テリー・イシダの『独酌酔言』。

夜な夜な酒場で一人飲み、酔った勢いであれこれ、一言、申し上げます。

なぜ!?左に曲がるときに、右を見てしまう!??~今日のお店:裏なんば、静かに吞むなら、、、「虎徹」。

2018年11月16日 | 世の中

裏なんばの立ち呑みでも、

ここが一番、分かりにくい場所にあるんと違うかな?

ホントの裏通り、



で、お店も静かで飲みやすいです、

お酒をしみじみと味わう感じ、

どう?行ってみましょか、、、

でね、またしょうもない話なんですけど、ちょっと聞いてもらえますか、



これね、ず~っときになってるんです、

そして、結構危ないのですわ、はい、



でも、ワタシもよくやります、やってしまいます、

これは癖と云うより、なにか本能的な動作と違うかな?と思うんですが、、、



え~っとね、歩いていてね、路地から広い通りに出たりする時、

とか、喫茶店から出て道路に立った時とか、

オフィスの通路でも、会議室から出る時でも、やってしまいます、



左に曲がるとしますやん、

その時にね“右を見ながら、左に曲がる”人が多いんですわ、



はい、これ絶対に多いんです、

ワタシもちょくちょくやってしまいます、



“左に曲がるのに、右を見ている”ので、これ結構危ないんです、

まっすぐ歩いている人とぶつかりそうになる、

たいがいはまっすぐ歩いている人の方が避ける訳なんですが、



“右を見ながら、左に曲がる”、、、これはいったいなんなんでしょうか?

別に意識的に左右の安全を確認している、という訳ではないのです、



なんとなく“左に曲がるけど、右を向いている”状態です、

分かります?



左に曲がる時は、右の方がなにか名残惜しいのか?

もう、そちらへは行かないと分かっているので、何か確認したいのか?

危険なものが後ろから来ないか?という防御本能なのか?

とか、いつも考えてしまいます、



で、無意識に“左に曲がりながら、右を見ている”ワタシがいる訳です、

なにか、心理学的な説明がありそうな気がするのですが、、、

どなたか、この謎を説明してくださいませ~、

【今日のお店:裏なんばの立ち呑み「虎徹」】

裏なんばの路地裏にひっそりと佇む隠れ家立ち呑みの「虎徹」、



“寅”系のお店だと思います、



暗めの店内照明、静かな呑み方推奨、

料理は美味しいです、






日本酒も少しだけ、でも、いつも美味しい酒を置いています、






カウンターの中には女性がおられることが多いですが、

ワイワイと騒ぐ客はいません、



もちろん、それなりに楽しく飲むのは問題ないですが、

それでも、やはり“裏なんばの立ち呑みにしてはとっても静かな”飲みっぷり、



一人か二人で行くのが良いかな、団体は無理です、

料理が美味しいので、ワタシは好きな店です、

コメント

快挙です、「ゴーゴーカレー」が後継者のいない老舗カレー店の事業継承を制度化!~今日のお店:再度山荘。

2018年11月09日 | 世の中

ハイキングのシーズンですね~、

はい、暑い夏が終わり、今が一番歩きやすいシーズン、

もう、毎週山登っています、



ま、下山した後のビールを楽しみに登っているんですけどね、



今日はね、もう店決まってます、はい、

下山した後というか、
下山途中で一杯飲めるんですわ、はい、

ここ、ほんまエエですよ~、

でね、今日はワタシのしょうもない話と違いますねん、

カレーチェーンの「ゴーゴーカレー」さんの素晴らしい事業展開の話です、はい、



先日、この「独酌酔言」で『老舗酒場後継者育成事業』について書きました、



エエ老舗酒場が後継者がいないばかりに惜しまれながら廃業閉店するのをなんとかしたい!

中津の角打ち「大西酒店」の廃業閉店を受けての記事でした、



と、なんと、カレーチェーンの「ゴーゴーカレー」さんが、

後継者がなく、惜しまれながら廃業するおいしいカレー店をなくしたい!

という想いで、事業継承の仕組みを発表されました、



はい、そうです、まさしくワタシの思い描いた仕組みのカレー屋さんバージョンです、



詳しくはこちらをお読みいただきたいのですが、、、

“後継者不在による廃業をなくしたい。カレー店を救うゴーゴーカレーの事業承継への思い”

(冒頭の一文を引用転載)

世の中にあるこだわりのカレーを広めたいという思いとともに、後継者不在で悩んでいる経営者の方に事業譲渡という選択肢を一度考えてみていただければと思い、今回の公募に至りました。

ゴーゴーカレーは事業への思いやコンセプトはそのまま大事にし、こだわりの味とお客様、従業員の雇用も全て含めて大切に承継します。

(転載ここまで)



す、素晴らしい!

まさしくこれです!



名店が後継者がいないために廃業する、

これは大きな社会的・文化的損失であるという事を憂い、

その店をお客さん、従業員共々引き継ぐ!

ゴーゴーカレー、老舗カレー屋、客、三方全部得!

「三方よし」の近江商人の極意を地で行く見事な事業です、

素晴らしい、拍手喝采!!



ワタシの『老舗酒場後継者育成事業』、これもなんとかしたい、

そう、経営者の高齢化に伴う老舗酒場廃業という、

社会的・文化的価値の損失を防ぐための制度です、



くわしくは、以前の「独酌酔言」の記事をお読みください、

以前の記事はこちらから ⇒



どこかのお酒メーカー、酒場継承事業をやってくれませんかね?

KIRINかASAHIか?

月桂冠か?白鶴か?



いや、やっぱりここはSUNTORYでしょう!

ハイボールでお世話になっている老舗酒場を助けてください、SUNTORYさん!

よろしくお願いします、、、



どうでっしゃろ?



【今日のお店:再度山荘(ふたたびさんそう)】

元町辺りから歩くと30~40分かな?



山手女子高校の脇の道をひたすら登って行くとある、山小屋風のお店、

再度公園からハイキングで下ってくると、山道の途中にあります、



スペアリブと、



ピザがメインメニュー、





ハイキング終わりでいただくビールもサイコーです、



ランチ営業がメインで予約しておいた方が無難です、



夜は貸し切り営業のみ可能、

山の中のため冬季は休業しています、ご注意を、



ハイキング帰りに寄るも良し、

街から歩いて行くも良し、

なんならタクシーを飛ばして行くも良し、



ぜひ一度、行ってみたらいかがでしょうか、

コメント

比喩表現の“蜘蛛の子を散らす”、これで悩んでいます^^)~今日のお店:新梅田食道街の老舗焼鳥「とり平」。

2018年11月02日 | 世の中

久しぶりですね、ここ、

はい、新梅田食道街の老舗の一軒ですね、相変らずの人気ぶりですな、

なんか面白いネーミングのメニューも楽しい、

まずはビールで焼鳥、いただきましょか、

でね、またしょうもない話ですけど聞いてもらえますか?



比喩ってありますよね、そう、例えの表現、

なんとも言葉で表しにくい状態も、比喩を使えば通じる、理解できる、



覚えておくと便利な慣用比喩がいろいろとあります、



ま、例えばね、物凄く強い雨が降った時は、強い雨です~!!

と云うよりも、、、

『バケツをひっくり返したような強い雨』と云った方が臨場感が100倍伝わります、



ね、、、でも、この慣用句も“バケツ”という言葉が入っているので、

そないに古い言葉ではないようです、

昔は『桶をひっくり返したような』とか云うたんですかね?

これは違うかな、、、



でね、今日の本題ですけどね、ずっと悩んでいることがあるんです、

『蜘蛛の子を散らすように』という比喩がありますよね、

これもなんか良く使われると思うんです、



なんか、“人がいっぱいるところにいきなりプレデターが現れたら”、

みんな一斉に『蜘蛛の子を散らすように』逃げる訳ですわ。はい、

それは無いやろ~、って?まあまあ喩え話ですやん、



ま、“蜘蛛の子が散る”ところは実際に見たことはないですが、

なんか雰囲気は分かる、ね、



でね、ワタシの悩みというのはね、、、

もし、実際に“蜘蛛の子が散る”ところを観た時に、、、

いったい、どう表現したらエエのか?という事なんです、



そう、仮にね、リアルに“蜘蛛の子が生まれて散っている”を見た時にね、

『わ!!蜘蛛の子が!!こんな風に生まれるんや!!』

『そう、初めて見たんです!!蜘蛛の子がね、こう、バ~っと、、、蜘蛛の子を散らすように散って行きますねん』



って、これはおかしい、

リアルに蜘蛛の子が散っているのだから、この比喩は使えない、



でも、ワタシはこれに代わる表現語句を持ち合わせていない、

いつか、もし、蜘蛛の子が散っているとこを目撃してしまったら、

どうやって、そのことを他の人に伝えたら良いのか?



これが今のワタシの最大の悩みなんです、、、はい、、、もう夜も眠れない、、、



え!?そんなことより、この前貸した五千円、はよ返して!ってか、、、

うわ~、忘れてた~、スイマセン~、今持ち合わせないわ~、、、



と、この男、蜘蛛の子を散らすように逃げていってしまいました、、、

おあとがよろしいようで、、、デンデン、

【今日のお店:新梅田食道街の老舗「とり平」】

JR大阪駅のすぐ近く、線路ガード下に広がる酒場ラビリンス「新梅田食道街」、

このところ新しい店の進出も目立ちますが、

やはりここは老舗がどっしり構えています、



焼鳥の老舗「とり平」は2店舗あります、



こちらは総本店かな?



暖簾には創業1952年とあります、ワタシより少し年上ですな、



秘伝と云われる濃厚系のタレがメイン、




「ネオドンドン」とか「ネオポンポン」とか「ゴールド」とか、

なんか良く分からない符牒のメニューも面白い、



鶏以外にもちょっと手が入った串もあり、女性にも人気?




少々値は張りますが、ちょっと時間がある時、サクッと焼き鳥で一杯行きたい時、

エエと思いますよ、ぜひ、

コメント