てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

2016  沖縄探訪記 ヒバリシギ

2016年12月14日 22時29分46秒 | 日記

 

 

 

冬羽では、体の上面が灰褐色になり、頭部などに黒褐色の縦斑がはいる。嘴は黒色で、シギ類としては細く短い。足は黄緑色である。

日本では旅鳥としてに全国的に渡来する。南西諸島では多数が越冬する。

等とある。




コメント

2016  沖縄探訪記 キマユツメナガセキレイ ♀

2016年12月14日 21時54分50秒 | 日記

キマユツメナガセキレイ ♀でいいだろうか?



 

コメント

2016  沖縄探訪記 タテオビヒゲボタル ♂

2016年12月14日 21時19分02秒 | 日記

しばらく、何だか判らなかったが遂に今、タテオビヒゲボタルの♂だと判明した。

詳しくはこちらを参照してほしい。

幼虫は大きなミミズを襲って食べるという。そして発光するという。

又、今帰仁城跡周辺の自然様には次のようにある。

雌の成虫は、雄の形とは対照的に、はねが退化していて、イモムシのようです。

タテオビクシヒゲボタルのように、雌の成虫のはねが退化している種類がホタルの仲間には多く見られ、島毎に別の種類になっているものが多くいます。

ホタルとは言いながら、夜間に光ってコミュニケーションする種類ではなく、昼間に活発に活動します。

大きさも1cm前後で、昼間に活動し、寒い冬の一時期のみ出現するので、あまり知られていない昆虫の一つです。

このホタルの幼虫は、ミミズを餌にして成長するという点も、他のホタルには見られない特徴の一つです。

4日間の滞在で、珍しいホタルに逢えたのは大変に幸運だった。

 

 

コメント

2016  沖縄探訪記 リュウキュウウラボシシジミ ②

2016年12月14日 20時36分47秒 | 日記

 

山地の森林内を流れる、渓流沿いに生息しています。下草の上に静止しており、近づくとちらちら飛びます。

渓流を歩かないと、なかなか目にする機会がありません。またとても小さいため、気をつけていないと見逃しそうなチョウです。

とあるが、確かにここには渓流が流れていた。

沖縄県レッドデータブック:準絶滅危惧、環境省レッドデータブック:準絶滅危惧

 

コメント

2016  沖縄探訪記 オキナワクロテンヒメシャク???

2016年12月14日 20時21分39秒 | 日記

オキナワクロテンヒメシャクかもしれないが良く判らない。

参考にしたページ

 

 

コメント

2016  沖縄探訪記 ゴマフリドクガ

2016年12月14日 20時07分20秒 | 日記

下の記事と同じ灯りに来ていた、本土と同じ種のゴマフリドクガ。

毒毛がよく見えている。


 

 

コメント

2016  沖縄探訪記 チャノウンモンエダシャク ♂(奄美以南亜種)

2016年12月14日 19時50分22秒 | 日記

「やんばる学びの森」の宿の灯りに来ていた。

普通種だと思い、撮るのをやめようかと思ったが撮ってきて良かった。

本土にいるのとは別種だという。

虫ナビ様には

奄美大島と沖縄島に生息するチャノウンモンエダシャクの亜種。
屋久島以北の基亜種に比べ、後翅の外横線が直線的で、翅の外縁部の赤みが弱いなどの相違点がある。
♂の触角は櫛歯状、♀の触角は糸状。

等とある。

 

      2012年08月23日に自宅の敷地で撮ったチャノウンモンエダシャク。 違いが判るだろうか?

       

コメント

2016  沖縄探訪記 ホシホウジャク

2016年12月14日 19時41分23秒 | 日記

 

沖縄には普通のホシホウジャクもいた。

 

 

コメント

2016  沖縄探訪記 アミハラキンパラ

2016年12月14日 19時39分01秒 | 日記

本名はシマキンパラというらしい。

 

 

コメント

アオゲラ

2016年12月14日 19時33分06秒 | 日記

 

 

 

コメント