そらち旅日記 Vol.2

北海道空知総合振興局の職員が集めた旬の情報を、そらちの風に乗せてお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年の締めは・・・あの「KURISAWA BLANC」を飲み比べ

2012年12月28日 | 空知のワイン
岩見沢市栗沢町にある「ナカザワヴィンヤード」は、
ご夫婦お二人だけで経営されている小さな小さなブドウ畑。
ですから当然生産されるブドウも極少量、
でもそこからはとっても素晴らしいワインが生まれるのです。
この知る人ぞ知る逸品ワイン「KURISAWA BLANC(クリサワブラン)」は、
毎年の発売後あっという間に売り切れてしまうほどの人気があります。




自慢する訳ではありませんが、実は我が家にこの希少な「KURISAWA BLANC」の
2009、2010、2011ヴィンテージのストックがあるんです。
それぞれのヴィンテージの差、年月を経た熟成度合いはどうなっているのでしょう。
思い切って一気に飲み比べ、いわゆる「垂直飲み」で試飲してみます。

  


このうち「KURISAWA BLANC 2011」は今秋の9月に発売されたものですが、
2009と2010のヴィンテージは暑~い夏を家の中の普通の場所で過ごしてきましたから、
もしかしたら劣化しているかもしれません。
一緒に試飲してくれる皆さん、せっかく楽しみにしているのに、
ダメになっちゃってたらゴメンね~

ワインにはやはり、それに合う「食」が必要ですよね。
自分で作るのも大変なので、今回は持ち込みの出来るビストロで。
試飲ですから、最初は取りあえずのバケットとチーズをオーダーします。






個人的には、このワインはあまり冷やしすぎないほうが良いと思うので、
冷蔵庫から出してしばらく室温になじませておきましたよ。
さて抜栓! ソムリエさんの鮮やかな手際をご覧ください。




それぞれのヴィンテージをグラスに注いでみました。
輝くような淡い黄金色をしていますが、2009の色が若干濃いような気がします。
グラスの中は、花や果物、ハーブのような豊かで華やかな香りに満ちています。
取りあえず色の感じと香りを嗅いだ限りでは、
どれも劣化はしていないようですね、良かった、良かった。




口に含んでみると、どのヴィンテージも全体的に、
まずライチのような香りがして、それからいろいろな果物の香りやミネラル感、
繊細な酸と程よい甘みなどが複雑かつバランス良く入り混じって、
それが長く余韻として残ります。どれも文句なくおいしい。

「KURISAWA BLANC」は、ゲヴゥルツトラミナー、ピノ・グリ、ケルナー、シルヴァーナー、
ピノ・ノワールなどのブドウ品種が、毎年絶妙な割合でブレンドされています。
ボトルの裏のラベルには、主な品種が割合の多い順に(多分)記載されています。
2009は、ピノ・グリ、ゲヴゥルツトラミナー、ケルナー、シルヴァーナー、ピノ・ノワール      
2010は、ゲヴゥルツトラミナー、ピノ・グリ、ケルナー、シルヴァーナー、ピノ・ノワール      
2011は、ゲヴゥルツトラミナー、ピノ・グリ、ケルナー、ピノ・ノワール、シルヴァーナー      
と微妙に違っていますが、
この品種の違いがワインの味わいにどう影響しているのかはよく分かりませんでした…。




どれもおいしいワインですが、あえてヴィンテージごとの違いを挙げてみます。
まず2009。
酸もしっかりありますが、熟したトロピカルフルーツやハチミツのような濃厚な味わいがします。
時間がたつにしたがってこれがだんだん強くなってきます。
これはワインが開いてくるのか、温度が上がってくるからなのでしょうか。
2009は、他のものより少し冷やし目にして飲んでみたい気がします。

次に2010。
酸はやや奥に引っ込んでいて甘みが先に感じられ、ややトロリとした飲み心地。
これも時間が立つにつれて控えめだった酸が感じられるようになって複雑でバランス良く、
サラッとした感じになってきました。
このワインは、ゆっくりと飲んだ方が良いのかもしれません。

最後に一番若い2011。
香りが強く、フレッシュな酸と甘みのバランスが良くて、爽やかでありながらもまろやかな味わい。
私的には今回の試飲で一番のお気に入り、1年おいておいて是非来年も飲んでみたい! 
2011からは、これまでのブレンド方式に変えて、
いろんな種類のブドウを最初から同じタンクに入れて発酵させる
「混醸」方式になっているそうです。
早いうちから一緒になったブドウたちが渾然一体となってなじんでいるような、
こんなことも影響しているのでしょうか。

さて一通り試飲したところで、さあ解禁です。心ゆくまで飲みましょう。
お料理もこのワインに合いそうなものを追加していきますよ。
「海老のガーリックバター焼き」、「砂肝のコンフィ」、
「ズワイガニとニョッキのグラタン」…。う~ん、おいしそうだ。








中でも「KURISAWA BLANC」に良く合ったのは、「鶏白レバーのパテ」と「生ハム」。
ワインの微妙なとろみ、ほのかな甘みと程よい酸のバランスに、
クリーミーで軽いムースのようなパテと
生ハムの熟成した脂の甘みが抜群のマリアージュ、旨~い!
ワインも時間がたつほどにどんどん花開いていくようで、
さらに香り高くさらにおいしくなってきました。






結局、保管状態の影響もあったでしょうし、
何よりも飲み手の力量の問題が大きくて、各ヴィンテージの特徴をちゃんと
理解できたかどうかはかなり怪しいところ。
でも酔っぱらいの結論としては、微妙な差こそあれ「どれもこれもおいしかった~」でした。
ワインをきっかけにして会話も弾みます。
もう難しいことは抜きにして、あーでもない、こーでもないと言いながら、
おいしい料理とともにみんなでワインを楽しみましょう。
ワインは、会話を楽しむため、食事を楽しむため、人生を楽しむための素敵なお酒、
そのことを改めて実感した楽しいひとときでした。
それでは、おいしいワインと素敵な仲間に乾杯!!

さて、この「KURISAWA BLANC」は、これまで栃木県にある
「ココファーム&ワイナリー」で醸造されていましたが、
今年のブドウからは新しく岩見沢市栗沢町にできた
「10Rワイナリー」で醸造されることになりました。
栗沢生まれの栗沢育ち、生粋の「KURISAWA BLANC」に会えるのはきっと来年の9月頃。
もう今からとっても楽しみですね♪


ナカザワヴィンヤード
岩見沢市栗沢町加茂川140
TEL 0126-45-2102
http://www.nvineyard.jp/index.shtml

いわみちゃん♪カフェでクリスマスランチ

2012年12月27日 | 空知の食
岩見沢中心街、「であえーる岩見沢」1階の「まちカフェARTE(あるて)」では、
毎月1回、空知管内の食材を使ったヘルシーなお料理がワンコイン500円で楽しめる
「いわみちゃん♪カフェ」が開催されています。




12月はクリスマス特別企画ということで22日に開催。
メニューは、オニオングラタンスープ、ローストビーフとポテトサラダ、
ミニ2色ライス、りんごのワイン煮とヨーグルト、
普段よりもグッと豪華なメニューになっています。楽しみですね~




お料理が運ばれてくるまでの間、カフェの中を見てみましょう。
オニオングラタンスープに因んでか、玉ねぎの皮を使った染め物
「玉ねぎ染め」の作品が展示されていました。
家庭でも簡単にできる染め方のチラシもいただきましたよ。




こちらは「豆くう人びと 岩見沢」のパネル展。
在来種のお豆の栽培や普及に取り組むこの団体は、
先日の「おかん料理を楽しむ会in岩見沢」にも登場していましたね。




ビーズのようにケースに並んだお豆たち、
カフェにきていた子どもたちも興味津々。




お豆のアクセサリーも展示されていました。
かわいいな~♪






さてランチが運ばれてきました。
オニオングラタンスープは「粉工房かんすけ」のバケットや
たっぷりのチーズでボリューム満点。
ミニ2色ライスは、わかめ入りごはんとターメリックライスを
クリスマスらしく星型にしています。お米は岩見沢産ななつぼし。
デザートのトッピングもよく見ると星形です。
楽しくて美味しいワンプレートランチでした。




まちカフェARTEのお客さまは女性が多いようですが、
子ども連れでもゆっくりできるのでママさん達にも好評です。




普段でも、コーヒーや紅茶などとともに、今回のお料理を担当した
長居真由美さんの手作りスウィーツも販売されていますし、
新聞や雑誌も自由に見ることもできます。
ゆったり過ごせるカフェスペースとして、
是非ご利用くださいね。




まちカフェARTE
岩見沢市4条西3丁目1番地
であえーる岩見沢1階
TEL 0126-25-2511(振興いわみざわ)
http://www.iwa-deaeru.jp/


X’masは、ロビーコンサート♪

2012年12月25日 | 日記
昨年から、夕張の経済界や夕張にゆかりのある方などが中心となり、
札幌大谷大学音楽学部の生徒さんたちの協力を得て開催されてきた
小さなコンサート、がんばれ夕張チャリティー「夕張の杜コンサート」も
皆さまの暖かいご支援のもと、着実に回を重ねてきました。
夕張にある小さなJAZZ喫茶「FIVE PENNIES」で開催された
第3回コンサートの模様はこのブログでもご紹介しましたね。




さて、すっかりクリスマスモードの札幌「JRタワーホテル日航札幌」、
1階のロビーでは、クリスマス ロビーコンサートが開催されています(12月22日から25日まで)。

  


出演者は「夕張の杜コンサート」でもおなじみの、渡辺愛美さん、奥谷瞳子さん、
高田穂香さんによるフルートオーボエピアノトリオ「jasminum」。
まずは「ジングルベル」などのクリスマスソングメドレーから始まって、
「星に願いを」と続き、「ホワイトクリスマス」もジャズ仕立て。
その後も次々とクリスマスムードいっぱいの曲が演奏されて、
ロビーにいたお客様も美しい調べにうっとりと聞き入っていました。




そういえば、今日の皆さんの衣装は「赤、白、緑」とクリスマスカラーなんですね。




クリスマス ロビーコンサートは今日が最終日。
18時30分からと19時30分からの2ステージです。
入場は無料、クリスマスの夕べに素敵な音色をお楽しみください。

「夕張の杜コンサート」の方は、今年度から札幌でも開催されていて、
次回は来年1月26日(土)、15時から札幌パークホテルで行われる予定です。
会費は2000円(ドリンク付き)、一部は夕張支援のために寄付されるとのこと。
詳しくは、実行委員会にお問い合わせくださいね。


夕張の杜コンサート実行委員会
TEL 090-6999-4109






使う楽しみ ~ 大野耕太郎「うつわ・器・うつわ」展 

2012年12月21日 | 日記
9月25日のブログでご紹介した滝川在住の陶芸家 大野耕太郎さんと
その奥様が営まれている「ギャラリー陶居 & cafeオルノ」から嬉しいご案内が届きました。
札幌の紀伊国屋書店の2階ギャラリーで、
大野耕太郎さんの作品展が開催されるとのことです。




またあの魅力的な器たちに会える!
わくわく気分でさっそく伺ってみました。
駅前の紀伊国屋さん、お2階に上がっても本、本、本…、
いったいギャラリーは何処? と思ったら、本棚の奥の方にありましたよ。






ガラス張りの明るくて広いスペースに、
大野さんの作品がたくさんディスプレイされています。






大鉢に盛られたレタスが艶やかできれい、
地元の農家さんが通年で提供してくださるそうです。




透明感あるおなじみの「青白磁(せいはくじ)」に、
純白の「白瓷(はくじ)」、ほっこりと柔らかな色合いの「黄瓷(おうじ)」が揃っています。
こちらは、独特の鎬(しのぎ)の技法によって彫られたシャープな稜線がとってもモダンですね。




前回「ギャラリー陶居 & cafeオルノ」にお伺いした時に、
おいしいお料理を作ってくださった奥様が受付におられました。
お久しぶりでしたが、ちゃんと覚えていてくださいましたよ、嬉しいなぁ。
「ギャラリー陶居 & cafeオルノ」は、現在冬期の休業中なのだそうです。
再開は来年の1月11日から。




このウサギも、確か「ギャラリー陶居 & cafeオルノ」の
玄関でお出迎えしてくれていたウサギさんです。




「うつわ・器・うつわ」展は、12月14日から開催されていますが、
最終は12月24日まで。毎日10時から19時までですが、最終日は18時までだそうです。
是非この機会に、美しい器たちに会いにいらしてくださいね。


紀伊国屋書店 札幌本店
札幌市中央区北5条西5丁目7番地 sapporo55ビル
TEL 011-231-2131
10:00~21:00(ギャラリーは19:00まで)
年中無休

ギャラリー陶居 & cafeオルノ
滝川市江部乙町832-1
TEL/FAX 0125-75-6568
11:00~18:00(4~9月)/11:00~17:00(10~3月)
金・土・日・祝営業(不定休あり)


おかん料理を楽しむ会 in 岩見沢

2012年12月20日 | 空知の食
12月15日、岩見沢市内で、地元の名物料理や手料理を持ち寄って交流する
「おかん料理を楽しむ会」が開催されました。
主催はオホーツク管内遠軽町で北海道産のお豆と
お豆の加工品を販売している「べにや長谷川商店」さん。
長谷川商店さんでは、何代にもわたってその土地で作られてきた
在来種に特に力をいれていて、地元での生産・販売はもちろん、
首都圏の百貨店、食材の宅配会社、自然食品店を中心に販路を広げるほか、
「お豆サロン」、「お豆の学校」などを開講、
豆料理など食べ方の普及にも力を注いでいます。
左側が長谷川清美さん、今回のイベントの主催者でもあります。




長谷川商店さんは、在来種の豆や作物の栽培、地元に伝わる料理の紹介をとおして、
食や人の交流を図っていこうと、これまで遠軽町内で「おかん料理を楽しむ会」を開催してきました。
昨年、岩見沢市内の農家さんが遠軽町を訪れたことをきっかけに交流が始まり、
今回岩見沢での開催となったものです。

「おかん料理を楽しむ会」に先だって、であーる岩見沢のホールで
お豆についての講演会がありました。長沼町にある中央農業試験場の
農業環境部長で、農学博士の加藤 淳先生による
「北海道小豆の栄養性と健康機能性について~小豆を食べていつまでも元気に美しく」というお話。




豆類には、
ポリフェノールで活性酸素を減らして老化を防止(アンチエイジング)する、
食物繊維で腸内の善玉菌(プロバイオティクス)を増やして整腸作用や免疫調節機能を高める、
カテキンやグルコシドが動脈硬化を予防する、といった優れた効果があります。
小豆、特に北海道産の小豆はこの効果が非常に高いそうですよ。

また、砂糖を入れて熱を加えると、砂糖なしの「生あん」よりも
抗酸化活性の度合いが高くなるというのです。ビックリ!
砂糖でカロリーが高くなるのではという心配には、
小豆のビタミンB1でエネルギー消費効果が高まるので大丈夫、
ただし食べすぎには注意というお話もいただきました。




加藤先生の講演の後、お向いのナカノタナIIに場所を移して、
いよいよ、おかん料理の持ち寄り交流会です。
なんとたくさんのお料理!たくさんの人!
岩見沢や美唄、長沼などから50人くらいの生産者さんがお料理を持ち寄りました。
参加者の中には、管内はもちろん、札幌や帯広、なんと新潟からいらした方も。





  


乾燥野菜の加工・販売を行う美唄の「つむぎ屋」さんは、
水で戻してドレッシングをかけサラダとして提供していました。
乾燥野菜を戻したとは思えないぱりぱりの食感、色もきれいですね。




「JA岩見沢」さんは粘りのないお米・大地の星や落花生の紹介です。
落花生を使ったお豆ごはんは絶品。






岩見沢市内で在来種の栽培や普及に取り組む団体「豆くう人々」さんによる農機具などの紹介コーナー。
今では珍しい一斗升や天秤量り、検査器具などの展示と使い方の説明をしていました。






お豆の効用や美味しさをしっかりと学んだ一日、
持ち寄り料理のレシピもいただいたので、美容と健康のために、
これからはもっとお豆料理を食べなくちゃ!と決意した筆者でした。