そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アートの力で炭鉱の記憶を掘り起こす ~ 三笠「奔別アートプロジェクト」

2012年10月04日 | 空知のアート
三笠市幾春別にある旧住友奔別炭鉱、
ここには、当時東洋一と言われた立坑や、
国内最大級の石炭積み出し施設(ホッパー)など、
炭鉱を理解するための貴重な施設群が残っています。






昨年、このホッパーが解体されるとの話がありましたが、
施設を所有する(株)ホッコンの特段のご理解により、
一年間、NPO法人炭鉱の記憶推進事業団により保存・活用することになりました。
現在、このホッパーをメイン会場に、アートの力で炭鉱の記憶を掘り起こす
「奔別アートプロジェクト」が開催されています。
ホッパーとは、搬出する石炭を種類分けして石炭貨車に積み込む施設のことで、
1960年に完成した奔別炭鉱のホッパーは長さ100m、幅13m、高さ20mと国内最大級です。

 

 
先ずは受付で留意事項などの説明を受け、入場の手続き。
10時から30分おきに実施しているというガイドツアーに参加することにしました。




会場内はぬかるんでいる場所があるので、
「こちらの長靴に履き替えた方がいいですよ」とのこと。
ちょっとガボガボですが有り難い~




ポッパーに入る前にこんなイスが。
座ると立坑の後ろ姿がいい感じで眺められるように配置してあるそうです。
なるほど。






作品はどれも現代アート、そのいくつかをご紹介しましょう。

札幌市立大学の上遠野 敏教授による「モス地蔵」、
池の中に長期間漬けてわざと苔を生えさせたそうです。
このプロジェクトの安全祈願と炭鉱産業に関わった人々への鎮魂を込めた作品で、
プロジェクト終了後はまた池に戻し、もっと苔を増やすんですって。




外に置いてあった白いイスの作者 富田哲司さんの「Irreversible」。
真っ白な作品達がだんだん変化していく、この状態にあるのは今この一瞬です。




高橋喜代史さんの「ホッパーサウンド」。
このホッパーの1階は貨車が3列に渡って通っていたそうです。
上には選別された石炭が入っていて、天井の穴から貨車に落ちるという仕組み。
これはその石炭が落ちてくるところを表現しているそうですよ。




札幌市立大学4年生、ワコポコマイさんの「Factory」。
写真ではちょっとわかりずらいですが、
立坑と同じ形になっていて手前の取っ手を回すと、
いろいろなエネルギーを生み出す仕組みになっています。
光が差し込んでいる窓からはちょうど立坑が見えます。




同じく札幌市立大学美術部、STUさんの「蘇生」。
栄えていた頃から時が経ち、人が去り、老朽化した建物に雨水が溜まり、
自然が萌えている現在の炭鉱の様子を、フィラメント(発光部)が外れ、
本来の機能を失った電球を使って表現しているそうです。
電球の中は水草ですよ。






こちらはこのプロジェクトのために特別に取り付けられたスロープ、
このスロープを上っていくと、ホッパーの上層階に入ることができます。
この中にもいくつかの作品がありますので、高いところが大丈夫な方は是非登ってみてください。

 


ガイドツアーを終えて受付に戻ると、壁一面に展示作品のポストカードが
貼られていて、好きな物を一つどうぞとのこと。
建てられた時代が異なるホッパーの境界を表現した、渡邊俊介さんの「RとQと連結器」を、
立坑完成直後の奔別炭鉱のポストカードと一緒にいただきました。




このプロジェクトには、幾春別の地域の方々の数々のご協力があったそうです。
スタッフは、ご厚意でお借りしている町内会館に泊まり込んで準備を進め、
オープニングセレモニーの際には、いち早く雨除けのテントを張り、
地元「童心会」の太鼓演奏で大いに盛り上げてくれたそう。
スロープの資材の提供や設置にも地元業者さんのご厚意があり、
語ればきりがないくらいのご協力があって実現できたプロジェクト、
その感謝の気持ちを込めて、公開初日の10時からは、
幾春別地域の方々のための特別鑑賞会(内覧会)を行ったそうです。

炭鉱の記憶推進事業団、札幌市立大学の上遠野教授を始め学生さん達、
多数のゲストアーティスト、そして幾春別の地域の方々、
多くの人達の力でアートを表現する場として蘇ったホッパー。
壊すのではなく、残すことの価値を考え直す、素晴らしいプロジェクトになりました。

奔別アートプロジェクトは10月28日(日)までの土・日・祝日、
10時から17時まで公開しています(入場は16:30まで)。観覧料は無料。
足下の悪い箇所もありますので、できれば長靴などをご持参ください。


奔別アートプロジェクトHP
http://pon.soratan.com/

深川市の文化発信地 ~ アートホール東洲館

2011年12月02日 | 空知のアート
深川駅から降りてすぐ左にある、深川市経済センタービルの2階に
「アートホール東洲館」があります。




ここは、美術を通して市民が交流しふれあう場として、また、
地域の芸術文化の創造と振興の拠点として、2001年にオープンしたということです。

館内では、深川出身の書家 小川東洲氏と、これまた一己村(現・深川市)生まれの
洋画家 故松島正幸氏の作品を常設展示しています。
※松島氏に関しては、岩見沢市に「松島正幸記念館」があり、
7月15日のブログでもご紹介したところです。

私が見ているところ、アートホール東洲館では、
だいたい半月毎に、全国で活躍している様々な芸術家の
写真展や絵画展を特別企画展として行っているようで、
11月後半は「10号公募展」が開かれていました。
この企画は、作品が大型化する一般の公募展と一線を画し、
絵が好きな人が気軽に応募し、研鑽できる場をという企画で、
今年で6回目、道内各地から40点ほど応募があったそうです。
ちなみに小生も出品しておりました。




こちらが展示風景、作品はほとんどが油彩画です。




写真の一番右の方が館長の渡辺貞之さん、講評を行っているところです。
緊張しますね。




12月の予定は、
 ○佐藤武史追悼写真展   12月 1日(木)~15日(木)
 ○第4回北海道現代具象展  12月16日(金)~28日(水)
となっています。
特別企画展の開催中は、常設展示をお休みしている場合がありますので、
確認してからお出かけくださいね。


アートホール東洲館
深川市1条9番19号 深川市経済センター2階
TEL 0164-26-0026
10:00~18:00
月曜休館
入館料 無料
http://www.city.fukagawa.lg.jp/web/section/shougai/12004001.php

アートな妖精達が住むまち 奈井江町

2011年10月21日 | 空知のアート
奈井江町に、質の高い音楽専用ホール「奈井江町文化ホール」があることは、
8月4日のブログでご紹介しましたが、このほかにも町内で小さなアート作品を見つけました。
街灯に取り付けられた銅製のモニュメント、「月の使者」と名付けられています。




こちらはその相棒「太陽の乙女」です。




彼らはまるでまちに住み着いた妖精のようです。
同じ種族と思われる妖精がこちらにも。
「星を持つ少女」と「雪の精」です。






種明かしをすると、この妖精達は、
平成6年から8年度に実施された道路整備事業で設置されたもの。
「職」「住」「遊」のバランスのとれた街づくりを目指す「ゆうゆうタウンないえ構想」に沿って、
まちの顔となる道づくりの一環として整備しました。
北2丁目通りと14号西線に全部で8個、
作者は金属を使ったクラフト作品で知られる菅原義則さんです。

文化ホールの前にも同じようなモニュメントの乗った街灯があり、
こちらは平成5年の文化ホール建設の際に整備したもの、同じく菅原さんの作品だそうです。
音楽ホールの近くなので、彼らは楽器演奏が好きなよう、
作品名も「花笛」となっています。








このほか、町内を流れる奈井江川にかかるライマン橋にも
「ゆめみごろ」「風立ちぬ」というブロンズ像が設置されていたそうですが、
片方がなんと!盗難に遭ってしまい、残念ながらもう一方も取り外されているとのこと。

何気ない街灯にも文化の香りを感じさせるまち、奈井江町、
みなさんも時間があったら、ゆっくり探索してみてはいかがでしょうか?


奈井江町ふるさと振興課
TEL 0125-65-2118


静寂と前衛と市民文化 ~ ミカサ・モダンアートミュージアム

2011年09月30日 | 空知のアート
閉校になった学校を利用したアートスポットといえば、
美唄市の「アルテピアッツァ」が有名ですが、
三笠市幌内の「ミカサ・モダンアートミュージアム」
また違った雰囲気をもった芸術文化空間です。

平成10年(1998年)3月に閉校した旧幌内中学校の校舎を利用したこの施設は、
三笠市街から三笠鉄道村に向かう途中にあります(ちょっと入り口がわかりづらい)。
道路からは少し入った場所にあり、裏手は森になっていて、あたりは静寂そのもの。






建物自体はなにぶん鉄筋コンクリート造り2階建ての中学校ですから、
ご覧のとおり極めてシンプルで特に芸術的とはいえません。
でも、館内に一歩足を踏み入れると、早くも前衛の香りがします。
まず、石炭でつくられたモニュメントが登場。
これはいったいどういうコンセプトなんだろうとしばし思案…。




いかにも学校らしさを感じさせてくれる1階廊下には、
三笠市出身の各界著名人のパネルが並んでいます。
知っている人、知らない人、あら、この人も三笠出身なのかという人。




その中には、三谷幸喜の舞台やTVドラマなどで活躍している小日向文世さんや、
最近みないけれど一定年齢以上には懐かしい歌手の倉橋ルイ子さんも。




そういえば、三笠市立博物館の前庭に、倉橋ルイ子さんの「幾春別の詩」
(阿木燿子作詞、宇崎竜童作曲/注:時代を感じさせますね)の歌碑があったことを思い出しました。
http://www.sp.hkd.mlit.go.jp/kasen/08isiken/02genba/32ikusyun/sample1.html

廊下の終点には広々とした吹き抜けの階段室があって、
階段をぐるりと囲む回廊は光あふれる展示スペース。




館内を順番に観ていくと、教室や体育館にはモダンアートの展示のほか、
三笠市ゆかりの画家の常設展示やアマチュア写真家の炭鉱をモチーフとした写真など
いろいろなジャンルの作品が展示されています。
劇団の練習室となっている部屋や木工を体験できる工房もあり、
アバンギャルドなアートスペースであるとともに、市民の日常の文化活動拠点でもあるようです。










体育館に作品が展示されていた川俣正さんも三笠市出身です。
http://hokkaidoinprogress.jimdo.com/005-川俣ルーム/

アートミュージアムだけど、アートがつかないミュージアムの部分もありました。
ここに子どもたちがあふれて歓声が響いていたであろう頃の記憶を留めた「思い出の部屋」には、
校旗・校章や校歌、様々な教材や往時の写真などが収蔵されていて、
母校に対する地域の人々の懐古の思いが伝わってきます。




また、校庭の隅には若山牧水の歌碑がありました。




「老いゆきてかへらぬものを父母の老いゆくすがた見守れよ子等  牧水」

歌碑建立の由来については、裏面にあった説明をそのまま引用しましょう。

「 歌人の若山牧水は、大正15年9月より、55日間にわたって
北海道行脚の旅に出た。
  11月8日に幾春別に一泊、翌9日に幌内を訪れて歌会を開催し、
幌内鉱に短歌2首を揮毫した。
 後に、1首を幌内小学校(当時、幌内市街)に贈られた。
 この歌は、牧水の歌集「黒松」に収められている。
                     平成3年10月建立 」

幌内の炭鉱と学校が結ぶモダンアートと牧水とのコラボレーションですね。

(※ ついでにいえば、西桂沢の地域健康増進センターの前にも牧水の歌碑があります。
   碑文は 「 幾山河越えさりゆかば寂しさの果てなん国ぞ今日も旅ゆく  
   大正15年の秋 来桂記念  文豪 若山牧水 作 」  )

ミカサ・モダンアートミュージアムは入館無料ですが、
冬期(10月16日~翌年4月15日)は休館です。
興味のある方はぜひその前に!


ミカサ・モダンアートミュージアム  
三笠市幌内町3丁目58番地
TEL 01267-2-2234
http://www2.city.mikasa.hokkaido.jp/kanko/art.html

『妙夢』が繋ぐ「北海道マラソン」と「空知」

2011年09月05日 | 空知のアート
北海道の晩夏を飾る一大イベント「北海道マラソン」が8月28日(日)に開催され、
私も参加してきました。
スタート時の気温28.9℃、最高気温31℃、暑い!!
出場された皆さん、スタッフの皆さん、沿道で応援してくださった皆さん、
本当にお疲れさまでした。

参加者にとっては今年もたくさんの感動がありましたが、完走メダルもその一つ。
美唄市出身の世界的な彫刻家、安田侃さんの『妙夢』がデザインされた、
ほかの大会にはない、素敵なメダルです。




安田侃さんの『妙夢』は札幌駅でもおなじみですね。




大会パンフレットと一緒にもらったチラシには、
「『妙夢』という作品には、夢を追う、感動を手にするという意味が込められていて、
『完走したランナー全員が自分に対する金メダルとして受け取って欲しい』という
安田侃氏の想いから今回のメダルが実現した。」とあります。うれしいですね。

大会の余韻が残る翌日、夏季休暇を利用して、
子供と一緒に「アルテピアッツァ美唄」を訪れました。
ここは、安田侃さんの想いから創られた野外彫刻公園。
廃校になった小学校がギャラリーとして蘇り、
自然と芸術が豊かに広がる彫刻公園になっています。
想いのある人々の手によって、いつも美しく管理され、
時が止まっているような、懐かしい気持ちにさせてくれる場所です。










子供は大喜びで水遊び。
敷いてある白くてすべすべした石(大理石?)が何とも言えず気持ちいいのです。
体を安定させながら歩いたり、時々気に入った石を手に取ったり、
飽きることなくずっと入っていられます。大人も楽しい。



疲れた脚に、足つぼマッサージ効果も大(笑)



完走メダルとギャラリーの展示作品で記念写真です。



いつまでも記憶に残りそうな一日を過ごしました。

帰りの美唄駅で「北海道マラソン」のTシャツを着たご夫婦をお見かけしたので声を掛けてみました。
神奈川県藤沢市からいらしたそうで、やはりアルテへ寄られた帰りだそうです。
併設のカフェでは、安田侃さんご本人とお会いして、交流の時間を持てたとのこと、
聞いた私もうれしくなりました。
「アルテはゆったりした時が流れていていいところですね。
完走メダルもとても気に入っています。」とおっしゃっていました。
美唄のまちの案内図を見ながら「また来たいですね。」とも。
訪れた誰もが、大きな懐に包まれる豊かな場所「アルテピアッツァ美唄」、
北海道マラソンを経験した人には、走り終えた喜びがより大きくなるのではないでしょうか。


アルテピアッツァ美唄
美唄市落合町栄町
TEL 0126-63-3137
9:00~17:00(カフェアルテは10:00~17:00)
入場無料
休館日 火曜日、祝日の翌日(日曜日は除く)、12月31日~1月5日
http://www.artepiazza.jp/