『斬(ざん)』
移転しました。
移転先:http://souryuusei.blog61.fc2.com/
 



■2005年1月アーカイブ

2004年12月← / →2005年2月

★☆☆☆☆ つーことで、 2005.01.29
★☆☆☆☆ 諸々の事情で 2005.01.24
★★★☆☆ 語ー彙 は 語 彙 は 語 彙っ♪ 2005.01.16
★★★★☆ 今更だけど『あけおめ記事』の事 2005.01.13

★★★☆☆ やっぱり逆 S E O は必要のようだ。 2005.01.11
★★☆☆☆ 昨日の鉄 道 員(ぽ っ ぽ や)を観て 2005.01.10
★★★☆☆ 5人笑ってくれればイイネタ 2005.01.09
★★☆☆☆ 昨日の少林サッカーを観て 2005.01.09
★☆☆☆☆ ドリームマッチで思い出したこと 2005.01.04

★★☆☆☆ goo検索は面白い! 2005.01.04
★★★★☆ 『しつこくあけおめ記事を考える』のコメントに思う 2005.01.04
★★★★☆ 『あけおめ記事を考える。 』に思う 2005.01.03
★★☆☆☆ あけまして…について 2005.01.02
★★☆☆☆ 徒然なるままに… 2005.01.01



[参考] オレの記事おすすめ度を5段階にしました。

★☆☆☆☆ …たまにツボにハマルかも。
★★☆☆☆ …マニアックにはウケるよ。
★★★☆☆ …おすすめ!
★★★★☆ …超おすすめ!!
★★★★★ …まずは読んで見て!!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




非公開にしたらオモロなアイディアできたので、
ごちゃごちゃやって暫く 

アソンdeみま~す。 ←ふっる~い表現だコレッ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





現在、記事を非表示にしています。


裏技は使えると思いますので、そちらでご覧ください。


公開できず申し訳ございません。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




タイトルが何のパロディか解ったあなたは、あなただけの楽しみにして下さい。
ニワトリと風見鶏がどうのこうのはこの記事には関係ないですからっ!

で、何の話かと言うと、goo ラボ語彙数推定テストの事です。

試しにやってみたところ、具体的数値は恥ずかしいので公表しませんが

大学生レベル: 4万5千~5万語

は、超えていたわけで、人並み以上のボキャブラリーはあるのかなぁ~と、安心した次第です。

で、ふと自分のブログの記事を見直してみると…

なんとも貧相な深みのない単語の使いまわしばかりで、全くこのボキャブラリーが生かされていないようです。ようするにインプット出来ているのにアウトプット出来ない。これじゃぁ~ダメダメですね~

閲覧者にイマジネーションを起こさせるような味わい深い言葉を使った文書ってのは書けないものですかね。

そんなだから芥川賞直木賞も取れないんですよっ!!


はい!!

長い振りですが恒例の記事ですので、またかと呆れていらっしゃる方もたくさん居るかと思いますが、個人的にこのネタ大好きなのでまたやっちゃいますよ。

知らない人は過去記事の
何の賞を取る?
残念!!
を読んでね。



それでは、今度の作品は


タイトル

『対岸のグランド・彼女とのフィナーレ』

著者:角阿部 光重


で狙います。←嘘付いてます。

意味解んねぇ~ケド、今回何か良さげなタイトルだね。

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )




えっけんさんから『あけおめ記事を考える。 』に思うコメント欄で、お題を頂き、深く考えた事のレスですが、記事にします。


まず、思うのは視点の違いかな?

Kenさんのように既にリアル交流のある方達からすると、もうブログはリアルの一部なのですよ。

そこには当然リアルの年中行事関連は関わってくるわけで、さらに交流を深めたい広げたいと考えれば、当然「年賀状」などのブログ記事を上げることも納得は出来ます。

実際、リアルで年賀状も出す仲になる事もあるだろうしね。

そこから新たに入ってくる人といずれオフ会などを通じてリアル交流も広げて深めたいと考えれば成功でしょう。

トラックバックをそーゆー事に使うことは致し方ないとは思います。お互いがその使い方で納得していれば他が口出す問題ではないと思うのです。「年賀状」だって、印刷のみの時もあるし、一言だけってのもある。これは、要するにコピペとあまり変わらない行為なのですよ。やってることはリアルと何ら変わらない。それでもやるのは、現実の通りです。

近い未来、ネットが行き渡り「年賀状」に変わって、ブログ記事(画像)のTBが取って代わる事も0ではないような… 実際、PCで賀状を作成してる人の割合は多いのですから、それに取って代わるモノがブログかどうかは別にして、出現するかもしれないですからね。

その場合は00:00での集中UPはご勘弁願いたいですけどね。

えっけんさんは、web界をリアルと隔離して話しているからその差異があるのだと思います。

ただ、本来の「あなたの記事に対して記事書きましたのでTBします」という有益性のあるTBの使い方では無いように思うので、乱立してしまう危険はあります。また初心者などにTBの使い方に付いて誤解を招くかもしれません。

交流という事を一番に考えるなら、「あけおめ記事」から交流の幅が広がる可能性は否定できません。

でも、オレはそーゆー使い方は嫌いです。

できれば、記事タイトルにはせず、年の初記事の初めに挨拶を入れる程度にしたほうが、オトナなブロガーに思います。

イベントにするのは、ブログはじめて最初の年くらいだけでしょうから。
(2年以上ブログしてる人も稀という噂もチラホラありますがぁ~)

それも、これも月日を重ねないとどーしよーも無いような気がします。まだブログ自体が小学生程度でしょうから、これからオトナに成長していく過程の問題でしょう。事例が出ればよい解決策も産まれてきますよ。

「あけおめ記事」などのTB大会は特別枠って事で、TB本来とは別のイベント事と割り切れる柔軟性もあって良いと思います。

「ゴッコル」しかりね。

しかし、ちゃんとイベント事と分った上で使わなければたしかに

トラックバックという機能を台無しにしてしまうもの
にも成りかねないのではないでしょうか。

本筋を知った上で使うか、知らずに安易に使ってしまうか。

知っている人がイベントをするなら、知らずに安易に使ってしまう人が増えないような工夫が必要になるのではないでしょうかね。

相変わらず明確な答えは出せませんが、何かのヒントになれば結構かと…

コメント ( 6 ) | Trackback ( 1 )




休み明けで更新をサボって(まぁ~その前にかなりエネルギーを使ってしまいましたのでお休み期間を設けた訳ですが)いたのですが、ぼちぼちと始めますよ。

と言う事で、ネタを2つばかし記事にしたのですが、悩ましい事例が起きたのでその事を記事にする。
ってか、今回は観てるあなたの好きなメタブログ風味ですよ~(タイトル観りゃ見当付くよ!って言わないでね)

問題(?)の記事は『昨日の少林サッカーを観て』でそれに対してきた、コメント&TBについてです。

このTB貰い先の記事は、「カンフーハッスル」をご覧になった感想などを書かれていて、件の映画を観た興奮が未だ冷めあらず、関連先にコメント&TBをされていらっしゃるご様子で、大変それは結構なことだと思ったのですが、はて、何故にこの記事にTBだろうか?とも考えたりした。

オレの記事の内容からすると

*チャウ・シンチー主演の映画、『カンフーハッスル』現在上映中
(だから、何でオレは宣伝してんだ??)
は、いわばオチです(そこっ!オチてねぇ~よ!って言わない!!)。まぁ~、次の記事への布石も込めて書いたのですが、次の記事を上げる前にTBとコメントが入ったのは皮肉というかタイミングが悪かったというか、ちぇしゃ将軍には大変悪いことをしたなと思っているわけです(実は『鉄道員(ぽっぽや)』に魅入っていたなんて事は内緒)。

で、このちぇしゃ将軍の熱い思いとオレのこの記事の軽薄さの軽さの温度差が有り過ぎた為、とても困惑してしまいました。

決してこのTBが悪いと言うことではなく、むしろこの記事から来ていただきオレの記事を面白がってくれる人も中にはいるかもしれません。しかし、問題なのは、オレのこの記事との温度と合うかどうかなのです。

で、なんでちぇしゃ将軍がここを見つけたかは、分からなかったのですがとりあえず検索でもしてみようかと

少林サッカー



カンフーハッスル

でgooブログ内検索するとコメントを貰ったときから考えると両件とも当時はTOPページに載っていただろう事が分かります。

あっちゃー、やってもーた。って思ったのですよ。

今回は逆SEOかけるの忘れてました!

これでは、「少林サッカー」「カンフーハッスル」の単語での、検索ヒットでTBされる可能性が有りますね。

※注:決してちぇしゃ将軍がそうであるのではありませんのでお間違いなく。

以前、検索からのTBについての中で、

TB先の人が記事を読んでるか読んでないかで、確かに記事を読んで
貰えていないとすれば、残念ですが、少なくとも関連があれば、
例え明らかな宣伝TBだとしても、相手がコメント、TB設定なら、
こちらからもTB、コメントが出来、1つそこにリンクが出来て繋がる
のですからそこから、新たに見に来て記事を読んでくれる人が
いるかもしれないので、あながち嬉しくないとは、考えないです。
と、書いていますが、TB貰い先での記事やブロガーとの温度差については、考えていませんでした。
また、やはり単語のみでの、検索ヒットで関連性の薄いTBは好ましいとは思えませんからね。
今回のケースは、決して関連性が薄いモノではありませんでしたが、前の記事を含めて色々と考えさせられました。

正直この記事はチャウ・シンチーさん好きを含む「少林サッカー」「カンフーハッスル」を大好きな人達に向けて書いたモノではない。むしろ、ネタとしか考えていないところが記事からは読みとれるであろう(「少林サッカー」はオレ的には面白かったと思うが、映画の中身の事ついては、この記事とは関係があまり無い事なのです)。コアなファン向けではなく、極一般なネタとしての使い方なのです。具体的に言えばそれこそタイトルにあるように“昨日の少林サッカーを観た人”及びチャウ・シンチーさんを知ってる人を対象としてるのです。「少林サッカー」「カンフーハッスル」を大好きな人達も当然この中に含まれるのですが、オレの記事を読めば、そーゆー人達からのリアクションは違うモノでは無かろうかと思っていました。むしろバッシングが来ることも想定していたのですけどね。

で、いったい何を迷ったかというと、このTB貰った記事に対してリンクを貼ろうか貼るまいか?です。

コメントを入れてリンクを貼るのも良いと思うのですが、コアなファン向けでは無いので、そこからこちらに来ていただくのも気が引けます。ま、TB貰った記事先の閲覧者が必ずしもコアなファンばかりではないでしょうがね。

でも、何か負い目のようなモノを感じてしまってるのですよね。その輪の中ではオレの記事は異質だろうと思うのですよ。と、ここまで書いてコメント欄にはその由を書いておこっかな。と、今思いついたサ。
そーしよう、そーしよう。

やっぱり、色々な場合の事も考えて逆SEO対策は己の為にしていこうと改めて思った次第です。

今回の問題点は少し視点を変えて書いてある草稿中の過去記事を何とか推敲し直して(面倒だけど)後日UPしましょうか。
って、後日UP予定でそのままな記事が結構あるんだよなぁ~。上げるタイミングが難しい。


結局、期待させた程のメタさは今回ありませんでしたね。メタブログファンな方、すみませんでした。


[関連参考記事リンク]

検索からのTBについて

あれとかこれとか (Lefty):【逆SEO】

さがさないでください。: 【逆SEOは代名詞の迷宮!實際のところ私たちは本當にあれもこれもとそんなにまでして知りたいのだらうか?】

もげきゃっち: 【ブログはウザい存在か。】

コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )




くどいようだが、だいたひかる風味で
 「私だけ?

(以下省略)
  どれだけ高倉健が素晴らしい演技をしても
  広末涼子の妙にフィットしすぎた制服姿には
  勝てないと思う。」

高倉健の出演作品はこちら
広末涼子の出演作品はこちら
浅田次郎の作品はこちら
降旗康男の作品はこちら
(って、もう宣伝はいいからっ!!)

(文中敬称略)

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




(前記事のつづき)
気分が良くなったので歌います。

♪~

 ブーログばっかりやってると、
  
  いーまに、シッポが生えてくる~






「オッス!!おら悟空!」
(サイヤ人かよっ!!)


   ・
   ・
   ・
   ・

「これは、クリリンの分!!!!!!」
(意味わかんねーよっ!)
(南海キャンディーズかよっ!!)


ま、これも

♪どーでもいいですよっ!(笑)

・だいたひかるのブログはこちら
(って、だから何でオレは宣伝してんだ??)

(文中敬称略)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私だけ?(だいたひかる風味)

チャウ・シンチー(周星馳:主人公)

って、

長井秀和



ユースケ・サンタマリア



筧利夫

を足して割ったような
顔だと思う


ま、♪どーでもいいですよっ!(笑)


*チャウ・シンチー主演の映画、『カンフーハッスル』現在上映中
(だから、何でオレは宣伝してんだ??)

(文中敬称略)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




今、TBS笑いの祭典!! ザ・ドリームマッチ'05を放送していますが、以前オレがネタにした相方を取っ替えてみよう!!を見て、まさか思いついたんじゃないだろうなぁ~?スタッフ!!

に、してもこの記事にあるネタの実現
して欲しいなぁ~

やるときは教えてくださ~い。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




gooのRSSリーダーのサイドバーに標準で、どーでもいい有難いgooの
RSS付きサイトのいくつかが入っている。

その中の殆どはゴミ、オレにとってはあまり必要では無いのですが、
中には面白いものもあります。

それが、goo検索です。
「画像検索」

「ウェブ検索」
が標準装備されているのですが、誰が検索したかわかりませんが、
検索した単語が、タイトルとして表示されるのをみると、結構
笑える単語が出てきます。

「いったいこいつは何を調べたいんだ?」
「あぁ~、この事について調べたいんだろうな」
「誰ですか?この人は?」
と、知らない人や言葉で思わずクリックして検索してしまいます。

今だと旬の
「年賀状 イラスト 素材」
といった年賀状関連が結構検索されているのがわかります。

ブログでも検索情報を利用すると、旬な話題をタイトルにして
ネタ元の参考にもなりそうです。
ネタにお困りのそこのあなた!

参考にしてみちゃどですか?

アドバンスな方なら、自ブログのアクセス解析で検索単語からの
アクセスなんかも話題に取り入れれば、1つ記事ができますよね。

にしても、笑ったのは

「栗原恵 赤外線」

での、画像検索。

いったい何を調べたいんだ、この検索主は!?

※この記事年末に書いてます。
 ちょっと時期はずれですがお許しください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




実はむだづかいにっき♂:【あけおめ記事を考える。】にコメント
しようと思ったのだが、今後の展開を考えて記事にしました。
さらにむだづかいにっき♂:【しつこくあけおめ記事を考える】のコメント
にも関連があるので、タイトルはそちらにしました。

場合によっては、かなりアツくなりそうですので記事にしました。

それは、むだづかいにっき♂:【あけましておめでとうございます】
記事に、あるブロガーが00:00に「あけまして…」の記事を上げTB
した件の話です。

ネタと言うかその行為について、オレ的には大ウケしたのですが、
このブロガーのこの行為については疑問も残りました。

それは、えっけんさんがgooのサーバーがダウンする可能性があると
指摘し、結果としてはダウンするまでには、至らなかったのですが、
この懸念は当然考えられたわけで、それを知った上で、この行為を行
ったことには、もしサーバーがダウンした場合に他のユーザーに
迷惑をかけるかもという配慮より自分のやりたい事を優先した行為で
あり、安易な行為であったのではないかと思わざるを得ません。

以前からネットをしてる人たちはナロー時代にネット環境をよりよく
する為の、自主的なマナーといったものを考えて回線を軽くして、
みんなが使いやすくするようにいろいろ工夫したものでした。
なんせ、料金が定額制ではないので問題は切実でしたんでね。

プロクシを通したり、テレホーダイの重い時間にはアクセス集中する
のでその時間を避けるようにしてオフラインで観るとかね。

今では状況も変わって整備も進み回線もかなり軽くなったのですが、
それでも各所のブログが重い現象は、今でも問題になっています。

昔からネットをしてる人からすると、その名残があり、みんなで協力
して回線を使いやすく利用しようというのが根本的にある為、この様
な記事が上がったときにコメントやTBで当人の思惑とは異なる意見が
出るのではないでしょうか?

提供側もその為の対策を練るわけで、余計な負担をさせてしまう訳で
す。みなさんがよりよく楽しめるための苦労になるので、当然と言っ
てしまえば、そうかもしれませんが、ユーザー側で少し配慮して自粛
すればいいことなので、その行為が正しいかを考えて頂きたいと思い
ます。00:00丁度に記事を上げることで、アクセスが集中しサーバーが
過負荷でダウンし他のユーザに迷惑かけるかもしれないのに、しなけ
ればいけないほど重要な事なのか?ってね。

えっけんさんが、「あけましておめでとうございます」の記事で、嫌
味っぽく言った背景には、こう言った問題も根底にあると言う事です。
知ってる人には、この記事の意味がどういう事かが解っているので、乗
っかるわけですが、知らない人にはまさに「バカの壁」なのです。

来年もユーザー数増加とサーバーの整備のイタチゴッコになるでしょ
う。整備が整えば問題ないとは思いますが、考えたい問題ではないで
しょうか?

てか、毎年この手の話は、掲示板などで繰り返されてる話題なんだけ
どね。

解っているかと思いますが、コレは該当ブロガーを責める事ではなく、
こういった事に対しての問題提起です。該当ブロガーに謝ってもらい
たいとかではありませんので、誤解しないで下さいね(オレに謝って
もらっても困りますのでね)。

で、この記事書いたとて毎年サーバーに過負荷かかって、ダウンしそ
うになるってのは、変わらないとは思うけどね。結局賢い人は、えっ
けんさんのようにネットに繋がないってのがオチなんだよね。

毎年、元旦に暴走族が富士山に行くのと変わらんようにね。
暴走族VS警察か00:00集中アクセスVS提供サーバーかって話だね。

そーゆー意味では、今回gooスタッフはよく頑張ったのではないでしょ
うかね。

[TB:むだづかいにっき♂:【しつこくあけおめ記事を考える】]

コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )




オレの戯言記事を取り上げて頂き、なんだか面白い展開になった
なぁ~と、思っているsouryuuseiです。

その取り上げて頂いたむだづかいにっき♂:【あけおめ記事を考える。】
なのですが、補足も含めて思ったことを書いてみる。

この記事の中で、
「誕生日おめでとう」とか風邪をひいたという記事に対する
「大丈夫?」とか言うコメント、
こちらは、オレの考えでは、アリとは思うけどね。
個人的な話題については、そのブロガーのブログなので、
その事は別に否定的ではないです。

オレの場合は外部から与えられた要素の強いもの、そのイベ
ントについての己の考え方をちゃんと持った上でやってるこ
となのか、世俗に流されてみんながやってるから、とかやる
のが当たり前みたいな無関心なのに、やってるってな事が嫌
いなわけですよ。

「あけまして…」でも「クリスマス」でも、記事を書くのは
S嬢さんがコメント欄で仰ってる通り「人それぞれ」な訳で、
他人様が何をしてもそれにいちゃもん付ける気は無いのです。

てか、ほとんどS嬢さんのコメントに同意な訳です。
あいかわらず、オレの言いたい事を上手く纏められているので
感心してしまいますね。

これやろうとすると、やたらに「忙しく」なるとこもあるしね。
それと「読む」のなら、
「固定メンバーのあいさつ合戦」よりは、「季節ネタに何を思うか」
という文章の方がわたしは興味深いと思う方なので。

とか、

だからといって、ブログで出会わせていただいた方々に
「旧年中はお世話になりました、本年もよろしくお願い申し上げます」
の気持ちが無いってことではないのですけどね。
ただ、それをわざわざ出さないことが、
わたしにとってのブログという媒体とも思う。

は、まったくその通りだとオレも思いました。

で、思ったのは、えっけんさんの
むだづかいにっき♂:【あけましておめでとうございます】
の記事は、みなさんがこの事について「あけおめ記事」を
上げるに当たってブロガーとして考えさせられたなら、gooブログ
にとっても最初の年越しだったので、有意義なものではなかった
かと感じます。

また、オレもその記事へのコメントで、

無意味な「あけおめ」TB大会が各所で開催されないかと
思ってるケド

と、書いたのだが、無意味にするか、意味あるものにするか
考えて欲しかった意味もある訳で、決して無意味なものとは
ホントは思っていなくて、むしろそこで、なにかいい意見でも
でないかな?と議論が交わされることを期待したのですが、
えっけんさん+souryuuseiを相手にするのは、やはり避けたい
んでしょうなぁ~と思ったりもした。オレだったらスルーしたい
からね(笑)

でも、考える切っ掛けとなって、今後も毎年ある事なので、
みなさんも、このイベントに対する記事の上げ方を、自分なり
に答えをだしてもらえればオレ的には嬉しい訳です。

自己満足で記事を書くことを否定はしないけど、少なからずとも
世間に向けて書いてる訳ですからね。(自分を棚に上げて偉そうな
事いってますけどね)ちゃんと、記事を上げるにあたって、
それなりに自分の考えを持って上げて欲しいのですよ。

毎年、初心者ブロガーはいるだろうし、毎年同じように00:00
になれば、「あけおめ記事」が上がることでしょう。

ただ、も少しオトナなブロガーに成長すれば、どういった
「あけおめ記事」が良いのかが確立されていくのでは
なかろうか?と思った次第です。

最後に余計なことを書くと、この手の記事はそのブロガーの
相関関係をよく表しているので、今年はこの人がコメント入れた
とか、TBいれたとか下衆な事を観てる人や、交流先にも思われる
って事なので、その覚悟は必要だね。

その柵(しがらみ)が、オレには煩わしいのですよね。
と、あいかわらず一言多いオレです。

[TB:むだづかいにっき♂:【あけおめ記事を考える。】]

コメント ( 9 ) | Trackback ( 1 )




色々と、考えた結果、

■年始回りの巡回はしない。

■年初の挨拶としての「あけましておめでとう」は他所にいっ
ても、特に言わない。

■自分の記事に、「あけましておめでとう」のコメントが入っ
た分については、答える。

に決めました。

挨拶重視なオレってイメージがあるようですが、オレは挨拶
した方が良いんじゃない?って事で別に強要、強制は本意で
はありません。以前ご迷惑をおかけしたオレのアホミスな一
件から、どうも、souryuuseiには挨拶をしないといけないと
考える方がいらっしゃるかもしれませんが、あまり気になさ
らないで下さいね。

基本的に、最初の「はじめまして」は極力言おうってのと、
挨拶されたらちゃんと返しましょう。てのは思ってて、それ
はオレ自身の決め事でして、これも必ず守るってモンでは無
いですからね。

ですので、お返しコメントを年始挨拶記事に入れることは致
しませんので、ご了解ください。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日(というか今日)のTBS小林麻耶アナの、フジTVに出向いて同局の
キャッチコピーを叫び思いっきりフジTVを宣伝した、他局の局アナと
しての大胆不敵な行動には驚きました。レコード大賞の司会(レポー
ト)が終わって、緊張の糸が切れてしまったようだ。たぶん始末書
だろうなぁ~と思ったケド、オレならカワイイから許したいナ。

是非妹さんにも、同様の行動を期待したいsouryuuseiです。
みなさん、お正月如何お過ごしですか? ←前振り長ぇ~よ!


世間は、年が明けたと騒がしいけど、ただ日が変わっただけ
に過ぎず、オレには着物を着た綺麗な女性が見られていいなぁ~
と思うのと、正月ならではの面白い特番があるのが良いだけ
なのだが。

それにしても、かなり年末に敷居を高くして、年始の挨拶に
ついてクダを巻く記事を書いたのだが、それでもコメントを
入れるこの方には敵わなかった。

流石です。見透かされたかのうに、あそこにコメントを
受け、どうしようか思案中です。じっくり考えてレスしたい
と思います。

躊躇された方がいらっしゃったのなら、お気遣いさせて申し
訳ありません。戯れ言に、お付き合い頂き恐縮です。

実は、コレ書き直しの記事でして、ボツ記事がかなりの毒気
たっぷりな陰湿な空気を醸し出していたので、自粛しました。

もし、そのデンジャラスな記事をご覧になりたい人は、裏技
で観ることができますので、ご覧下さい。正し決してご覧に
なって不快な思いをされても責任取りませんからね。自己責任
で、ご覧下さい。裏技が解らない方は、観ない方がよろしいの
で、自力で調べて下さい。Blogpeopleの巡回先を回れば、いつ
か該当記事に辿り着くでしょう。

これ、たぶんgooのバグなので記事は非表示にしてありますので
偶然見えたとしても、オレは非表示にしてますから!!見せる
気はございませんのでその由ご了解願います。

ただ、バグで見えてしまうらしいのですよ。
そゆ事なので、何度も言いますが非表示記事ですからね!!

それでは、今日はこの辺で。

それにしてもノゲイラ残念だったナァ~

追記:ともっちさん、persempreさんも、同様しばしお待ち願います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )