そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

静寂と前衛と市民文化 ~ ミカサ・モダンアートミュージアム

2011年09月30日 | 空知のアート
閉校になった学校を利用したアートスポットといえば、
美唄市の「アルテピアッツァ」が有名ですが、
三笠市幌内の「ミカサ・モダンアートミュージアム」
また違った雰囲気をもった芸術文化空間です。

平成10年(1998年)3月に閉校した旧幌内中学校の校舎を利用したこの施設は、
三笠市街から三笠鉄道村に向かう途中にあります(ちょっと入り口がわかりづらい)。
道路からは少し入った場所にあり、裏手は森になっていて、あたりは静寂そのもの。






建物自体はなにぶん鉄筋コンクリート造り2階建ての中学校ですから、
ご覧のとおり極めてシンプルで特に芸術的とはいえません。
でも、館内に一歩足を踏み入れると、早くも前衛の香りがします。
まず、石炭でつくられたモニュメントが登場。
これはいったいどういうコンセプトなんだろうとしばし思案…。




いかにも学校らしさを感じさせてくれる1階廊下には、
三笠市出身の各界著名人のパネルが並んでいます。
知っている人、知らない人、あら、この人も三笠出身なのかという人。




その中には、三谷幸喜の舞台やTVドラマなどで活躍している小日向文世さんや、
最近みないけれど一定年齢以上には懐かしい歌手の倉橋ルイ子さんも。




そういえば、三笠市立博物館の前庭に、倉橋ルイ子さんの「幾春別の詩」
(阿木燿子作詞、宇崎竜童作曲/注:時代を感じさせますね)の歌碑があったことを思い出しました。
http://www.sp.hkd.mlit.go.jp/kasen/08isiken/02genba/32ikusyun/sample1.html

廊下の終点には広々とした吹き抜けの階段室があって、
階段をぐるりと囲む回廊は光あふれる展示スペース。




館内を順番に観ていくと、教室や体育館にはモダンアートの展示のほか、
三笠市ゆかりの画家の常設展示やアマチュア写真家の炭鉱をモチーフとした写真など
いろいろなジャンルの作品が展示されています。
劇団の練習室となっている部屋や木工を体験できる工房もあり、
アバンギャルドなアートスペースであるとともに、市民の日常の文化活動拠点でもあるようです。










体育館に作品が展示されていた川俣正さんも三笠市出身です。
http://hokkaidoinprogress.jimdo.com/005-川俣ルーム/

アートミュージアムだけど、アートがつかないミュージアムの部分もありました。
ここに子どもたちがあふれて歓声が響いていたであろう頃の記憶を留めた「思い出の部屋」には、
校旗・校章や校歌、様々な教材や往時の写真などが収蔵されていて、
母校に対する地域の人々の懐古の思いが伝わってきます。




また、校庭の隅には若山牧水の歌碑がありました。




「老いゆきてかへらぬものを父母の老いゆくすがた見守れよ子等  牧水」

歌碑建立の由来については、裏面にあった説明をそのまま引用しましょう。

「 歌人の若山牧水は、大正15年9月より、55日間にわたって
北海道行脚の旅に出た。
  11月8日に幾春別に一泊、翌9日に幌内を訪れて歌会を開催し、
幌内鉱に短歌2首を揮毫した。
 後に、1首を幌内小学校(当時、幌内市街)に贈られた。
 この歌は、牧水の歌集「黒松」に収められている。
                     平成3年10月建立 」

幌内の炭鉱と学校が結ぶモダンアートと牧水とのコラボレーションですね。

(※ ついでにいえば、西桂沢の地域健康増進センターの前にも牧水の歌碑があります。
   碑文は 「 幾山河越えさりゆかば寂しさの果てなん国ぞ今日も旅ゆく  
   大正15年の秋 来桂記念  文豪 若山牧水 作 」  )

ミカサ・モダンアートミュージアムは入館無料ですが、
冬期(10月16日~翌年4月15日)は休館です。
興味のある方はぜひその前に!


ミカサ・モダンアートミュージアム  
三笠市幌内町3丁目58番地
TEL 01267-2-2234
http://www2.city.mikasa.hokkaido.jp/kanko/art.html

黒千石メニューがおいしい! ~ レストラン「風車」

2011年09月29日 | 空知の食
先にご紹介した北竜町の「サンフラワーパーク」
道の駅、温泉、ホテルなどが併設されていますが、
ここにあるレストラン「風車」では、北竜町のもう一つの特産品である
黒千石大豆を使ったメニューが充実しています。




黒千石大豆は1970年以降その栽培の難しさから生産が途絶えていた幻の大豆ですが、
現在北竜町を中心に少しずつ栽培が復活してきています。
他の豆よりも健康に良いアントシアニンや機能性ポリフェノールなどを
多く含んでいることがわかっていますし、
最近は免疫バランスの調整効果の研究にも注目が集まっています。

さて、レストランの黒千石メニューですが、
中でもこれがおすすめ「黒千石スープカレー」(900円)。
スープの中に茹でた黒千石大豆がタップリ。
辛さはごく控えめで子供でも大丈夫ですが、
スープはコクと旨味が充分で大人も大満足、とってもおいしい。
鶏肉のほかにパプリカ、カボチャ、生シイタケ、ジャガイモなどの
野菜が豊富に入っているのも嬉しいところ。




添えられたご飯も、黒千石大豆を炊き込んだほんのりピンク色の黒ライスと
白飯が盛り合わせになっていて、両方の味が楽しめます。
この黒ライスをスープカレーに浸していただけば、まさに黒千石三昧。
白飯は北竜産おぼろづき100%の「ひまわりライス」です。




こちらは、「黒千石スパゲティー」(950円)。
11時から14時までの注文になっていて、さらに一日20食限定。
なかなか食べることのできない幻のメニューかもしれませんね。
これにも茹でた黒千石大豆と野菜やベーコンがタップリ。
麺には黒千石大豆の煮汁がからめてあって、黒千石の栄養分が
余すところなく利用されています。味付けはあっさり塩味で食べあきません。




ほかには、黒千石大豆を使用したお豆腐を用いて柔らかな食感に仕上げたという
自信作「手ごね黒ちゃんハンバーグ定食」(950円)、白飯と黒ライスにお刺身や
ひまわりこんにゃくステーキなどを盛り合わせた「北竜御前」(1300円)なども。

また、「サンフラワーパーク」の売店には、黒千石大豆を使った製品がたくさん並べられています。




売れ筋ナンバーワンは、加工前の「黒千石大豆」そのものですが、
2位は「黒千石納豆」、3位は「黒千石茶」…。
ほかにも「きなこ」、「豆腐」、「アイス」「せんべい」などと豊富な品揃え。
写真は「手ごね黒ちゃんハンバーグ定食」に使用されている「黒ちゃんとうふ」と、
宿泊客の朝食にも提供されている「黒千石納豆」。納豆はタレをかけて混ぜてみましたよ。






栗山のパン工房「栗の木」さんの「スティックブラン」も並んでいました。
もちろんこれも黒千石入り。カリカリと香ばしいお菓子ですが、
ビスコッティのようにコーヒーや暖かいミルクなどに浸して食べてもおいしいです♪

  


黒千石大豆製品、どんどん新商品が開発されています。
今年の5月にはお菓子の老舗「きのとや」さんが、黒千石大豆にキャラメルをからめて
アーモンドとともに香ばしく焼きあげたフロランタン「まぼろしの黒千石」を発売したのは
記憶に新しいところ。何と一枚当たりに黒千石大豆を30粒も使用しているんですよ。

  


ほかにも、レトルトの黒大豆カレー「黒千石」、冷凍の「黒千石豆ごはん」、
缶入り「黒千石茶」、「コーヒー」などなど、ユニークな商品が増えてきています。
おいしくてヘルシーな黒千石メニューで健康な暮らし、皆さんもいかがでしょうか。


サンフラワーパーク
北竜町字板谷163-2
TEL 0164-34-3321
http://www.town.hokuryu.hokkaido.jp/kanko/kankomap/pege_sunflower.asp


秋薔薇の魅惑に出会う ~ 「ローズガーデンちっぷべつ」

2011年09月28日 | 日記
多彩な花色、完璧なまでの花姿、豊かで魅惑的な香り…、
バラほど人を惹きつけてやまない花はありません。
どんな園芸家も最後にいきつくところはやっぱりバラと言われているとか。
バラはまさに百花の女王ですね。

6月から7月上旬にかけて咲き誇る初夏のバラ、
そのふくよかで瑞々しい美しさは誰もが認めるところですが、
夏の暑さを耐えきって再び返り咲くバラたちは、
秋の爽やかな空気の中で格別の美しさを見せてくれます。
やや小ぶりではありますが引き締まった花姿とぐっと深みを増した花の色、
その凛とした美しさは「バラ」というよりは「薔薇」と呼ぶのが似つかわしいように思います。




その秋薔薇を見に、8月1日のブログでも紹介されていた
「ローズガーデンちっぷべつ」にやってきました。




ちょっと小雨がぱらついていましたが、
雨にしっとりと濡れたバラはどこか濃密な気配を振りまいています。




ここでは5.4haの斜面に、300種類3千株のバラが植栽されています。
バラの回廊や水の流れる修景池を巡りながら、たくさんのバラに出会うことができました。
3千株のうち、約2千400株がおなじみのモダンローズ。






残りの約600株はオールドローズだそう。
これは一重咲きのオールドローズ、まるで古いイギリスのお家の壁紙にあるような
クラシカルな美しさですね。




こちらはあまり数を植えていないというイングリッシュローズ、入り口付近にありました。
ふんわりと柔らかな色と形、品種名は「シャルロット」。




斜面の中腹からは町が一望できます。美しい田園風景、抜群のロケーションですね。




歩いている途中にこんな素敵なものを見つけました。ローズヒップ(バラの実)です。
これは「修景バラ」という種類のバラの実だそうです。




こんな艶やかな実も。これは「ロサ ポミフェラ」、別名アップルローズ。
なるほどリンゴの実によく似ています。




咲き残っていたハマナス系八重咲きのバラとその果実。
「ブラン ドゥブル ドゥ クベール」、白い八重咲き…、まではわかりますね。




オレンジ、赤、グリーンと多彩な色あい、様々な形のローズヒップに出会えたのも
秋のローズガーデンならでは。
これはローズヒップのアレンジ、こんなに素敵な感じになるんですね!




ここの管理指導員である相馬さんは今年で76歳。
バラに造形が深く、とても熱心に説明をしてくださいました。
その相馬さんがおっしゃるには、バラは閉園の日(今年は10月10日)にめがけて
これからますます美しく咲くのだそうです。
閉園までの短い期間ではありますが、
是非、魅惑の「秋薔薇」に会いにいらしてください。


ローズガーデンちっぷべつ
秩父別町3条東2丁目
9:00~17:00/6月下旬~10月中旬(今年は6月25日~10月10日)
http://ns.town.chippubetsu.hokkaido.jp/index.php?id=110

施設に関する問合わせ
TEL 0164-33-3833(秩父別観光振興有限会社)

新鮮野菜のダイニングバー ~ 幸蔵(さくら)の台所

2011年09月27日 | 空知の食
岩見沢の繁華街レンガ通りに見かけないお店ができていました。
ちょっとのぞいてみましょう、ここは今年の7月11日にオープン
したばかりのダイニングバー「幸蔵(さくら)の台所」です。




岩見沢を中心に、近郊のこだわり農家さんから仕入れた
新鮮野菜たっぷりのメニューを提供しています。
これは本日の野菜のディスプレイ、販売もしてくれるそうです。
こうした野菜たちは、メニュー以外でもお好みの調理法で出してくれますよ。




壁の上の方にある黒板のメニュー、イラストがカラフルでかわい~。




店内の様子、灯りはかなり控えめになっていて、とても落ち着く空間です。




まずお通しが運ばれてきました。
キンと冷えたグラスにサケとお野菜の和え物、この味付けおいしいなぁ。
これはほかのメニューも期待大です。
飲み物は冷えた白ワインをオーダー。ボトルのネックに書いてある数字は
ヴィンテージではありませんよ、お値段でした。この値段でこの味はとってもリーズナブル♪




さてオーダーですが、何せ新鮮野菜の店ですからね、
生の野菜の美味しさを味わえるようにバニャカウダを注文しました。
ニンニク、アンチョビ、オリーブオイルなどで作ったソースに生の野菜をつけていただきます。
このバニャカウダソース美味しい! まろやかでクリーミー、
野菜が残ったのでソースのおかわりもして、あらソースが残っちゃいました、
もったいないのでクラッカーをいただいて…と、キリがありません。
野菜は、白きゅうり、トマト(太陽のしずく)、ナス、ズッキーニ、パプリカ、
ニンジン、セロリ、トレビュスに似た紫色の葉は「ガーデン」というのだそう。
食べたことのないお野菜がいっぱいです。




「アボカド豆腐」はお店のお薦め、是非食べてみてということで、
天然塩とトリュフ塩を添えていただきます。これは白ワインにピッタリ!




これは、トマトとアボカドのサラダ。今日のトマトは南幌産、甘くて味が濃い。
アボカドに添えられた「ニンジンの食べるドレッシング」、
これがまた美味しい、アボカドに良く合っています。




次は「今日のお魚とアサリのアクアパッツァ」。今日のお魚は「タラ」でしたが、
このスープがすごく美味しくって思わず飲み干してしまいました。




このへんで、赤ワインのボトルも登場。
では「鶏の煮込み」と「ジャガイモのグラタン」も頼みましょう、
でもやっぱり「パスタ」も食べたいし…。




最後は「幸蔵’s 冷麺」。スープはほのかな梅の風味でサッパリ、
けっこう梅酒がきいています。具はあっさりしたササミとトッピングの白髪ネギ、
氷のように見えるのはゼラチンで寄せた柔らかなコンソメです。
なかなか凝ってますね。はぁ~、満足。




今回は暑かったので頼みませんでしたが、
野菜をメインにしたオシャレな鍋料理もそろっていました。
「トマト鍋」、「豆乳鍋」、「しょうが鍋」、心惹かれるものがありますね。
鍋あとには、リゾット、ぞうすい、パスタが選べます。こちらの方は是非また今度。

ワインは輸入物のほかに、岩見沢の「宝水ワイン」もたくさん置いてくれています、嬉しいですね。
今回は人数がいたのでボトルで注文しましたが、いろいろなワインから好きなものがいただける
「ワイン・ティスティング・ビュッフェ」(90分 1500円)がお得です。
ワインリストにあるワインはすべてOK、全種類を制覇した強者もいたそうですよ。




美味しいワインと新鮮野菜のお料理を堪能、
お店の名前どおり何だか「幸せ」な気分になれた夕べでした。


幸蔵(さくら)の台所
岩見沢市3条西1丁目3-2
TEL 0126-35-4477
11:00~15:00/17:00~22:00
不定休

秋晴れのもと美酒を楽しむ ~ 金滴2011酒蔵まつり

2011年09月26日 | 日記
新十津川にある明治39年創業の蔵元「金滴酒造」
地元産の酒造好適米をピンネシリ山系に源を発する徳富川の清冽な伏流水で仕込み、
芳醇でまろやかなお酒を醸しています。
今日(9月11日)は年に一度の「酒蔵まつり」、とっても良いお天気です。




玄関横では四斗樽に入った振る舞い酒に行列が。
最終的には60升!のお酒が振る舞われたそうです。




店舗前の道路から広場にかけてが会場、たくさんの人たちが振る舞い酒などを片手に
炭火焼きやキノコ汁などを堪能しています、楽しそうですね。




蔵の中を見学してみましょう。
まず仕込水(しこみみず)を試飲、美味しい地下水です。
酒造りにおいて水は大切な原料、水の良し悪しが品質に大きく作用するのだそうです。




そのすぐ横では、新十津川手打ちそば同好会のそば打ち実演会。
この仕込水で打ったおそばです、美味しくない訳がありません。
日本酒とおそばのマリアージュも最高♪






酒造りについて熱く語っているのは、昨年からこちらにこられたという川端杜氏です。
これからは、この若き杜氏さんが「金滴」の未来を担っていくのですね!




店内ではさまざまな種類のお酒が販売されています。
お目当てのお酒を買い求めるお客さんがいっぱい。




これは本日のみの限定酒「ひやおろし」、今しか飲むことができません。
春にできた新酒が暑い夏の間ひんやりとした酒蔵の中で眠りながら熟成を深め、
秋の到来とともに目覚めるという「ひやおろし」。
豊穣の秋にふさわしい円熟した味わい、まろやかでおいしいお酒に仕上がっています。




こちらは1985年に仕込まれたという希少な金滴大吟醸の「古酒」。
じっくりと熟成された味わいで、ほのかにシェリーのような香りも感じられます。
黙って出されたら日本酒とはわからないかもしれません。
このお酒は食前酒などにピッタリですね。




さぁこれから味覚の秋です、空知の美味しいものがたくさん。
是非美味しい日本酒とともに味わってみたいですね。
金滴酒造、現在のところ土日祝はお休みですが、
お酒はすぐ近くにある物産館、通称「くじら館」で購入することができます。
将来的には週末も営業できるよう、また、いつでも蔵の中を見学できるように
改装も検討中だとか、楽しみですね。


金滴酒造
新十津川町字中央71-7
TEL 0125-76-2341
土日祝休
http://www.kinteki.co.jp/index.html

新十津川物産館
新十津川町字中央5番地1
TEL 0125-76-3141
10:00~17:30(11~2月は10:00~16:00)
http://www.town.shintotsukawa.lg.jp/03_sangyo/syoukoukankou/tiikisinko/tiikisinnkou_2.jsp