「原発と映画」プロジェクト準備ブログ

原発に関する映画の紹介や、首都圏で放射能から子どもを守る取り組みの紹介や、子育てしていて疑問に感じることのつぶやきなど

「たゆたいながら」というドキュメンタリーができたそうです。

2016-02-10 20:32:41 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

たゆたいながら

監督 : 阿部周一
(2015年/59分/カラー/DVD)
http://zkdf.net/program/022/

 
 監督が育った福島県福島市は、福島第一原発事故後の避難区域には指定されなかったが、街の至る所に放射線量表示器が設置され、レンタルビデオショップでは線量計が貸し出されている。
 すっかり「日常」に忍び込んだ「非日常の風景」を前に、震災の日、自宅にいなかった監督は戸惑いながら、市内に残る人たちや県外に自主避難した人たちを訪ね、自らの家族も交えながら、葛藤を抱えながら生きる人々の声に耳を傾けていく。

監督プロフィール
阿部周一
1992年福島県生まれ。
大阪芸術大学映像学科にてドキュメンタリー映画を学び、原一男・小林佐智子の指導を受ける。
本作が初監督作品。


第7回 座・高円寺 ドキュメンタリー フェスティバル
のコンペテンション部門で、入賞し、11日12時から上映されるそうです。


2016年 2月7日(日) - 2月11日(木・祝)
座・高円寺 冬の劇場28 (会場 : 座・高円寺2)

http://zkdf.net/competition/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「ヒロシマ、 そしてフクシ... | トップ | 2月27日~3月13日 第五回江... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

原発の映画(観てないもの・上映情報等)」カテゴリの最新記事