テリー・イシダの『独酌酔言』。

夜な夜な酒場で一人飲み、酔った勢いであれこれ、一言、申し上げます。

快挙です、「ゴーゴーカレー」が後継者のいない老舗カレー店の事業継承を制度化!~今日のお店:再度山荘。

2018年11月09日 | 世の中

ハイキングのシーズンですね~、

はい、暑い夏が終わり、今が一番歩きやすいシーズン、

もう、毎週山登っています、



ま、下山した後のビールを楽しみに登っているんですけどね、



今日はね、もう店決まってます、はい、

下山した後というか、
下山途中で一杯飲めるんですわ、はい、

ここ、ほんまエエですよ~、

でね、今日はワタシのしょうもない話と違いますねん、

カレーチェーンの「ゴーゴーカレー」さんの素晴らしい事業展開の話です、はい、



先日、この「独酌酔言」で『老舗酒場後継者育成事業』について書きました、



エエ老舗酒場が後継者がいないばかりに惜しまれながら廃業閉店するのをなんとかしたい!

中津の角打ち「大西酒店」の廃業閉店を受けての記事でした、



と、なんと、カレーチェーンの「ゴーゴーカレー」さんが、

後継者がなく、惜しまれながら廃業するおいしいカレー店をなくしたい!

という想いで、事業継承の仕組みを発表されました、



はい、そうです、まさしくワタシの思い描いた仕組みのカレー屋さんバージョンです、



詳しくはこちらをお読みいただきたいのですが、、、

“後継者不在による廃業をなくしたい。カレー店を救うゴーゴーカレーの事業承継への思い”

(冒頭の一文を引用転載)

世の中にあるこだわりのカレーを広めたいという思いとともに、後継者不在で悩んでいる経営者の方に事業譲渡という選択肢を一度考えてみていただければと思い、今回の公募に至りました。

ゴーゴーカレーは事業への思いやコンセプトはそのまま大事にし、こだわりの味とお客様、従業員の雇用も全て含めて大切に承継します。

(転載ここまで)



す、素晴らしい!

まさしくこれです!



名店が後継者がいないために廃業する、

これは大きな社会的・文化的損失であるという事を憂い、

その店をお客さん、従業員共々引き継ぐ!

ゴーゴーカレー、老舗カレー屋、客、三方全部得!

「三方よし」の近江商人の極意を地で行く見事な事業です、

素晴らしい、拍手喝采!!



ワタシの『老舗酒場後継者育成事業』、これもなんとかしたい、

そう、経営者の高齢化に伴う老舗酒場廃業という、

社会的・文化的価値の損失を防ぐための制度です、



くわしくは、以前の「独酌酔言」の記事をお読みください、

以前の記事はこちらから ⇒



どこかのお酒メーカー、酒場継承事業をやってくれませんかね?

KIRINかASAHIか?

月桂冠か?白鶴か?



いや、やっぱりここはSUNTORYでしょう!

ハイボールでお世話になっている老舗酒場を助けてください、SUNTORYさん!

よろしくお願いします、、、



どうでっしゃろ?



【今日のお店:再度山荘(ふたたびさんそう)】

元町辺りから歩くと30~40分かな?



山手女子高校の脇の道をひたすら登って行くとある、山小屋風のお店、

再度公園からハイキングで下ってくると、山道の途中にあります、



スペアリブと、



ピザがメインメニュー、





ハイキング終わりでいただくビールもサイコーです、



ランチ営業がメインで予約しておいた方が無難です、



夜は貸し切り営業のみ可能、

山の中のため冬季は休業しています、ご注意を、



ハイキング帰りに寄るも良し、

街から歩いて行くも良し、

なんならタクシーを飛ばして行くも良し、



ぜひ一度、行ってみたらいかがでしょうか、

コメント