そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

米粉でヘルシークッキング♪

2013年03月22日 | 空知の食
前回、美唄の「すぎうらべーカリー」でゲットした「お米のパン粉」は、
しっとりしていてサラサラときめ細か。
左側の市販のパン粉と比べてみるとこんなに違います。
粗めの粒も少し入っていますが、ザルなどでふるってキメを揃えておくと
仕上がりもきれいで使いやすくなります。




せっかくですから、ただのトンカツやフライではなくて、
ちょっとお洒落に「ミラノ風カツレツ」というのにしてみましょう。
本来の「ミラノ風カツレツ」の作り方ですが、
まず仔牛肉にしっかりめの塩コショーをしてから
パン粉をまぶして肉叩きなどで薄く伸ばします。
それをたっぷりのパルメザンチーズと牛乳少々を加えた
卵液にくぐらせてから、細かくしたパン粉をさらにまぶして
揚げ焼きにするのだそうです。でも、柔らかくて脂肪が少ないという
仔牛肉は手に入りにくいので、豚のヒレ肉で代用。




パン粉が細かいと油の吸収が少なくてすみますし、
さらに米粉は小麦粉に比べて油の吸収率が低いそう。
これでカロリーもぐっとおさえられるはずですね。
揚げ油は、すましバターもしくはサラダ油とバターを2対1でとありましたが、
これも衣に吸収される率が低いといわれるオリーブオイル
(安価なもので充分)に変えてみました。
また、レシピのようにお肉をあんまり薄く伸ばすのは止めにして、
適度な厚みにしておけば表面積が少なくなるので油も控えめ、
一層のカロリーダウンが図れそうです。




フライパンにオリーブオイルを2センチ程度注いで熱し、
下ごしらえしたお肉をオイルをかけながら弱めの中火でじっくり揚げ焼きにします。
こんがりときれいなキツネ色に揚がったら、油をよく切って出来上がり。
下味をしっかりとつけているので、ソースなどは不要です。
レモンをギュッと搾って、さあいただきましょう!




サックリと香ばしい衣はきめ細かくてホロホロと口当たり良く、
柔らかなお肉にパルメザンチーズの風味が加わって絶品の仕上がり。
この出来映えは、「カツレツ」というよりはフランス語で
「コートレット」とでも呼びたくなるような感じです。
(おっとミラノはイタリアだから、イタリア語の「コテレット」?)
このパン粉で「クリームコロッケ」を作ったとしたら、
きっと「クロケット」だな~。

それにしても、米粉が油を吸い込みにくいとは嬉しい限り。
この際ですから、お次はハイカロリーの代表選手「天ぷら」にもトライしてみました。
市販の米粉を卵水で溶いた衣に、あらかじめ米粉をまぶしておいた材料を
くぐらせながら揚げていきますよ。
米粉が下に沈んでしまいがちなので、途中でよく衣をかき混ぜておきます。
米粉はグルテンを含んでいないので、衣をかき混ぜすぎても
時間をおいたとしても大丈夫、粘りは出ません。
出来上がりの衣はサクサク、カリカリとした食感で香ばしい、
このサクカリ感は揚げてから時間がたっても持続するのが嬉しいところ。
また、米粉の天ぷらは油っぽくなりませんから、胸焼けなんかもなし。
試しに使った揚げ油を冷めてから元の容器に戻してみましたが、
驚くほど油が減っていませんでした。




天ぷらの衣が残りすぎてしまった時には、
これに小麦粉を適当に足してお塩少々、顆粒ダシの素などで調味。
小口切りのニラやコネギ、千切りのニンジンなど好みの具材を加えて
ゴマ油でカリッと焼けば、オマケで簡単チヂミもどきの出来上がり。
コチュジャンや酢醤油などを添えていただきましょう。




ヘルシーついでにホワイトシチュー。
普通、シチューに使うホワイトソースは、
小麦粉をたっぷりのバターで炒めたものを牛乳で伸ばして作ります。
このホワイトソースの代わりに、野菜やお肉などをスープで煮込んだところに、
スープと同量くらいの牛乳で米粉を溶いたものを加えてトロミをつけ、
塩コショーで味を整えます。こうすればダマにもなりませんし、
油脂を使っていないので低カロリーです。
米粉の分量の目安は、牛乳300CCに対して米粉大さじ2(好みで3)くらいの割合でしょうか。
最後に少し風味付けのバターを落としても良いですが、
それでも通常のレシピよりはかなりなカロリーダウン。
このやり方はグラタンなどにも応用できますね。




でも、以上のお料理はカロリーダウンになっている(はず)とはいいながら、
カロリーがない訳ではありませんからね、食べ過ぎにはくれぐれも注意ですよ。

さて、今やちょっとしたブームになりつつある米粉ですが、
最近は簡単に入手できるようになってきて、
家庭でも手軽に米粉クッキングが楽しめるようになりました。
普通の米粉の他に、製パン用にグルテンを配合したものも販売されています。
ここは札幌狸小路の「HUGマート」
粉ものの売場を見てみると、ちゃんと空知産の米粉が並んでいました! 




そして最近では、パンはもちろん様々なお菓子やお惣菜などにも、
米粉を使ったお料理レシピがびっくりするほどたくさん考案されています。
皆さんも、地元産の米粉を使ったおいしくて
ヘルシーなお料理を楽しんでみませんか?


しっとりモッチリ、米粉のパン ~ 美唄「すぎうらベーカリー」

2013年03月21日 | 空知の食
最初に美唄の「すぎうらベーカリー」を知ったのは、
何年か前に奈井江の道の駅「ハウスヤルビ奈井江」(現在は扱っていないそう)で、
米粉のシフォンを購入して以来のことです。
ふんわりしっとり、ほのかな甘さのシフォンには、プレーンを始めミルクティー、
抹茶、メープルなどのいろんな種類が揃っていましたが、
どれもおいしくてアッという間にたいらげてしまいました。
写真は「シナモンりんご」のシフォン。
思えばこれが、「へぇ~、米粉って何だかすごい!」と感じた瞬間だったような。




米どころの美唄では、お米の多面的な活用を目指して米粉に着目、
「美唄こめこ研究会」も結成されて活発な活動を続けています。
地元の美唄産、北海道産の良質で安全な食材にこだわってきた
「すぎうらベーカリー」では、道産小麦粉100%のパンの他にも
早くから美唄産の米粉を使った様々なパン作りに取り組んできました。
札幌駅北口の「どさんこプラザ」や地下街オーロラタウンの「きたキッチン」でも、
「すぎうらべーカリー」のパンなどが何種類かですが入手できるので、
しっとりモッチリした食感の米粉パンは我が家の食卓にもしばしば登場しています。

国道12号線沿いに「すぎうらベーカリー」の新店舗が
オープンしたのは昨年の6月のこと。
これまでは、なかなか美唄本店に立ち寄る機会がありませんでしたが、
今日はその新店舗にお邪魔してみました。
国道12号線を美唄市街を抜けて北上し「癸巳町」の看板を見てからやや少し、
進行方向に向かって左側、交差点の北角にあります。
パッとした明るいガラス張りの建物です。






陽射しが降り注ぐ店内には、たくさんのパンが並べられています。
小麦シリーズのパンとお米シリーズのパンは、
全体的にみてザッと2対1くらいの割合でしょうか。




看板商品のシフォンが、いっぱいあるある。

  


このいろんなシフォンを薄切りにしてグラニュー糖をかけてから焼いた
というラスクもありました。これは最近の商品なのかなぁ。
ラスクにしては、ややしっとりと柔らかな新食感。
シフォンのおいしさ風味はそのままに、日持ちも良し。




おっと、これも新商品? お米のブラウニー、人気上昇中だそうです。




12センチ×8センチくらいの大きさで厚さは約1センチ。
表面のごく薄いクラストの下は濃厚でクリーミーなチョコレートの生地で、
いわゆる焼き菓子というよりは生チョコレートに近い感じです。
一般的なブラウニーとはちょっと様子が違っています。
トッピングはピーカンナッツ。これもおいし~♪




定番の山形食パンは、発売当時から愛され続けてきた商品です。
トーストにしてみるとしっとりとしていますが、
少しお餅っぽいような食感もあります。
腹持ちも良さそうで、きっとこれはパン派にもご飯派にも受け入れられるパン。






発酵させた生地をあらかじめ茹でてから焼きあげるという
モッチリしたベーグルは、米粉で作るとさらにモッチリ。
まさに米粉のためにあるようなパンですね。これはブルーベリー入り。




お米パンシリーズは、他にもピザパンやチーズクリームパン、
ロールパン、ミニクロワッサンなどなど、多数揃っていますよ。
最後にこんなの見つけました~、お米のパン粉です。残りはわずか1個!
サラサラとしてキメの細かいパン粉ですが、
生パン粉なので保存は冷凍庫でとのこと。




よくお料理の本に「細かくした生パン粉を…」などという記載があったりしますが、
生の柔らかいパンを細かく? いったいどうすりゃいいんだぁ
と思っていたところに、これはピッタリ!
さらに、米粉は小麦粉に比べて油の吸収率が低いという特徴がありますから、
ヘルシーなお料理にもなりそうです。
さて、この顛末(てんまつ)はまた次回。



すぎうらベーカリー
美唄市字美唄1192-5
TEL 0126-64-2089
冬期間(1~3月):9:00~19:00/火休
夏期間(4~12月):7:00~19:00/不定休
http://www.sugiura-bakery.jp/


シフォンケーキと軽食のお店「にんじん」

2013年03月19日 | 空知の食
空知総合振興局の食堂に月1回第3木曜日、
シフォンケーキの出張販売コーナーが現れます。
岩見沢市内にある共同ワークショップ「にんじん」さんが
プレーン、ココア、ジンジャー、カスタードなど5種類くらいを販売してくれます。
この日は「切り落とし」も売っていて、
1袋でワンカットと同じ値段なのでとってもお得、もちろんこちらも購入♪






お店はどこにあるかというと振興局を出て国道12号を渡り
夜間救急センターの前を通って住宅街を進みます。
本当にお店があるのかちょっと不安になったところでノボリを発見!






シフォンケーキはナント20種類もあって、
販売しているものは日によって違いますが、
ホールなら前日までにオーダーすると好きな味のものを焼いてくれるそう。
また、こちらは軽食レストランにもなっています。
人気ナンバーワンのカレーは小麦粉を炒めるところからきちんと作っていて
味は甘めですがスパイスが効いていてとても美味。




他に、オムライスやカレーチャーハン、スパゲッティなどもあって、
サラダとアイスがセットになってワンコイン、お値段も手頃です。
飲み物のメニューも色々ありますよ。








店内では、栗山のワークハウス「ひだまり」で水耕栽培しているリーフレタスなどの
野菜も販売、お料理にも使っているそうです。




かわいい手作り品なども販売していますよ。




中には大きなテーブルが2つと4人掛けのテーブルが2つ、
スムーズに移動できるように段差もなくゆったり座れます。
手頃なランチとふわふわシフォンのお店「にんじん」、
是非お立ち寄りくださいね。


レストランにんじん
岩見沢市12条西3丁目14-2
TEL 0126-22-8374
10:30~15:00(平日のみ)


「大地の星」と「ドライベジ」でピラフを作ってみた!

2013年03月13日 | 空知の食
3月1日のブログでご紹介した「ふる里ふれあい店 講習会・試食交流会」
そこで試食した「大地の星」と「ドライベジ(乾燥野菜)」の簡単ピラフが、
とっても美味しかったので自宅で試してみました。




このドライベジは1袋22グラム入りですが、乾燥前の量にすると、
玉ねぎ1/2個 ピーマン1個、ニンジン1/2本、プチトマト5個程度、
乾燥すると10分の1くらいになるんだそうですよ。




さて作り方です。
と言っても、改めてご紹介するほどの工程がなくて、ちょっと恐縮(汗)。
さっと洗った「大地の星」300グラムと水300ccを炊飯器に入れ、
ドライベジ1袋、コンソメスープの素1個(今回は顆粒タイプを使用)、
バター大匙1と塩コショウ少々、冷蔵庫あったベーコンとシメジも入れちゃいました。
蓋をしてスイッチオン!




できました!これはやっぱりお料理とは言えないかも。。。




野菜の旨みがぎゅっと凝縮されて、お砂糖入れた?と思われるほど甘みを感じます。
ご飯は本当にぱらっぱらでまったく粘り気はありません。
白いご飯に慣れている方はちょっと戸惑うかもしれませんが、
しっかり噛むとお米の美味しさがひしひしと伝わってきますよ。




ついでなので「大地の星」を使ったお料理をもう一品。
イタリア料理では、香り高いポルチーニ茸を使ったリゾットが有名ですが、
レシピを見ると、しいたけやエリンギで代用してもいいと書いてあります。
いい加減で使い切りたいシイタケを使って作ってみましょう。




予めブイヨン300cc(水とコンソメスープの素1個)を温めておきます。
玉ねぎ1/2個をみじん切りにしてオリーブオイルで炒めます。




透き通ったら「大地の星」150グラムを投入、さらに炒めます。




ここにスライスしたシイタケを入れて、全体に油が回ったら、
白ワイン50ccとブイヨンを数回に分けて加え弱火で煮ていきます。




お米が硬いようならお湯を足してもOK、
仕上げにパルミジャーノチーズのすりおろしたものを加えます。
普段は市販の粉チーズを使っていますが、
今回はナチュラルタイプのパルミジャーノを使用しました。
香りが全然が違いますね~
最後に味をみて、物足りなければ塩を足してください。
器に盛って黒コショウを挽いて出来上がり~
本格リゾットが簡単に出来ちゃいました。
シイタケのうまみとチーズのコク、お米の歯ごたえがあってとっても美味しい!
残りのワインを合わせるさらに美味しくいただけますね。




さて、この「大地の星」ですが、今月末まで、
札幌駅の北海道どさんこプラザでテスト販売を行っています。




3月15日には生産者である小西ファームの小西康子さんが
試食販売を行っていますので是非お立ち寄りください(13時から18時半頃まで)。
また、「ドライべジ」は岩見沢のAコープ鉄北店で販売しています。
とっても便利な「ドライベジ」、もっといろいろな所で買えるようになるといいですね。


北海道どさんこプラザ札幌店
札幌市北区北6条西4丁目 JR札幌駅西通り北口
TEL 011-213-5053
http://dousanhin.com/shop/sapporo_jr/

Aコープいわみざわ鉄北店
岩見沢市桜木1条1丁目
TEL 0126-22-0266



アツアツ「卵かけご飯」の幸せ その2 ~ 長沼「白卵懐」&「卵ラン農場ムラタ」

2013年03月07日 | 空知の食
前回、長沼の「白卵懐」でおいしい「卵かけご飯」を堪能しましたが、
ここで使用していた卵は、すぐお隣にある「卵ラン農場ムラタ」のもの。
「白卵懐」のご主人の弟さん夫婦が経営している農場だそうです。

  


「卵ラン農場ムラタ」では、道産の小麦と米ヌカ、
魚粉などを混ぜた自然な飼料でニワトリを育てています。
添加物などは一切加えていませんから、
卵の黄身もきれいで自然なレモンイエローをしていましたね。
また、ニワトリたちがストレスを感じないで伸び伸びと暮らせるよう、
鶏舎の中はゆったり広々としたスペースになっています。
右側の通路を通って、自由に外へ出て歩き回っています。

  


その証拠に、ほら外の雪の上には無数の足跡。
でも、こんなに自由に放し飼いにして、
野生の動物に狙われたりはしないのでしょうか。ちょっと心配になります。
敷地内には犬もたくさん放し飼いになっていました。
きっとこのワンちゃんたちが、ニワトリたちをしっかり守ってくれているんですね。

  


良いものを食べて良い環境で伸び伸びと育ったニワトリから産まれる卵は、
安心して食べることができて、しかもとってもおいしいのです。
帰りがけに購入した新鮮な卵は1パック400円、
一つ一つ微妙に色合いが違っていて美しい。
何だか飾っておきたいような気もしますが、
やはりこれは生きの良いうちに食べてあげなくてはね。
お家でもいろいろな「卵かけご飯」を試してみることにしましょう。




「白卵懐」にあった調味料は、普通のお醤油をダシで割ったものが基本で、
後は特製の「ニラ醤油」でした。これ以外にもそれぞれの家庭で使っている
調味料は様々なようで、普通のお醤油(我が家はコレ)はもちろんのこと、
他にも「卵かけご飯」専用醤油、めんつゆ、牡蠣だし醤油なんていうのもあるくらい。
ということで、いろいろな市販の調味料を小皿に並べてみました。
上段左側から時計回りに、まず普通のお醤油、「卵かけご飯」専用醤油、
めんつゆ、白だし、だし醤油、牡蠣だし醤油。




どれもお醤油をベースにして、それにダシや甘みなどを加えたもの。
同じ調味料でもメーカーによって違いがあるので一概には言えませんが、
取りあえずいろいろな観点から順番に並べてみました。
 ○甘みの強さ:めんつゆ → 牡蠣だし醤油 → 白だし → 「卵かけご飯」専用醤油 → だし醤油 → お醤油
 ○塩分の強さ:お醤油 → 白だし → だし醤油 →「卵かけご飯」専用醤油 → 牡蠣だし醤油 → めんつゆ
 ○ダシの濃さ:めんつゆ → 牡蠣だし醤油 → 白だし → だし醤油 → 「卵かけご飯」専用醤油 → お醤油
 ○単位当たり価格:「卵かけご飯」専用醤油 → 牡蠣だし醤油 → だし醤油 → 白だし → めんつゆ → お醤油
こうしてみると「卵かけご飯」専用醤油は、色合いも淡く、甘さ・塩分・ダシともに控えめ、
卵のおいしさ・持ち味を活かすように調整されているのかもしれませんね。
でも、とにかく結局は甘さ加減やダシの違いなどによる好みの問題?
あとはお財布と相談でしょうか。

さらにトッピングや薬味もいろいろ。
「白卵懐」では16種類(しらす、大根おろし、チーズ、ねぎ、のり、バター、山わさび、
ゆで卵、冷や奴、キムチ、三升漬け、高菜、とろろ、納豆、野沢菜、ピリ辛みそ)が揃っていました。
これ以外にも、ザーサイ、なめたけ、のり佃煮、カツオ節、粉チーズ、白ゴマ、七味、わさび、ゴマ油…。




写真は「納豆+コネギ」、「しらす+のり」、「なめたけ」。
これらはすんなりと生卵の味わいになじんで、文句なくおいしい。

    


お次は「野沢菜」、おにぎりの具にヒントを得て「チーズ+おかか」、
「ザーサイ+ゴマ油」。野沢菜のシャキシャキ、チーズのコクとまろやかさ、
ゴマ油の香ばしさが、生卵のおいしさをさらに増してくれるような感じがします。

    


様々な調味料にトッピング、いろいろ試してみると楽しいですね。
ところで、こちらは「白卵懐」のカウンターに置いてあった
「365日たまごかけごはんの本」という小冊子。
何と365種類!のT.K.G.(卵かけご飯)が提案されています。




まず、1番目はシンプルな「醤油T.K.G.」、これは「きそたま」編です。
うんうん、トップバッターがこれというのはかなり納得。
ちなみに、365番目は「メンフィスのグレートT.K.G.」。
これは「ぶったま」編に分類されています。
調味料はお醤油、ここにピーナツバターを塗ったバナナを乗せてから
削ったチョコレートをトッピングするのだそうです。まさに「ぶったま・げ!」。
いやあ、ここまでたどりつけるかな~。

  


ところで外国にも、細かく刻んだ生肉にタマネギなどを混ぜてから
卵黄をのせるタルタルステーキや、牛乳に生卵などを混ぜる
ミルクセーキのようなものはありますが、
生卵をメインにして食べるという習慣は日本独特のものだと言われています。
そうすると、かつて映画「ロッキー」の中で、
主人公が大量の生卵を飲み干すという印象的なシーンがありましたが、
外国の人達にとってはずっとインパクトの強いシーンだったのかもしれませんね。




また一方、生食を前提とする日本では、
卵を完全洗浄するなど衛生管理が全般に行き届いていて、
安心して生卵を食べることができるのです。
「卵かけご飯」の幸せは、日本の鶏卵生産者の皆さんの
ご努力のうえに成り立っていることを改めて実感しました。




これまで何気なく食べてきた「卵かけご飯」ですが、
いつでも手軽に安心していただくことができるという幸せ。
やっぱり日本人に生まれてきて良かった…。


白卵懐
長沼町東11線南5番地
TEL 0123-88-1700
11:00~19:00/水休
冬季期間(12月~4月下旬)は土日のみの営業11:00~16:00

卵ラン農場ムラタ
長沼町東11線南5番地
TEL& FAX 0123-88-0787