志村建設専務の日々坦々

つれづれなるままに…

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高校時代の思い出 その6

2012-08-23 21:05:00 | 学校

さて 本荘に戻って「復活高校漢文の授業」です。

恩師は 古文・漢文の先生でした。

生徒の希望を聞き入れて、〇〇年ぶりの授業となりました。

133
  春望      杜甫

國破山河在    国破れて山河在り、

城春草木深    城春にして草木深し

感時花濺涙    時に感じては花にも涙を濺ぎ

恨別鳥驚心    別れを恨みては鳥にも心を驚かす

烽火連三月    烽火 三月に連なり

家書抵萬金    家書 万金に抵る

白頭掻更短    白頭掻けば更に短く

渾欲不勝簪    渾て簪に勝えざらんと欲す

先生は現役の時と比べても、遜色のない講義を行い

生徒の中には昔と変わらず、居眠りをしている姿が見られました(^O^)/

コメント

高校時代の思い出 その5

2012-08-22 08:42:54 | 学校

中島台レクリエーションの森の広場で、今日のハイキングの復習です。

先生はとても身軽で、〇〇才とは思えない知力・体力・気力です。

今後も、大人になっても至らぬ生徒ですが、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願いします。

055     118

今日のハイキングコースは、都会人に人気です。

ツアーバスに乗って、団体で沢山訪れていました。

新緑や紅葉の時が最高なのでしょう。

コメント

高校時代の思い出 その4

2012-08-21 08:41:36 | 学校

いよいよ獅子ヶ鼻湿原のメインステージ「鳥海マリモ」のある渓流です。

Img_1258367_23806991_0_2   112

アップダウンのある散策路を、汗をかきながら歩いてきたので

冷たい水に手を入れたり、涼をとったりでしばし休憩

110   0dcb53ae75cb20788a1e1715e45e2d85_l

ロマンスグレーのおじさんと、絵になる美女は同級生です。

コメント

高校時代の思い出 その3

2012-08-20 08:51:00 | 学校

さらに森の中に入ってゆくと、「出壷」と呼ばれる伏流水の泉があります。

獅子ヶ鼻湿原の特徴は、森の中にあるということ。

そして鳥海山の冷たい伏流水が、ところどころから湧き出て小川となり

その冷気が鳥海石の岩肌に苔を育み、大きな日本庭園みたいになっています。

Detsubo   092

この「出壷」と「元滝」は、環境省選定の「平成の名水百選」です。

コメント

高校時代の思い出 その2

2012-08-19 17:10:41 | 学校

次にむかったのは、中島台レクリエーションの森にある獅子ヶ鼻湿原です。

バスに乗り込み、象潟出身同級生のガイドを聞いているうちあっという間に到着。

広場で、おにぎりとお茶(漬物や笹巻ごはん、枝豆の提供有り)の昼食の後、

木道を頼りに、森の奥へ歩を進めます。

2008082710   065

これは、あがりこ大王と呼ばれる、"森の巨人たち百選"にも選ばれているブナの大木。

恩師の説だと、この根元近くの幹から数本に分岐している形は、噴火によるものだとの事。

一般には炭焼き伐採説ですが、当然教え子は「積雪中の噴火の影響説」を信じます。

コメント

高校時代の思い出 その1

2012-08-18 08:35:38 | 学校

お盆の15日に 1年F組の同級会が開かれました。

朝10時に駅に集合、バスに乗って高原ハイキングに出発

039_2  038_3

にかほ市象潟にある元滝に到着 

ここは鳥海山の伏流水が、滝となって湧き出ている冷涼な沢です。

最近流行のパワースポットとして、人気です

恩師は高校時代山岳部顧問だったので、この自然景観を

鳥海山の成り立ちから丁寧に説明してくれました。

コメント

採択されました ヽ(^o^)丿

2012-08-10 20:13:27 | 建築の話

長期優良住宅に対する補助が、24年度は『地域ブランド化事業』となりました。

補助内容は、100万円。地域材使用の場合は120万円。

志村建設㈱が入っている秋田の2グループが採択されました。

秋田杉匠の会http://www.chiiki-brd.jp/Portals/1/adopt/1/344.pdf

秋田こだわり木の家協議会http://www.chiiki-brd.jp/Portals/1/adopt/1/037.pdf

P724011211_3 長期優良住宅 由利本荘市 I 邸

地元大工が地域の材料を使って建てる 地産地消の高断熱高性能住宅です。

長期優良住宅で建てたい人は、志村建設㈱に連絡を 

 

コメント