てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

クリイロヒメハマキ

2011年07月31日 19時14分52秒 | インポート

開張16mm。
よく見ると豪華な模様が施してある。

コメント

ナシケンモン?

2011年07月31日 18時24分56秒 | インポート



26日に撮ったのだが、しばらく悩んでいた。
同定は怪しい。


コメント

ナガゴマフカミキリ

2011年07月31日 12時25分03秒 | インポート


赤いダニに寄生されやすい。



コメント

オオシロモンノメイガ

2011年07月31日 10時10分31秒 | インポート

成虫は樹液や花の蜜を食べるが、幼虫の食草は解っていないという。

コメント

栗の実

2011年07月31日 09時53分33秒 | インポート

春にはチョウのゼフィルスが訪れて、虫好きを楽しませて呉れた栗の木。
今はたくさん実をつけている、間もなく秋の味覚も楽しめそうだ。


コメント

クロカナブン

2011年07月31日 09時42分26秒 | インポート



カナブンの仲間のうち、分類学的に別種とされているのがアオカナブンと本種クロカナブンとある。
カナブンよりも光沢があり、やや細長い。



コメント

コシアキトンボの産卵

2011年07月31日 09時16分20秒 | インポート



近くで様子を見るオス。

コメント

オオトビサシガメの幼虫

2011年07月31日 08時57分48秒 | インポート

いつもここで陣取っているオオトビサシガメの幼虫。
大分大人っぽくなってきた。


コメント

ナミルリイロハラナガハナアブの仲間

2011年07月31日 08時49分22秒 | インポート





この頃、何時もマツの伐採木の上にいて気になっていた10mmぐらいのハナアブ。
金属的な光沢があり綺麗。

その名前が今判った。
後脚の脛がガニ股のように湾曲しているのが特徴とある。
また、肩のところが白いのも特徴らしい。

毎回、ここにいるというのは産卵に来ているのだろうか。

(近似種がたくさんいるらしいので仲間とした)



コメント

オオツノトンボ?

2011年07月31日 08時21分31秒 | インポート



公園の建物の壁にくっついていた。
いろいろに撮ってみたが、こんな場合は露出をオーバーめにした方がいいようだ。
壁の人工物の匂いが消えるように思う。

コメント