「原発と映画」プロジェクト準備ブログ

原発に関する映画の紹介や、首都圏で放射能から子どもを守る取り組みの紹介や、子育てしていて疑問に感じることのつぶやきなど

原発に関する映画その68 「セシウムと少女」

2015-09-23 09:30:47 | 原発と映画

セシウムという言葉も日常会話ではなかなか出せない雰囲気もある中、映画の題名が「セシウムと少女」というそのものずばりの題名にひかれて、事前知識なく、みてきました。

監督がこの映画で監督デビューだということは知っていたものの、どんな人なのかも知らないでみたので、あまりに突飛な展開をみていくうちにこの監督は何を考えているのだろうと監督の存在が気になりつつ映画をみていました。

最初のうち、主人公の高校生ミミちゃんがあやしげな「神様」に出会うあたりなど、これでは高校の映画部の作品ではないかと、ちょっとつぶやきたくなったりもしました。


ところが後半どんどん見せる映画になっていき、見終わったときは大きなものをずしりと受け取った気がしました。

簡単にストーリーをまとめると以下のような感じです。

========================

まっとうな感性や理性をもっているがゆえに、学校では「浮いてしまい」生きにくい17歳の少女ミミちゃんを主人公に、

ミミちゃんが不思議な神様たちに出会い、タイムスリップして若いころのおばあちゃんにであって人生の大切なことを気づかせてもらったり、

戦争の時代・広島長崎の原爆・第五福竜丸・原子力推進の時代・福島原発事故と社会問題に向き合い絶望感にとらわれる経験もしながらも、

今あるものを大切にしていきていこうとするまでを描いています。

「セシウムはやっぱり測定しなければ」と、測定器とホットスポットファインダーで測定しまくる場面がでてきたり、新聞も真実を書いてくれない時代ということにもさらりとふれられていて、貴重と思いました。

=========================

やはり高校生くらいの方たちにこそ一番にみてほしい映画と思いました。
みたい人がみるのではなく、全員に学校での団体鑑賞の時間などにみてもらったらいい映画ではないかと感じました。


最初登場したときにはくたびれた異様な雰囲気の神様たちが、ミミちゃんと一緒にだんだん輝いていく様子も興味深く、監督にお聞きする機会があったので、おたずねしたら「定年以降の方たちへの応援歌という意味もこめた」とのお返事に納得しました。

http://cesium-to-shyoujyo.com/#

監督の才谷遼氏のプロフィールを上記HPよりご紹介します。

1952年大分市生まれ。
日大芸術学部映画学科在学時より岡本喜八監督に師事。1982年、株式会社ふゅーじょんぷろだくと設立。まんがアニメ専門誌「COMIC BOX」を創刊。1998年、複合施設ラピュタビル(映画館・小劇場・レストラン)をオープン。映画館「ラピュタ阿佐ヶ谷」では邦画旧作上映に注力するとともに、国内外の短編アニメーションを集めた映画祭を開催。2006年「アート・アニメーションのちいさな学校」を開校、事務局長を務める。

才谷監督は、311前から核のことに関心をもっておられたそうで、原発事故後さまざまな行動に参加もしたけれども、やはり自分の専門分野でなにかやらないとだめなのではないかと思い至り、この映画をつくるにいたったそうです。

たくさんの思いのこめられた映画「セシウムと少女」が広がって、放射能はその辺にあるのだから、タブーとされるのではなく、あたりまえに語れ、あたりまえに測定し、あたりまえに考える時代になってほしいと願います。

コメント

「天空の蜂」は原発テロを描いた映画。。。

2015-09-18 21:19:34 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

http://tenkunohachi.jp/

12日公開、必見と思います。観てからまた書きます。

コメント

ニュースウォッチ9「”死の灰”の放射線 世界初の確認」(NHK 2009年放映)

2015-09-16 20:16:57 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

テレビですが、2009年にNHKが放映していたものとのことです。

長崎大学の七條和子先生が、被爆された人の肺のプルトニウムを撮影されたということが描かれています。

https://shinurayasu.wordpress.com/2012/01/09/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81%EF%BC%99%E3%80%8C%E6%AD%BB%E3%81%AE%E7%81%B0%E3%81%AE%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A-%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%88%9D%E3%81%AE/

コメント

「放射線を浴びたX年後」第二弾が完成予定

2015-09-15 11:24:51 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

2015年秋に完成予定で、ポレポレ東中野で公開予定ということまでしか書かれていませんので、現在最後の追い込み中ということなのかもしれません。

「放射線を浴びたX年後」は残念ながらまだみていませんが、貴重な映画であると同時に相当上映がされた映画ということでも記憶しています。

第二弾にも注目したいと思います。

http://x311.info/part2/

コメント

「福島生きものの記録 シリーズ3~拡散~」が10月31日より劇場公開予定だそうです。

2015-09-15 11:00:26 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

岩崎雅典監督による「福島生きものの記録」というドキュメンタリーは

「福島生きものの記録 シリーズ1 被曝」

「福島生きものの記録 シリーズ2 異変」と続けてこられていますが、

2015年春完成した「福島生きものの記録 シリーズ3 拡散」が

10月31日ポレポレ東中野にて劇場公開予定とのことです。

予告編もみれますので、関心ある方がいらっしゃればとご案内します。

http://www.gunzosha.co.jp/

「拡散」というサブテーマは、「放射能汚染は県境にとどまらない」ことを確認するために、宮城・茨城・栃木での撮影も行われたことからつけられたそうです。

映画が完成時に書かれた岩崎雅典監督の言葉。。。上記HPよりご紹介させていただきます。

 
 <福島 生きものの記録> 3作目を撮って
 

 2012年4月からはじめた福島通いも3年になった。最初から長くかかるだろうということは覚悟はしていたが、見えない放射能を映像にすることの難しさを痛感してきた。だが、今回は期待がないわけではなかった。何故かというと、初めて原発の核心部、5キロ圏内に入れる許可を得たからである。大熊、双葉、浪江町といったいわゆる帰還困難区域の”生きものたち”がどうなっているか、気になっていた。先ず、果たして野生動物が生息しているのかという疑問。それすら、何の情報も得られなかった。

 常磐道を降り、富岡町から国道6号線を走っていたら、福島第一原発へ向う交差点にさしかかった。行けるところまで行ってみようと進んだら原発正門ゲートに行き着いた。さすがに、敷地内に入ることは叶わなかったが、周辺を走っていたら”赤く枯れた”松林に出会った。チェルノブイリの”赤い森”を思い出す。
 人気のない大熊町でモニタリングポストを見つけた。数値を見てびっくり、22.90マイクロシーベルト/h。基準値は、0.23マイクロシーベルト/h。百倍近い。獣道を探し、大熊町と双葉町に自動センサーカメラを仕掛ける。映っていた!尻尾が細くいびつなタヌキ夫婦。痩せこけたキツネ。テンらしいものと、イノシシ親子。よくぞ3年半も生きてきたものだ。いや、もしかしたら、他所からやって来たのかもしれない?

 こうして始まった3作目。核心部へ入れたことでスタッフは元気になった。
もう一つ、”秘密兵器”が加わったこと。と言っても今では多用されているミニ空撮が可能なマルチコプター。近づけない除染作業現場や帰還困難区域を空から見ることで街全体の様子を捉えることが出来た。資金の乏しいわれわれにとっては、この上ない戦力となった。

 今回のサブテーマは”拡散”。福島県のみならず、大量に放出された放射性物質は、他県にも汚染が及んでいることの確認だった。宮城県角田市、丸森町ではツバメの異常報告。栃木県の中禅寺湖では釣り人に人気のあるヒメマス、ニジマスなどへの汚染被害。キャッチ&リリースで凌ぐ漁協の苦悩。茨城県霞ヶ浦では、流入河川からの低泥汚染で底に住む淡水魚の汚染。出荷制限されている魚種もある。これまで付き合いのあった、NPO法人「アサザ基金」の汚染対策の提案がユニークだった。継続調査のツバメ、アカネズミ。新規に、沼や溜池に住む”野良ゴイ”の調査も始まった。

今回の取り組みで最も収穫があったのは、小出裕章(京都大学原子炉実験所・助教)氏の証言だった。

原子力や放射能の知識に乏しい私にとって専門家の意見を聞けたこと。小出さんは、先ず、福島第一原発の爆発規模は、広島原爆の168発分と教えてくれた。それが、東日本や北関東の大気中に広くばら撒かれたと。仮置き場の放射性廃棄物は持ち主の東電、福島第二原発所へ返せと。自分自身の悔恨を含め、夢のエネルギーに集まった巨大産業の暴走への怒り。そして、何の責任もない子どもたちへの謝罪など、厚く明快に語ってくれた。目からうろこの連続だった。

 秋も深まった11月。南相馬市と飯舘村を結ぶ幹線道路12号線の路上で出会ったニホンザルの一群。

道路端でせわしく食べ物を口に運ぶサルたち。激しく行き交う車。危険を省みず、その間隙を縫って移動するオスザル、子ザル、赤ん坊を背にした母ザル・・・。 いまなお、命を脅かされながら必死に生きていた。

 "福島”シリーズ1作、2作目と応援、支援して頂いた多くの皆さまに感謝をこめて、多謝。

                                                    2015年4月     

                                              映画監督 岩崎雅典





 
               
  
 
コメント

『Don't Follow the Wind - Non-Visitor Center展』9月19日からワタリウム美術館にて

2015-09-14 07:42:31 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

http://www.watarium.co.jp/exhibition/under.html

2015年3月11日から福島第一原発付近の帰宅困難区域のあちこちの民家を借りて、国内外12組のアーテイストによる『Don't Follow the Wind』展が開催されているそうです。

原文をコピーできないので、12組のアーテイストの方たちの思いが少しでも伝わるようにと抜粋で紹介します。(上記ワタリウム美術館のHPの中のプレスリリースより)

「住むことすらできないほどの崩壊と汚染が起きている場所で、アートにできることはなんでしょうか?

この展覧会は封鎖が解除されるまで視覚的にみにいくことができません。

現状に対する応答でありながらも、人々がみにいくことができるのは未来なのです。

DFGは人々が住まない場所に存在し、予測不可能な未来において過去の記録として存在します。

アートそのものは我々が介在せずに存在し、生きる証のように人間の弱みや願望を背負ってそこに存在し続けます。」

参加されたアーテイストの方たちは以下の12組の方とのことです。

アイ・ウェイウェイ
Chim↑Pom
グランギニョル未来
ニコラス・ハーシュ&ホルヘ・オテロ=パイロス
小泉明郎
エヴァ&フランコ・マッテス
宮永愛子
アーメット・ユーグ
トレヴァー・パグレン
タリン・サイモン
竹川宣彰
竹内公太

アイ・ウェイウェイさんは、中国の代表的な現代芸術家であり、最も声高な政府批判者として知られる方だそうです。2008年北京五輪の"鳥の巣"スタジアムのクリエイターでありながら、五輪大会を糾弾し、中国政府の監視は次第に強まっていき、2008年四川大地震で5,000人以上の子どもが犠牲となった校舎倒壊事故が発生し、事故を調査する彼と中国政府の対立は決定的に。2009年8月、彼は警察の暴行を受け、脳内出血の緊急手術を受けるなどもあったそうです。

そういう方が福島原発事故にも関心を持たれたのだということに心動かされます。芸術家の心は、時代をこえ国境を越えていくものなのだろうと感じます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回開催されることになった『Don't Follow the Wind - Non-Visitor Center展』は、みにいくことができない展覧会のためのサテライト展ということです。

『Don't Follow the Wind』にまつわるアーカイブ、資料

参加作家が制作した関連作品や過去の代表作を紹介。

さらに、福島の帰還困難区域と東京、海外の2都市を同時刻に繋いで行われた参加作家による対談を捉えた映像がインスタレーション形式で展示されるそうです。映像の監督は園子温監督が務められるそうです。

園子温監督の劇映画「希望の国」は原発関係の映画の中で長く映画史に残っていく映画と思っていますが、園子音監督の映像に期待が高まります。

2015年9月19日(土)~10月18日(日)
会場:東京都 神宮前 ワタリウム美術館
時間:11:00~19:00(毎週水曜は21:00まで)
参加作家:
アイ・ウェイウェイ
Chim↑Pom
グランギニョル未来
ニコラス・ハーシュ&ホルヘ・オテロ=パイロス
小泉明郎
エヴァ&フランコ・マッテス
宮永愛子
アーメット・ユーグ
トレヴァー・パグレン
タリン・サイモン
竹川宣彰
竹内公太
ドキュメント制作:園子温
休館日:月曜(9月21日、10月12日は開館)
料金:
大人1,000円 学生800円 小・中学生500円 70歳以上700円
ペア券 大人1,600円 学生1,200円

 会期中は参加作家らが出演する関連イベントを開催。また、展覧会の開催にあわせてChim↑Pomと椹木野衣が編集を手掛けた『Don't Follow the Wind』の公式カタログも刊行される。なお同展は、会期終了後に形態や内容を一部変更しながら海外の美術館やアートセンターなどを巡回する予定とのことです。

 

 
コメント

「空想の森映画祭」は9月19日から

2015-09-13 22:25:52 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

北海道の真ん中よりやや南の新得町というところで開かれている「空想の森映画祭」があるそうですが、こちらはもう20回をむかえる歴史ある映画祭なのですが、今年は9月19日からだそうです。

新得には一度だけいったことがあるのですが、かなり何もないところにみえたのですが、そこでこんなにも想いのこもった充実のプログラムの映画祭があるということに

正直驚いてずっと注目しています。

何もないと見えたかもしれないけれども、すばらしいラフテイングがあったり、すばらしいツリーハウスはありました。こだわりたい人たちの住んでいるところなのかもしれません。

1993年にこの新得町に移住してきた三重県出身の映画監督
藤本幸久さんが1996年に一回目のShintoku空想の森映画祭を開催されたそうです。

 (藤本幸久監督の作品はこちらをご覧ください。http://america-banzai.blogspot.jp/p/index.html

私は「one shot one kill」というアメリカの海兵隊を描いたドキュメンタリーが忘れられないほどの衝撃として心に残っています。)

 

http://www.kuusounomori.com/program/

今年も、多彩で魅力的な作品を集めておられますが、このブログのテーマである原発関係では、

田代陽子監督の「風のたより」という最新のドキュメンタリーが上映されるそうです。

大間原発をおいかけたドキュメンタリーとのことです。

「ゴジラ」も上映されたり、福島在住の佐川ようこさんという方の講演「福島レポート」もあるそうです。

プリピャチでうまれたカテリーナさんという方の演奏もあるそうで。。。とにかく多彩で。。。一度行ってみたい気持ちになります。

 

コメント

2015福島映像祭が9月12日から開催されるそうです。

2015-09-01 21:20:38 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

http://fukushimavoice.net/fes

9月12日~18日 ポレポレ東中野にて

★映画上映作品(会場:ポレポレ東中野)
『福島 生きものの記録 シリーズ3~拡散』(2015年/91分/監督:岩崎雅典
『セシウムと少女』(2015年/111分/監督:才谷遼)
『種まきうさぎ』(2015年/88分/監督:森康行)
『大地を受け継ぐ』(2015年/86分/監督:井上淳一)

★イベント(会場:Space&Cafe ポレポレ坐)
9月12日(土)12:30開場 13:00~15:00
上映&トーク「ふくしまの未来~福島中央テレビの現場から」
ゲスト:佐藤 崇(福島中央テレビ 取締役報道制作局長) 
聞き手:高木 祥衣(OurPlanet-TV)

9月12日(土)18:30開場 19:00~21:00
市民部門上映&トーク「わたしが伝える福島」
ゲスト:市民部門 上映作品 制作者
ファシリテーター:平野 隆章(OurPlanet-TV)
コメンテーター:下村 健一(慶應義塾大学特別招聘教授)

9月13日(日)18:30開場 19:00~20:30
映像パフォーマンス「かげろう」&トーク
映像・演出:中 峻 
出演:坂倉 花奈(青年団)、田中 孝史、平山 葉子 話者:高木 京子
<上演後トーク>ゲスト:遠藤 諭(遠藤建具店) 聞き手:中 峻 

9月18日(金)18:30開場 19:00~21:30
トークセッション「いま、原発で何がおきているのか」
ゲスト:片山 夏子(東京新聞社会部)
聞き手:白石 草(OurPlanet-TV)

 

☆開催を記念して、11日までourplanetTVが「東電テレビ会議」のインターネット視聴を可能にしてくれているそうです。

 http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1972

「東電テレビ会議 49時間の記録」9/11(金)まで全編無料配信

 
投稿者: ourplanet 投稿日時: 火, 09/01/2015 - 05:30
「東電テレビ会議 49時間の記録」全編無料配信・9/1(火)AM11時~9/11(金)AM11時

1号機が爆発、3号機の原子炉水位も低くなり、刻々と近づくメルトダウン。本店の調達が後手に周り、バッテリー、ガソリン、水、食糧が不足する現場。打つ手打つ手が、ことごとく失敗する中、2号機、4号機にも危機が迫る様子。そして、ついに、作業員退避の検討がはじまる―。2011年3月12日から15日までの3日間、福島第一原発で何が起きていたのか。東京電力が一般向けにインターネット公開した映像をもとにまとめた報道ドキュメント。

◆製 作 OurPlanet-TV(2013年/SD/3:2/日本/206分)
◆映像提供 東京電力株式会社
◆配信期間 2015年9月1日(火)午前11時~9月11日(金)午前11時
◆公式サイト http://www.touden49.net/

コメント