「原発と映画」プロジェクト準備ブログ

原発に関する映画の紹介や、首都圏で放射能から子どもを守る取り組みの紹介や、子育てしていて疑問に感じることのつぶやきなど

「むすんで開く へっついの家」というドキュメンタリーがあるそうです

2015-02-20 11:39:25 | ブログの目的

http://kodomozenkoku-news.blogspot.jp/2014/11/12425.html

 

佐渡での保養をおいかけたドキュメンタリーのようです。

上記ブログより抜粋させていただきます。

<関久雄 プロフィール>
  岩手県生まれ。1970年、高校卒業後、横浜で昼は港で働き夜は神奈川大学に通い学生運動や労働運動を体験するも、理論とヘルメットで武装して相手を叩くやり方についていけず1977年ヒマラヤニストに転向。1983年、ヒマラヤでの転落がきっかけで無農薬野菜の八百屋を始める。1986年チェルノブイリ原発事故をきっかけに非暴力で原発を止める運動に参加。1994年、病気をきっかけに福島県の二本松に移住。塾経営、社協ボランティアコーディネーターなどを勤めたあとに、2011年、NPO法人りょうぜん里山がっこうの職員になる。3・11の大震災、福島原発事故の後は保養を中心に活動し、「灰の行進」、詩作などを通して「福島のいま」伝え、原発いらない世の中を創る活動に関わり続けている。妻1人、4人の子供の父でもある。

□映画「—保養がつなぐ大家族—むすんで開くへっついの家」
 2013年/ドキュメンタリー/日本/カラー62分
 制作・関久雄/撮影・関根彬
映画チラシより…「へっついの家は、佐渡島の中央にある古民家だ。海も山も川もある佐渡の豊かな自然の中で、福島の子どもたちに思いっきり遊んでもらおうと、大人たちが保養施設に改装し、運営をはじめた。子どもらはここで突然、大家族の一員となる。へっついを訪れる家族らと、それを迎え入れる人々の想い、保養の現場が織りなす時間の向こう側に、未来の暮らしの姿を探して、保養がつなぐ大家族の日々を、カメラは追いかけ、『福島のいま』をうかびあがらせる。」

 

コメント

[原子力大国アメリカ」というドキュメンタリーがあるそうです。

2015-02-17 18:54:55 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

こちらに詳しく紹介されています。↓

http://nucleus.asablo.jp/blog/2014/02/14/7222347

 

2012年のサンダンス映画祭(ロバート・レッドフォードが主催する米国最大のインデペンデント系映画祭)に出品。

"The Atomic States of America"(93分)。直訳すれば『アメリカ原子力合衆国』。NHKの『BS世界のドキュメンタリー』で短縮版(49分)が『原子力大国アメリカ』というタイトルで、放送されたそうです。

今のところ『原子力大国アメリカ』は、DailyMotion で視聴可能とのことです。
オリジナルの英語版予告編はこちらです。

"The Atomic States of America"は、原子力施設近くの住民の健康被害、NRC(原子力規制委員会)が抱えるジレンマ、最終処分場の問題など、幅広く原発問題を扱った秀作ドキュメンタリーとのことです。

コメント

第二回3.11映画祭が開催されるそうです。

2015-02-12 20:45:42 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

こちらです。

http://311movie.wawa.or.jp/about/

01あの街に桜が咲けば

02ASAHIZA 人間は、どこへ行く

03家路

04遺体 明日への十日間

05いわきノート

0619862011

07今日子と修一の場合

08日本と原発

09故郷よ

10サバイビング・プログレス{進歩の罠}

11100,000年後の安全

12Jeffrey Jousan特集

13その街のこども 劇場版

14谷川さん、詩をひとつ作ってください。

15地球にやさしい生活 

16天に栄える村 

17東北ライブハウス大作戦ドキュメンタリームービー 

18波伝谷に生きる人びと 

19幸せの経済学 

20パンドラの約束 

21フタバから遠く離れて 第二部 

22ナオトひとりっきりAlone in Fukushima 

23祭の馬 

24ミタケオヤシン 

25ミツバチの羽音と地球の回転 

26未来をなぞる 写真家・畠山直哉 

27無知の知 

28  遺言 原発さえなければ

コメント