なら学びの会

学び・なら総合研究所
学びの共同体の情報交換のページ

5.08 小学校教科担任制の取組

2024-05-09 21:43:32 | 日記

ここ2日、かなりの冷え込みが続いています。現在外気温は12.3℃を示しています。まさに、外国為替に連動するような感じです。

さて、今日の記事は「変わる担任制2」横浜市の小学校の取組が紹介されていました。

横浜市では、来年度から全校導入とあります。「チーム学年経営」

そういえば、今日NHK「おはよう日本」の中で、不登校生のためのバーチャル学校なるものが紹介されたとか。残念ながら朝から田んぼの水番で見られなかった。新しいフリースクール。仮想空間での教室、顔出しがない分参加しやすく、オンラインでの授業やクラス会、懇談なんかも設定されているとか。今どきだね~!

学びのたより5月号

 拙速なジャンプの学びへの警鐘

 原文一部抜粋・・「ジャンプの学び」は、深い学びに挑むため、学ぶ喜びや達成感を味わわせるため、子どもたちの発達を促進するための必須の学び方である。だからこそ、教師は、「最も学びの難しい子ども」に心を砕く“まなざし”を持たなければならない。すべての子どもに対する「愛」を抱かなければならない。
それは、すべての子どもの「学びの事実」をみるということである。耳を澄まし、目を凝らして、心を砕くということである。後略・・

 第1章から

 授業づくりの三つの軸

 1すべての子どもの学びを目指す

 2常に、学びの深まりを目指す

 3教えてもらう勉強から、自ら取り組み発見する学びに転換すること

 

今週末、オーナー家の田植えです。マイ田の方は、どうやら無事に活着した様子です。電柵を設置ししばらくは、水番第一です。

5月末から、いよいよ、天理市二階堂小学校から学校訪問が始まります。


5.4 田植え終了

2024-05-05 11:33:03 | 日記

  うって変わって夏日の中、田植え終わりました。モミ蒔きあたりは天候が悪く田植えが遅れるのではないかと心配していました。しかし、お天気が盛り返しあっという間に成長してくれて、予定通り田植えができました。あとは、水稲だけに、水の番とカメムシ、雑草、鹿、イノシシとの戦いが始まります。今日朝、早くもカモが飛来してました。昨日の今日ということで、どこで見ているのでしょうか?

    

左から 4月6日 モミ蒔き 以前は土を敷き詰めたところに、もみを蒔きさらに土をかけて、芽出し機で育苗していましたが、 最近では、床土に土を使わず植物性の軽い板状の敷物を使って育苗します。結構機械化も進んでおり200枚近いパレットも小一時間で完了です。次に20日ごろ、次の芽出し機交代のため、ビニルハウスに収納した稚苗すでにいつでも植えられる状態までに大きくなっています。

27日の代掻きの様子です。この地方では、「マンガ掻と呼ぶそうです。串状の爪が付いた機械(これをマンガと呼ぶらしい)を引きずりながら、地面を平らにしていきます。水中の泥が落ち着いた昨日に田植えが完了です。私の借りている田んぼは、約2反少々、天候次第で、8月末か9月初めに稲刈り、収穫量は700Kgほどで家族親戚が十分1年た食べられる量です。銘柄は、「ミルキークイーン」です。

8月下旬の新米は、おつなものですよ。

 さて、前回お知らせしました小学館せんせいゼミナールご覧いただけましたか。学びの共同体「3つのキーワードの1回目「聴き合う関係」でした。

LISTENING PEDAGOGY(傾聴の教育学) 

 傾聴的コミュニケーションの基礎は「聴き合う関係」にある。

  (「目は思弁を準備し、耳は参加を準備する。」デューイ)

 他者の声を聴くこと(Listening other's voice)が、学びの出発点である。

・・・

 聴き合う関係は、他者への「応答性(responsibility」を基礎としている。

では、どうつくるか・・

 一斉授業型の教室から、コの字、男女市松のグループへ  つづく

 


4.16気になる記事!

2024-04-18 20:42:43 | 日記

 桜も八重やボタンに変わり、気温もうなぎ上り。農作業も遅れ気味ですが何とか4日予定の田植えには間に合いそうです。この土日は出会い人足で、導水路(井手)の掃除と給水が始まります。水を入れたとたん「カエル」の合唱が始まります。それを狙って、シロサギやクロサギが飛来します。田植えが終わると、今度はカモがつがいでやってきます。いつも同じカモが来ているのか、畔の草刈りをしていても、最近では遠く離れるだけで飛び立つ気配はありません。今年もやってきますかね?

さて、記事を2件(いずれも、読売新聞)

 若手教員指導新ポスト 文科省

 

 働き方改革や休職・退職者増、ブラック企業、モンスターペアレンツetc管理職のなり手がない、慢性教員不足、定年延長、教特法の見直し、なおざりのICT、あげるだけできりがない教育現場。・・・大丈夫か~

 

お気に入り

 佐藤先生「子どものすべてを引き受ける」

 佐藤暁先生「忙しいとは、心を亡くすと書きます。心を亡くした人が子どもの前に立つなんて、悲しい!」

 馬塲先生「五本の学びの屋台骨」

 石井先生「子どもが伸びる 教師が育つ 学校が変わる」

 小畑公志郎先生「四月からどうする」

 ・・・

ではまた、

 

 


文殊「模擬授業」のススメ

2024-04-09 21:13:19 | 日記

かわち学座 馬塲先生から力強いメッセージをいただきました。

テーマ「模擬授業のススメ」

 各校ともすでに新しい試みが始まっていると思います。かわち学座の「五本の屋台骨」を実際に体験して初めて納得いくのではないでしょうか。先生方が、何かしらの価値観(学びの共同体に対する)を持たない限り、研究会用の学び合いに他ならないですよね。こういう研究会を進めることで、一番不利益をこうむるのはやはり、学びの主人公である子どもたちでしょう。中途半端や生兵法はけがのもとといいますでしょ。目の前の子どもたちのために!

 以前こんな話を聞いたことがあります。満員電車に例えて、「何かしら始めようとすれば必ず他の乗客との摩擦が生じます。この摩擦を避けたければじっとしていなさい。じっとしていれば摩擦は避けられますが、自分の目的地には一生つくことはないのだ」と。さてあなたは、どっち派?


始まりましたね

2024-04-02 21:12:31 | 日記

ついに幕開け。

新メンバーで気持ち新たに頑張りましょう。

お知らせ

小学館 オンライン講座  「教室と学校の未来へ~学びの共同体3つのキーワード」

3回に分けての講座です。

 

学びのたより 4月号

 

奈良の会 拡大学習会 4月13日(土)「聴き合える教室を四月からどう創る?」

 

目白押しです。

 

 さて、私どもはこの天候不順で「コメ作り」かなりのタイミングの悪さが重なっています。ようやく先日晴れたので、畔の草刈りを済ませました。引き上げるときにふと、畑を見るとなんと・・・!

 

「きのこの〇」は有名ですけど、それに匹敵する「踊りつくしんぼ」何年ぶりでしょうか。せっかくなので卵とじにして晩酌のつまみになりました。

 

 前号にも書きましたが、いよいよ新事業所がオープンを迎えました。生駒の菜畑駅前です。もうすでに30名ほどの待機児童の申し込みがあり、スタッフの募集も間に合わず、こちらから複数名の出向で何とか急場しのぎとなりそうです。できるだけ早く、落ち着いた環境をと躍起になっているところです。興味のある方は、前号のHP参考になさってください。

「一歩前 踏み出す勇気に乾杯!」