てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

ムモンホソアシナガバチの巣作り

2018年04月30日 20時43分12秒 | 日記

 

トチノキの葉裏にムモンホソアシナガバチの巣を見つけた。

小さいけれど攻撃性は強いという。

巣は目立たない所にあるので要注意。

 

            ムモンホソアシナガバチが、わざとクモの巣に引っかかってクモを狩るのを見たことがある。2017年07月24日 撮影。

            

コメント

ジャコウアゲハ

2018年04月30日 20時33分17秒 | 日記

 

 

 

 

 

 

ジャコウアゲハがハクウンボクの花に来ていた。

 

コメント

カマキリ幼体

2018年04月30日 20時20分36秒 | 日記

 

今季初めてのカマキリ。

まだ15mmぐらい。

 

 

 

コメント

オオギンスジハマキ

2018年04月30日 20時14分53秒 | 日記

 

 

小さいながらも貫禄のあるデザイン。


 

      2014年05月09日に撮った羽化したてのオオギンスジハマキ。

    

コメント

サトキマダラヒカゲ

2018年04月30日 19時26分02秒 | 日記

 

樹液に来たサトキマダラヒカゲ。

 

 

 

コメント

マドガ

2018年04月30日 19時20分13秒 | 日記

 

 

ハルジオンで吸蜜するマドガ。

例年は5月になってから見られる。


昼行性で日中に飛び回って吸蜜吸水し、花などに来るものがよく観察される。食草はボタンヅル。卵は食草の葉裏に1粒ずつ産下される。

孵化した幼虫は最初は葉の縁に沿った部分を切って巻くが、成長すると1枚もしくは2枚の葉全体を細く巻いて粗く綴り、その中で葉を摂食する。

幼虫はカメムシ類に似た臭いを出す[4]。幼虫で越冬すると推定されている[2]

等とある。


コメント

クロボシツツハムシのカップル

2018年04月30日 19時08分45秒 | 日記

 

 

イタドリの葉にいたので、イタドリハムシだと思った。

 

 

 

コメント

クロスジギンヤンマの産卵

2018年04月30日 18時59分54秒 | 日記

 

 

 

 

早くもクロスジギンヤンマの産卵が見られた。



 

180430

 


 2,171   311

コメント

クロコノマチョウ

2018年04月29日 22時35分11秒 | 日記

大きなチョウが飛んだ。

 

コメント

ウスバシロチョウの交尾嚢

2018年04月29日 21時09分19秒 | 日記

 

 

 

 

今年はウスバシロチョウが少なかった。

食草のムラサキケマンが少ないのだろうか。

昨日見たウスバシロチョウには交尾嚢がついていた。

あれ? 産卵する時はどうするの?


 

コメント