テリー・イシダの『独酌酔言』。

夜な夜な酒場で一人飲み、酔った勢いであれこれ、一言、申し上げます。

関西でよう使う“必死のパッチ”、なんか、その様が浮かぶような言葉ですな~今日のお店:京橋の老舗立ち呑み「岡室酒店」。

2017年01月31日 | 世の中

このところ、また、よう来てるんですわ、

ええ、京橋ならね、ここが多いですな、

『きむらや』がね、なかなか入れない、ちゅうのもあるんですけどね^^)、

似た名前の店が2軒ありますけど、国道沿いの方の店ですわ、

随分昔からの立ち呑み、

ワタシもね、こういう立ち呑み巡りを趣味にする随分前にね、

ここに連れて来てもらったんです、



なんちゅうか、老舗、王道の角打ちですわな、

ほなまあ、カンパ~イ、ちゅうことで、、、

ところでね、またしょうもない話ですけど、ちょっと聞いてもらえます?

この前ね、たまたま本読んでたらね、英語で“脱帽”の事をね、

なんと“hat off to you
”とも云うんですわ、



そのままですやん!

は~、言葉が違ってもね、異国の人も考えることは一緒か、と感心したんですわ、



でね、よう考えるとね、、、

日本人が帽子を被るようになったんは明治以降、

そうすると“脱帽”と云う表現も、英語が先で、日本語は明治以降に出来たんか!!

って、閃いたんですわ、

これは発見とちゃいますか!!ねえ、

けどね、、、ちょっと調べると、これがまたややこしいですわ、


どうも、、、“脱帽”の語源は、中国から来てるようなんですわ、英語語源ではないようです、

一瞬、新発見かと思いましたけどね、

でね、他にこう、なんというか、身につけるもので、似た例え表現はないかと思いましてね、

調べてみたんです、

すぐ思いつくのが“袖の下”ですわ、

これは英語で“under the table”、やっぱりやましい金は隠すんですな、



ほかにはあんまりなかったですな、

“勝負は下駄をはくまで分からない”、

これは囲碁関係が語源みたいですが、英語には下駄に似た例え表現はないですわ、



“帯に短し襷に長し”、これも英語には似た例えはない、



ちゅうか、もう日本人でもこの感覚、若い人には分からへんのとちがうかな、

襷は駅伝で知ってるかもしれんけど、

帯に長さを知ってる若い人って、少ないですわな、



で、思い付いたんですけどね、

どう考えても面白いのが“必死のパッチ”、



これ、関西ではよう使いますよね、

君、東京出身やったね、関東ではどう?、、、

あんまり使わない、、、やはり、そうらしいですな、

この“必死のパッチ”の語源、

もっともらしいのは将棋関係の隠語という説、桂馬の両取りのパッチね、

これがまあイチ押しみたいですけどね、



他にも諸説いろいろありましてね、

ええ、いろいろあるんですわ、諸説、、、



ワタシが好きなんはね、こういうなんです、

着物を着てる時にね、『パッチが見えるくらい必死で走る』、

『尻からげをしてパッチ姿で必死で走る』ちゅう説なんですわ、



これこそ明治以降でしょう、パッチやからね、江戸時代にはありませわな、パッチ、

なんか、こう~、その必死さが伝わってくる、情景がこう浮かぶでしょ、



え?“尻からげ”ってなんですか??ってか、



そうかあ、それも分からんのやね、

あれやがな、見たことあるでしょう、着物をこうね、まくり上げて帯に差し込む姿、

あれが“尻からげ”ですやんか、



そうそう、吉本新喜劇で間寛平がやってるアブナイお爺さん、あの人が尻からげしてますわ、

あの爺さんこそ必死のパッチでしょ、

こう、尻からげして、ね、こう、ステッキを振り回して、

こう、バン!バン!とこうね!!バン!バン!



え!?お客さん、店内で暴れんといてください!!ってか、、、

ああ、ちょっとこう、興奮してしまいました、

必死のパッチでね、こう、、、バン!バン!と、、、スンマセン~





【今日のお店:京橋立ち飲み「岡室酒店」】

初めて行ったのが2001年頃、ある仕事でお世話になった方に連れてっていただきました、



京橋の国道1号線沿いの店です、

俗にいう“立ち呑みストリート”には「岡室直売所」がありますが、

それとは違う店、ルーツは同じみたいですけどね、



こちら「岡室酒店」は老舗感満載、王道の角打ちです、



料理も豊富であれこれ楽しめます、





日本酒はコップ酒、



キャパもそこそこある、女性客も多いので安心です、



そうそう、もう10年以上前になるかな、

サントリーの焼酎「それから」のCMで木村クンと大西ユカリさんが共演した時も、

この店でロケやってましたね、

ちらっと、知ってる顔が写ってましたわ、



とにかく、気分穏やかにゆっくり飲めるエエ店です、

1回、行ってみてください、

コメント

だんだん年賀状を作るモチベーションが下がって来てます、来年はどうする?~今日のお店:雰囲気も料理もばっちりです、京都東山蕎麦茶寮「澤正」。

2017年01月24日 | 世の中

ここ、エエ雰囲気でしょ、

昭和初期の建物かな?和洋折衷というんですか、そんな感じですわ、



中もねえ、和室と洋室と両方あるんです、

ええ、年に1回ね、ここで皆で食事会をやってましてね、



蕎麦懐石のコース、そう、蕎麦を使った料理のコースなんですわ、

美味しいですよ、ほな、入ってみましょか、

もう1月も後半、早いもんですな~、ねえ、



そろそろ、今年貰った年賀状の整理せなアカンと思いながら、なかなか手が着いてないんですわ、

住所変更とか、ね、確認せなアカンでしょ、



それに、お年玉くじの当選確認もね、

いつも、見なきゃと思いながら、つい忘れてしまうんですわ、

ま、滅多に大きいのは当たらんでしょうけどね、

しかしね、ちょっと考えてるんですがね、年賀状、来年はどうしようかな、思てね、

いや、実は今年も出すのん止めようかな、と思案してたんですわ、

結局、出したんですけどね、

いただいた方だけに返答する、とかでもエエかな、とか、いろいろ考えてね、

なんか、このところ、年賀状を止める、というのはよう聞きますよね、

私のところにも、今年で年賀状止めます、というご挨拶付きのが数通きましたわ、

みなさん、高齢の方ですけどね、

ワタシもね、なんか、年々、年賀状を作るモチベーションが下がってきてるんですわ、

前はね、年賀状作りも楽しみの一つやったんですがね、

なんか、いろいろアイデア考えてね、

それが最近はね、もうマンネリというか、型通り、今までのパターンで安直に作るようになってもうてね、

アカンね、、、

なんですかね、これは、、、

SNSとかで挨拶している、いつも会ってるような気になっている、ちゅうのも大きいかな、

それで十分、ちゅう考え方もあるでしょうしねえ、、、

でもねえ、年賀状でしか連絡取っていない方も多いんですわ、

年に一度くらいはハガキなり、手紙を出す、ちゅうのも悪くないような気もするしね、

あ~難しいですね、

来年はどうするかな、今から悩んでるんですわ、

え!?今からって、悩むの早すぎる!ってか、、、そらまあそうやけどね、

ま、お年玉くじで一等賞が当たったら、また来年も年賀状書くかな、、、

【今日のお店:京都東山蕎麦茶寮「澤正」】

京都東山、剣神社近くにある隠れ家的な蕎麦茶寮「澤正」、



竹林と細い小道の奥に佇む和洋折衷の館、昭和初期の建築だったかな、

この建物の雰囲気だけで、京都の風情を堪能できますが、

蕎麦懐石のコース料理が秀逸です、

ある日のメニュー、

「八寸」、

「暖鉢」、

「揚げ物」(「小鉢」の写真なし)、

「蕎麦」、

「御飯」、



いかがでしょうか?

エエ感じでしょ、

京都へお立ち寄りの節はぜひ一度、寄ってみてください、

※あ、要予約です、



コメント

ワタシはこれでクルマを止めました、で、ビール飲み放題^^)~今日のお店:京都七条路地裏のお好み焼き「吉野」。

2017年01月20日 | 世の中

そう、この路地の奥にありますねん、

京都の路地裏お好み焼き屋さんですわ、



ここが人気でね、入りれるかな、、、

え?

10分ほどで空く、そう、ラッキー、ほな、ちょっと表で待ってましょか、


いや、ホンマに人気の店でね、

一時は修学旅行生まで来てたんですわ、



今はほら、4人くらいでタクシーで京都見物するでしょ、修学旅行でも、

世の中、変りましたね、修学旅行でタクシーですか、ま、合理的でエエと思います、



でね、そのタクシーの運ちゃんがね、連れて来るんですわ、昼ごはんにここへ、

まさか、こんな路地裏のお好み焼き屋へ連れて来んでもエエのに、、、

あれ、運ちゃんも食べたいから違うかな、と思てるんですけどね、



そうそう、それで云うとね、

実はワタシね、去年の11月にクルマ止めたんですわ、

そう、マイカーを廃車にしてね、後継車は購入せず、ですわ、



なんでですか?って、それがね、聞いてくださいな、



この数年、ほとんどクルマに乗らなくなったんですわ、

前ならクルマで行ってたような店とか、買い物でもね、

歩きか、電車で行く癖がつきましてね、



ま、一番の原因はお酒飲むからですね、

今はもう、一滴でも飲んだら運転できませんやん、



昔はね、ちょっとくらいやったら、とね、

ゴルフ場なんかでもコース上ってから、ビール飲んだりしてましたけど、

今はもう、絶対ダメですやん、そんなんが原因かな、



この数年はね、クルマ使うのは重いモノの買い物だけ、遠出のクルマ旅行もなし、



でね、数年前からね、勿体ないので保険を通販保険に変えたんですわ、

昔から、38年前からずっと知り合いの町内の保険屋さんに頼んでたんですがね、

やっぱり、通販の方がちょっと安いですやん、ほとんど乗らないので、ほんで変えたんですわ、



ほなね、更新時に通販保険会社からメールで契約確認が来るんですけども、

その時にね、ご丁寧にこの1年間の走行距離も教えてくれるんですわ、ええ、



それがね、去年1年間は900kmやったんです、900でっせ、1年間で、走行距離、

これはもう要らんなあ、、、思てね、ほんで止めたんですわ、



ああ、遠出するならレンタカーやし、

近場はね、町内にカーシェアリングもあるんでね、

カーシェアリングは会員になったんですが、、、

未だ、どっちも一回も使ってませんわ、必要ないから、

なんでも電車と歩きで大丈夫でしたわ、今の生活はね、



でね、ちょっと計算してみたんですがね、

エエ、今まで車にいくらくらい掛かってたんかな?

クルマ、新車で買ったらどれくらい掛かるうかな?思て、



もし、後継車を新車で買ったらね、ま、2~300万円くらいかな、真ん中辺りの感じとして、

で、駐車場代でしょ、これが高い、それに強制と任意の保険、税金、車検代、



どう見積もっても、5年で400万円以上はかかるんですわ、クルマって、

これ、デカいですよね、400万円、



ビール生中、1万杯分ですわ、でしょ、

1日3杯飲んでも3,333日分、ほぼ10年分のビール代ですわ、

こりゃ凄い、こう考えるとね、めちゃ余裕出ますわ、



もう、ワタシ、向こう10年分のビール代を節約したわけですからね、

こんなエエことしたん、久しぶりというか、人生で初めてちゃうかな、

せやからね、こうやって毎日飲んでるんですわ、はは、



え!?ちょっと話がおかしい?・・・

そうですか?どこが?計算合うてますよ、

400万円÷400円=生中1万杯分、、、、

え?そやないのん、、、そういう話やのうて、、、



ま、エエか、機嫌よう飲みましょや、クルマ代でビール、キュ~、旨い!

【今日のお店:京都七条路地裏のお好み焼き「吉野」】

ホンマの路地裏にあります、お好み焼きの「吉野」、

今は表の方が家がなくなって駐車場になったので、前よりは入りやすいかな、



有名人もたくさん来られてる京都の路地裏お好み焼き屋さん、

ウリは辛い泥ソースと、ホルモン系の具材かな、



スジ、ホソ、油カス、上ミノなんかが揃ってます、



お好み焼きは京都東九条辺りの薄い生地で焼くスタイルではなく、大阪風の生地を厚めに焼く感じ、



ワタシのお薦めは、、、

「お好み焼き」よりホルモン系をトッピングした「焼きそば」か、



「野菜炒め」の方が美味しいと思います、

ぜひ、一度行ってみてください、

駅から歩くし、混んでいるので行く前に電話が必須です、

コメント

過剰なサービスに慣れっこにならないようにしたい、と思うんです~今日のお店:京都三条古川町商店街の「ビア小町」、クラフトビールのお店です。

2017年01月17日 | 世の中

この商店街、渋いでしょう、エエ感じ、

うん、シャッター店もちょっとあるけど、よう頑張ってますわ、

で、この店、ええでしょ、

いや、店主が知り合いってこともあるんですけどね、

たまに来るんですわ、クラフトビールの店、



ちょっとね、プリン体が怖いんですけど、クラフトビールてのも美味しいですな、

それとね、ここは料理がきっちりしてますねん、美味しい、



クラフトビールも料理も美味しい、ええでっしゃろ、

ま、まずはビール頼んで、、、ね、、、カンパ~イ、





また、ちょっと話きいてもらえます?

ええ、ちょっとややこしい話ですけどね、



なんか、過剰サービスちゃうかな?と思う時、あるんですわ、



いえね、この前、宅配会社の社員が配達する荷物や台車を放り投げたりしてたでしょ、

それが撮影されて投稿されて、エライ問題になってました、



ま、あれはもちろんアカンのですけどね、

大切な荷物をね、投げたしたらあきません、



しかし、宅配の配達員って大変なんやな~、と思いましてね、

ええ、実態は知りませんけどね、宅配業界のね、

でも、確実に個数とか増えてるんでしょうね、



ワタシらなんかもでもね、だんだんネットでの買い物って増えてきましたもんね、

10年前は“本は本屋で買う”とか云うてましたけど、

今は両刀遣い、本屋でも買いますけど、Amazonも使いますわ、はい、



あ!ほんで、過剰サービスの話なんですけどね、



不在対応とか、配達時間指定とか、

まあ、いろんなサービス満載で便利になりましたわね、宅配も、

その分、配達員への負担は相当増えてると思うんですわ、



料金もね、Amazonなら大概無料、もちろん商品価格に含まれてるんでしょうけど、

当然、宅配会社への価格交渉も厳しくなってますよね、



たぶん、配達員の給料もそんなには増えてないような気がしますねん、量が増えても、

ほんで、プレッシャーは増える、で、あんなことしてしもた、

という見方は甘過ぎますかね?



より便利に!、安く!を追求するのは、これはまあ現代社会の基本なんですけどね、

そやけど、どこまでもこれを追及しててエエんやろか?とか思いません?



コンビニもね、24時間営業は当たり前、店員の仕事は増える一方、

レジ打ちだけの単純作業ではない、

宅配の受付、公共料金の支払い、キャンペーン籤引き、おでん種の追加、商品の入れ替え、



もう、いまや相当高度な熟練工並みの習熟度が必要な職業、なのに時給は、、、



そろそろ、止めるみたいですけど、ファミレスの24時間営業、あれもホンマ必要なんですかね、

一時の牛丼価格競争みたいに、結局、会社には、従業員には疲弊感だけが残る、みたいなね、



消費者は便利でよろしいけど、そのツケは安い給料で働く従業員が被る、みたいな構図ですやん、今は、

なんか、もうそんな過剰なサービス競争止めてもエエちゃうんかな、



消費者も過度な便利さや安さ、求めんようにしたほうがエエんとちゃうかな?

時間指定配達なくても、なんとかなるんとちゃうん、

コンビニ、24時間開いてんでも、なんとかなるんとちゃうん、



とか、思たりしたんですわ、はい、宅配業界、コンビニ業界の事、知らんけど、



あ、あの電通の過労死問題もね、過剰サービス競争ですわ、

そら、みんなよう働きますわ、広告業界は、それはちょっと知ってます、

過剰なサービス競争、せなしゃあないしね、仕事なくなるしね、なんかね、悲しいですな、



いや、せやけど、やっぱりクライアントの無茶な要求、過度な要求、

明日出して、すぐ考えて、、、止めて欲しいなあ、

それが減れば、広告代理店もちょっとはゆっくりできるような気もしますわな、



どうでっしゃろ、、、





【今日のお店:京都三条古川町商店街の「ビア小町」】

クラフトビールの専門店です、



常時、6種類くらいのクラフトビールが楽しめます、クラフトビールファンからも評価高いみたいです、





そうそう、地酒も京都の銘柄中心にあります、



そして、料理がしっかり美味しいのがここの店のエエとこ、

033
083
085

全部美味しいです、



それと、外国人のお客さんが多いですな、それも店の雰囲気を作ってる一因、

京都三条辺りへ行った時はぜひ一度寄ってみてください、

コメント

またまた言葉の話題です、「秋田犬」、これなんて読みます?まさかの読み方にビックリです~今日のお店:エッジの刺身が美味しい、新梅田食道街「奴」。

2017年01月11日 | 世の中

ちょっと時間早いですが、ここで一杯飲んでいきましょか、

いつも混んでますけどね、

ちわ、

大将がちゃんと差配して、入れてもらえます、

スイマセンな、ここ、ちょっと詰めてもらって、はい、こっち側へ、はい、

で、ここへお二人、入ってください、

ほな、ワタシは「はまち」と「鯛」ください、



ほら、立ち飲みとは思えないエッジの効いた刺身ですわ、

こら値打ちありますわな、

燗酒に刺身、今の季節はやっぱりこれですな、

ほんでね、今日もまた“言葉は移り変わる”ちゅう話なんですけどね、

聴いてもらえます、

いや、ワタシももう古い人間ですからね、

若い人の言葉遣いが気になるんですけどね、

そらまあ、しゃあない、言葉遣いちゅうのはどんどん移ろうもんですからね、

そやけどね、単語が変るのは結構気になりますわ、

それもね、この前話した“ジャンパー”が“ブルゾン”に変る、みたいな話ではなく、

字が一緒で読みがいつのまにか変ってる、ちゅうのが、ワタシ、最近とっても多いんですわ、

こらもう、ワタシの常識がおかしいんとちゃうかな、と生きていく自信無くしてますねん、

え!?そないたいそうな、って?

いやいや、それくらいワタシとしいぇは受け入れられへん“読み”があるんですわ、

最初はね、あんまり気になってなかったんですけどね、「世論」の読みですわ、

これ、なんと読みます、“ヨロン”、そうでっか~、

いや、ワタシはね、絶対にね、昔はね、NHKもね、“セロン”と読んでたような気がするんですが、、、

違いますかね、

まあ、これはエエんですわ、まあ、そうなんかな、という感じやったんでね、、、



最近、よく聞いて違和感アリアリなんが「茶道」、これなんと読みます?

ワタシはね、間違いなく、数十年前は“サドウ”って読みました、はい!

高校にあったのは「茶道部」=“サドウブ”でしたわ、

これがね、最近の放送では“チャドウ”って読むんですわ、これはおかしい!

なんでもね、本来“チャドウ”が正しいらしいんですが、、、ワタシはやっぱり“サドウ”やなあ、

まあ、これもワタシの勘違いかもしれんし、ちゃんと説明があるので許すとしてもね、

どうしても許せんのが、、、「秋田犬」ですわ、

これ、ワタシはずっと“アキタケン”と読んでいたのですが、

この前、別の立ち飲み屋でね、隣りのお客さんに教えてもらたんですが、

最近はね、「秋田犬」をね“アキタイヌ”と読むそうです、ほんまでっか?

それはないですよね、

「柴犬」は“シバケン”やけど、“シバイヌ”も、まあありましたな、たしかに、

しかし、“アキタイヌ”とは、、、これはないわ、、、そう読んだことない、

と、憤慨してたら、この前TVでね、なんと「松坂牛」をね“マツザカウシ”と読んでたんです、

アカン、こえはもうアキません、ワタシの常識はもうまったく崩壊です、

日本語はどないなってるんや、ホンマに、、、

え!?

アンタ、云うたらなんやけど、もともと常識おませんやん!!ってか、

ほっといとくれ!!

大将、燗酒、お代わり!!

【今日のお店:新梅田食道街「奴」】

大阪梅田の新梅田食道街、闇市の名残の狭い通路もガード下の食堂街ですが、

エエ店がいくつもあります、

その中で一番よく立ち寄るのがここ、立ち飲みの「奴」、



両側鈍角のコの字カウンターはパッと見10人ほどで満員ですが、、、

ダークに詰めたら15人くらい飲んでる時もあります^^)

ほんで、おすすめは刺身、とにかく刺身のクオリティが高いです、

エッジの効いた「はまち」や、





「鯛」、



「鰤」なんかが、



リーズナブルです、



前はね、刺身に醤油ぶっかけスタイルでしたが、

最近は醤油の小皿も出るようになりました、



他にも料理一品がカウンターにずらりと並んでます、

美味しい料理でちょっと一杯、

とっても幸せな気分になれるお店です、

ぜひ、一回入ってみてください、

コメント

またまた擬態語の話、「ドタキャン」「バタンキュ-」「ドロン」、面白いなあ~今日のお店:ハラミが美味しい、中津の焼肉「まるやま」。

2017年01月05日 | 世の中

ここね、街中の普通の焼肉屋さんですけど、

美味しいんですよ、うん、

最近はね、焼肉でも赤身、ハラミが注目されていますけどね、

ここは、もうずいぶん前から“ハラミ”売りでした、はい、



リーズナブルやしね、

さ、どんどん焼いて、ドンドン食べましょ!



でね、今日も擬態語の話なんですわ、恐縮ですけど、、、

そう、この前、紹介した“オコオコ”みたいなね、擬態語ね、

あ、“オコオコ”は幼児語じゃないか?との鋭い考察もいただきましたけどね、

とにかく、日本語はこの擬態語がとくに発達しやすい言語体系とちゃうかな?と思てるんですわ、



そう、日本語って言葉を短縮したり、省略したりするのが多いでしょ、

もう、やたら、短縮省略するんですよね、日本語って、

う~ん、たとえばコンビニとかね、

今はもう、ちゃんとコンビニエンス・ストアっていう人、まずいませんよね、



そんな感じで短縮省略を簡単に受け入れる土台があるのが日本語やと思うんですわ、

もう、短縮省略形が当たり前になって、元の正式呼称が分からん!なんていう言葉もぎょうさんありますもんね、


スマホ、パソコン、プレゼンなどなど、

業界用語ではカンプ、コンテなんていうのも、もう元の言葉が分からない状態ですな、

そんな感じで進化してる日本の短縮省略語、これがけっこう面白いのが多いんですわ、

割と好きな短縮省略語が、まずはこれ!

『ドタキャン』、

これってよう出来た言葉ですわな、

「土壇場」+「キャンセル」でっせ、日本語、それも結構難し言葉と英語の合体短縮形、

いやはや、考えた人は天才ですな、

あ、それでね、擬態語の話でしたな、

擬態語も、時代時代で面白いのが多い、オッチャン世代も結構面白い擬態語を発明しています、

たとえばね、、、『バタンキュー』、

これも秀逸ですな~、なんというかその場の光景が目に浮かびます、

長時間労働か?飲み過ぎか?分かりませんが、

とりあえず家に帰ってきて「バタン」!と倒れ込んで、そのまま「休~」と寝てしまう感じ、

この情景と心情を一言で表してます、いや~、凄くエエ擬態語です、

ほんでね、ワタシが何気なく使った擬態語ギャグで、若い子に今までで一番ウケたのがこれですわ、

『ドロンする!』、

わかります?

「ドロン」=忍者が姿を消すときの擬態語ですわ、

昔はマンガとかTVで忍者モノが多かったので、ワタシら世代には結構馴染みのある擬態語、

それを会社で使うんですわ、

たとえば、会議の途中で別件で抜けんとアカン、とか、

いや、もっと後ろめたい状況で、まだ会議が紛糾しているのに、飲み会があるので先に抜けます、

みたいなときにね、

『ごめん!あとは任した!ワタシはこれで先にドロンするわ!』、

みたいに使うんですわ、

これが、なんか好きなんですわ、はい、おもろいでしょ、

え?会議、ほったらかして先に抜けたらあきませんやん!ってか、、、

そら、そうなんやけど、、、

まずい、なんや、風向きが怪しなって来たな、、、、

ほな、ワタシはこの辺で先にドロンさせてもらうわ、、、

お勘定?アンタがまとめて払ろといて!

【今日のお店:焼肉「まるやま」】

大阪中津にある街角の焼肉屋さん「まるやま」、

なにやら落ち着くし、美味しくてリーズナブルです、



お奨めは「ハラミ」と「上ミノ」かな、



はい、もうオッチャンはね、ロースとかカルビには目もくれません、

「ハラミ」がエエです、



この日は「心臓」の生もありましたね、





カウンターもあるので一人二人もOK、

テーブルに、奥には座敷もあるので4~5人でワイワイと楽しむのもエエでしょう、

流行の焼肉店もヨロシイですが、こういう街中の老舗で食べる焼肉も風情があってヨロシイ、


 

コメント