そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

年越しはお蕎麦 ~ 手打ちそば「福松」

2011年12月28日 | 空知のそば
年の瀬ももう押し迫ってきましたね。
大晦日といえば「年越そば」、空知総合振興局のすぐ近くにある
お蕎麦屋さんの店内にもこんなチラシが貼ってありましたよ。




空知総合振興局は今日が仕事納めです。
皆様には今年も大変お世話になりました。
本当にいろいろあった今年一年でしたが、終わり良ければきっと次の始めも良し、
そして始め良ければすべて良し。心豊かに新しい年を迎えたいものです。

ところで、ここのお蕎麦屋さんは職場から近いこともあって良く利用させていただいています。
手打ちそば「福松(ふくしょう)」、おめでたい名前です。

   


小上がりとの境にはこんなかわいい七福神の「のれん」、これもおめでたいですね~
年末・お正月バージョンかと思いましたが、一年中掛かっているそうで…、失礼しました。




このお店のウリは、道産そば粉を使って二八で打ち分けた3種のお蕎麦。
メインは外皮を剥いてから三番粉までふるいにかけた「並粉蕎麦」で、
冷・温どちらにも良く合います。あとは数量限定になりますが、
蕎麦の中心部のみを使用した「更科蕎麦」は冷たいお蕎麦に、
外皮を丸ごと引いた「田舎蕎麦」は温かいお蕎麦に良く合うそうです。

こちらは、このうちの2種類のお蕎麦を楽しめる「2枚もり」(950円)。
冷たいお蕎麦なので、「並粉」と「更科」をチョイス。
まず最初に「並粉蕎麦」が出てきました。喉ごし風味ともに良くておいしいお蕎麦です。




頃合いを見て2枚目の「更科蕎麦」登場、真っ白できれいですね~
コシがあって本当に喉ごし良く、サクッと2枚目も完食。
それにしてもけっこうボリュームがあります。
それもそのはず、それぞれ普通の「もり」(550円)の量があるそうです。




さて「田舎蕎麦」は温かいメニューでいただきましょう。こちらは「親子蕎麦」。
上の方にお蕎麦をお見せしていますが、色は黒っぽくてややザラッとした舌触り、
お蕎麦の風味が豊かでこれもとってもおいしいです。
こだわりの「そばつゆ」がまろやかで底が見えるくらい飲んでしまいました。




もう一つ人気なのは「海老天蕎麦」(1,250円)。
長さ20センチもある巨大な海老天が2本! ドンブリからはみ出しています。
中身の海老も充実していますよ。ここはやっぱり「田舎蕎麦」で。あ~、おいしい。




これも人気の「海老天ざる」(1,350円)。
こちらはさらにボリュームアップ、巨大海老天2本のほかにイカ、ピーマンなどの天ぷらが。
もう1人では食べきれないくらいの量です、二人でシェアしました。
「そばつゆ」の他に天ぷら用に温かい「天つゆ」が付いていて、
「そばつゆ」が油っぽくならないのが嬉しい。お蕎麦は「並粉」。




メニューはまだまだありますが、取りあえずはこれくらいで。
ここ「福松」さんは、年中ほぼ無休だそうですよ。
「年越そば」はもちろんですが、「おせち」に飽きたら是非どうぞ。

空知総合振興局、仕事始めは1月4日からです。
新しい年が皆様にとって良い年でありますように。
来年もまたよろしくお願いします!


福松
岩見沢市7条西2丁目34-3
TEL 0126-24-1070
11:00~15:00/17:00~20:00(月曜は昼の部のみ)
不定休

歩くと見える!!そらちの魅力 ~ そらちフットパスルートガイド

2011年12月27日 | 日記
このブログの中でも過去に何度か登場している「フットパス」ですが、
「フットパス」ってなに?と思っている人もいることでしょう。
フットパスとは、「森林や田園地帯、古い街並みなど、地域に昔からある
ありのままの風景を楽しみながら歩くことができる小径(こみち)」のこと。
発祥の地イギリスではフットパスが国土を網の目のように縫い、
国民は積極的に歩くことを楽しんでいるそうです。
日本においても、最近の健康志向、ウォーキングブームもあって、
少しずつ広がりを見せているようです。






空知管内では、赤平市(コミュニティガイドクラブTAN tan)、
滝川市(江部乙丘陵地のファンクラブ)
南幌町(NPO法人 ふらっと南幌)
などが積極的に取り組んでいて、
定期的にフットパスの集いなどが行われていますよ。

さて、そんなフットパスを空知管内の活性化に繋げていこうと、
総合振興局では管内全24市町のフットパスルートを紹介する
「そらちフットパスルートガイド」を作成しました。

 

A3版を6つ折りにしたコンパクトなサイズで、市町毎のフットパスルートのマップに、
目印になるようなポイントも写真付きで紹介していますので、個人で歩くときにも安心です。
ルート上や周辺の見どころ、食の情報などもたっぷり掲載しています。

   


こちらは、24市町のルートマップをまとめた一冊にまとめた冊子、
メデイアや観光関係者などに配付してPR用に活用していく予定です。




フットパスの魅力は“のんびり”自分のペースで自由に歩きながら
“ゆっくり”周りの景色を楽しめるところ。
ルートも自分の好み・体力に合わせて自由に設定していいんです。
美しい自然や田園風景は季節ごとに違う表情を見せてくれますし、
それぞれ地域ごとの歴史や文化にも触れることができます。
また、食の宝庫・空知では、そのときどきの旬の農産物に出会えることも大きな魅力です。

このルートガイドを使って本格的にフットパスを楽しめるのは雪が溶けてからですが、
地域によっては、冬ならではの「かんじきフットパス」なども予定されているので、
是非チャレンジしてみてください。
 
そらちフットパスルートガイドは、こちらのHPからご覧になれます。
また、市町毎のルートガイドはそれぞれの市役所または町役場にもお配りしています。
http://www.sorachi.pref.hokkaido.lg.jp/ts/tss/footpathmap.htm


空知総合振興局地域政策課
TEL 0126-20-0030

ひょうたん? カボチャ? ~ 「バターナッツ」

2011年12月26日 | 空知の食
北竜町の「サンフラワーパーク」、ここに併設されているレストラン「風車」では
黒千石メニューが充実していることは前にもご紹介しましたね。
このうち「黒千石スープカレー」には、その時々に地元で穫れた野菜がふんだんに使われています。
今日のスープカレーには素揚げした黄色い野菜(右上)が入っていました。
一見カボチャのようですがホクホクした粉っぽさはなくて、
ねっとりとクリーミーな食感です。いったいこれは何でしょう?




正体はやはりカボチャの仲間で「バターナッツ」という品種、とってもおいしそうな名前です。
何だか「ひょうたん」みたいな形をしていますね。
長さは約30センチ、直径は太いところで15センチ弱、持ってみるとずっしりと重い。
地元の農家の若手の方たちが生産しているそうです。
今回は特別に一つ分けていただきました。




さっそく上の方の細い所をカットしてみましょう。
皮が薄くて包丁が入りやすい! 普通のカボチャを切るときの苦労とは雲泥の差。
切ってみると、あれれタネがない?




これは食べるところが多くてお得かも…。
薄くスライスしてオリーブオイルでソテーしてみました。
水分が多いせいか火も通りやすい。味付けは塩コショーのみですが、
クリーミーな舌触りに優しい甘みが引き立っておいしい、これはワインにピッタリですね。




でも本当にタネがないんでしょうか? それではどうやって増えるんでしょう、
などと余計な心配をしながら下の方の丸い所をカット。
お~、やっとタネが出てきましたよ、ちょっと安心。




クリーミーなこのカボチャ、お菓子などに使うと良いそうです。
なるほど、それではお菓子にもチャレンジしてみましょう。
まず皮を薄くむいて適当な大きさにカット、電子レンジで柔らかくなるまで加熱します。
ずいぶんと水分が出てくるので、これを捨ててから厚手の鍋か深めのフライパンに移します。
木ベラなどでつぶしながら、お砂糖を控えめに加えてさらに水分を飛ばしていきます。
簡単にとても滑らかなペースト状になりますよ。鮮やかなオレンジ色ですね~。




火を止めてから生クリームを少し加えてシナモン少々を振ります。
冷めたら焼いておいた市販のパイ皮にたっぷりと挟みます。
ゆるく泡立てた生クリームを添えて、さらにシナモンをひとふり。
これは激ウマです! 普通のカボチャではこの味絶対出せません。
今回はパイ皮に挟みましたが、クラッカーやクッキーに乗せるなど何でもOK。 




あと、この感じは「ポタージュ」にすると絶対においしいと思います。
また入手できたら是非やってみたいですね。

それと、このカボチャは大きいので数回に分けて使いましたが、
最初に包丁を入れて調理してから最後に使い切ったのが約1ヶ月以上も後。
切り口にラップをかぶせて野菜室に保存していましたが、全く大丈夫でした。
とっても日持ちが良いと思います。

不思議なカボチャ「バターナッツ」。
まだまだあまり店頭に出回ってはいませんが、もし見かけることがあったら、
簡単においしくできる「パターナッツ」料理を試してみてくださいね。


サンフラワーパーク
北竜町字板谷163-2
TEL 0164-34-3321
http://www.town.hokuryu.hokkaido.jp/kanko/kankomap/pege_sunflower.asp

もうすぐ X’mas♪♪

2011年12月22日 | 日記
いよいよ明後日はクリスマスイブ。
クリスマスは一年中で何だか一番気持ちが浮き立つシーズンのような気がします。
皆さんは今年のクリスマスをどう過ごされますか?
ご家族でホームパーティー? 素敵なレストランを予約?
大切な人のためのプレゼントはもう用意されましたか?

今年は本当にいろいろとありました。
節電モードの中で各地のイルミネーションも控えめですが、
でもやっぱりクリスマスにイルミネーションがないとちょっと寂しい。
点灯時間などに配慮しながらも、今年も街角には煌めく灯りがともりました。

岩見沢駅前のイルミネーションは市民の寄付によるもの。




こちらは信金さんのショーウィンドウ。不景気ムードを吹き飛ばそう!




市内の病院の玄関。トナカイやミッキーマウスたちは癒し系?




ところで、今年の岩見沢は12月から記録的な大雪になりました。
交通渋滞や頻繁な雪かきは困るけれど、
考えようによっては街中がすっぽりと美しい銀世界、まさにホワイトクリスマス。
肩をすぼめて俯きがちに歩いてしまうこの季節、
目線を少し上げて周囲を見渡してみませんか? 
雪の中から顔を出しているナナカマドの真っ赤な実、
雪をまとった針葉樹たちは素敵なクリスマスツリー、
きっと思いがけない神様からのプレゼントに出会うことができますよ。

こちらは国道234号線の中央帯にある針葉樹。
真っ白な雪をまとったクリスマスツリーは自然からの贈り物。




それではこの週末、皆さん楽しいクリスマスを過ごしてくださいね。



手打ち蕎麦 杜若(かきつばた)

2011年12月21日 | 空知のそば
久しぶりに「空知のそば」のご紹介、
長沼町市街地、国道337号沿いにある「手打ち蕎麦 杜若(かきつばた)」です。






こちらのお店では幌加内町産のきたわせそばを石臼挽きし、
そば粉八割、道産小麦はるゆたか二割の二八そばを、手打ちで提供しています。




店内は和風の落ち着いた造り、煉瓦色の塗り壁、ゆったりとしたテーブルや椅子、
テーブルの上の薬味入れなど、一つ一つがとてもおしゃれでご主人のこだわりを感じます。






先ずはそば茶を一杯、はぁおいしい~
最近は日中でもプラスにならない真冬日が続います。
冷えた体に熱いそば茶がしみ渡るようです。




メニュー選びも自然、温かいおそばに目がいきます。
蔵王鴨を使った「鴨南蛮(1200円)」を注文。




蔵王鴨は、鴨と鴨の掛け合わせで作られた本鴨、
赤身の色が濃く低脂肪でヘルシーな鴨肉だそうです。
こんがりと焼き色のついたネギ、三つ葉とゆずが乗っていて、
なめらかな二八そばが、まろやかな味わいのつゆをくぐってつるつると入っていきます。
鴨肉柔らか~い、ゆずの香りもいいですね~

こちらは「つけとろせいろそば(900円)」、
寒いけど、やっぱり冷たいのも食べたい。




とろろには予めだし汁が加えてあります。
これにウズラの卵を合わせると更にまろやかなお味に。
コシがありながらものど越しがいい二八そばにぴったりです。

おやおや、美味しいおそばにうっとりしている間に、
待ちのお客さんの列ができていました。
そろそろ退散するとしましょう。


手打ち蕎麦 杜若
長沼町銀座北1丁目2-21
TEL 0123-88-3377
11:30~15:00
水曜定休(祝日の場合は木曜休)