てんとう虫の歳時記 2

主に狭山丘陵の野鳥、昆虫、植物などを写真を中心に綴ります。

ミヤマホオジロ

2015年01月31日 23時22分31秒 | 日記

 

 

在庫から。

 

 

 

コメント

 ヒレンジャク

2015年01月31日 21時23分14秒 | 日記

先日の残り物。

ボツにしていたが連雀(連なる)の特徴が出ているかもしれない。

その後どうなっているだろう。

 

 

 

 

コメント

 ルリビタキ

2015年01月31日 21時03分28秒 | 日記

 

 

 

裏山にて。





コメント

 アカウソ

2015年01月31日 20時08分34秒 | 日記

この前のマントの子。

 

 

 

コメント

 ヒヨドリジョウゴ

2015年01月31日 19時42分42秒 | 日記

 

 

ヒヨドリもいよいよ食べるものが無くなってきた。

 

ヒヨドリジョウゴの名は、ヒヨドリがこの実を好んで食べることから名付けられたとされるが、実際にはとくに好んで食べるわけではなく、冬になっても残っていることが多い。

鮮やかな赤色の実は、冬枯れの野によく映える。

草にソラニンを含むため、食べられない。漢方では「白毛藤」という生薬として、解熱、解毒、利尿に用いる。

とある。



 

コメント

 ジョウビタキ

2015年01月31日 19時32分40秒 | 日記

 

なんぼなんでも小さすぎ。

 

 

 

 

コメント

 シロハラ

2015年01月31日 19時29分10秒 | 日記

 

 

 

雪がらみのシロハラ。

喜んでいると雪国の人たちに怒られそう。

 

 

 

コメント

 アオジ

2015年01月31日 19時25分00秒 | 日記

 

アオジの♂と♀。

 

 

 

 

コメント

 クロジ ♀

2015年01月31日 19時20分31秒 | 日記

 

雪が残る尾根道に現れたクロジの雌。

餌探しに忙しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

 知られざる?? 蛾の生態

2015年01月31日 18時14分20秒 | 日記

 

 

先日、公園の建物の中で見つけたアヤモクメキリガ。

床に枯葉のように転がって死んだようになっていた。(クリックで開く)

触っても殆ど動かなかった。

      

このままだと掃除のときにゴミになってしまうと思い、ティッシュに包んで持ち帰ったのだった。

成虫出現月が 11,3-4月ということ(実は12-2月も夜間、樹液などに来て活動している)なので、それまで保護しようと思った。

上の写真のように、ジャムの空き瓶に紙を敷いて砂糖水を湿らせたティッシュを中に入れ、CDで蓋をした。

真ん中の穴は空気口になると思ったのだ。

PCの前に置いたのだが翌朝見ると中は空っぽだった。

あの死にそうな弱々しい蛾がどうして出られたのだろう???

真ん中の穴から出たのだろうか。

CDは軽いから頭で押し上げて出たのかもしれない。

足場はツルツルのガラスだから難しいのではないだろうか??

 

そして家内がこんなことを言った。

寝るときに電燈を消してテレビを見ていたら、大きな蛾がテレビの周りをグルグル飛び回ったという。

しばらくして家具の上に飛び込んだというのである。

踏み台に登ってみると、そこに仮死状態で転がっていたのだった。

掴んでも全く動かなかった。変な奴だと元のビンに戻しておいた。

 

先ほどのこと、また動き出して砂糖水を吸っているようだった。

そして活発に動いている。

体内時計があって夜になると元気が出るのだろう。これから樹液を舐めに行かなければならない。

春には相手を探して産卵もしなければならない。

秘められた力が備わっているのだ。


余計なことをしてしまったようだ。

早速家外に放すことにしよう。

 

 

 150131

日付

今日 01月31日(土)[大安]

明日 02月01日(日)[赤口]

時間 午前 午後 午前 午後
03 06 09 12 15 18 21 24 03 06 09 12 15 18 21 24
天気
晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ

晴れ




 

 昨日 閲覧数1,232 訪問者数110

コメント