeが四万十のうなぎを食してみたいと言い出したんです。私ゃ、サプライズでありました。プライスを聞いて止めたものの、そんなこと初めから分からないのかと思います。注文してしまったとしたら、私は怒りを押さえる自信がありませんです。

 

 こりゃ、楽しく飲めそうです。

 「たっすいがはいかん!」とは、元気がないのはダメということでした。この言葉、昨日宿泊したホテルでも見ました。

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/b5777c8900e19de01337b4f71b53365e

 このマットは色んな店で見ました。高知県の観光キャンペーンでしょう。

 

 13:23、店を出発いたしました。ここまでの走行距離は555㎞です。

 

 また、海抜表示がありました。南海トラフ地震が恐いです。

 

 

 

 

コメント

秋沢ホテル

2018-07-09 05:16:04 | 

秋沢ホテル

2018年7月9日(月)

 6月15日、宿毛市の秋沢ホテルに宿泊しました。

 次の続きです。

   ↓

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/e3dea604cfa020afbb08b59c7dc1e6ee

 

 16:30頃ホテルに到着しました。朝5時出発し、約420㎞走行しました。なかなか瀟洒です。

 奇岩です。

 田圃が見えました。写真では分かりませんが、手前は苗を植えたばかりです。火事になって逃げ場がなくなったら、ここに飛んで降りれば助かるなと、とんでもないことを考えました。

 これは、翌朝の風景です。霧が立ち込めていました。

 「ホテルで朝食を」。「ティファニーで朝食を」を連想させますが、私なら「600円で朝食を」の方がキャッチされます。(-_-;)

 夜はレストランになるのです。

 菜再というネイミングです。

 カウンターもあります。「たっすいがはいかん!」というポスターがあります。何だろう?

 ホテルの朝食はバイキングが多いですが、どうも馴染めません。

 こういう食事が良いです。完食いたしました。

 

 日付が変わって6月16日、今日は高知市へ向かいます。

 

コメント

道の駅 みま

2018-07-08 16:15:36 | 

道の駅 みま

2018年7月8日(日)

 次の続きです。

  ↓

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/b23446ab87c957a76fbf088a915df62c

 

 6月15日、宿毛へ行く途中、宇和島近くの道の駅「みま」に立ち寄りました。

 

 ダイナミックな庇です。

 道の駅の表示は、目立ちません。

 

 

 日本酒を売っていて、魅力的なんですが、1.8ℓ瓶が置いてありません。私は旧2級酒を燗で飲むのが好きなものですので、720ml瓶はアカンのです。

 この蜂蜜ですが、中央の瓶は1㎏で2,850円也です。半額程度です。質的には分かりませんが、安いのfirstですので、買いました。

 

 四万十川の鮎です。魅力的ではありますが、食すのであれば塩焼きですね。

 宿毛市の市立宿毛歴史館に到着しました。

 多くの所に海抜からの距離の表示があります。スタッフに観光場所を尋ねたんですが、実に親切な方でした。ただ、時間的に隣の「林邸」を外観から見るくらいしか出来ませんでした。

 吉田茂って、宿毛市の出身ということを教えていただきました。

 林邸です。林家は、三代続けて大臣を輩出した名門ということです。

 

 私は、このような旧家を観るのは得意ではないんです。早く宿毛の幸を食べたい!

 

 

 

 

 

コメント

内子 かめや 反核ライダー

2018-07-07 11:13:07 | 

内子 かめや 反核ライダー

2018年7月7日(土)

 6月15日、愛媛県の内子で昼食をしました。

 この続きです。

   ↓

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/5685c555e1cbc61f3b6a5ea9a36d72c5

 

 内子へは、4、5回来ています。最初に来たのは、1988年8月3日でした。反核ライダーとして内子に一泊しました。

 

 この時、オートバイを持っていませんでしたので、レンタルしました。ホンダのVTというV型2気筒エンジンのオートバイでした。ドンドンというような独特の排気音がします。振動多めでした。

 8月5日、丸亀からフェリーで本土へ渡りました。

 8月6日、全国から広島の平和公園に集結いたしました。

 北海道から乗って来た人がいましたですよ。

 

 これは、内子座です。

 以前に来た時には、丁寧に写真を撮りました。

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/5ea6615f418673db2fe5c1b610e96e28

 

 今回は、昼食をするためだけです。

 かめやという、うどんとそばの店です。

 昼食時で、どんどん混んで来ました。

 ざるそば600円也を注文いたしました。

 手打ちそばではありません。

 wifeが注文した、ぶっかけうどんです。

 

 ・・と、お客さんが注文したメニューにビックリしました。うどんとそばの相乗りです。私とwifeが注文したそばとうどんを同じ皿に盛って出すのです。量的には、それぞれ三分の二程度ですよ。それで700円也ですから、割安であります。人気の秘密が分かりました。

 壁に直接サインをしています。

 地元、村上誠一郎さんが吼えています。自民党内野党といったお立場ですが、どこまで力を発揮できるのか?私は疑問に思っています。

 

コメント

石鎚山SA

2018-07-06 17:04:34 | 

石鎚山SA

2018年7月6日(金)

 6月15日に出発した四国旅行です。石鎚山SAで休憩いたしました。

 この続きです。

  ↓

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/0c4187798b3f929991575cf9963f3a26

 

 

 高速道路に入る前に、10,000㎞に達しました。約1年の走行です。7年位前には、1年に3万㌔走っていたこともあるのですが、走行距離≒体力という公式が成り立ちます。

 

 

 

 愛媛県といえば、柑橘類が多いです。wifeが言っていましたが、愛媛県の学校では水道の蛇口を開くとオレンジジュースが出て来るんだって!減らず口を閉めてください。

 じゃこ天は、広島でも有名ですぞ。

 タルトです。母方の伯父が伊予に住んでいて、土産が何時もタルトでした。タルトにはもう足るとです。

 柑橘専門店がありました。

 

 この分担は大きくて綺麗で立派です。値段も超立派です。380円也。300円を超えると、手も足も出ません。

 みしょうかんです。4個入って780円也。wifeは、分担でないと買わないようです。

 せっかくですので、生しぼりジュース小300円也を注文いたしました。二人で飲むのです。

 スタッフが絞り機にオレンジを入れます。

 この絞り機は優れもので、皮を剝かずに入れて機械が剝いてくれるのです。奇怪なことをするから「機械」という言葉が出来たのを知っていました?←これ嘘です。

 

 この濃厚な味は優れものでした。

 何故か、ストローだけ写っています。

 ところで、「ストロー」の語源ですが、「吸い取ろう」からきたって知っていました?←これも嘘です。

コメント

別子銅山

2018-07-04 15:06:25 | 

別子銅山

2018年7月4日(水)

 6月15日からの四国旅行の一日目、別子銅山へ立ち寄ることにいたしました。wifeが行きたいと宣うのであります。当日の目的地宿毛からすれば、一旦逆方向へ行くことになるので、私ゃ、嫌だったのですが、機嫌を損ねるとそれ以上に「嫌」というか、私に被害が出る可能性が高いため、婦唱夫随で付いて行ったのであります。

 結論としては、行って良かったです。スケールの大きい話です。我が国の近代化に多大な貢献をした鉱山と思います。

 住友財閥が造った施設で、入館料無料です。

 

 神社と併設のようでした。

 館内は写真撮影できませんので、館外の写真が多くなりました。

 鉱山ですから、山肌は草木が無くなりますが、閉山に当たっては植樹をしできるだけ元の状態へ戻したということです。素晴らしい関係者がいたものです。

 

 世界有数の鉱山だったということです。1691年から283年間掘り続けられました。上は海抜約1,200m、下は海面下約1,000mまで掘り続けられたということです。

 

 私の疑問ですが、何故住友財閥が所有することになったのか?ということです。鉱物資源は、社会皆の物ですので、私企業が独占するというのは適当ではありません。住友財閥さん、今からでも遅くありませんので、儲けを社会に還元してくださいませ。と住友の悪口を思っていたら、実は、wifeの親族は住友金属で働いていた(いる)人が多いんです。こりゃ、うっかり悪口は言えませんぞ。

 

 

コメント

四国旅行へ出発

2018-07-03 15:20:53 | 

四国旅行へ出発

2018年7月3日(火)

 6月15日、四国旅行に向けて出発いたしました。四国をほぼ一周する予定です。今回の目玉?は、足摺岬と室戸岬へ行くことです。「馬鹿の高上り」という言葉がありますが、「阿保の突端行き」であります。

 これまで、四国へ何回行ったか思い出そうとしたのですが、これは難解でした。ただ、明確に覚えているのは、①中学校の卒業旅行で行ったのと、②1998年頃、オートバイで今回のコースとほぼ同じコースを走りました。計10回位でしょうか・・。

 

 早朝5:00出発であります。できるだけ、距離を稼ぎ泊を少なくするためです。

 早朝出発の弊害がありました。PAがまだ営業していないんです。8:00からの営業で着いたのが6:36。

 来島海峡大橋です。合計10本橋があります。

 ここで余談でありますが、wifeが瀬戸大橋は一つの橋だと言い張るのです。・・な訳ありません。私ゃ、自分の目で見て確かめたんです。色んなタイプの橋がありますです。

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/247fbfa38d467f940f7ac64d0573306c

 net検索すると、

「優美な多島美を誇る瀬戸内海をまたぎ、本州と四国を結ぶ長大橋です。3つの吊橋と2つの斜張橋、1つのトラス橋があり、この6つの長大橋とこれらをつなぐ高架橋を総称して「瀬戸大橋」と呼んでいます。」

 つまり、幾つかの橋の総称なんですね。

 しまなみ海道の高速道路は、今治市で途切れます。高速を降りる少し手前にありましたですよ。「加計学園」という大きな看板が。獣医学部の新設大学は、高速道路からよく見える所にありました。

 加計理事長の、「2015年2月25日に安倍総理と会ったことはありません。」は殆どの人は信じていないでしょう。いずれ歴史的には真実が明らかになる時が来ると思いますが、その時はもう責任を取る立場にはないんですね。信じた人達は恥を知ってくださいね。

 途中、手ごろな店を発見いたしました。(注 朝食まだなんです。「途中」と言いましたが、本日の最終目的地は宿毛市です。「とれたて朝市」とありますので、開店していると思いきや、まだ、「準備中」。7:50だったんですがね。

 結局、すき家へ行くことになりました。

 人出不足で賃金単価が上がっています。ただ、まだ低いです。

 アメリカでは、「カリフォルニア州議会は3月31日(現地時間)、2022年までに州の最低賃金を時給15ドル(1680円)に引き上げることを承認した。」とあります。

 

 8時少し過ぎとあって、客は少な目でした。

 とん汁・納豆定食490円也を注文しました。

 ご飯多すぎ!半分でいいです。メニュー以上です。(笑い)

 

 これ、wifeが注文した、並牛丼にシーザーをぶっかけたものです。私の口には合いそうもありません。

 8:36、すき家を出発しました。これまでの燃費が20.0㎞と出ています。カタログは17.0ですから、良い数字です。

 

コメント